あの有名な市販シャンプーも、頭皮に良くないって本当!?

あの有名な市販シャンプーも、頭皮に良くないって本当!?

 

 

有名な市販シャンプーが、頭皮に良くないって本当なの?

 

 

頭がかゆくなったり、フケが止まらなかったり。普段から頭皮が荒れて困っていませんか?

 

 

シャンプーを変えても治らないのは、市販シャンプーが刺激になっているからと言われています。

 

 

「でも、本当に頭皮に悪いものが入っているの?」と疑問に思いませんか?

 

 

だって使っても、頭皮が痛くなったりヒリヒリするわけでもないし。

 

 

有名どころの市販シャンプーは、本当に良くない成分が入っているのか?調べてみました。

 

 

どういう成分が入っていたらダメ?

 

シャンプーにはいろいろな添加物が入っています。特に頭皮の刺激になるものは4つあります。

 

1.石油系界面活性剤(ラウリル硫酸・ラウレス硫酸)

 

 ・洗浄成分です。台所洗剤にも使われるほど刺激物。 

 

 

2.シリコン
 ・髪の指通りを良くする。車のコーティングワックスにも使われる。人工のビニールを髪に巻いているようなもの。

 

 

3.防腐剤
 ・シャンプーを長持ちさせるための添加物。

 

 

4.人工香料
 ・シャンプーのいい香りを作る成分。植物エキスからだと香りが弱いので、人工的なものが使われる。

 

今回選んだのは、5つのシャンプー

 

ドラッグストアで買える、定番シャンプーをいくつかピックアップしました。

 

●ダメージケア・保湿シャンプー

 

エッセンシャル/ラックス/いち髪/パンテーン/TSUBAKI

 

ダメージケア・保湿シャンプー

 

石油系界面活性剤 シリコン 防腐剤 人工香料
エッセンシャル


(パラベン)

ラックス


(パラベン)

いち髪

-

-


(BG)

パンテーン


(パラベン)


香料の量が多い

TSUBAKI


(パラベン)

 

※「エッセンシャル」は、リッチダメージケア・エアリーモイスト ともに同じ

 

※「いち髪」は、濃密W保湿ケアシャンプー・なめらかスムースケアシャンプー ともに同じ

 

※「パンテーン」は、モイストスムースケア・エクストラダメージケア ともに同じ

 

※「TSUBAKI」は、シャイニングシャンプー・ダメージケアシャンプー ともに同じ

 

※「TSUBAKI」オイルシャンプーは、石油系界面活性剤・シリコン不使用。

 

〜総評〜

 

○エッセンシャル・ラックス・パンテーンは、もっとも使ってはいけないシャンプー。刺激が強すぎます。

 

○いち髪・TSUBAKIオイルシャンプーは、シリコンや石油系界面活性剤を使っていないので、比較的やさしいです。

 

○ただ、香料や防腐剤の刺激が強いので、あまりオススメはできません。

 

 

 

頭皮に優しいシャンプーは、市販シャンプーでは難しい

 

有名どころの市販シャンプーは、頭皮に刺激のある成分を使っています。

 

 

頭皮は、皮膚の中でも特に厚みがある部分ですので、よほどの刺激がないと「ヒリヒリ」などしません。

 

 

だからこそ、気がつかないうちにダメージになってしまうのですが・・

 

 

シャンプーを変えても、頭皮のフケやかゆみが治まらない

 

 

こういう場合、一度市販シャンプーではなく、本当に頭皮に優しいシャンプーを使って見るのも一つかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因