脂漏性皮膚炎ならこのシャンプー

脂漏性皮膚炎ならこのシャンプー|マラセチア菌を抑えるのに最適なものは?

 

そのシャンプー、マラセチア菌のケアがしっかりできていますか?

 

 

脂漏性皮膚炎になったけど、どのシャンプーを使ってもよくならない・・。といろいろ試されているかもしれません。

 

 

思うような効果がでないのは、どこかしらシャンプー選びに問題がある可能性があります。

 

 

脂漏性皮膚炎に効くシャンプーといっても、ただ頭皮の炎症を抑えるだけのものであったり・・。

 

 

脂漏性皮膚炎には、きちんと原因があります。"マラセチア菌をいかに抑えられるか"を基準に、シャンプー選びをしましょう。

 

 

ただ単に、いろいろなシャンプーを紹介しただけのサイトも多いですが、しっかり「マラセチア菌」対策ができるかをチェックすることが大事ですよ。

 

 

このページでは「マラセチア菌って何?」「どんなシャンプーを使えばマラセチア菌が抑えられるの?」について紹介したいと思います。

 

 

 

 

1.そもそもマラセチア菌とは?

 

 

 

 

マラセチア菌とは、頭皮に住み着く「カビ」の一種です。

 

 

わたしたちの頭皮には、いろいろな菌が住み着いてます。「細菌」もあれば「真菌」というカビの一種まで広く存在しているのです。

 

 

頭皮に菌がいること自体、悪いことではありません。菌がいることで、外部からの刺激を防ぐ「バリア機能」の働きをしているからです。

 

 

マラセチア菌という真菌(カビ)は、普段は大人しくしています。ところがマラセチア菌が「増えすぎる」ことで、頭皮にダメージとなる物質(遊離脂肪酸)を生み出します。

 

 

ダメージ物質が頭皮に溜まると、表面の角質がはがれたり(フケ)、頭皮が炎症を起こしてかゆみや湿疹などが起こりやすくなるのです。

 

 

2.マラセチア菌を抑えるシャンプーは、2つのタイプがある

 

 

 

皮膚科では抗真菌剤(マラセチア菌を抑えるもの)として、クリームやローションなどが処方されます。

 

 

ただし、マラセチア菌は治っても再発しやすいので、シャンプーで頭皮環境を整えることが大事です。

 

 

では、どんなシャンプーを使えば良いのでしょうか。

 

 

脂漏性皮膚炎向けのシャンプーは大きく2つのタイプに分かれます。「マラセチア菌を直接抑える」ものと「マラセチア菌が増えるのを防ぐ」ものです。

 

 

マラセチア菌を「殺菌して減らす」

 

 

頭皮にいるマラセチア菌を「殺菌」して、頭皮ダメージができるのを防ぐものです。

 

 

代表的なシャンプーは「コラージュフルフルシャンプー」です。ミコナゾール硝酸塩という殺菌成分で、マラセチア菌を殺菌していきます。

 

 

〜ちなみに〜

 

オクトやフケミンなどの、市販のフケ用シャンプーは「抗菌」成分です。

 

抗菌成分は「細菌」向けのもので、マラセチア菌を殺菌することはできません。

 

コラージュフルフルは、マラセチア菌という「真菌」を殺菌します。

 

 

増えすぎたマラセチア菌を抑える働きがあるので、ある程度の即効性が期待できますが"デメリット"もあります。

 

 

マラセチア菌は、ただ"無くせば良い"というものではありません。

 

 

マラセチア菌は増えすぎると問題ですが、「ゼロ」にしても問題が起こります。

 

 

マラセチア菌の本来の役割は、「お肌のバリア機能」として外部の刺激から身を守る働きがあることをご存じでしょうか。

 

 

殺菌しすぎてマラセチア菌がなくなると、お肌がダメージを受けやすくなり、少しの刺激で荒れる可能性がでてくるのです。脂漏性皮膚炎を防げても、頭皮が荒れてしまうのでは意味がありません・・。

 

 

コラージュフルフルシャンプーを使うと、"マラセチア菌を落としすぎるというリスク"があるのです。もし菌を落としすぎたら、頭皮がデリケートになり荒れやすくなります。

 

 

脂漏性皮膚炎のシャンプーとして有名なものですが、「効かない」「すぐ効果を感じなくなった」という声も多くあるのです。

 

 

 

 

マラセチア菌が「増えるのを防ぐ」

 

 

マラセチア菌が「増えにくい」頭皮環境をつくるのがこのタイプです。

 

 

つまり、マラセチア菌を除菌して減らすのではなくて、大量に増えないように事前に防ぐものです。

 

 

マラセチア菌の好物は「油っぽいもの」です。頭皮の皮脂を好み、油っぽい頭の人ほど増えやすいという特徴を持っています。

 

 

マラセチア菌の増加を防ぐには、皮脂を抑える「アミノ酸シャンプー」をおすすめします。

 

 

洗浄成分にアミノ酸を使ったものであり、一番の特徴は「頭皮の皮脂バランスを整える」という点です。つまり、皮脂がギトギトになっている頭皮を、適度な皮脂量に抑えることができるのです。

 

 

市販の9割以上のシャンプーは、洗うたびに頭皮が皮脂でいっぱいになりやすいのです。

 

 

なぜなら「石油系」という強力な洗浄成分で洗うため、頭皮の皮脂が根こそぎ落とされ、その反動で大量の皮脂が出されるからです。

 

 

アミノ酸であれば「洗いすぎによる過剰な皮脂」を抑えられるので、マラセチア菌の大量発生を防げます。

 

 

アミノ酸シャンプーというと「洗浄力が弱そう」というイメージがあるかもしれません。アミノ酸シャンプーはピンからキリまであり、特に安価なものですと「アミノ酸」に保湿成分を薄めて配合しているケースも多いのです。

 

 

「洗浄成分は、アミノ酸のみ」というものを使うことで、頭皮の「過剰な皮脂」や「皮脂残り」を防ぐことができるようになります。

 

 

3,過剰な皮脂を抑える、「純粋な」アミノ酸シャンプー2選

 

 

「余計な洗浄成分を混ぜていない、純粋なアミノ酸シャンプー」を2つ紹介します。

 

 

男性におすすめ:カダソン

 

 

頭皮の皮脂量が比較的多い、男性には「カダソン」をおすすめします。

 


KADASON(カダソン)

 

 

純粋なアミノ酸シャンプーですので、頭皮の皮脂を過剰に増やさずに洗うことができます。

 

 

皮脂を抑えるので、マラセチア菌の増殖を防いで健康な頭皮を保てます。

 

 

カダソンはさらに、「シロキクラゲエキス」という成分も配合しています。この成分は「水溶性(水に溶ける)保湿成分」であり、マラセチア菌が苦手とするものなのです。

 

 

 

 

一般的なシャンプーには、一般的なシャンプーには油に溶ける「油溶性の保湿成分」が使われています。

 

 

頭皮の保湿成分は地肌にうるおいを与えるため、洗い流しても頭皮に浸透します。頭皮に残ったマラセチア菌が、保湿成分をエサとして増えてしまうのです。

 

 

アミノ酸で皮脂を抑えつつ、保湿成分でも増えるのを防ぐ。マラセチア菌を押さえ込むことに特化したシャンプーです。

 

 

洗い心地はしっかりしていて、強い泡がたちます。洗っていても髪のきしみ(指通りの悪さ)もなく、快適に洗うことができます。

 

 

 

 

洗浄力はやや強めですので、どちらかというと男性が満足する使い心地のシャンプーです。コラージュフルフルと違い「髪がきしきし」しないので、洗っていてストレスを感じにくいのは良い点です。

 

 

値段がやや高いですが、髪の短い男性であれば毎日シャンプーしても余裕で2ヶ月以上はもつでしょう。

 

 

価格:

 

シャンプーのみ:3218円。

 

※2ヶ月〜2ヶ月半分

 

 

 

 

 

 

 

 

女性におすすめ:ハーブガーデンシャンプー

 

 

 

 

アミノ酸のみを純粋に配合した、信頼できるシャンプーです。アミノ酸の中でも、比較的洗浄力がやさしい「アラニン系」というものを使っています。

 

 

頭皮の刺激をおさえながら、皮脂をとりすぎない程度に、洗い上げてくれます。ギトギトの頭皮の人ですと、洗浄力の物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

荒れた地肌にやさしいのはもちろん、植物オイルや保湿成分たっぷりで「きれいな髪を目指せる」のもこのシャンプーの良いところです。

 

 

頭皮の皮脂を抑えるだけでなく、直接「ふけ・かゆみ」を抑える成分も入っています。

 

 

植物のハーブで、フケやかゆみを抑える働きがあるものを使っています。頭皮がこれ以上荒れないように、ケアしてくれます。

 

 

荒れた頭皮をケアしつつ、マラセチア菌がこれ以上増えないように頭皮環境を整えられるシャンプーでといえます。

 

 

実際に使ってみて

 

 


●全然刺激にならない、しみない


 

「荒れた頭皮なので、湿疹にしみたりしないかな?」と不安がありましたが問題なく使えました。

 

 

シャンプーに変なねっとりした感触がなく、軽いです。頭皮にやさしそうだ、というのはすぐに感じました。

 

 

重さも刺激もなく、スムーズに泡がたつのでストレスなく洗えました。

 

 


●洗浄力は決して弱くはない。ただ、事前のすすぎを入念に。


 

「アミノ酸だけに、汚れ落ちが悪くないかな?」という心配もありました。

 

 

私は脂っぽい頭皮ですが、常にベトベトというほどではありません。私のような頭皮の方でしたら、まったく問題なく汚れが落ちます。

 

 

一般的なシャンプーのように、モコモコになるほど泡はたちません。ですが泡が強くて、しっかり洗えているのを実感できます。

 

 

ただ、その時の頭皮のべたつきによっては泡立ちが悪い日もありました。事前にすすぎを入念にするようにしてから洗うと、問題なく泡立ちました。

 

 


●気になるのは、香りがやや物足りないこと。


 

シャンプーしている最中はハーブの香りがほのかにしますが、洗い流すと香りが髪に残りません。

 

 

もう少し香りがあればよいのにな、と個人的には思います。シャンプーに香りを求める方ですと、物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

ハーブガーデンのコンディショナーも一緒に使うべき? >>

 

 

価格:

 

シャンプーのみ:2160円。

 

シャンプー・コンディショナーのセットで4320円。

 

※いずれも2ヶ月分

 

(使った後でも、合わなければ"メール1本で"返品・返金を受け付けてもらえます)

 

 

 

 

 

 

男性が「ハーブガーデン」を使っても大丈夫? >>

 

 

2つのシャンプーを比較

 

カダソン

ハーブガーデン

画像

洗浄力

しっかり洗える

やさしい

マラセチア菌対策


皮脂を抑える
保湿成分が充実


皮脂を抑える

フケ・かゆみ

-


ハーブの力で抑える

頭皮への優しさ


天然成分入り


天然成分100%

使用感の良さ

香り

×
ほぼ無香


ハーブのほのかな香り

その他

髪にツヤが出る

価格:シャンプーのみ

3218円
※2ヶ月分

2160円
※2ヶ月分

1ヶ月あたり

1609円

1080円

コンディショナーとセット

-

4320円

使った後の返品

NG

OK

メーカーのページ

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因