抜けた髪が生えてこない|アトピーで脱毛した場合、どうやれば生える?

抜けた髪が生えてこない|アトピーで脱毛した場合、どうやれば生える?

頭皮が荒れて、抜けてしまった髪が生えてこない・・

 

 

○頭皮があれていて、フケやかゆみが常にある。

 

○もともと皮膚が弱かったり、アトピーもちだ。

 

○将来、薄毛になってしまわないかと不安になっている。

 

ちょっとしたきっかけで、頭皮が荒れてしまうと、見た目も汚らしくなってしまいますよね。

 

 

あとはかゆみ。ついかきむしってしまって、いつの間にか抜け毛が枕元にごっそり・・という経験もあるかと思います。

 

 

「一度抜けてしまった髪でも、ちゃんと生えてくる」

 

 

毛が抜けるようになると、「ちゃんと元のように生えてくるの?」と不安になってしまいますよね。

 

 

一度気にしてしまうと、いつも頭から離れなくなって落ち着かない日々を過ごすことにもなりかねません。

 

 

「アトピーがらみだから、もう生えてこないんでしょ・・」とあきらめる必要はありません。

 

 

抜けた髪は、生えてきます。

 

 

どうして、生えてくると言い切れるのか。また、何かケアをする必要があるのかについて、お話しします。

 

 

本当に、髪は生えてくる?

 

脱毛は一時的なもの。ただし、炎症を抑えることが条件。

 

 

今の状態は、頭皮が「炎症」を起こして荒れている状態なのです。

 

 

抜け毛というと、毛根が死んでしまったイメージをする方もいるかもしれません。

 

 

脱毛は、3種類あります。

 

○加齢による脱毛⇒男性ホルモンが影響。毛根が攻撃されて生えてこない。

 

○円形脱毛⇒ストレスなどで、免疫異常が起きている状態。

 

○炎症による脱毛⇒頭皮が荒れて、髪が生えにくい状態。

 

炎症を抑えれば、正常な髪が生えてくる

 

 

髪の毛は、毛根から皮膚を通って外に出ます。皮膚の表面が炎症を起こすことで、毛髪が通りにくくなった状態なのです。

 

 

そのまま髪が抜け落ちるだけでなく、新しい髪も通りにくいのでなかなか生えてこなくなるのです。

 

 

毛根から伸びてくる髪が、"渋滞を起こして詰まっている"状態です。

 

 

炎症さえしっかり抑えられれば、再び健康な髪は生えてきます。

 

 

ちなみに、髪が生えるヘアサイクルを考えると、「3カ月」は待たないと、「髪が生えた」と実感できません。

 

 

たとえそれが、健康な頭皮であっても。

 

 

あと髪は、1本1本が別々のヘアサイクルで動いています。

 

髪が成長する「成長期」・成長が止まる「退行期」・そして抜けるのを待つ「休止期」の3つを、1本1本が繰り返しています。

 

 

炎症が広範囲にわたっている場合だと、髪が生えている部分もあれば抜けている部分もあるのです。

 

 

いずれにしても、きちんと生えそろってくるまでは違和感を感じるかもしれません。

 

 

あまり鏡をみて一喜一憂せず、やれることをしっかりやっていきましょう。

 

 

炎症を抑えるには

 

炎症を抑えるには、育毛剤を使うのが鉄則

 

 

頭皮が荒れるのを防げれば、毛髪が正常に伸びて生えてくるようになります。

 

 

「育毛剤を使っても、頭皮の炎症を抑えられないのでは?」

 

 

育毛剤というと、髪を生やす・増やすというイメージが強いかもしれません。ですが実際は、頭皮の荒れを防ぐ働きもあります。

 

 

なぜかというと、もともと育毛剤は「頭皮環境を整えたうえで、育毛成分を届ける」というケアを元に開発されているからです。

 

 

ただ頭皮に塗っても、思うような効果がでなかったという経緯があることから、「そもそもの環境を整えないと、意味がない」ということに気づいたようなのです。

 

 

「頭皮の炎症を抑えつつ、元気な髪が生える手助けをする」のが育毛剤。

 

 

逆に、ドラッグストアで数百円で買えるようなものは、頭皮環境を整えるものは入っていません。ピンキリですね。

 

 

単に「抜け毛を生やすから育毛剤」という意味では、ありませんよ。

 

 

育毛剤と言っても、どれでも良いというワケではありません。育毛剤でも、頭皮に刺激になるものが含まれている場合があります。

 

 

シャンプーや化粧品と同じように、「無添加」のものを使ってケアするのが必須。

 

 

無添加の育毛剤でないと、頭皮の刺激になり、さらに荒れてしまいます。

 

 

まずは頭皮の炎症を抑えること。皮膚科のステロイドでも炎症を抑えることはできますが、副作用が心配。

 

 

市販の軟膏にも、頭皮の炎症を抑えられるものがあります。ただ、油分こってりなので、頭皮に塗るとべたつくのでケアしずらいのが難点。

 

 

安全にケアするには、"無添加の"育毛剤をうまく取り入れていくと良いでしょう。

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因