【頭皮】脂漏性皮膚炎の市販薬は効く?皮膚科で駄目だった方

【頭皮】脂漏性皮膚炎の市販薬は効く?皮膚科で駄目だった方

 

病院で薬をもらっても、すぐに再発する

 

何度も通ったりお金を払うのは大変。市販薬で代用したい

 

 

脂漏性皮膚炎になってしまうと、なかなかしつこくて治らず困っていませんか。

 

 

すでに皮膚科に行ったり、シャンプーもいろいろ変えている方も多いと思います。

 

このページでお伝えしたいことは、以下の2つです。

 

○脂漏性皮膚炎に、どういう市販薬があるのか。

 

○再発を防ぐには、どういう方法があるのか。

 

1.脂漏性皮膚炎向けの市販薬

 

 

皮膚科で処方される薬の方が、効き目は期待できます。

 

 

ただ強いステロイドを使っているので、長期間使用すると「皮膚がもろくなる」副作用もあるので考えものです。

 

 

近所の薬局・ドラッグストアでも買える市販薬を紹介します。

 

 

※注意点※

 

・市販の薬には、「脂漏性皮膚炎の専用薬」はありません。

 

・あくまで、頭皮の炎症やかゆみの症状を、抑えるためのものです。

 

「炎症を抑える薬」と「かゆみを抑える薬」に分けて、紹介します。

 

 

 

 

炎症を抑える薬

 

 

フルコートf

 

 

 

炎症を抑える薬として定番なのがコレ。

 

 

外用ステロイド薬で、市販薬の中では効き目はかなり強い分類に入ります。

 

 

ちなみに、ステロイドは数ヶ月連続で使うなど、長期使用さえしなければ副作用はありません。

 

 

安心して使ってください。現に、皮膚科でもステロイド入りの外用薬が当たり前ですから。

 

 

化膿してじゅくじゅくした患部にも効く成分を配合しています。

 

 

症状が、やや重い人に向いています。

 

 

もちろん、赤みや腫れといった症状にも対応しています。

 

 

ムヒHD

 

 

こちらもステロイド入りですが、フルコートよりは穏やかな効き目です。

 

 

かゆみを抑える「抗ヒスタミン」成分が入っています。

 

 

炎症だけでなく、かゆみといった守備範囲の広さが魅力です。

 

 

炎症を抑える、殺菌成分、皮膚組織の修復などの成分も入っています。

 

 

少しお値段が高いですが。

 

 

かゆみを止める薬

 

 

新レスタミンコーワ軟膏

 

 

 

湿疹などはなくて、かゆみがひどい場合は「新レスタミンコーワ軟膏」がオススメ。

 

 

ジフェンヒドラミン塩酸塩という、かゆみを抑える「抗ヒスタミン」成分が入っています。

 

 

軟膏タイプなので、塗りやすいです。

 

 

2.薬に頼らず「再発」を防ぐには

 

 

薬をつかって『我慢出来ない症状』をやわらげることは、とても大事です。

 

 

ですが、今のままだと「できては治って・・」の繰り返しになってしまいます。

 

 

「薬は使いつつ、再発を防ぐケア」を並行することを、オススメします。

 

 

脂漏性皮膚炎は、これをやれば治る!というものはありません。だからこそ「出来る範囲で、効果があることをやってみる」ことが重要です。

 

 

脂漏性皮膚炎の原因は、皮脂の過剰分泌による「マラセチア菌」の発生です。

 

 

再発を防ぐには、いかに頭皮の皮脂を、普段から抑えるかにかかっています。

 

 

「どうやって、皮脂を抑えればいいか?」いくつかの方法をまとめてみました。

 

 

 

 

〜コラージュフルフルだけじゃない、脂漏性皮膚炎向けシャンプー〜

 

 

コラージュフルフルが効かなかったのであれば、「カダソン」がオススメです。

 

 


KADASON(カダソン)

 

 

カダソンは、"脂漏性皮膚炎"をケアするために作られた、アミノ酸シャンプーです。皮膚科の先生が開発しています。

 

 

コラージュフルフルは、マラセチア菌を直接殺菌します。ところが、油っぽい頭皮だと再発しやすいのです。

 

 

「カダソン」は、マラセチア菌が"再発しにくくなる"成分(シロキクラゲエキス)を配合しています。

 

 

洗っても髪がキシキシしないので、指通りがよくて洗いやすいです。コラージュフルフルは、人によってはキシキシしますが・・

 

 

 

 

 

 

 

[関連記事]

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因