おすすめのノンシリコンシャンプー|髪のダメージを防ぐにはコレ!

おすすめのノンシリコンシャンプー|髪のダメージを防ぐにはコレ!

「髪がすぐに傷んでしまって、なかなか髪を伸ばせない」

 

「トリートメントをしても、髪がきれいになるわけでもないし・・」

 

 

きれいな髪になりたいのに、思うようにいかないもどかしさってありますよね。

 

 

いくらおしゃれをしても、肝心の髪が綺麗に決まらないとかわいくない。

 

 

いつもパサパサ。毛先がいつも切れて広がってしまうし。かといって縮毛矯正は目的が違うし・・

 

 

ダメージをヘアをふせぐために、ノンシリコンシャンプーが気になっているあなたへ。

 

 

たしかに、シリコンが毛穴につまると髪の成長をじゃましてダメージになります。

 

 

しかし、ノンシリコンなだけでは髪のダメージは防げませんよ。

 

 

もちろん、シリコンは刺激物ですし、毛穴を詰まらせる悪いものなのですが。

 

 

ノンシリコンだけでなくて"シャンプーそのもの"を優しくすることが大事ですよ。

 

 

中途半端に、ノンシリコンだから髪にいい!というわけではないので、注意しましょうね。

 

 

〜参考:シリコンとは?〜

 

髪の表面をコーティングすることで、指通りやツヤを出すためのもの。

 

コーティングはしても、髪自体の補修効果はありません。

 

髪に人工的な成分をつけるので、髪や地肌に残って負担となります。

 

人工的な成分は、シャンプーで洗い流しても地肌に微量だけ残るといわれているのです。

 

また、毛穴につまると、髪の成長も邪魔します。

 

〜参考:髪のダメージの原因〜

 

髪が傷んでしまう原因は、美容室に行かずに自宅でカラーリングをすること。

 

あとは、パーマのやりすぎもキューティクルがはがれてしまい、ダメージに。

 

シャンプーの成分が刺激になることもありますし、太陽から受ける紫外線も影響しています。

 

 

髪を痛ませる原因は、シリコンだけじゃない

 

ノンシリコンであれば、髪に良いというわけではありません。

 

 

髪を痛ませている原因は、シリコンに限った話ではないからです。

 

 

ノンシリコンという言葉だけで判断して、市販シャンプーを選んでも悩みは解決しません。

 

 

ここで勘違いしやすいのは、「ノンシリコンでも、髪のダメージは防げない。」のではありません。

 

 

ノンシリコン以外にも、髪のダメージになるものはあるのです。

 

 

実際に、どういったものがあるのでしょうか。

 

 

洗浄成分

 

「石油系の洗浄成分(界面活性剤)」に、注意した方が良いですよ。

 

 

自然にあるものではなくて、人工的に作り出した安い洗浄成分のことです。

 

 

市販シャンプーのほとんどは、石油系の洗浄成分を使っています。

 

 

人工的なものなので、頭皮にとっては「異物」なのです。

 

 

洗い流したつもりでも、少しずつ頭皮に蓄積されていくと言われています。

 

 

ノンシリコンシャンプーでも、市販のものは洗浄成分に問題があるのです。

 

 

添加物

 

添加物というと、食品をイメージする方も多いと思います。

 

 

シャンプーにも、品質を保つために「たくさんの添加物」が使われています。

 

 

日持ちさせるための「防腐剤(パラベン)」、香りを良くする「香料」。

 

 

(シャンプーは、そのほとんどが「水」でできているので、腐りやすいのです)

 

 

シャンプーの見た目を良くする「着色料」なんかもあります。

 

 

これらを使うことは、必ずしも悪いことではありません。

 

 

なぜなら、シャンプーの使い心地を良くしたり、品質を保つのに必要だからです。

 

 

ただし、「人工的に」作られた場合が問題なのです。

 

 

たとえば香料。植物などから抽出した「天然」のものであればよいのですが。

 

 

薬品などを使って「人工的に」香りを作り出すのは問題です。

 

 

市販シャンプーに使われているものは、人工的に作り出されています。

 

 

なぜなら「良い香りを、大量に安く」作ることができるからなのですね。

 

 

店頭で扱うものは、安くて売れるものを扱わなければすぐに商品が入れ替わります。

 

 

だからこそ、メーカーは安い原料で、使い心地の良いものを配合するのです。

 

 

まとめると、
○ノンシリコンも大事。でも、洗浄成分や添加物にも気をつかうべき。
○市販シャンプーだと、安く済ませるために頭皮に悪い成分を使っている。

 

 

髪のダメージを防ぐにはハーブガーデン

 

ノンシリコンで、なおかつ頭皮にやさしいシャンプーなら「ハーブガーデン」が良いです。

 

 

なぜなら、「天然」の成分にとことんこだわっているシャンプーだからです。

 

 

(ちなみに、頭皮のダメージを補修したいなら「守り髪」というシャンプーもあります)

 

 

ノンシリコンで天然成分のシャンプーは、他にもたくさんあります。

 

 

しかし、ハーブガーデンはすべての成分で「天然」にこだわっています。

 

 

洗浄成分「だけ」、無添加「だけ」、というシャンプーは星の数ほどあります。

 

 

(ちなみに、無添加シャンプーというのも、洗浄成分は人工的なものを使っていたりします。)

 

 

ハーブガーデンは「水」「洗浄成分」「添加物」「コンディショニング成分」すべて、"天然"にこだわってます。

 

 

普通なら「水」はどこも普通の水を使いますが、ハーブガーデンは植物のハーブと煮詰めて作った水ですから。

 

 

できるだけ余計な成分を飛ばして作っている、という徹底ぶりなんですね。

 

 

洗浄成分もアミノ酸なので、人間の頭皮になじみやすいものです。

 

 

無添加ですし、コンディショニング成分もすべて「植物」から抽出したものですから。

 

 

良いことばかりではない

 

もちろん、完ぺきな商品なんてこの世にありませんから欠点はあります。

 

 

ハーブの香りが弱い。シャンプーは香りも楽しみたいという人は多いと思います。

 

 

洗っているときはほのかに香りますが、髪に香りが残らず物足りないのもたしか。

 

 

泡立ちも市販シャンプーに比べると、やや物足りないです。

 

 

ただし、これらはいずれも「天然」の成分を使っているからなのですね。

 

 

物足りない部分はあるにせよ、頭皮を守るという面ではこれ以上ないわけです。

 

 

あとは、メーカーの通販ショップでしか買えないのも不便ですが。

 

 

髪自体には、修復する能力はありません。だから一度痛んでしまうと、切るしかありません。

 

 

次に生えてくる髪が、健康でキレイになるのをお手伝いするシャンプーです。

 

 

頭皮に刺激を与えずに、根本から変えていくのに「ハーブガーデン」が活躍します。

 

 

切れ毛やパサつきがすぐなくなるわけではありません。

 

 

ただ使い続けることで、痛みのないツヤ髪に生まれ変わらせるためのシャンプーです。

 

 

髪を好きな長さに伸ばして、おしゃれを楽しめるようになりますよ。

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因