頭皮の炎症は抜け毛の原因に|荒れた頭皮をしずめるケア

頭皮の炎症は抜け毛の原因になる|荒れた頭皮をしずめるケア

 

フケ・かゆみが止まらない。

 

頭皮が乾燥して、ガサガサになる。

 

抜け毛が増えてきた。

 

 

いずれも、頭皮が炎症を起こした状態です。

 

 

炎症というと、赤みがでたり湿疹をともなうものをイメージされる方も多いと思います。

 

 

ですが、頭皮の炎症にはいろいろな症状があります。

 

 

「頭皮が炎症を起こすのは、どういう状態なのか」

 

「炎症を抑えるには、どんなケアをすればよいか」

 

それぞれについて、お話ししていきます。

 

 

1.頭皮の炎症は2つのパターンがある

 

 

炎症というのは、大きく分けて2つの症状に分かれます。

 

 

「赤み・湿疹・みずぶくれ・かゆみ」などの"目立つ症状"のもの。

 

「かさぶた・フケ・落屑(らくせつ)・皮膚が厚く固くなる」などの"目立たない症状"のもの。

 

 

わたしたちが持つ「炎症」のイメージは、"目立つ症状"のものだと思います。ですが、頭皮は"目立たない症状"の炎症が起こることも多いのです。

 

 

2.どうして、炎症が起こる?

 

 

 

皮膚が刺激を受けると、皮膚を守るために防御します。腫れたり・皮膚の生まれ変わりを早めて皮がむけ、身を守ろうとするのです。

 

 

ダメージを受けたから炎症をするのではなく、"ダメージを防ぐために炎症を起こす"というのが人間の皮膚なのです。

 

 

では、どんな刺激を受けると炎症反応が起こるのでしょうか。

 

 

〜炎症を起こす刺激〜

 

・シャンプーの添加物

 

・触ったりこすったりする「摩擦」

 

・毛穴に皮脂が残り、酸化する

 

安い市販シャンプーですと、防腐剤や香料など頭皮に刺激のある添加物を使っています。使っていきなり刺激になるというより、長年のダメージが積み重なるイメージです。

 

 

あとはシャンプーをする時に、無意識にゴシゴシこする。ブラシで叩く。皮膚はわたしたちが思っている以上にデリケートなものなので、刺激になります。

 

 

最後は"毛穴の皮脂詰まり"です。シャンプーの洗い残し、脂性で大量の皮脂が出る、フケがでて毛穴を埋める、などが原因としてあります。

 

 

乾燥肌、脂性肌という「肌質」に関係なく、頭皮の炎症は誰にでも起こるもの。

 

 

では一体、どのようなケアをすれば良いのでしょうか。

 

 

3.炎症をしずめる方法

 

 

炎症をしずめるには、2つの方法があります。

 

 

@シャンプーを見直す

 

 

 

 

まず見直すべきは「シャンプーの時の洗い方」です。

 

 

とにかくシャンプーをする時は、「力をいれない・こすらない」が原則です。

 

 

特に泡立ちが悪いシャンプーですと、ついゴシゴシしたくなる気持ちもわかります。

 

 

皮膚に刺激をあたえると、それに抵抗して炎症反応が起こります。肌が刺激を感じて、身を守ろうとするからです。「ちょっとやさしいかな?」と思うくらいでいいんです。

 

 

指の腹で「もみこむ」ようなイメージで、地肌よりも髪を洗うようにするのがポイントです。

 

 

刺激の弱いシャンプーに、切り替えるのも一つ

 

 

もちろんシャンプーを「低刺激」のものに変えることも大事です。

 

 

市販シャンプーは、添加物がたくさん入っているので使うほど炎症が長引いてしまいます。

 

 

直接しみたり、ヒリヒリしなくても刺激になり、頭皮へのダメージは蓄積されていきます。

 

 

特に気をつけたいのが「石油系界面活性剤」という、強い洗浄成分。

 

 

石油系界面活性剤は、洗い流しても頭皮にわずかに残っていきます。肌の「バリア機能」をじわじわと破壊し、"刺激に弱い頭皮"になるものです。

 

 

もともとが『台所用の洗剤』に使われている成分でもあるので、刺激があるのはイメージしやすいかもしれません。

 

 

原料代が安いので、市販のシャンプーのほとんどで採用されている成分です。石油系界面活性剤が「ゼロ」のシャンプーに、切り替えましょう。

 

 

 

 

〜頭皮の炎症を抑えるなら、このシャンプー〜

 

 

頭皮の炎症を抑えつつ、将来的な「抜け毛予防」もしたいなら「チャップアップ」というシャンプーをおすすめします。

 

 


チャップアップシャンプー ※通販限定

 

 

石油系界面活性剤は一切使わず、アミノ酸だけでしっかりした洗浄力があります。アミノ酸の弱点は「洗浄力の弱さ」なのですが、それをカバーしています。

 

 

頭皮にやさしいけれど、しっかり皮脂汚れを落とせる。バランス感覚にすぐれたシャンプーです。

 

 

市販シャンプーですと、洗浄力が強力か、洗浄力が弱すぎるか。どちらかに偏ったシャンプーしかあります。

 

 

チャップアップは、荒れた頭皮をしずめる成分も充実。直接炎症を抑えて、抜け毛を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

A頭皮環境を整える

 

 

 

 

頭皮の炎症を抑えても、「薄毛」のリスクはあります。

 

 

頭皮が炎症を起こすと、毛根がダメージを受けて「抜け毛」が起こりやすくなります。

 

 

仮に炎症がなくなっても、「髪が抜けてヘアサイクルが乱れる」ことが問題なのです。

 

 

1本1本の髪には「ヘアサイクル」というものがあります。髪が成長して自然に抜け落ちるまでの、一連の流れのことです。

 

 

成長期

退行期(成長が止まる)

休止期(抜けるのを待つ)

 

 

「炎症による抜け毛」は、ヘアサイクルに逆らって髪が抜けることを意味しています。一度ヘアサイクルが乱れると、正常化するには時間がかかります。

 

 

つまり、抜けた毛がずっと抜けたままの状態になる可能性が高いのです。

 

 

ただ、毛根が死んでいるわけではないので、一生生えないワケではありません。再び成長期に入るまで、待つのです。

 

 

1本2本であれば良いのですが、これが広い範囲で起こると『将来的な薄毛』につながる恐れがあるのです。

 

 

もし、抜け毛があって将来的な薄毛が気になるなら。育毛剤を使って、ヘアサイクルを促進させることが必要です。

 

 

薄毛対策の基本は「髪があるうちに行う」。これが基本です。

 

 

ヘアサイクルの促進は、育毛剤を使うのも一つ

 

 

抜けてしまった髪の毛を、正常のヘアサイクルに戻すには「育毛剤」です。

 

 

育毛剤そのものがヘアサイクルを直すわけではありません。ですが、抜けたままの状態から、「髪が生える」状態までの期間を早めるために育毛剤を使うのです。

 

 

育毛剤は、"髪が生える頭皮環境作り"に働きます。塗ってすぐに髪が生えることはありません。ですが、「血行を促進」「男性ホルモンを抑える」「毛根に栄養を与える」働きがあります。

 

 

「髪が生えてこなくなった毛根」には効果がありませんが、「ヘアサイクルが乱れて、なかなか生えてこない」髪には意味があるのです。

 

 

 

 

「育毛剤は効果ない」という話を良く聞きますが、それは「毛根が死んで、髪が生えてこない髪」に対してです。

 

 

 

 

〜炎症を抑えながら、ヘアサイクルのケアができる「育毛剤」〜

 

 

育毛剤はたくさん種類がありますが、「炎症した頭皮」に良いのは「チャップアップ」という名前のものです。

 

 


チャップアップ

 

 

「頭皮のやさしさ」をしっかり考えて作られた育毛剤です。下手な育毛剤を使うと、シャンプーと同じく頭皮に刺激になる成分がたくさん入っています。

 

 

育毛剤を使ったはいいものの、頭皮が荒れてしまった・・となると、笑えません。

 

 

チャップアップは無添加の育毛剤なのですが、外部の機関にテストしてもらって「刺激がない」とお墨付きをもらっています。

 

 

 

 

無添加といっても、基準があるわけではありません。なので、自社メーカーだけでなくて、外部が良いといっているので信頼できます。

 

 

もちろん、頭皮環境を整える成分は網羅していますので、頭皮にやさしいから、成分が劣っていることもありません。

 

 

通販の育毛剤で一番人気ですので、中身もしっかりしています。

 

 

脂漏性皮膚炎持ちの管理人が使っても、ヒリヒリ刺激を感じずに使えました。

 

 

はじめは「本当に効くのかな?」と不安でした。ところがチャップアップを使って2週間がたったころから、頭皮に予想外の"うれしい変化"を感じるようになりました。

 

 

 

 

 

 

女性の方ならこの育毛剤「マイナチュレ育毛剤」 >>

 

 

このページで紹介した、シャンプーと育毛剤について

 

チャップアップシャンプー

チャップアップ育毛剤

画像

特徴

頭皮の炎症をしずめる
石油系界面活性剤を不使用
皮脂汚れをしっかり落とせる

抜けた毛の発毛促進
無添加で荒れた頭皮でも使える
外部機関にテスト依頼済み
通販の育毛剤で一番人気

価格

4180円

7400円

返金保証

なし

永久保証

メーカーのページ

 

※シャンプーと育毛剤をセットで買うなら、8800円。

 

 

[人気の記事]

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因