頭皮の乾燥がひどい時の保湿ケア

頭皮の乾燥がひどい時の保湿ケア|正しいやり方と選び方を紹介!

 

乾燥した頭皮は、どんなケアをしたらいいかわからない。

 

●パラパサしたフケ、かゆみが出てくる。

 

●頭がガサガサになる

 

●抜け毛が気になる。

 

 

とりあえず頭皮をローションなどで水分補給している方も多いと思います。でも、水分をつけてもすぐに蒸発してカラカラ・・

 

 

「どうやって水分が逃げるのを防げばいい?」

 

「水分をしっかり補給するには?」

 

頭皮の乾燥を防ぐ保湿ケアについて、お話しします。

 

 

1.頭皮の保湿に必要な、3つのステップ

 

 

@水分の蒸発をストップ

 

 

水分を与えるのも大事ですが、蒸発を防ぐことも大事です。穴の空いたバケツのように、いくら水分を与えても逃げては意味がありません。

 

 

頭皮が乾燥する多くの場合、「水分が蒸発しやすい」頭皮になっています。

 

 

一番の問題は、「シャンプーの選び方、洗い方が間違っている」という点です。

 

 

 

 

普段は何気なくシャンプーをしていると思いますが、頭皮の「皮脂」をとりすぎてしまいがち。頭皮の皮脂は水分を閉じ込める「フタ」の役割を果たします。

 

 

シャンプーするたびに、皮脂がなくなっています。フタをするも皮脂がないので、いくら水分を補っても意味がありません。

 

 

●洗浄力が強すぎるシャンプーを使っている

 

●1日に何度もシャンプーをしている(シャンプーのしすぎ)

 

●洗うときの温度を熱めにしている(皮脂が溶けてしまう)

 

いずれかにあてはまっていませんか?

 

 

特にわたしたちがやりがちなのは、「洗浄力が強いシャンプー」を使うこと。市販のシャンプーにいくら「弱酸性」とか「アミノ酸」と書いていても意味がありません。

 

 

市販のシャンプーは特に、原料代を安くするために「見せかけ」だけを良くしているケースがほとんどです・・。

 

 

「石油系界面活性剤」が一切入っていないことが、ポイントです。

 

 

石油系界面活性剤とは、洗浄成分のこと。原料代が安く済むので、安いシャンプーには必ず入っています。また、「アミノ酸シャンプー」と書いていても、実際は石油系界面活性剤を混ぜているものが多いです。

 

 

石油系界面活性剤は台所用の洗剤でも使われる、強い成分。洗うたびに皮脂を根こそぎ落として、水分が逃げやすくなります。だから注意した方がいいのです。

 

 

 

 

A水分補給の、土台作り

 

 

 

 

水分を与える前の「下準備」は、とても大事。なぜなら、普通に水分を与えても「ちゃんと頭皮に浸透しない」からです。

 

 

皮膚(角質)は乾燥すると固く厚くなります。水分を逃がさないように、自然に体が反応します。(角質肥厚と言います)

 

 

角質が固く厚くなっているので、水分を与えても表面で止まるのです。肌は「角質層」と呼ばれる場所まで入れないと、水分をキープできません。

 

 

固く厚くなった角質を、"柔らかくするか・溶かす"ケアが必要なのです。

 

 

これが顔や全身の皮膚であれば「ピーリング」といって『硬い角質をはがす』ケアができます。ところが頭皮の場合は「毛穴」があるので無理です。

 

 

だからといって、化粧水や頭皮用のローションは”ただの水分補給”です。そもそも水分が入らないから、困っています。

 

 

シャンプーで角質ケアできるものも、なかなかありません。本来は汚れを落とすのが目的ですからね・・。

 

 

角質をほぐすのであれば、「育毛剤」を使うというのも一つの方法です。育毛剤=薄毛対策というイメージがあるかもしれません。

 

 

ですが育毛剤には、「角質をほぐして、成分を浸透させる」技術があります。

 

 

メーカーによって成分は違いますが、角質溶解成分、毛穴を開く成分などいろいろあります。育毛剤を使えば、角質をほぐして浸透しやすくするだけでなく、頭皮への水分補給もできます。

 

 

もともとは"髪に栄養を与える"エキスですから、"薄毛でない人"が使っても問題はないわけです。

 

 

育毛剤を使えば、

 

A水分補給の、土台作り

 

B水分補給

 

の両方がクリアできます。

 

 

育毛剤をおすすめする、もう一つの理由

 

 

頭皮が乾燥すると、炎症を起こして「抜け毛」がでやすくなるのはご存じでしょうか?

 

 

フケやかゆみ、ガサガサが起こるのは「炎症」の一つの症状なのです。

 

 

炎症というと、湿疹や赤みを連想されるかもしれません。ですが、炎症は「フケ・かゆみ・ガサガサ・頭皮が硬くなる」のも症状の一つなのです。

 

 

参考:頭皮の炎症は抜け毛の原因に|荒れた頭皮をしずめるケア

 

 

皮膚の表面が荒れているので、毛根にも炎症が広がると「抜け毛」が増えてしまいます。

 

 

一度抜けた毛は、いずれ生えてきます。ですが、頭皮は「ヘアサイクル」がありますので、その周期に逆らって抜けた毛は簡単に生えてきません。

 

 

 

 

少しでも抜けた毛が本来のヘアサイクルに戻るように、育毛剤で髪に栄養を与えることが有効です。

 

 

抜けた髪のフォローもできるのが育毛剤です。頭皮が乾燥しやすい方は、将来の薄毛予防のためにも必要です。

 

 

 

 

〜炎症を抑えるなら、チャップアップがおすすめ〜

 

育毛剤はたくさんありますが、頭皮の炎症を抑えたいなら「チャップアップ」がよいです。

 

 


チャップアップ

 

 

他の育毛剤と違って、無添加で頭皮に優しいからです。

 

 

実際に頭皮に刺激がないか、たくさんのテストを重ねて商品化しているので信頼できます。

 

 

●髪に栄養を与えるエキス

 

●角質をほぐす成分

 

●頭皮環境を整える成分

 

 

など、頭皮を保湿するのに必要な成分もしっかり入っています。

 

 

私(管理人)も実際にこの育毛剤を使っていますが、頭皮にまったく刺激がないので安心して使えています。「頭皮が荒れないか?」と当初は心配でしたが。

 

 

 

 

育毛剤で水分補給ができるので、頭皮がガサガサになったり、皮がむけることもほとんどなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[関連記事]

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因