頭皮のカビにはこのシャンプー!マラセチア菌を無くすのに良い成分は?

頭皮のカビにはこのシャンプー!マラセチア菌を無くすのに良い成分は?

 

 

脂漏性皮膚炎で"フケやかゆみ・湿疹"に悩まされている方へ。

 

 

原因となるマラセチア菌=頭皮のカビには「抗真菌成分」を使うのが良いとされています。

 

 

ただドラッグストアなどの店頭にいっても、それらしきものが見あたらない・・という方も、多いかもしれません。

 

 

"抗真菌成分"入りの中で、一番効きそうなものを見つけたい!という方のために、調べました。

 

 

 

 

1.抗真菌成分が配合されたシャンプーは3つ

 

 

そもそも、頭皮のカビとはどんなもの?

 

もともと私たちの頭皮には、たくさんの「菌(常在菌)」が住み着いています。

 

 

常在菌というくらいですから、常に住み着いている菌のことを指しています。

 

 

「菌=悪い物」と考えてしまいがちですが、必ずしも悪いものではありません。

 

 

大腸のように、いろいろな菌がバランス良く住み着くことによって、頭皮の健康が保たれているのです。

 

 

頭皮には200とも250ともいわれる菌がいます。「黄色ブドウ球菌、アクネ桿菌(かんきん)、マラセチア菌」などが代表的な菌(カビ)です。

 

 

菌のバランスが整うことで、頭皮のバリア機能を保ち、外部からの刺激を防いでいるのです。

 

 

頭皮が脂っぽい状態ですと、これらの菌のうち「マラセチア菌」が大量に発生してしまいます。マラセチア菌は「脂肪酸」という物質を作り出し、脂肪酸が頭皮にダメージを与える元となるのです。

 

 

いかに「マラセチア菌(カビ)」を抑えるかが、シャンプー選びのキモとなる部分です。

 

 

マラセチア菌をおさえるには、どんなシャンプーがある?

 

 

皮膚科で推薦しているのは「コラージュフルフルネクスト」です。それ以外にも、抗真菌シャンプーはあります。

 

 

「コラージュフルフルネクスト」「メディクイックH」「ニゾラールシャンプー」の3つが、該当します。

 

 

3つのシャンプーの、どれが良いか

 

 

フケを無くすという目的から考えると、どれも条件を満たすものです。どのシャンプーを使うのがベストなのでしょうか。

 

 

まとめたのが、下の表です。

 

コラージュフルフルネクスト

メディクイックH

ニゾラールシャンプー

価格

200ml
1728円

200ml
1178円

200ml
2200円前後
※輸入品の為、価格変動アリ

画像

抗真菌成分

ミコナゾール硝酸塩
(1%未満)

ミコナゾール硝酸塩
(1%未満)

ケトコナゾール2%

洗浄力

弱い・強い
2つのタイプを用意

弱い

強め

特徴

●頭皮状態に合わせたラインアップ
●皮膚科の先生が勧めるシャンプー

-

使用感

無味無臭に近い

さわやかな香り

薬品臭い

 

 

 

具体的に、どういった特徴があるのでしょうか。

 

 

2.抗真菌シャンプーのくわしい特徴

 

1位:コラージュフルフルネクスト

 

 

 

ほどよい殺菌力・頭皮状態に合わせた洗浄成分が◎

 

 

皮膚科の先生が勧める、定番シャンプー

 

皮膚科の先生が勧めることで有名。フケやかゆみ・湿疹で悩む人がまず使う定番シャンプーです。

 

 

皮膚科のホームページでも紹介されていますし、口コミでも必ずこのシャンプーの名前が出るほど有名です。

 


 

ほどよい殺菌力のある抗真菌成分。

 

抗真菌成分の中でも、殺菌力が控えめな「ミコナゾール硝酸塩」を使ってます。

 

 

⇒根こそぎ殺菌するのではなく、頭皮の菌のバランスを整えます。

 


 

頭皮状態に合わせた洗浄成分を選べる

 

 

皮脂が多い男性向け、皮脂が比較的少ない女性向けに合わせた洗浄成分を選べます。

 

 

〜悪い点〜

 

・市販シャンプーに比べて「泡立ちがやや悪い」ので少し物足りなく感じます。ただし、洗浄力に問題はありません。

 

 

・香りがないので、シャンプーしていて味気ないと感じることも。

 

 

市販のフケシャンプーよりも、値段がやや高いです。ただし、抗真菌シャンプーの中では、2番目の値段です。

 

「コラージュフルフルネクスト」の公式ページを見る

 

 

 

2位:メディクイックH

 

 

ほどよい殺菌力も、洗浄力が物足りない

 

 

ほどよい殺菌力のある抗真菌成分。

 

抗真菌成分の中でも、殺菌力が控えめな「ミコナゾール硝酸塩」を使ってます。

 

 

(「コラージュフルフルネクスト」と同じ成分)

 


 

ラインアップは1つのみ。洗浄成分がやや物足りない。

 

⇒種類は1種類のみ。コラージュフルフルのように、「男性向け」「女性向け」がない。

 

 

⇒洗浄力がマイルドなので、皮脂が多い男性は、脂汚れが残りやすい

 


 

頭皮の炎症を防ぐ「グリチルリチン酸ジカリウム」を使っている点も×

 

ステロイドに似た作用を持つ成分です。

 

 

⇒長期間使い続けると皮膚がもろくなるリスクも出てくるのが心配です。

 

 

値段は3種類の中で一番お手頃なのですが、総合的に考えると悩ましいところ。

 

 

 

3位:ニゾラールシャンプー

 

 

 

殺菌力・洗浄力がともに強く、使うのは微妙

 

 

抗真菌成分に一番の問題があります。

 

 

ケトコナゾールと呼ばれる抗真菌成分を配合。ミコナゾール硝酸塩よりも刺激が強い分、マラセチア菌への強い効き目が期待できます。

 

 

⇒その反面、刺激が強すぎる懸念も。毎日使えないほど強力なシャンプーです。

 

 

日本国内で認可されていない、"海外製のシャンプー"という点も不安。

 


 

洗浄成分は不明、洗浄力は強い

 

 

⇒洗浄成分の詳細は、明らかにされていません。口コミでは「洗い上がりがサッパリ」という書き込みが多く、洗浄力が強いようです。

 

 

 

3つの中では、コラージュフルフルシャンプー

 

 

メディクイックHは、ステロイドに似た成分があるので不安。

 

 

ニゾラールシャンプーは、殺菌力が強すぎる成分+国内認可されていないシャンプーということで、不安。

 

 

もっとも安心して使える「抗真菌シャンプー」は、「コラージュフルフルネクスト」です。

 

 


コラージュフルフルネクスト

 

 

コラージュフルフルが、効かなくなる?

 

「すでにコラージュフルフルを使たけど、再発した or 効かなかった。」

 

 

脂漏性皮膚炎であれば、真っ先に試して欲しいのが「コラージュフルフルシャンプー」です。ところが、コラージュフルフルでも効かないことがあります。

 

 

マラセチア菌を殺菌する成分が入っていますが、もともと頭皮にいる菌をなくしてしまうので「本来の頭皮の菌のバランスが崩れる」こともあるからです。

 

 

フケやかゆみを起こすのは、「マラセチア菌」がもっとも大きい原因といわれていますすが、「他の菌」も"増えすぎる"と「頭皮が荒れる」ケースもあるのです。

 

 

もちろん、コラージュフルフルは直接「脂漏性皮膚炎のもと」をケアしますので、即効性は高いものです。ですが、「菌のバランスが乱れる」という可能性もあることをおさえておきましょう。

 

 

コラージュフルフルをすでに使っていて、他のにしたい・・という方は、抗真菌成分が入ったものよりも、別のタイプのシャンプーを使うことをおすすめします。

 

 

〜コラージュフルフルだけじゃない、脂漏性皮膚炎向けシャンプー〜

 

 

コラージュフルフルで今一つ効果を実感しなかった、もしくは脂漏性皮膚炎が再発したのであれば、「カダソン」がオススメです。

 

 


KADASON(カダソン)

 

 

脂漏性皮膚炎を改善するために開発された、アミノ酸シャンプーです。

 

 


カダソン

 

 

カダソンは、マラセチア菌が"苦手"な「水溶性の保湿成分」を配合しています。

 

 

 

(※水溶性の保湿成分=シロキクラゲエキス)

 

 

一般的なシャンプーは、浸透力が強い「油溶性」の保湿成分を配合します。この「油溶性」こそが、マラセチア菌の「大好物」なのです。

 

 

どんなにいいシャンプーでも、油溶性の保湿成分を使うと、マラセチア菌が「増えやすい」頭皮環境になるのです。

 

 

シャンプーしながら、マラセチア菌が増えにくい環境を作れるのが「カダソン」です。

 

 

 

 

コラージュフルフルのように、直接殺菌する方が即効性はあります。ですが、頭皮の菌のバランスが乱れて「荒れる」ことがあります。

 

 

カダソンは、マラセチア菌が増えにくい環境を作るので、頭皮の菌のバランスを乱さずにケアできます。

 

一時的によくなっても、すぐ再発することにうんざりしている方に最適です。

 

 

 

 

カダソンの使い心地は?

 

 

 

カダソンはアミノ酸シャンプーなので「洗浄力が物足りないかな?」と心配でした。ですが実際には、泡もしっかりたちますし、二度洗いしなくても皮脂汚れが残ることもありませんでした。

 

 

コラージュフルフルで起こりやすい「髪のきしみ(指通りが悪くなる、ひっかかる)」がまったくないので、ストレスをためずに洗えるのも良いです。

 

 

 

 

 

-PR-