抜け毛を防ぐ無添加シャンプー!市販と通販の有名どころを徹底解説

抜け毛を防ぐ無添加シャンプー!市販と通販の有名どころを徹底解説

 

無添加シャンプーといっても、種類が多すぎでワケがわからない

 

 

「最近、髪が薄くなってきた。抜け毛も増えてきてヤバイ。」こんな焦る気持ちになること、誰しもあると思います。

 

 

シャンプーするのが恐怖に感じるほど、日々抜けていく自分の髪。いっそ湯シャンにしようか?と考えたこともありますが、皮脂汚れでギトギトになるので断念。

 

 

"髪にやさしい"無添加系のシャンプーを探している方も多いと思うんです。

 

 

ただ、無添加シャンプーといっても「実態がつかみにくい」と感じている方も多いと思うんです。

 

 

なんでもかんでも無添加。どれが本当に頭皮に良いか、わからない

 

そもそも、無添加よりもっと頭皮に優しいものがあるのだろうか

 

 

シャンプーメーカーもとりあえず「無添加」と書いておけば売れるという世界ですからね。無添加シャンプーについての本質に迫っていきたいと思います。

 

 

 

 

無添加シャンプーって、そもそも何者?

 

 

 

 

無添加=必ずしも頭皮に優しいとは限りません。

 

 

「えっ?余計な添加物が入ってないから無添加でしょう?」と普通は思いますよね。実はここにカラクリがあるんです。

 

 

無添加というのは、シャンプーに「余計な添加物」が入っていないことを指します。

 

 

無添加と聞くと、余計な添加物が「まったく入っていない」と考えがちですが、実はそうではありません。

 

 

シャンプーに含まれる有害な添加物は、102種類(!)あります。(旧指定成分といいます)他にも頭皮に良くない成分はまだまだ隠れています。

 

 

無添加シャンプーで「添加物を100%排除したものはありません」。

 

 

そもそも添加物を入れるのは、シャンプーの品質を保つために必要なものなので、完全にゼロにすることはできないのです。

 

 

添加物を入れないためには、植物エキスなどの「頭皮に優しい」成分で代用します。ただコストがかかるので、市販の無添加シャンプーではほとんど採用されていません。

 

 

●市販の無添加シャンプー=ほんの一部だけ無添加

 

●通販・サロンの無添加シャンプー=大部分が無添加

 

という違いがあります。

 

完璧な「無添加シャンプー」というのは存在しません。ですが、市販のものはほんの一部だけ無添加なので、頭皮には優しくないのです。

 

 

※ちなみに※

 

シリコンも添加物の一つです。ノンシリコンシャンプーはシリコンだけないだけ。他の添加物がたっぷり入っています。

 

 

じゃあ、何を使えばよいのか

 

 

「無添加シャンプーでも頭皮に優しくないのなら、どんなシャンプーならいいの?」

 

 

無添加成分が"できるだけ入っていないシャンプー"を使うことです。

 

 

無添加成分を増やそうとすればするほど、代わりとなる成分を使う必要が出てきます。その分、原料代は高くなります。

 

 

市販のより、通販・サロンシャンプーが高くなるのはこうした理由があるからなのですね。

 

 

ただ、シャンプーも「○○無添加」「△△無添加」などと、やたら並べたものが多いです。いちいちその数を比べるわけにもいきません。

 

 

じゃあ、何を基準に判断すればよいのかというと「天然由来成分をどれだけ配合しているか」という点です。

 

 

 

 

天然成分とは、植物や食品から抽出したエキスです。人間の体になじみがあるので、頭皮への刺激がありません。

 

 

一方、添加物は「人工的に作られた成分」です。防腐剤のパラベン、エタノール、人工香料、人工着色料など・・

 

 

人工的な添加物を、頭皮に優しい天然由来成分に置き換えたものを指します。

 

 

「天然由来成分100%なら、添加物が0ってことじゃないの?」

 

 

たしかにそう思うかもしれませんが、実際はNOです。シャンプーって本当、紛らわしいですよね。

 

 

天然由来成分の「由来」という言葉に注目してください。天然成分に、加工を加えているものの「天然由来」と言います。

 

 

人工的な成分を混ぜたり、科学的な加工をしているのが天然由来なのです。もちろん、単に添加物を入れたものに比べると「肌にやさしい」です。

 

 

何度もいいますが、完全に無添加のシャンプーを作ることはできません。

 

 

だからこそ、添加物で出来る限り頭皮に優しい成分に"置き換えた"「天然由来シャンプー」が良いのです。

 

 

完全なものはないけれど、限りなく頭皮に優しいのが「天然由来成分100%」。

 

 

天然由来成分100%のシャンプー

 

ハーブガーデンシャンプー

 

 

 

 

○天然由来成分100%のアミノ酸シャンプーです。

 

 

○無添加、ノンシリコン、オーガニックと髪に良いものはなんでも取り入れているシャンプー。水の塩素の刺激を抑えるほど、徹底してやさしさにこだわっています。

 

 

○植物オイル、植物エキスが添加物の代わりをしてくれます。

 

 

○髪を元気にする、ミネラルたっぷりのハーブを使っています。使っていくうちに髪が元気になってきます。

 

 

○実際に使ってみても、シャンプーが軽い。洗い流した後も頭皮に残る感触が全くないので、頭皮にやさしいのを実感できると思います。

 

-気になる点-

 

○「香りが弱い」というところ。強い香りをつけると、頭皮に刺激になるので仕方がありません。

 

 

○泡はたちやすいが、モコモコになるほど泡立たないので、物足りなさを感じる。

 

 

○頭皮がギトギトだと、二度洗いが必要。そうでなければ、事前にすすぎをしっかりすればしっかり泡立ちます。

 

 

○メーカーの通販ショップでしか買えない。

 

 

価格:2000円(コンディショナーとセットで4000円)

 

※2ヶ月分。シャンプー単独で月あたり1000円。

 

※"使った後も、返品OK"です。"とりあえず"合うかどうか試せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

haru黒髪スカルプシャンプー

 

 

 

○同じく天然由来100%のシャンプーです。

 

 

○"植物成分と食品"から抽出したエキスで、髪をケアします。

 

 

○抜け毛薄毛というよりも、「髪のハリコシや白髪」など、頭皮全般のエイジングケアをしたい人向け。

 

-気になる点-

 

○香りはほとんどないです。洗っている時からほぼ無臭で物足りない。

 

 

○シャンプーの使い心地の良さは普通。可もなく不可もなく。

 

 

○頭皮が脂っぽいときは、たまにキシキシすることがあります。洗浄力が強いので、髪に負担になっているかもしれません。

 

 

シャンプー単品で3600円。

 

※約2ヶ月分。月あたり1800円。

 

※"使った後も、返品OK"です。"とりあえず"合うかどうか試せます。

 

 

 

 

 

 

2つのシャンプーなら、ハーブガーデンが良いです

 


ハーブガーデン

 

 

どちらも天然由来成分100%で、頭皮にやさしいシャンプーです。トータルで考えるなら「ハーブガーデン」が良いです。

 

 

シャンプーの大半を占める「水」の刺激も抑えているという点。髪の健康になるミネラルを補給できるという点。

 

 

あとは使い心地の良さが、他と比べ物にならないくらい良いです。髪がツルツルになって、乾かしてもキシキシしません。

 

 

香りと泡の量が物足りないという欠点はあります。ただ香りと泡の量を多くしようとすると、香料や発泡剤が必要になり刺激になります。

 

 

ハーブガーデンのコンディショナーを使えば、シャンプー後の髪の香りも持続するので、シャンプーだけで考えなければ問題ないです。

 

 

 

 

下手な育毛シャンプーを買うよりも安いですし、「とにかく刺激がないもので、薄毛のケアをしたい」ならハーブガーデンが良いですよ。

 

 

もちろん、「合わなかったらどうしよう・・」というのがあります。本当は試供品があったら最高なんですけどね。

 

 

ですが、このシャンプーは「使った後も返品OK」ですので、気軽に試せます。

 

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因