アウトバストリートメントって本当に必要?うねりやくせ毛をケアしたい方へ

アウトバストリートメントって本当に必要?うねりやくせ毛をケアしたい方へ

 

 

洗い流さないトリートメントが流行っているけど、使った方が良いの?

 

 

最近よく耳にする「洗い流さないで使えるトリートメント」。

 

 

別名「アウトバストリートメント」ともいいます。

 

 

シャンプーした後の髪を守り、広がりやぱさつきを防ぐのに有効というもの。

 

 

ただ・・

 

 

名前だけが先走りしている感じがするのは、私だけでしょうか?

 

 

本当にその働きを理解せず、なんとなく良さそうだから・・で使うのって危険。

 

 

なぜなら、シャンプーにせよコンディショナーにせよ、メーカーが流行らそうとしているだけかもしれない。

 

 

きちんと判断する目を持たないと、ただラインアップやケアの手間が増えるだけですよ。

 

 

このページをご覧になっている方は、年々髪が思うようにまとまらなくなってきた方だと思います。

 

 

従来の、洗い流すトリートメントをしているけれどイマイチ・・

 

 

アウトバスなら、なんとなくまとまりそうな気がする。

 

 

興味があるけど、どことなく不安があって躊躇していませんか?

 

 

その判断は正しいと思います。

 

 

実際私が調べた中では、「わざわざアウトバストリートメントを使う必要があるのか?」と首をかしげたくなる結果でした。

 

 

どうして、「アウトバストリートメント」がオススメ出来ないのかをお話します。

 

 

今までのトリートメントはいらないの?

 

基本的には、トリートメントを併用するものです。

 

 

シャンプー後に洗い流す、従来型のトリートメント(インバストリートメント)の後に使うものです。

 

 

なぜなら、それぞれの役割は違うと言われているからです。

 

 

○インバストリートメント⇒髪の内側に浸透して、ダメージ補修

 

○アウトバストリートメント⇒髪の外側に作用して、手触りやつや出し重視

 

 

役割が違えば、当然2つのケアをする必要があるということ。

 

 

単純に考えて、アウトバストリートメントの分だけケアの手間が増えるわけです。

 

 

当然、トリートメント代が余分に1本、かかるというワケです。

 

 

でもこれは、メーカー側の策略にはまっているのではないでしょうか。

 

 

基本的に、アウトバスもインバスも同じ成分

 

役割は違うといいながら、基本ベースとなる成分は同じなのです。

 

 

もちろん、メーカーによって使う成分は違いますが。

 

 

ベースとなるものは変わらないわけです。

 

 

だから当然、期待できる効果もさほど変わるわけがないんです。

 

 

そして、気をつけたいこと。

 

 

トリートメントでダメージを守ることはできますけど、補修はできませんから。

 

 

ダメージヘアは、髪のキューティクルがはがれてしまった状態です。

 

 

キューティクルは、一度はがれてしまうと二度と戻りません。

 

 

髪の毛は死んだ細胞が分化してできているものです。何かを与えて復活することはありません。

 

 

トリートメントはあくまで、髪の表面をコーティングするもの。

 

○ツヤ出しをする。

 

○きしみを防ぐ。

 

○ダメージの広がりを防ぐ

 

という働き以外は、期待できないのです。

 

 

ボロボロになり、うねって広がる髪の応急処置をするためのものですから。

 

 

そもそも健康な髪の人は、トリートメントなんて使う必要なんてありませんからね。

 

 

だから、アウトバストリートメントをわざわざ買う必要はない。

 

 

下手に買うくらいなら、従来のトリートメントを良いものに変えた方が良いです。

 

 

そもそも、洗い流さなくて大丈夫?

 

洗い流さないもの。この言葉に、なんとなく不安を覚えるのは私だけでしょうか?

 

 

ずっと頭皮に、ベタベタしたトリートメントを付けっぱなしにするんですよ。

 

 

髪への影響はなさそうですが、「地肌」への影響はあるのです。

 

 

トリートメントも、シャンプーと同じくシリコンや防腐剤といった刺激物が入っています。

 

 

刺激物が入ったアウトバストリートメントが、地肌に触れたままになったら・・

 

 

地肌がダメージを受けてしまい、頭皮が荒れる原因になります。

 

 

これから生えてくる髪も、ダメージを受けた弱い髪になる可能性があるのです。

 

 

トリートメントは基本、洗い流すタイプのものにした方が無難です。

 

 

必要な成分は、軽くすすいでも髪には残るものですからね。

 

 

だから、アウトバストリートメントはオススメできません。

 

 

くせ毛・うねりがある髪は、どうケアする?

 

アウトバストリートメントよりも、「しっかりしたインバストリートメント」を

 

 

なんとなくイメージで食いつくのではなくて、しっかり必要なケアをしていきましょう。

 

 

今、お使いのトリートメントにおそらく満足されていないと思います。

 

 

使って見たはいいけれど、時間がたつとすぐに髪が広がったりボサボサに・・

 

 

トリートメント選びを、見直して見ると良いですよ。

 

 

なんとなく市販シャンプーとセットで、トリートメントも選んでいませんか?

 

 

トリートメントも、シリコンや防腐剤・香料などの添加物が入っているものが多いです。

 

 

髪に刺激となるので、ただでさえダメージを受けている髪がさらに悪くなる。

 

 

ダメージが蓄積されて、ますます水分保持ができない「広がるパサパサな髪」に。

 

 

シャンプー同様、トリートメントも低刺激でやさしく使えるものが良いです。

 

 

髪を補修する代わりに、しっかりつや出しができるものがあります。そして低刺激。

 

 

本当に低刺激のトリートメントは、どんなもの?


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因