【必見】脂漏性皮膚炎のシャンプーは3つのタイプがある!脂性フケに効果的なのは?

【必見】脂漏性皮膚炎のシャンプーは3つのタイプがある!脂性フケに効果的なのは?

脂漏性皮膚炎向けのシャンプー

脂漏性皮膚炎を改善するには、市販のシャンプーを『一時的に』辞めることです。

 

 

とにかく今は、頭皮の「菌」のバランスが悪い状態です。脂漏性皮膚炎の人は「マラセチア菌」という菌が増えすぎています。

 

 

市販シャンプーはどんなものを使っても、マラセチア菌をしっかり抑えるのは難しいのです。

 

 

少しの期間「頭皮の菌のバランスを整えるシャンプー」に変えてみることをおすすめします。

 

 

市販シャンプーよりも値段は高いですが、ずっと使い続ける必要はありません。症状が落ちついて頭皮の菌のバランスがよくなれば、再び市販シャンプーを使いましょう。

 

 

どういったシャンプーを使えばいいのか、紹介したいと思います。

 

 

 

 

なぜ市販シャンプーでは、脂漏性皮膚炎が改善できないの?

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎向けのシャンプーは、「抗菌タイプ」「抗真菌タイプ」「頭皮環境改善タイプ」の3つのタイプに分かれます。

 

 

配合されている成分や、マラセチア菌対策をどう行うかによって種類が分かれるのです。

 

 

[1] 抗菌タイプ (市販の薬用シャンプー)

 

 

 

 

◎直接、マラセチア菌を抑える成分はナシ

 

◎洗浄力が強すぎて、マラセチア菌が増えやすくなる

 

 

ドラッグストアでもよく見かける、「オクトやメリット・H&S」などの薬用シャンプーは「抗菌タイプ」です。

 

 

頭皮の雑菌を抑えつつ、炎症を抑えるのがこの手のシャンプーなのですが、マラセチア菌を抑える成分はありません。

 

 

また、洗浄力が極端に強い「ラウレス・ラウリル硫酸」という成分を使っているため、頭皮の皮脂を落としすぎて「逆に頭皮が皮脂でベタベタ」になる恐れがあります。

 

 

頭皮の皮脂が根こそぎなくなると、頭皮のセンサーが「皮脂不足」だと勘違いして大量に皮脂を出してしまうのです・・

 

 

油っぽい頭皮はマラセチア菌が増えやすくなるので、この手のシャンプーを使うのはオススメできません。

 

 

オクト

 

 

 

 

どこのドラッグストアでも扱っている、フケ用シャンプーの定番です。500円でおつりがくるので、かなり安い分類に入るでしょう。

 

 

ただ、マラセチア菌をケアする成分は配合していませんし、「ラウレス硫酸」を使っているので"洗いすぎ"によって頭皮が皮脂でベタベタになる恐れがあります。

 

 

荒れた頭皮を一時的に落ち着かせることはできますが、逆に「マラセチア菌」が増えやすい頭皮環境を作ってしまうので、おすすめできません。

 

 

H&S シリーズ

 

 

 

 

CMでもおなじみのH&S。男性用、女性用とラインアップが豊富なシャンプーでもあります。

 

 

ジンクピリチオンという殺菌成分が配合されていますが、マラセチア菌には効果がありません。多少頭皮の炎症を抑える働きは期待できますが・・

 

 

「ラウリル硫酸」という脱脂力(頭皮の油を落とす力)が強い成分を使っています。洗いすぎによって、頭皮がさらに皮脂でべたつく危険があります。

 

 

メリット

 

 

 

 

「メリット=フケ」というイメージがある方も多いかもしれませんが、マラセチア菌のケアはできません。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムという炎症を抑える成分を配合していますが、脂漏性皮膚炎の原因そのものを抑えることはできないのです。

 

 

洗浄成分に「ラウレス硫酸」という強力なものを使っているため、頭皮の皮脂を落としすぎて逆に頭皮がベタベタになります・・。

 

 

[2] 抗真菌タイプ (市販の薬用シャンプー)

 

 

 

 

◎直接、マラセチア菌を殺菌する

 

◎使い続けると、徐々に効かなくなることも

 

 

頭皮にいる「マラセチア菌」を、直接「殺菌」できるのがこのタイプです。

 

 

脂漏性皮膚炎は、マラセチア菌の増殖によっておこるので、直接の原因を抑えることができます。

 

 

即効性もあり脂漏性皮膚炎に効果的なのですが、「ある問題」もあります。

 

 

使い始めのころはフケもかゆみもおさまるのに、"使い続けると、だんだん効かなくなってくる"口コミが多いのです。(実際に私もそうでした)

 

 

頭皮の菌を直接「殺菌」するので、頭皮にある「良い菌」も殺菌されるおそれがあります。

 

 

頭皮にはマラセチア菌以外にも、常在菌と呼ばれる「良い菌」がたくさんいます。マラセチア菌だけが減ればよいのですが、そううまくもいかないものです。

 

 

頭皮にある「良い菌」は、頭皮の皮脂を食べてくれます。良い菌がいなくなると、それだけ皮脂が残り『マラセチア菌が増えやすくなる』のです・・。

 

 

すべての人が「効かなくなる」というわけではありませんが、頭皮を殺菌するということは頭皮環境を悪化させる可能性があることは覚えておいた方がよいかもしれません。

 

 

コラージュフルフル

 

 

 

 

ネットの口コミでもよく名前があがるコラージュフルフル。一部の地域ではCMでもやっていますので、知名度はあるシャンプーです。

 

 

ミコナゾール硝酸塩という抗真菌成分(マラセチア菌をなくす成分)を使っており、脂漏性皮膚炎の原因をなくしていきます。

 

 

ただ、使い続けることで頭皮のよい菌もなくなるおそれがあり「はじめは良かったけど、だんだん効かなくなる」という口コミが目立つのも事実です。

 

 

メディクイックH

 

 

 

ロート製薬から発売しているシャンプーで、コラージュフルフルよりも安い値段で同等の成分が入っています。

 

 

ミコナゾール硝酸塩だけでなく、炎症を抑える成分も入っており、脂漏性皮膚炎のケアとしては幅広くカバーできるのですが・・

 

 

そもそも「頭皮の菌を殺菌する」という時点で、使い続けることでマラセチア菌が増えるリスクがあるのも事実です。

 

 

[3] 頭皮環境改善タイプ

 

 

 

 

◎マラセチア菌を殺菌せずに、マラセチア菌が増えにくい頭皮環境を作る

 

 

マラセチア菌を、直接殺菌する成分は入っていません。マラセチア菌の好物である「皮脂」をしっかり抑えることで、根本から解決を目指すシャンプーです。

 

 

ベースとなる洗浄成分に「アミノ酸」を使っており、"頭皮の皮脂を残しながら、必要な汚れだけを落とします"。

 

 

皮脂を適度に残すので、過剰な皮脂が出ることがなくマラセチア菌の好物を防ぐことができるのです。

 

 

脂漏性皮膚炎におすすめのシャンプー2選

 

 

脂漏性皮膚炎の症状を抑えるには、「頭皮環境改善タイプ」のシャンプーがおすすめです。

 

 

頭皮環境改善タイプのシャンプーは、マラセチア菌を無理に殺菌せずに、マラセチア菌が増えにくい頭皮を作ります。

 

マラセチア菌は「増えすぎる」のが問題で、すべて無くすのはかえって頭皮に良くありません。

 

 

◎男性向け     ・・カダソン

◎女性・お子さん向け・・ハーブガーデン

 

以下、2つのシャンプーを紹介します。

 

男性向け:カダソン

 

 


カダソン

 

 

「脂漏性皮膚炎の症状を改善するために」作られたシャンプーで、脂漏性皮膚炎専門のドクターが監修しています。

 

 

コラージュフルフルと比べると「何それ?」と思う方も多いかもしれませんが、"隠れたよいシャンプー"と言えるでしょう。知名度がすべてではありません。

 

 

カダソンは、どんな特徴があるの?

 

 

 

 

●アミノ酸ベースで、過剰な皮脂を抑える

●マラセチア菌が"嫌がる"成分を配合

 

という2つが、カダソンのよいところです。

 

 

洗浄成分が「アミノ酸をベース」にしていますので、洗いすぎることがありません。

 

 

ただ、アミノ酸だけでは洗浄力がやや弱いので、必要な洗浄力が出せるように成分を工夫しています。

 

 

脂性の人でもしっかり泡立ち、洗い流したあとも髪がべたつくことがありません。皮脂量が多い男性向けのシャンプーです。

 

 

また「シロキクラゲエキス」というマラセチア菌が嫌がる保湿成分を使っています。

 

 

 

 

皮脂が過剰に出るのをおさえながら、マラセチア菌が嫌がる成分も使っているので「マラセチア菌が増えない頭皮環境作り」はバッチリです。

 

 

 

 

頭皮湿疹を抑える成分も配合

 

頭皮の炎症を抑える、「グリチルリチン酸2K(ジカリウム)」という成分が入っています。

 

 

湿疹や赤みができた頭皮の炎症を、落ち着ける働きが期待できます。

 

 

カダソンのデメリット

 

●即効性はない

●香りがない、洗った後の爽快感がない

 

 

直接、マラセチア菌を殺菌する成分はないので即効性はありません。使って1日2日で症状がよくなることは期待しない方がよいでしょう。

 

 

ただ、3、4日目くらいから徐々にフケやかゆみが落ち着いてくる人が多いです。こればかりは個人差があるところですが。

 

 

また、頭皮に刺激になる添加物を混ぜていないので、「香りはほとんどない」「洗ったあともスーッとした爽快感がない」という物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

ただ、脂漏性皮膚炎の症状をおさえて、マラセチア菌が増えにくい頭皮環境を作るという点ではオススメできるシャンプーです。

 

 

値段は一般的なシャンプーよりも高いです。脂漏性皮膚炎のために開発されたシャンプーだからです。

 

 

頭皮状態が落ち着いたら、"市販の安いシャンプーと併用"して使用量を減らし様子をみればいいので、まずは一度試してみることをおすすめします。

 

 

価格(税抜):

 

2980円(250ml)

 

※男性の短い髪なら、2ヶ月以上は持ちます

 

 

 

 

 

 

 

女性・子供向け:ハーブガーデンシャンプー

 

 

 

 

頭皮の皮脂をしっかりおさえて、荒れた頭皮をいたわるオーガニックシャンプーです。

 

 

ネット通販限定で、ドラッグストアで目にするようなシャンプーよりは知名度では劣りますが、女性を中心に評判がよいシャンプーです。

 

 

ハーブガーデンは、どんな特徴があるの?

 

 

 

 

●アミノ酸ベースで、過剰な皮脂を抑える

●荒れた頭皮を落ち着けながら、やさしく洗い上げる

 

という2つが、ハーブガーデンシャンプーのよいところです。

 

 

アミノ酸をベースにしているだけでなく、何種類かのアミノ酸をブレンドさせてしっかり洗えるように作られています。

 

 

頭皮が脂性であっても、男性より、もともとの皮脂量が少ない女性・子供にとって最適な洗い心地のシャンプーです。

 

 

無添加・オーガニック(植物由来)と頭皮にとことんやさしいシャンプーですので、脂漏性皮膚炎で荒れてしまった頭皮でも「刺激を感じずに」使うことができます。

 

 

特に「湿疹」や「かさぶた」などが出来ている頭皮には、刺激があるシャンプーを使うとヒリヒリしたり痛みを感じやすくなりますので、ハーブガーデンのように低刺激のものを使うのがよいでしょう。

 

 

 

 

フケ・かゆみ・湿疹を抑える成分も配合

 

 

 

直接、フケやかゆみを抑える「ハーブ」も配合しています。

 

[配合されているハーブ]

 

●ローリエ(フケ防止)

 

●よもぎ(かゆみを抑える)

 

 

 

また、頭皮の炎症をおさえる「サクラ葉エキス」も配合されています。湿疹や赤みができた頭皮を、落ち着ける働きが期待できます。

 

 

ハーブガーデンのデメリット

 

 

●即効性はない

●香りが物足りない

 

 

カダソン同様、マラセチア菌を直接殺菌することはできません。使っていくうちに過剰な皮脂がおさえられて、マラセチア菌が住みにくい頭皮環境を目指すものです。

 

 

あとは「香りが物足りない」というのも、気になる点です。ハーブのやさしい香りがしますが、洗い流すと髪に残らないので、香り重視の人には物足りないと思います。

 

 

とはいえ、アミノ酸シャンプーでもしっかりしたものですので、頭皮の皮脂が過剰にでるのを防げるので、脂漏性皮膚炎の対策としてはオススメできます。

 

 

市販でもアミノ酸シャンプーがありますが、原料代を安くするために「ラウレス硫酸」を混ぜているものもありますので、注意しましょう。

 

 

ハーブガーデンは、ネット通販ならではの強みとして「使った後でも、返品できる」というのがあります。「とりあえずどうなんだろう?」とお試し感覚で注文できるのもよいと思います。

 

 

価格(税抜):

 

シャンプーのみ:2000円(300ml)。

 

シャンプー・コンディショナーのセット:4000円。

 

※使った後でも、メール連絡1本で返品を受け付けてもらえます。

 

 

 

 

 

 

2つのシャンプーを比較

 

 

カダソン

ハーブガーデン

画像

洗浄成分


純粋なアミノ酸


純粋なアミノ酸

添加物


シリコン
防腐剤
合成香料
合成着色料
石油系界面活性剤
※いずれも不使用


シリコン
防腐剤
合成香料
合成着色料
石油系界面活性剤
※いずれも不使用

マラセチア菌対策

マラセチア菌が嫌がる成分を配合
(シロキクラゲエキス)

皮脂を抑えて、増えにくくする

頭皮ケア

グリチルリチン酸2K(湿疹などの炎症を抑える)

ローリエ(フケ防止)
よもぎ(かゆみを抑える)
サクラ葉エキス(湿疹などの炎症を抑える)

その他

男性向け

女性・子供向け

価格(税抜)

シャンプー:2980円
(250ml)

シャンプー:2000円
コンディショナーのセット:4000円
※ともに300ml

使用後の返品

NG

OK

メーカーのページ