顔や首の肌荒れが繰り返し起こる|シャンプーのせい?年のせい?

顔や首の肌荒れが繰り返し起こる|シャンプーのせい?年のせい?

 

 

ある日を境に突然、顔や首のあたりが荒れて困っている・・

 

 

ちょうど後頭部の生え際だったり、うなじの辺りから出る湿疹。

 

 

かゆみがあったり、赤く発疹が起きて恥ずかしいですよね・・

 

 

特に、お仕事があるときに髪をポニーテールで縛っていると大変。

 

 

髪を下ろすこともできないし、でも髪をあげたらボツボツが見えて恥ずかしい。

 

 

あと、顔にも吹き出物ができたり、ポツポツの赤みができては治って・・の繰り返しになってませんか?

 

 

顔も首も、シャンプーの洗い残しが付着する場所ですよね。襟付きのYシャツがあたるという可能性も考えられますが・・

 

 

「シャンプーのせいかな?」と半分思っているかもしれません。

 

 

いったいどうして、顔と首だけ荒れてしまうのか。

 

どういうケアをすれば、きれいな肌を取り戻すことができるのか。

 

まとめてみました。

 

原因は、やっぱりシャンプーのせい?

 

シャンプーが皮膚に残って、それが刺激になっている?

 

 

でも、シャンプーを最近変えているわけでもない・・という場合もありますよね。

 

 

たぶんシャンプー?もしかして他の原因もある?とモヤモヤしていませんか。

 

 

いずれにしても。

 

 

シャンプーを変えてなくても、シャンプーの成分が「肌荒れ」の原因です。

 

 

シャンプーのシリコンが顔や首に付着したことが原因で、荒れることがあります。

 

 

ずっと慣れ親しんでいたシャンプーでも、ある日を境に突然荒れることはあります。

 

 

ズバリ・・年齢によるものです。

 

 

つまり、加齢により肌の「バリア機能」が衰えたのが引き金になっています。

 

 

今までは肌が丈夫だったので、シリコンという刺激物が入っていても問題ありませんでした。

 

 

ところが。

 

 

肌バリア機能が衰えると、これまで刺激にならなかったものが、刺激になってしまうのです。

 

 

お肌の曲がり角は、25才を境に来ると言われていますよね?

 

 

それはスキンケアに限った話じゃないのです。

 

 

顔も首も頭皮も、同じ一枚の皮膚で繋がっています。もちろん厚みに違いはあれど、同じ皮膚。

 

 

外部の刺激(シリコン)から肌を守る、肌バリアが弱くなるので荒れてしまうのです。

 

 

生まれつきアトピーでなくても、肌が弱く敏感になってしまうのです。顔と一緒。

 

 

人によって出る症状はいろいろで、「かゆみ・湿疹・皮むけ・赤み」などがあります。

 

 

〜参考:どうしてシリコンが肌バリアを弱くする?〜

 

そもそも、シリコンは車のワックスにも使われる成分だというのは、ご存じでしたか?

 

それだけ強力なコーディング剤なんですね。それが髪だけでなく、地肌に触れると・・

 

(ちなみに、シリコンは「ポリマー」の一種です。複雑になるので、省略します)

 

元々シリコンは、髪に付ける分には良いモノです。滑りをよくしてきしみを軽減したり、ツヤを出したり・・

 

ただ、それが地肌についてしまうのが問題なのです・・

 

シリコンの油分が毛穴に詰まって、それが炎症を起こします。

 

毛穴周りには、同じ油分の「皮脂」があります。皮脂だと天然の成分なので、詰まることはありません・・

 

 

でも、洗い流すよね?シャンプーは?

 

シャンプーの人工的な成分は、頭皮に蓄積される

 

 

「いや、シャンプーは毎回お湯で洗い流すから問題ないよね?」と思いますよね。

 

 

地肌についた時点で、肌が荒れてしまうという説もあるのですが・・

 

 

仮に洗い流しても、人工的な成分は皮膚に吸収されてしまう説が有力です。

 

 

つまり、皮膚に悪いものはシャンプーで使うのはダメということ。

 

 

〜ここまでのまとめ〜

 

●顔や首が荒れるのは、シャンプーが原因。

 

●加齢によって、今まで何でもなかった刺激を感じるようになった。

 

●もともとシャンプーのシリコンは、肌にダメージを与える成分。

 

●シャンプーが地肌につくと、早かれ遅かれダメージになる。

 

 

肌荒れを治すには、どうすれば良い?

 

皮膚科にいくべき?

 

皮膚科に行っても、あくまで症状をおさえるための薬しか出されません。

 

 

ステロイド入りの塗り薬だとか、クリームだとか。

 

 

もちろん、我慢出来ないくらいムズムズして「耐えられない!」というならGOですが。

 

 

そもそも、普段お仕事をしていると、なかなか通院する時間も持てなくありませんか?めんどうだし。

 

 

根本から治療できるのなら、行く価値はあるとは思いますが・・

 

 

ノンシリコンシャンプーに変えるべき?

 

結局のところ、シャンプーを変えるのが一番現実的なケアになります。

 

 

当然「ノンシリコンシャンプーが良い」と思いますよね?

 

 

たしかに、シリコンが入っていないのは大前提なのですが。

 

 

市販のノンシリコンシャンプーを適当に探して使っても、また肌荒れしますよ。

 

 

なぜかというと。

 

 

シャンプーはシリコン以外にも、刺激となるものはたくさんあります!

 

 

洗浄成分もそうだすし、香料や着色料、アルコール、防腐剤。

 

 

かなりの「添加物」が、シリコン以外にも含まれているのですね。

 

 

肌バリアが弱くなった私たちの肌だと、シリコンをブロックするだけでは完全ではなく。

 

 

「本当に低刺激のシャンプー」を使うのが、一番大事なことですよ。

 

 

シャンプーが仮にうなじや生え際、おでこやほっぺたについても大丈夫なもの。

 

 

くれぐれも、ノンシリコンという言葉だけで判断しないようにしましょうね。

 

 

いずれにしても、今の状態のままだと、ますます肌はデリケートになってしまいます。

 

 

少々高くても、シャンプー選びをしっかりこだわった方が、きれいな素肌は取り戻せますよ。

 

 

 

 

 


〜30代以降の女性は必見。髪と地肌にやさしいシャンプー〜

 

 

「シャンプーを変えても、フケ・かゆみが治まらない・・」

 

 

加齢により皮膚の抵抗力が弱くなり、シャンプーの刺激に負けて"荒れている"状態です。

 

 

無添加系のシャンプーを使って、頭皮をいたわることが大事です。

 

 

30代以降の女性であれば、"蓄積した髪のダメージをカバーする"こちらのシャンプーが良いですよ。

 

 

 

 

「ハーブガーデンシャンプー」というのですけれど。

 

 

正直、値段はその辺の無添加シャンプーより高いです。通販限定のシャンプーなんですけどね。

 

 

ダメージでボサボサになった髪にうるおいを与えて、植物オイルでコーティングします。

 

 

だから、髪にツヤがでてまとまりやすくなるんですね。

 

 

昔のように"きれいなツヤ髪"を目指しつつ、荒れた頭皮をケアするのに良いですよ。

 

 

ハーブガーデンシャンプー

 

 

ハーブガーデンシャンプーの口コミ・感想

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因