40代からのエイジングケアシャンプー

40代からのエイジングケアシャンプー|お悩み別に紹介

40代、今までのシャンプーに限界を感じはじめた。でも何を使ったらいいのかわからない。

 

 

やみくもに「ダメージケアシャンプー」を使ったりしていませんか?
とりあえず、ノンシリコンシャンプーを使っていませんか?

 

 

40代以降の女性に頭皮トラブルが出るのは、3つのうちのいずれかが、原因になっています。

 

●髪のダメージが蓄積したもの。

 

●加齢による、皮脂量の減少。

 

●女性ホルモンバランスの乱れ。

 

 

「ご自身の頭皮の悩みは、3つのどれに該当するのか?」をきちんと把握してシャンプーを選ぶ必要があります。

 

 

エイジングケアという言葉が定番ですけど、「どんな悩みを解決したいの?」という視点が欠けている気がします。

 

 

なんとなく髪の健康をと考えるかもしれませんけど、それ以前に「今一番困っていること」が必ずあるはずです。

 

 

頭皮のお悩み別に、「何が原因で」「どんなシャンプーを使えば良いか」を紹介します。シャンプー選びの参考にしてみてくださいね。

 

 

 

市販シャンプーでは、エイジングケアが難しいワケ

 

40代以降になると、悩みも多い年代。だからこそ、安価なだけの市販シャンプーからの卒業をしてみませんか。

 

 

私は別に美容室の回し者ではないのですが、若い頃のように「安かろう悪かろう」のものを使っても、髪の悩みは改善しません。

 

 

髪の悩みを解決するには、通販シャンプーの中から選ぶのが基本です。私もはじめは、シャンプーなんて消耗品だから「安ければいい」と思っていました。

 

 

ですが、髪の悩みは市販シャンプーだと余計悪化します。「どうしてなんだろう?」と思い通販のものに切り替えたところ、劇的に良くなりました。

 

 

通販シャンプーは、ただ髪の汚れを落とすものではなくて「頭皮の悩みをケアする成分」が入っているという違いがあります。

 

 

頭皮環境を整える植物エキス、髪を保護する植物オイルなどの独自成分が、それぞれのシャンプーに入っているのです。

 

 

市販シャンプーは「安さ重視」ですので、そうした「プラスアルファ」の成分を入れることができません。その差が、価格としての差に繋がっています。

 

 

CMも流れてるし、なんとなくなじみのあるものの方が良さそうな気はしますけどね。ですが実際は、中身がとっても大事。一度使うと、違うという実感を持てると思います。高いですけど。

 

 

もちろん、通販シャンプーでもピンからキリまであるので、慎重に選びたい所ではありますけどね。

 

2.サロンシャンプーはどうなの?

 

「美容室で勧められる、サロン専用シャンプーはどう?」

 

 

たしかにプロの美容師さんが勧めるから、良さそうな気はしますよね。ただ実際有名どころ(コタ・アジュバン・ハホニコ)などの成分を見てみると・・

 

 

頭皮や髪にはやさしい成分が入っているけど、頭皮の悩みをケアする成分はない。

 

 

あくまで、頭皮を落ち着けて健康な髪を作るためのもの。土台作りをメインにしたシャンプーなんですね。

 

 

長い間使い続けることで、根本からトラブルが起きにくい頭皮を作りましょうというもの。「今ある悩みをどうにかしたい!」というのなら、通販シャンプーが良いです。

 

 

3.お悩み別、原因とオススメのシャンプー

 

40代以降の女性が抱える悩み別に、その原因とシャンプーを紹介します。

 

● 頭がベタベタする、臭いが気になる

 

● ハリ・コシがない。うねりが出る

 

● 薄毛・抜け毛・ボリュームがない

 

 

3−1 頭がベタベタする、臭いが気になる

 

「シャンプーを変えた訳でもないのに、頭がベタベタするようになった」

 

「頭皮から加齢臭のような、独特の臭いが出てくる」

 

 

一生懸命洗っても、頭皮がべたつくのはどうしてでしょうか。洗えば洗うほど、ひどくなる気がしませんか?

 

 

髪がべたついたり、臭いがでるのは"洗いすぎる"からです。

 

 

「えっ?洗わないと皮脂汚れが残るんじゃないの?」と思うかもしれません。ですが40代以降の場合、それは逆効果になります。

 

 

加齢によって、頭皮から出る皮脂量が減るからです。

 

 

私たちは乾燥を防ぐために、毎日頭皮から皮脂を分泌しています。20代をピークに減少し、40代になるとかなり少なくなります。

 

 

もともとの頭皮にある皮脂量は減るのに、シャンプーは相変わらず強いまま。

 

 

皮脂量と、洗浄力のバランスが悪くなり、「皮脂を落としすぎて」しまうのが問題。

 

 

頭皮の皮脂がなくなると、頭皮から皮脂不足を感じて「大量に皮脂を出す」のです。

 

 

だから頭皮が脂っぽくなり、髪のべとつきや加齢臭が目立つようになるのです。

 

 

今まで使っていたシャンプーで、急に頭皮から臭いがするようになったり、ベタベタするようになるのはこのせい。

 

 

どんなシャンプーを使えば良い?

 

頭皮にやさしい「アミノ酸シャンプー」を使うことです。

 

 

ただし、アミノ酸シャンプーといっても市販のものは注意が必要です。

 

 

アミノ酸は少ししか入っておらず、保湿成分や他の洗浄成分で薄めたものがほとんどなのです。

 

 

ちゃんとアミノ酸メインで配合されたシャンプーを、使うようにしましょう。そうでなければ意味がありません。

 

 

頭皮の皮脂対策によい、アミノ酸シャンプー

 

 

3−2 髪にハリ・コシがなく元気が無い、うねりが出てきた

 

「髪に元気がなくなってきた。髪をセットしてもうまく決まらない」

 

「どことなく、おばさんくさい髪質になっている。まとまりがなくてボサボサ・・」

 

 

年々、髪に元気が無くなって来た。こんな場合は、どこに原因があるのでしょうか。

 

 

「髪のダメージが蓄積」したのが原因です。

 

 

加齢により髪が弱くなったのかな?と思うかもしれませんが、昔からの髪のダメージにより、「内部がスカスカ」になっています。

 

 

ダメージというとドライヤーの熱やカラー・パーマ・白髪染めの他に、洗浄力の強いシャンプーも影響を与えます。

 

 

一気にダメージがいくというよりも、じわじわと進行するのが髪のダメージです。

 

 

髪の中は3層構造になっていて、中には水分とたんぱく質が詰まっています。(コルテックス)

 

 

タンパク質がしっかり詰まった髪は、まっすぐに伸びてハリ・コシが備わっています。ところがダメージを受けた髪は、タンパク質が逃げてしまうので「うねり」や「ハリコシのなさ」に繋がるのです。

 

 

髪がダメージを受けると、ボイドと呼ばれる小さな穴があきます。そこから水分が流出しますが、さらにダメージが広がると内部にあるタンパク質が逃げるのです。

 

 

一度ダメージを受けてしまった髪は、再び伸びるまで修復できません。その代わりに、穴が開いた部分を油分などでコーティングすることでダメージを防げます。

 

 

一度ダメージを受けてしまった髪は、再び伸びるまで修復できません。その代わりに、穴が開いた部分を油分などでコーティングすることでダメージを防げます。

 

 

どんなシャンプーを使えばよい?

 

 

ダメージケアというと、ラックスやパンテーンなどを連想される方もいるかもしれません。ですが、直接傷んだ部分を修復できないので、思うような効果が期待できません。

 

 

むしろ、この手の市販シャンプーは「石油系界面活性剤」とよばれる刺激の強い洗浄成分を使っているのがネック。髪のキューティクルにダメージを与えるので、余計にダメージが広がりやすくなります。

 

 

ダメージケアではなく、髪の内部に栄養を与えつつ、たんぱく質が逃げないようにコーティングするシャンプーを使うと良いです。

 

 

髪自体に栄養を与えて、植物オイルでコーティングするシャンプーに「haru黒髪スカルプ・プロ」があります。

 

 

 

 

髪の「エイジングケア」をコンセプトに開発されていて、幅広い女性の髪悩みをケアするものなんですね。

 

 

●髪のハリ、コシを与えるエキス

 

●白髪のケア

 

●コンディショナーいらずの、オールインワン

 

値段は3600円とそこそこのお値段。ただ、ミディアムくらいの長さで3カ月くらいは余裕で持つボリュームです。

 

 

haru黒髪スカルプ・プロを実際に使った感想

 

 

3−3 薄毛・抜け毛・ボリュームがない

 

「髪が細くて、抜けるようになってきた」

 

「髪にボリュームがでない。すぐぺしゃんこになってしまう」

 

 

髪がどんどん弱くなり、抜け毛が増えだすのも40代になってから。男性だけでなく女性でも、こうした悩みはつきもの。

 

 

女性の場合は「女性ホルモン」が密接に関係しています。

 

 

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類が交互にバランスをとっています。加齢によりそのバランスが崩れ、エストロゲンの量が減少します。

 

 

エストロゲンは美肌だけでなく、髪の毛の成長にも関わってきます。減少すると髪の発毛周期が短くなり抜けやすくなります。

 

 

髪自体のツヤやハリもなくなり、細くて地肌が目立つようになってくるのも一つです。

 

 

ちなみに、頭皮全体のボリュームがなく薄毛になることを「びまん性脱毛症」といいます。女性特有の状態です。

 

 

どんなシャンプーを使えばよい?

 

女性ホルモンが原因なので、女性ホルモンを補うシャンプーを・・といいたいところですが。

 

 

そもそもシャンプーで、女性ホルモンを注入できませんし補うことはできません。

 

 

プラセンタ注射やサプリなどで、体内からホルモンバランスを改善することはできます。

 

 

ただし、婦人科で相談しながら治療するのが前提です。ホルモンは安易に個人判断で使うと、子宮筋腫などの思わぬ副作用に悩む可能性があります。

 

 

シャンプー選びの場合は、「髪に栄養を与えて、頭皮環境を整える」ものを選ぶと良いです。

 

 

育毛用のシャンプーなら「マイナチュレ」「チャップアップ」などがあります。

 

 

特に良いのはマイナチュレで、頭皮環境を整える成分が充実しているので、髪の健康維持に良いです。

 

 

頭皮環境を整えることで、「髪が抜けにくい」状態を作りましょう。即効性が欲しい場合は、育毛剤も検討してみるのも一つです。

 

 

マイナチュレ・シャンプー

 

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因