頭皮湿疹におすすめのシャンプー【市販のはどう?】|かぶれや赤みを抑えたい!

頭皮湿疹におすすめのシャンプー【市販のはどう?】|かぶれや赤みを抑えたい!

頭皮湿疹におすすめのシャンプー【市販のはどう?】|かぶれや赤みが気になる方へ

 

頭にできる"ポツポツ"や"かぶれ"、いつになったら完治するんだろう・・

 

 

私は頭皮があれやすく、すぐに頭が赤くなり湿疹ができてしまいます。シャンプーも変えたり頭に薬を塗ったりといろいろ試行錯誤してきました。

 

 

最終的には薬用シャンプーではなく、「あるシャンプー」を使うことで、頭皮の赤みがすっかり落ち着きました。

 

 

 

 

どんなシャンプーか、すぐ知りたい方はこちら

 

 

これまでに私が調べたり体験してきたことをお伝えします。

 

 

頭に湿疹がくり返しできたり、"かゆみ"や"かぶれ"が気になる・・という方は、参考にしてみてください。

 

 

 

1.頭皮湿疹の4つの原因【あなたはどのタイプ?】

 

 

頭皮の状態によって、「湿疹」ができる原因は違います。以下の4つの、どれに当てはまりますか?

 

●油っぽい頭皮

●頭皮の乾燥

●アトピーもち

●アレルギー・かぶれやすい

 

油っぽい頭皮:脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)

 

 

普段から頭皮が脂っぽくベタベタになりやすい人が、できる湿疹のことを言います。

 

 

(※脂漏(しろう)=皮脂の分泌がたくさんあり過ぎる状態)

 

 

頭皮の皮脂が多すぎると、皮脂を大好物にする「マラセチア菌」という菌が増えてしまい、頭皮にダメージを与えます。

 

 

脂漏性皮膚炎の症状の一つを、脂漏性湿疹と言います。

 

 

▼湿疹だけでなく、フケやかゆみも気になる方はコチラ▼

 

 

 

頭皮の乾燥:皮脂欠乏性皮膚炎(ひしけつぼうせいひふえん)

 

 

頭皮の皮脂がほとんどなく、乾燥した頭皮に見られるのは「皮脂欠乏性皮膚炎」です。

 

 

頭皮が乾燥しすぎてしまうと、お肌を守る「バリア機能」が弱くなります。バリア機能が弱い頭皮は、少しの刺激で炎症を起こしてしまうのです。

 

 

アトピー持ち:アトピー性皮膚炎

 

 

もともと顔や全身にアトピー持ちの方は、頭皮にもアトピーの症状が出ることがあります。

 

 

落屑(らくせつ)と呼ばれるフケのようなものだったり、頭皮が荒れてかゆみや湿疹ができます。

 

 

 

 

アレルギー・かぶれやすい:接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)

 

もともと皮膚がデリケートな人は、かぶれ(接触性皮膚炎)の可能性が高いです。

 

 

特定のもの(シャンプーや整髪料・カラーリング剤)などに含まれる成分が『アレルギー反応』を示してかぶれる場合があります。

 

 

普段使っているものを、一度見直してみる必要があります。シャンプーが原因の場合も多いですが、他のものも原因がないか一つ一つたしかめて見ましょう。

 

 

 

 

ここから先は、頭皮の皮脂が多い「脂漏性皮膚炎」の方にむけたシャンプーについて、お話しします。

 

 

2.頭皮湿疹によいシャンプーの選び方【市販のはどう?】

 

 

脂漏性皮膚炎による湿疹の場合、どんなシャンプーを選べば良いのでしょうか?選ぶポイントは3つあります。

 

●頭皮の過剰な皮脂を抑えるもの

●余計な刺激がない

●殺菌成分がない

 

 

頭皮の過剰な皮脂を抑えるもの

 

シャンプー選びでまず気をつけたいのは「洗浄力が強すぎる物を使わないこと」です。

 

 

油っぽい頭皮にはもちろん、ある程度の洗浄力が必要なのですが"洗いすぎ"ると逆に頭皮の皮脂が大量に出てしまいます。

 

 

洗いすぎて皮脂がごっそり無くなると、頭皮が「皮脂不足」だと勘違いして大量に皮脂を出してしまうのです。

 

 

特に多くのシャンプーで使われている、「ラウレス硫酸」と呼ばれる成分には注意しましょう。台所用の洗剤にも使われるほど、洗浄力が強いものです。

 

 

余計な刺激がないこと

 

シャンプーには、「防腐剤」や香りを付ける「香料」など色々な添加物が入っています。

 

 

普通の人には何でもないものでも、湿疹ができて荒れた頭皮には「刺激」になります。できるだけ無添加のシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

 

殺菌成分がないこと

 

 

脂漏性皮膚炎の原因、マラセチア菌を「殺菌する成分」入りのシャンプーはおすすめできません。

 

 

頭皮を殺菌すると、他の良い菌も殺菌されてしまい頭皮環境が乱れてしまうからです。

 

 

「良い菌」は、頭皮にある「余計な皮脂を食べてくれます」。良い菌がいなくなることで皮脂が増えて、"マラセチア菌が増えやすい頭皮環境"になるのです。

 

 

〜シャンプー選びの3つのポイント〜

 

●頭皮の皮脂を抑える⇒「ラウレス硫酸」が入っていないもの

 

●余計な刺激がない⇒「無添加」のもの

 

「殺菌成分」がないもの

 

 

 

市販の薬用シャンプーは、頭皮湿疹に効く?

 

 

市販シャンプーでも、「薬用シャンプー」や「低刺激のシャンプー」があります。実際のところどうなのか、見ていきましょう。

 

 

●h&s  ●キュレル  ●ミノン  ●メディクイックH  ●コラージュフルフル

 

 

h&S

 

 

[洗浄力が強すぎる・添加物もあり刺激になる]

 

 

CMも良く流れていて、すっかりおなじみのH&S。フケ・かゆみなどの荒れた頭皮に良いシャンプーとして売っています。

 

 

多少は、頭皮の炎症を抑える働きは期待できますが、まったくオススメできません。

 

 

「ラウリル硫酸」という脱脂力(頭皮の油を落とす力)が強い成分を使っています。洗いすぎによって、頭皮がさらに皮脂でべたつく危険があります。

 

 

香料や防腐剤といった添加物も当たり前のように使っており、荒れた頭皮には刺激になりやすいものです。

 

 

キュレル

 

 

 

 

[洗浄力が強すぎる・低刺激なんてウソ]

 

 

「乾燥性敏感肌」のためのシャンプーとして、デリケートな頭皮の人なら一度は耳にしたことがあるかもしれません。

 

 

ドラッグストアでも手に入りますし、値段も安くて続けやすいのですが・・頭皮湿疹のケアには、おすすめできません。

 

 

まず、洗浄成分が「ラウレス硫酸」という刺激の強いものを使っている時点でアウト。

 

 

防腐剤、エタノールといった刺激物も当たり前のように使われています。低刺激をウリにしている割に、中身は正直ひどいです。

 

 

ミノン

 

 

 

 

[洗浄力は優しいが、添加物は入っている]

 

 

「肌へのやさしさ」をウリにしたテレビCMでもやっていて、ドラッグストアでも入手できるシャンプーです。

 

 

洗浄成分はアミノ酸を一部使っていて"やさしい"のですが、刺激のある防腐剤、香料といった成分が使われています。

 

 

H&Sやキュレルに比べればマシですが、湿疹のある荒れた頭皮にはオススメしずらいシャンプーです。

 

 

メディクイックH

 

 

 

[殺菌成分に要注意、添加物も入っている]

 

 

ロート製薬から発売されていて、ドラッグストアの一部店舗でも取り扱いがあるシャンプーです。

 

 

脂漏性皮膚炎の原因、マラセチア菌を殺菌する成分が入っています。

 

 

マラセチア菌だけが無くなればよいのですが、頭皮にある「よい菌」も殺菌されるおそれがあり、頭皮環境が乱れて荒れる恐れがありおすすめできません。

 

 

また、香料やメントールといった成分も、荒れた頭皮には刺激になる可能性があります。

 

 

コラージュフルフルネクスト

 

 

 

 

[殺菌成分に要注意]

 

 

脂漏性皮膚炎向けのシャンプーとして、有名なシャンプーですが「使っているうちに、効かなくなってくる」という口コミが多いシャンプーでもあります。

 

 

メディクイックHと同じく、マラセチア菌を殺菌する成分がありますが、「よい菌」も殺菌されるおそれがあり、頭皮環境が乱れて荒れる恐れがあります。

 

 

洗浄成分もやさしく、余計な添加物が入っていないのです、頭皮湿疹には「殺菌成分」が気になるところです。

 

 

 

5つの市販シャンプーの比較表

商品 洗浄成分 無添加 殺菌成分


h&s

×
ラウレス硫酸

×
香料
防腐剤

なし


キュレル

×
ラウレス硫酸

×
香料
防腐剤
エタノール

なし


ミノン

×
ラウレス硫酸

×
香料
防腐剤

なし


メディクイックH


アミノ酸系

×
香料
メントール

あり
※頭皮環境が乱れる恐れ


コラージュフルフル


ベタイン系

あり
※頭皮環境が乱れる恐れ

 

 

市販の有名どころのシャンプーでは、なかなか頭皮湿疹に「コレ!」というものが見つかりませんでした。

 

 

3.頭皮湿疹におすすめのシャンプー2選

 

 

「●ラウレス硫酸が入っていない ●無添加 ●殺菌成分が入っていない」条件をクリアしたシャンプーを、2つ紹介します。

 

 

 

●頭皮が乾燥しやすい人→ハーブガーデンシャンプー

 

●頭皮が油っぽい人   →haru黒髪スカルプ・プロ

 

 

 

 

ハーブガーデンシャンプー

 

 

[ 頭皮が乾燥しやすい人向け。大人から子供まで使える ]

 

 


※通販限定

 

 

「頭皮のやさしさに、とことんこだわる」を合言葉にした、無添加オーガニックのアミノ酸シャンプーです。

 

 

●「ラウレス硫酸」が一切なく、頭皮の油分を守れる

●「無添加」で刺激物が入っていない

●殺菌成分の代わりに、ハーブの力で頭皮をいたわる

 

 

アミノ酸をベースにして、頭皮の『洗いすぎ』による過剰な皮脂を防ぐことができます。

 

 

「アミノ酸だと、洗浄力が弱そう・・」と私もはじめは思いましたが、いくつかのアミノ酸をブレンドして「しっかりした洗浄力」が出ています。

 

 

"頭皮が乾燥している"方ですと、問題なくしっかり洗えますが、"頭皮が油っぽい"方ですと、事前にすすぎをしっかりしてから洗わないと、頭皮汚れが残るかもしれません・・。

 

 

「必要な汚れは落としつつ、頭皮の皮脂をとりすぎない」絶妙なバランスなのです。

 

 

無添加で余計な成分は一切入っていませんし、頭皮の菌を殺菌する代わりに「植物のハーブ」でフケやかゆみ・湿疹などの炎症を抑える働きがあります。

 

 

大人から子供まで使える、洗い心地の良さ

 

 

 

 

「湿疹ができたところが、しみたりヒリヒリしていないか心配・・」

 

 

下手なシャンプーを使うと、余計に頭皮が荒れる心配があるかもしれませんが、私が使ってみたところまったく刺激を感じませんでした。

 

 

髪になじませるとすぐに泡立ちますし、洗っている時も洗い流すときも「髪が指にひっかからず」、すぐ洗い流せます。

 

 

シャンプーの時にストレスを感じないので、めんどくさがる旦那さんですとか、頭皮が弱い子供でも喜んで使ってもらえます。

 

 

口コミをみると家族みんなで愛用している方が多いようです。

 

 

 

 

ハーブガーデンのデメリット

 

 

●即効性はない

●香りが物足りない

 

 

マラセチア菌を直接殺菌することはできません。使っていくうちに過剰な皮脂がおさえられて、マラセチア菌が住みにくい頭皮環境を目指すものです。

 

 

あとは「香りが物足りない」というのも、気になる点です。ハーブのやさしい香りがしますが、洗い流すと髪に残らないので、香り重視の人には物足りないと思います。

 

 

とはいえ、アミノ酸シャンプーでもしっかりしたものですので、頭皮の皮脂が過剰にでるのを防げるので、脂漏性皮膚炎の対策としてはオススメできます。

 

 

市販でもアミノ酸シャンプーがありますが、原料代を安くするために「ラウレス硫酸」を混ぜているものもありますので、注意しましょう。

 

 

ハーブガーデンは、ネット通販ならではの強みとして「使った後でも、返品できる」というのがあります。「とりあえずどうなんだろう?」とお試し感覚で注文できるのもよいと思います。

 

 

価格:

 

シャンプーのみ:2000円。

 

シャンプー+コンディショナー:4000円。

 

※2ヶ月分。

 

※"使って合わなければ"返金してもらえます。

 

 

 

 

 

 

haru黒髪スカルプ・プロ

 

 

[ 頭皮が油っぽい人向け。抜け毛のケアも ]

 

 

 

 

●「ラウレス硫酸」が一切ない

 

●「無添加」で刺激物が入っていない

 

●抜け毛を防ぐ、育毛成分が入っている

 

 

ハーブガーデンと同じく、無添加のアミノ酸シャンプーです。アミノ酸をベースにして、頭皮の『洗いすぎ』による過剰な皮脂を防ぐことができます。

 

 

油っぽい頭皮が気になる方でも、泡がしっかりたちます。洗い流しても髪や地肌がべたつくことはありませんでした。

 

 

「無添加」なので荒れた頭皮に刺激になるものはありません、湿疹がひどくなるのを防ぐことができます。

 

 

湿疹だけでなく、「抜け毛」も気になる人に

 

 

頭皮の炎症が進むと、湿疹だけでなく「毛根」にも炎症が広がり「抜け毛」が起こりやすくなります。

 

 

haruシャンプーには、育毛成分の「キャピシル」や、荒れた頭皮を落ち着けるエキスがたくさん配合されています。

 

 

湿疹をケアしつつ、抜け毛が広がらないようにしっかりケアしたい方にオススメです。

 

 

haru黒髪スカルプ・プロのデメリット

 

 

●洗い心地は、可もなく不可もなく

 

●香りが物足りない

 

 

私はharuもハーブガーデンも両方使いましたが、「洗い心地の良さ」という点ではハーブガーデンシャンプーの方がはるかに良かったです。

 

 

haruが悪いというわけではないのですが、髪の指通りの良さ・泡切れのよさ(洗い流しやすさ)などは可もなく不可もなく、といったところです。

 

 

余計な添加物を使っていないので、シャンプーは無色透明で「ほぼ無香」です。、シャンプーの「香り重視」の人には、物足りなく感じるかもしれません・・。

 

 

 

価格:

 

シャンプーのみ:3600円。

 

※コンディショナーいらずの、オールインワン。

 

※使った後でも、頭皮に合わなければ返品できます。

 

 

 

 

 

 

4.管理人が使ってよかったシャンプーの体験談

 

 

 

 

私が使って効果を実感したのは、「ハーブガーデン」という名前のシャンプーです。

 

 

炎症を抑える成分は入っていませんが、頭皮への刺激を抑えられるので、使うほど症状が落ち着いてくるのを実感できました。

 

 

湿疹やかゆみが起こるのは炎症している状態なので、シャンプーの洗浄成分や添加物の刺激を受けやすいのです。

 

 

市販でも石鹸シャンプー・無添加シャンプーなど頭皮にやさしいものもいくつかありますが、正直おすすめできません。

 

 

洗浄成分が強いせいか、髪の油分がとられてしまうため「髪の指通りが悪く、髪が傷みやすく」なります。

 

 

私も石鹸シャンプーを使ったことがありますが、あまりの髪の指通りの悪さに、使うのを2日で断念した経験があります。

 

 

ハーブガーデンシャンプーで気になったこと

 

 

 

 

通販限定で市販のものより値段が高い、香りが弱いので人によって物足りなさを感じるなど、気になる点はあります。

 

ただ、シャンプーとしての「やさしさ」と「使い勝手」は、さすがそれなりにお値段がするものだな、というのが正直な感想です。

 

 

このシャンプーを使ってから「かゆみ」を感じたことがありません。今まで使っていた市販のシャンプーが、いかに頭皮の刺激になっているかがよく分かりました。それくらい違います。

 

 

髪になじませても変なねっとり感がないですし、洗い流しても髪のヌルヌルがなく、使った感触から他のシャンプーと違うのを感じます。

 

 

 

 

今まではどんなシャンプーを使った後でも、すぐにかゆくなり困っていましたが、かゆみを感じることがまったくなくなりました。

 

 

いつもは"クセ"になるほど頭を触っていましたが、かゆみが無くなると自然に頭を触ることもなく、湿疹もいつの間にか消えている感じです。

 

 

オーガニック・アミノ酸・ノンシリコンと聞こえがよい言葉ばかりが並んでいたので半信半疑でしたが、実際に使ってみるとすっかりその良さにはまってしまいました。

 

 

 

 

ハーブガーデンの特徴

 

 

 

 

〜良い点〜

 

●アミノ酸シャンプーなのに、洗浄力はしっかりある。

 

●オーガニック(植物由来)、ノンシリコン、無添加、弱酸性。子供も使える。

 

●保湿成分が充実(ヒアルロン酸・セラミドなど)

 

●ノンシリコンなのに、髪がキシキシしない。指通りがとてもよい。

 

 

〜気になる点〜

 

〇市販シャンプーより高い

 

〇香り(ハーブの香り)が弱いので、香り重視の人には物足りない。

 

〇容器からワンプッシュで出るシャンプーの量が少ない

 

 

 

旦那や6才になる娘にも好評で、「少ない量で、すぐに泡立つ」「洗い流すときに、スムーズにシャンプーが落ちる」という使い勝手の良さを気に入っているようです。

 

 

値段は高いのですが、少ない量で泡立つので市販シャンプーよりも使う量は少なくて済みます。そう考えると、毎月のシャンプー代はあまり変わらないのでは?と思います。

 

 

 

 

 

 

5.頭皮湿疹を予防するケア

 

シャンプーで頭皮湿疹を防ぐことも大事ですが、普段からの「湿疹ケア」も大事です。

 

●シャンプーの洗い方に注意

●日常生活で気をつけること

 

 

シャンプーの洗い方に注意

 

シャンプー選びも大事ですが、いくら良いシャンプーを使っても洗い方が悪いと台無しになります。

 

 

爪をたてて洗う⇒頭皮が傷ついて、雑菌が入り込んでしまう

 

シャンプーの洗い残し⇒シャンプーの油分で、マラセチア菌が増える

 

自然乾燥⇒生乾きは頭皮に雑菌を増やし、フケ・かゆみの元

 

日常生活で気をつけること

 

ストレスをためない

 

普段の生活で適度にリフレッシュせずに、ストレスがたまると頭皮によくありません。

 

 

ストレスを感じると、女性であっても「男性ホルモン」の働きが強くなります。男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にするので、油っぽい頭皮になりやすいのです。

 

 

脂症肌になりやすい食事を避ける

 

 

糖質や脂質が多い食べ物は皮脂の分泌を増やしますので、ビタミンB2やビタミンB6を含む食べ物をしっかりとりましょう。

 

 

実際に、脂漏性皮膚炎で皮膚科にいった際にも、ビタミンB2やB6を含んだビタミン剤が処方されます。

 

 

参考:ビタミンB2・B6を多く含む食べ物

 

●ビタミンB2・・豚レバー・うなぎ・すじこ・魚肉ソーセージ・納豆・いくら など

 

●ビタミンB6・・にんにく・牛レバー・まぐろ・かつお・鶏ひき肉・鶏ささみ・さば など

 

 

 

 

しゃんラボ


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因