髪を乾かすとチリチリになる|どんなケアをすればマシになる!?

髪を乾かすとチリチリになる|どんなケアをすればマシになる!?

髪がダメージを受けているせいか、乾くとチリチリになってしまう・・

 

 

髪を濡らしたら、まだしっとりとした状態をキープできる。

 

 

なのに、ドライヤーで髪を乾かすとチリチリになってしまいませんか?

 

 

○縮毛矯正を失敗した。

 

○パーマをあててから、おかしくなった。

 

○ヘアアイロンを日常的に使っている。

 

こんな状態の、いずれかに当てはまりませんか?

 

 

チリチリになってしまうのは、明らかに髪がダメージを受けている証拠です。

 

 

元々サラサラだったのに、ゴワゴワするし広がるし、見た目も悪くなるし・・

 

 

生まれつきだったら仕方ないにせよ、最近になって言うことを聞かないと辛いですよね・・

 

 

「今、髪はどういう状態になっているの?」

 

「どこまで回復させることができるの?」

 

気になる疑問に、お答えします。

 

今、髪はどういう状態になっているの?

 

髪がダメージを受けているのはわかるけれど、どこまで酷いの?

 

 

ヘアアイロンの熱や、縮毛矯正の薬剤などが、髪のキューティクルをはがしている状態です。

 

 

キューティクルとは、髪の表面にある「ウロコ状」のもの。

 

 

髪の中にあって、ハリコシを保つタンパク質だったり、水分が逃げないようにフタをする役割を果たします。

 

 

チリチリになっている部分は、キューティクルがなく水分とタンパク質が抜けた状態なんですね。

 

 

だから髪に水気がなくてパサパサになりやすかったり、コシがないのでくねくねしやすかったり。

 

 

髪自体が、やせ細っている状態になるのが、チリチリ。

 

 

正直、ここまでダメージを受けてしまうと修復はできません。

 

 

もともと、髪の毛というのは「死んだ細胞」なんですね。

 

 

だから伸びることは伸びても、壊れたものを元通りにはできません。

 

 

よく、市販のシャンプーなんかで『ダメージ補修ケア』をウリにしているものがありますけど、あれ嘘ですからね。

 

 

完全に治すことはできません。

 

 

どこまで回復させることができるの?

 

「ずっとチリチリの髪のまま、生きていかないといけないの?」と思うかもしれません。

 

 

髪が伸びたり、生え替わればキューティクルはまた復活します。

 

 

ただ、そこまで待つのは時間がかかりますが・・

 

 

今、どのあたりにチリチリの毛が混じっていますか?髪の内側でしょうか、外側でしょうか。

 

 

内側であれば、まだスタイリングでごまかせますよね。ブラシが通りにくいというのはありますが・・

 

 

外側であれば、モロに目立ってしまいますよね。いわゆる「老け髪」の状態ですね・・

 

 

具体的に、どういうケアをすれば良いのでしょうか。まとめてみました。

 

 

キューティクルが生きている部分だけ、ケアする

 

チリチリの毛が、毛先だけであれば「毛先のみヘアアイロン」で伸ばすのも一つ。

 

 

ダメージを受けてしまっているので、そこは仕方ないと割り切ってケア。

 

 

髪全体が伸びてきたら、毛先だけをカットすれば元の髪に戻ります。

 

 

髪の根元までチリチリになっている場合は、難しいですが。

 

 

とにかく、「まだチリチリになっていない」場所に、負担をかけないことが大事です。

 

 

見かけ上のツヤ・うるおいを保つ

 

シャンプーとトリートメントを使って、できるだけチリチリを抑えるのも一つ。

 

 

シャンプーは、保湿成分が充実しているものが良いです。

 

 

シャンプーした後に、化粧水やエッセンス・トリートメントで潤せばよいや、と考える人もいますが。

 

 

頭皮に水分を与えるには、シャンプーの時に一緒に与えるのが一番効率がいいんですよ。

 

 

髪の表面を覆う油分が、シャンプーの洗浄剤で落ちたタイミングで水分を入れる。

 

 

そうすれば、水を外部から補給しても、はじかれずに髪の内側に水分を届けられます。

 

 

トリートメント選びも大事です。ダメージ補修よりも、ツヤ出しを優先させましょう。

 

 

壊れたキューティクルは治せません。ならば、表面をコーティングしてキレイに見せることに割り切る。

 

 

髪が生えてくるように、内側からのケアも有効

 

チリチリになった髪の回復には、「少しでも早く髪を伸ばすこと」に尽きます。

 

 

髪に十分な栄養分を送り込んで成長させれば、根本から元気なキューティクルが出てきます。

 

 

育毛剤は、頭皮環境を整えて『髪を抜けにくく』するもの。

 

 

髪に栄養分を送り込むには、血液を通じて送り込むのが一番良いです。

 

 

髪の栄養の元になるのは「亜鉛」。食事からも摂取できますが、レバーやほやなど、一癖あるものが多いです。

 

 

亜鉛を手軽に補給する方法の一つとして、「亜鉛サプリメント」というのもあります。

 

 

食事の合間に服用すれば、必要なミネラルを補えます。

 

 

チリチリを治すには、いろいろなケアの積み重ねから

 

一度受けてしまったダメージは、ケアで完全に治すことはできません。

 

 

言葉は悪いですが、いかに「目立たなくする・ごまかす」という方法しかないのですね。

 

 

とにかく、できることをいろいろとやってみる。

 

 

あとは、髪が早く伸びてくることを待って、少しずつ毛先からカットしていくしかありません。

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因