髪を掻き上げると白い粉が出てくる

髪を掻き上げると白い粉が出てくる|その正体と解消方法は?

髪を掻き上げると白い粉が出てくる|その正体と解消方法は?

 

"フケ"にしては大きいような気もする・・頭についた粉・カスって何なの!?

 

 

髪を見たら、ふと見える「白い粉」のようなもの・・気になりますよね。

 

 

●いくらシャンプーをして清潔にしても、粉がでる。

 

●何が原因なのかわからず、不安。

 

という方も、多いのではないでしょうか?

 

 

いずれにしても、髪をきれいにしないと「嫌われる」原因になるので、早めにケアしておきたいところです。

 

 

「白い粉の正体は?」「どんなケアをすれば良いの?」気になる疑問にお答えします。

 

 

 

 

1. 白い粉の正体と、できる原因は?

 

 

 

 

白い粉ができるのは、「フケ」によるものと、「落屑(らくせつ)」によるもののいずれかが、考えられます。

 

 

子供の場合は、「シラミ」の可能性がありますが大人の場合は「フケか落屑(らくせつ)」のいずれかが原因です。

 

 

「落屑(らくせつ)って何?」と思うかもしれません。実は「落屑」も「フケ」も、皮膚の表面が"はがれてできたもの"なのです。

 

 

ただし、

 

 

●落屑(らくせつ)=地肌が白っぽく見える・"粒"のように見える

 

●フケ=細かい"粉"のように見える

 

という"見た目の違い"があります。

 

 

落屑(らくせつ)

 

 

落屑は、「頭皮が炎症をおこして、できるもの」です。

 

 

"頭皮が炎症を起こす"と、少しの刺激でも皮膚の表面がはがれて「落屑(らくせつ)」になります。

 

 

たとえばシャンプーでも刺激になりますし、ホコリなども刺激になります。普通であればなんともない刺激に反応してしまいます。

 

 

アトピーもちの方に多いのですが、普通肌の人でも年齢とともに「肌のバリア機能」が弱くなるため、荒れてしまうのです。

 

 

 

フケ

 

・パラパラ、粉のように舞う

 

・髪をかきあげると、大量に白いモノがでる

 

 

頭皮が乾燥してできる、「乾燥フケ」が『白い粉』の正体です。

 

 

フケといっても大きさはいろいろで、「皮がめくれたみたいなフケ」ができることもあれば、粉状のフケができることもあります。

 

 

頭皮が乾燥する一番の原因は、『シャンプーの洗浄力が強すぎる』というところにあります。

 

 

普段何気なく使っているシャンプーも、洗浄力が強いので「頭皮の皮脂」も根こそぎ洗い流してしまいます。

 

 

皮脂がないと、頭皮から水分が逃げやすくなり乾燥してしまいます。

 

 

頭皮を化粧水やローションで潤す前に、まずシャンプー選びを見直しした方が良いかもしれません。

 

 

シラミの可能性はあるの?

 

 

人間の髪の毛に住み着く「シラミ」という可能性も、あります。「ダニ」のような小さい虫とお考えになってください。

 

 

特に子供に発生しやすいのが「アタマジラミ」と呼ばれるシラミです。夏場に多いのですが、1年中発生する可能性があるものです。

 

 

不潔にしていたから発生するものでもなく、集団の場所で頭をよせて遊んでいると感染することがあります。

 

 

シラミの場合は、"髪に貼りついている"ので簡単には落ちません。

 

 

皮膚科に行って、薬を処方してもらい、悪化を防いでもらいましょう。自己ケアでは危険です。

 

 

-PR-

 

 

 

2.白い粉を即効で落とす方法

 

白い粉を発見したら、できるだけすぐに落としたいもの。特にお出かけ前だと困りますよね・・どんなケアをすればよいのでしょうか?

 

 

●まずはブラッシングを

●シャンプーする時間がないときは

 

まずはブラッシングを

 

まずはブラッシングで、「白い粉」を表面に浮き上がらせましょう。

 

 

注意したいのは、ブラッシングでは髪についた白い粉を完全に落とすのは難しいという点。むしろ、髪の根元にあった白い粉が、毛先にあがって余計目立ちます。

 

 

あくまでブラッシングは「白い粉を表面に出す」ためのもので、ブラッシングですべての白い粉は落ちません。

 

 

シャンプーする時間がないときは

 

 

理想は、ブラッシングで「白い粉」を浮き上がらせて、シャンプーで洗い流すことです。

 

 

ただ、朝の忙しい時間帯にシャンプーする時間がないかもしれません。そういう場合は、洗面台で「お湯でさっと洗い流す」ことをオススメします。

 

 

髪全体をしっとりさせるのではなく、ささっとお湯を髪の表面にいきわたらせるくらいで十分です。ドライヤーも、サッと乾くでしょう。

 

 

3.白い粉を予防するには?

 

「そもそも、白い粉が出ないようにしたい!」という場合は、どうすればよいのでしょうか。

 

 

●頭皮の「炎症」を防ぐ→落屑がある方

●頭皮の「乾燥」を防ぐ→細かいフケがある方

 

 

頭皮の「炎症」を防ぐ

 

●シャンプーするときは、"爪をたてずに"洗う

 

●カラーやブリーチをしている方は、一度控えてみる or 違うものに変える

 

●シャンプー自体を、低刺激のものにする

 

といったケアを行うとよいでしょう。

 

 

特に大事なのはシャンプーで、何気なく使っているシャンプーでも「添加物」や「洗浄成分」が強く刺激になっているケースが多いのです。

 

 

特に市販の安価なシャンプーは、CMなどの宣伝費をかける一方で、中身の原料代を安く抑えて、頭皮へのやさしさを考えていないものが非常に多いです。

 

 

アトピー持ちの方でもそうでない方でも、一度「低刺激のシャンプー」を使ってみることをおすすめします。

 

 

 

 

頭皮の「乾燥」を防ぐ

 

●頭皮の洗いすぎを防ぐ

 

●保湿よりも、シャンプー選びが大事

 

の2点を、しっかりとおさえていきましょう。

 

 

頭皮の"洗いすぎ"を防ぐ

 

私たちの頭皮は、「皮脂」という油分でおおわれています。皮脂がないと、頭皮から水分が逃げて乾燥しやすくなります。

 

 

普段から「シャンプーで洗いすぎ」てしまうと、皮脂がその都度、奪われてしまいます。いずれ皮脂は出てきますが時間がかかるので、その間に乾燥してしまうのです。

 

 

「シャンプーは1日1回」「洗浄成分が強すぎないものを使う」ことを意識しましょう。

 

 

保湿よりも、シャンプー選びが大事

 

 

頭皮が乾燥すると、どうしても化粧水やローションで潤したくなるもの。ただ、水分を外からわざわざ与えなくても、「水分が逃げないように」すれば問題ないのです。

 

 

シャンプーを選ぶときは「洗浄成分がやさしいもの」を心がけて使うようにしましょう。

 

 

 

 

 

[関連する記事]

 

 

 

 

しゃんラボ


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因