アトピーによるフケに良いシャンプーはコレ!市販のものを選んではいけないワケ

アトピーによるフケに良いシャンプーはコレ!市販のものを選んではいけないワケ

 

 

わたしは昔から軽い頭皮アトピーでしたが、年々悪化してきました。

 

 

今まではラックスを使ってましたが、「かゆみ」が止まらなくなってきました。かきすぎて頭からウロコのようなフケもでてきました。

 

 

「頭皮にやさしいシャンプーにしても、全然良くならない」

 

 

「無添加系のシャンプー」や「メリット」に切り替えても、全然良くならず。多少かゆみは治まりましたが、今度は大量のフケがでて乾燥がひどくなったり。

 

 

湯シャンにしたら頭皮からもわっとした臭いが出てしまったり、固形石鹸やボディーシャンプーにしたら抜け毛がひどくなるし、もう最悪でした。

 

 

アトピーに悩み続けた私が経験したり調べた結果、わかったことがあります。

 

 

頭皮に優しいシャンプーを使っても荒れるのは、シャンプーに含まれる「水」のせいです。

 

 

・どうして、シャンプーなのに「水」なの?

 

・水があると、どうしてアトピーに良くないの?

 

 

気になる疑問にお答えします。また、アトピーに最適なシャンプーも紹介します。

 

 

 

 

1.シャンプーに含まれる「水」が、アトピーを悪化させる

 

 

 

突然ですが、質問です。「シャンプーで一番多い成分は、何だと思いますか?」

 

 

洗浄成分?コンディショニング成分?いずれも違います。

 

 

シャンプーで一番多い成分は、「水」です。

 

 

シャンプーの種類にもよりますが、30〜50%の成分が水です。その次に「界面活性剤(洗浄成分)」が来て、保湿成分・コンディショニング成分・添加物が入っています。

 

 

どうして、水が一番多い?

 

 

洗浄成分より水が多いと、薄めてごまかしているイメージがあるかもしれません。実際はそうではなく、水以外の成分を溶かすために必要なのです。

 

 

水があることで、保湿成分や洗浄成分などが混ざりやすくなります。逆に「水」がないと、シャンプーのポンプをおしても固まって何も出てきません。

 

 

水は必要不可欠なのですが、アトピーの人にとっては"厄介なもの"です。どうしてなのでしょうか?

 

水に含まれる「塩素」が問題

 

 

通常、水には「塩素」が含まれています。水道水として飲むために、塩素で消毒する必要があるからです。

 

 

ところが塩素は、肌の「バリア機能」を低下させます。皮膚の表面は角質層なのですが、塩素が角質層に浸透しダメージを与えます。

 

 

証拠として、アトピー持ちの子が水泳教室に通うと症状が悪化します。プールの水には塩素が入っているため、肌バリアにダメージを与えるからです。

 

 

参考:残留塩素による 肌への影響(セキひふ科クリニック)

 

 

シャンプーに使われる「水」にも、塩素は残っています。肌バリアには刺激になるのです。

 

 

いくら無添加・弱酸性のシャンプーを使っても改善しないのは、「塩素」が影響を与えているのです。

 

 

2.塩素の影響を受けないシャンプーはどれ?

 

 

ほとんどの市販シャンプーは、洗浄成分や保湿成分などにこだわっていますが、肝心の「水」のことを考えていません。

 

 

頭皮に優しいシャンプーの一部では、「水」の代わりに「精製水」が使われています。精製水を使うことで、「塩素」から肌バリアを守ることができます。

 

 

〜精製水とは?〜

 

水の中にある「塩素」を、活性炭などで除去したものを指します。通常の水に比べると、残留塩素(残っている塩素)は格段に少なくなります。

 

 

精製水を使用したシャンプーは?

 

 

アトピーに良いといわれる低刺激シャンプーのほとんどは、「水」を使っています。

 

 

「アトピコ・NOV・カウブランド無添加・みよし石鹸シャンプー」いずれも、「水」を使っているので塩素の影響を受けます。

 

 

弱酸性の「キュレル」は「精製水」を使っていますが、洗浄成分は石油系・添加物を使用と「水」外の刺激物を使っているので、オススメできません。

 

 

いくら塩素の影響がなくても、石油系の洗浄成分や防腐剤などの添加物は、頭皮に刺激を与えます。だから意味がありません。

 

 

無添加で精製水を使ったシャンプーなら、「ハーブガーデン」というシャンプーが良いです。

 

 

 

〜ハーブガーデンシャンプーがアトピーに良い理由〜

 

・精製水を使っている

 

・無添加

 

 

「1滴残らず頭皮に優しいものを」をコンセプトに作られた、アミノ酸シャンプーです。

 

 

水の代わりに精製水を使っているので、塩素をしっかり抑えてくれます。塩素を抑えると、雑菌が気になりますが、殺菌効果のあるハーブを混ぜてケアしています。

 

 

 

 

水以外にも、頭皮に刺激になる添加物は無添加です。

 

・シリコン ・防腐剤 ・石油系界面活性剤 ・人工香料 ・人工着色料 を不使用

 

 

正直、市販ではここまでこだわったシャンプーはなかなか見つかりません。メーカーから通販で購入できます。

 

 

塩素から「肌バリア」を守るなら、ハーブガーデンシャンプーです。

 

 

頭皮にやさしい分、香りが弱いという欠点があります。その点が物足りないですが、アトピーを悪化させたくないのであれば、良いシャンプーです。

 

 

"使った後でも、メール1本であっさり返品できる"ので、合うかどうかを気軽に試せます。頭皮が敏感だと、「合わなかった時のこと」を考えて慎重になりますよね。

 

 

価格:2000円(コンディショナーとセットで4000円)

 

※2ヶ月分。シャンプー単独で月あたり1000円。

 

※"使った後でも、メール1本であっさり返品OK"です。

 

 

 

 

実際にハーブガーデンシャンプーを使った感想

 

 

 

 

もともと私は、頭皮が乾燥しやすくてポロポロ"フケのようなもの"がでました。

 

 

たまに頭にかゆみもでたり、ポリポリかきむしるとフケみたいなのが、ばーっと出てきて困ってました。

 

 

実は皮膚科に行った時に、「大人アトピー」だということを知りました。皮膚科では保湿剤をもらって、一時的に良くなってもすぐ繰り返していました。

 

 

不潔に思われたくないので、頭皮の乾燥を防げないかと調べた結果「ハーブガーデンシャンプー」を知りました。

 

 

使ってみて、頭皮の刺激がまったくなかったので安心しました。まずはじめに気になるのは「ヒリヒリしたりしないかな?」という点だったので。

 

 

シャンプーをなじませたときに、軽さを感じました。市販シャンプーのように「ねっとり、こってり」したような重みを感じません。その面でも、いいものだと思いました。

 

 

あとはシャンプーを髪になじませるときの気持ちよさ。「洗えば洗うほど、髪のすべりが良くなって気持ちいい」んです。シャンプーをしてきて、気持ちよさを感じたのははじめてでした。

 

 

 

 

使い心地って大事ですね。シャンプーするのが楽しみになりましたから。

 

 

使っていくうちに、徐々に頭皮が乾燥しにくくなってきました。洗った後のつっぱり感がなかったので、「もしかして、良いかも?と思いました」。

 

 

洗った後にローションを使わなくても、椿油を使わなくても、乾燥しなくなって。徐々に、頭皮の皮めくれや、大量のフケも出なくなり、頭皮が落ち着いて来ました。

 

 

不満な点は「シャンプーだけだと、香りが物足りないかな?」という不満は残りました。ただ、ハーブガーデンのコンディショナーを髪になじませたら、ほのかなラベンダーの香りが髪に残るので満足です。

 

 

 

 

 

 

ハーブガーデンシャンプーで気になった点

 

 

 

 

私が買う前に、一番気になったのは「本当に自分に合うの?」という点です。

 

 

アトピー持ちでデリケートな頭皮だと、「合わなかったらどうしよう・・」という不安の方が大きかったです。

 

 

ただ、ハーブガーデンシャンプーは「使った後も返品・返金に応じてくれる」のが良いですね。しかもメール1本であっさりと解約に応じてくれます。

 

 

"未開封で返品OK"なら、通販でも珍しくないですけど。「実際使って、合わないなと思ったら返せる」というのは、親切だなと思いますよ。

 

 

もちろん、15日以内という条件付きですけど。メール1本で返品を受け付けてもらえるも楽ですね。

 

 

値段も安くはないですし、何より失敗したくないじゃないですか。

 

 

ハーブガーデンシャンプーなら、「とりあえず」自分に合うかどうか試せるのがいいですね。

 

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因