髪を掻き上げると白い粉が出てくる

髪を掻き上げると白い粉が出てくる|その正体と解消方法は?

 

"フケ"にしては大きいような気もする・・頭についた粉・カスって何なの!?

 

 

髪を見たら、ふと見える「白い粉」のようなもの・・気になりますよね。

 

 

●いくらシャンプーをして清潔にしても、粉がでる。

 

●何が原因なのかわからず、不安。

 

という方も、多いのではないでしょうか?

 

 

 

いずれにしても、髪をきれいにしないと「嫌われる」原因になるので、早めにケアしておきたいところです。

 

 

「白い粉の正体は?」「どんなケアをすれば良いの?」気になる疑問にお答えします。

 

 

 

1. 「白い粉」っていったい何?

 

 

 

 

白い粉ができるのは、「フケ」によるものと、「落屑(らくせつ)」によるもののいずれかが、考えられます。

 

 

子供の場合は、「シラミ」の可能性がありますが大人の場合は「フケか落屑(らくせつ)」のいずれかが原因です。

 

 

「落屑(らくせつ)って何?」と思うかもしれません。実は「落屑」も「フケ」も、皮膚の表面が"はがれてできたもの"なのです。

 

 

ただし、

 

 

●落屑(らくせつ)=地肌が白っぽく見える・"粒"のように見える

 

●フケ=細かい"粉"のように見える

 

という"見た目の違い"があります。

 

 

落屑(らくせつ)

 

 

落屑は、「頭皮が炎症をおこして、できるもの」です。

 

 

"頭皮が炎症を起こす"と、少しの刺激でも皮膚の表面がはがれて「落屑(らくせつ)」になります。

 

 

たとえばシャンプーでも刺激になりますし、ホコリなども刺激になります。普通であればなんともない刺激に反応してしまいます。

 

 

アトピーもちの方に多いのですが、普通肌の人でも年齢とともに「肌のバリア機能」が弱くなるため、荒れてしまうのです。

 

 

 

 

フケ

 

・パラパラ、粉のように舞う

 

・髪をかきあげると、大量に白いモノがでる

 

 

頭皮が乾燥してできる、「乾燥フケ」が『白い粉』の正体です。

 

 

フケといっても大きさはいろいろで、「皮がめくれたみたいなフケ」ができることもあれば、粉状のフケができることもあります。

 

 

頭皮が乾燥する一番の原因は、『シャンプーの洗浄力が強すぎる』というところにあります。

 

 

普段何気なく使っているシャンプーも、洗浄力が強いので「頭皮の皮脂」も根こそぎ洗い流してしまいます。

 

 

皮脂がないと、頭皮から水分が逃げやすくなり乾燥してしまいます。

 

 

頭皮を化粧水やローションで潤す前に、まずシャンプー選びを見直しした方が良いかもしれません。

 

 

 

 

シラミの可能性はあるの?

 

 

人間の髪の毛に住み着く「シラミ」という可能性も、あります。「ダニ」のような小さい虫とお考えになってください。

 

 

特に子供に発生しやすいのが「アタマジラミ」と呼ばれるシラミです。夏場に多いのですが、1年中発生する可能性があるものです。

 

 

不潔にしていたから発生するものでもなく、集団の場所で頭をよせて遊んでいると感染することがあります。

 

 

フケなのか、シラミなのかの見きわめ方

 

フケであれば、手であきあげえるとパラパラ落ちますし、シャンプーすればなくなります。

 

 

シラミの場合は、"髪に貼りついている"ので簡単には落ちません。

 

 

皮膚科に行って、薬を処方してもらい、悪化を防いでもらいましょう。自己ケアでは危険です。

 

 

 

 

2.どんなケアをすればいい?

 

 

 

 

落屑(らくせつ)を防ぐには、「荒れた頭皮」を落ち着けることが大事です。

 

 

「できるだけ刺激の弱い」シャンプーを使いましょう。

 

 

何気なく使っている市販シャンプーの多くが『刺激が強いシャンプー』だということを、知らない人が多いのです。

 

 

 

 

低刺激のシャンプーは、「洗浄成分」にも気を付けて

 

 

 

 

シャンプーを選ぶときは、「無添加」「低刺激」「弱酸性」という言葉だけで判断するのは危険です。

 

 

いくら刺激の弱いシャンプーでも「洗浄成分」が強いと、意味がないのです。

 

 

〜参考:洗浄力が強いと、どうしてダメなの?〜

 

洗浄力が強いものは、頭皮を乾燥や刺激から守る"皮脂"も洗い流してしまい、"刺激に弱くなってしまう"からです。

 

 

市販されている、主な低刺激シャンプーをまとめてみました。

 

 

おもな『低刺激シャンプー』の中身

画像 洗浄力のやさしさ 無添加
ミノン

×

キュレル

×

カウブランド無添加

石鹸シャンプー

 

 

市販のおもな低刺激シャンプーで、「洗浄力がやさしく」「無添加」なものは、見つかりませんでした。

 

 

落屑ができるのは、「頭皮がデリケート」な状態ですので、シャンプー選びは慎重にした方が良いですよ。

 

 

3.「白い粉」を防ぐ、おすすめのシャンプー

 

 

白い粉を防ぐには、荒れた頭皮をおさえる低刺激の、アミノ酸シャンプーがおすすめです。

 

 

もともとアミノ酸シャンプーは洗浄力がやさしいので、頭皮に負担をかけずにやさしく洗い上げてくれます。さらに無添加であれば、余計な刺激もありません。

 

 

個人的には「ハーブガーデン」というアミノ酸シャンプーをおすすめします。

 

 

雑誌の広告でその存在を知り、ネットで口コミを見てみたところ評判がよかったので、使ってみたのがきっかけです。今も愛用しています。

 

 


ハーブガーデン
※通販限定

 

 

通販でしか買えない、値段がやや高い、シャンプーの香りが弱いという欠点はありますが・・

 

 

「落屑(らくせつ)」も「乾燥フケ」も、両方をケアできるシャンプーです。

 

 

頭皮にやさしい低刺激で「炎症をおさえ」、やさしい洗浄成分で「乾燥を防ぐ」ことができます。

 

 

おもな特徴

 

 

「頭皮にとことんやさしく」を合言葉に作られたシャンプーで、無添加なのに髪がキシキシ(指通りが悪い)ことはなく使いやすいです。

 

●洗浄力のやさしい、アミノ酸シャンプー。

 

●無添加(シリコン・防腐剤・人工香料や人工着色料は一切不使用)

 

●オーガニック(植物由来)

 

●天然由来成分100%。アトピー持ちの人も使える。

 

●保湿成分が充実

 

 

市販シャンプーとの違い

 

 

『市販の無添加系シャンプー』との違いを、まとめてみました。

 

 

(※ちなみに『市販のアミノ酸シャンプー』で、無添加のものはありませんでした。)

 

 

ハーブガーデン

ミヨシ 無添加石鹸シャンプー

シャボン玉石鹸

画像

洗浄成分

◎ アミノ酸

▲ 石鹸
※やや強い

▲ 石鹸
※やや強い

保湿成分

◎植物エキス
保湿オイル
潤いを与え・潤いを保つ

なし

なし

界面活性剤

◎ なし

◎ なし

◎ なし

シリコン

◎ ノンシリコン

◎ ノンシリコン

◎ ノンシリコン

人工香料・着色料

◎ なし

◎ なし

◎ なし

防腐剤

◎ なし

◎ なし

◎ なし

ハーブと混ぜて殺菌煮沸

そのまま使用

そのまま使用

 

 

どんな使用感?

 

 

 

 

〇少ない量で、すぐ泡立つ

 

〇髪がシャンプーにからまると、ツルツル気持ちいい(きしまない)

 

〇泡切れがよく、すすぎもすぐ終わる

 

 

「ノンシリコン」なので、髪がキシキシしないか心配でしたが、指通りはとてもよかったです。

 

 

「アミノ酸」は洗浄力が弱そうなイメージがあったのですが、少ない量でしっかり泡立つのでまったく問題ありませんでした。

 

 

口コミではアトピー持ちの愛用者もたくさんいましたので、頭皮には間違いなくやさしいものだと思います。

 

 

 

 

ハーブガーデンシャンプーの口コミ

 

地肌のあたりから、白いものがよく浮き上がって、爪でポリポリかきだしていました。頭が汚いのはシャンプー選びが悪いということで、評判のよかったこのシャンプーを使いました。だんだんと白いものが地肌にこびりつきにくくなった気がします(40代女性)

 

8歳の男の子がうちにいますが、髪の先端の方にいつも白い粉みたいなのがついていました。お友達に嫌われては大変なので、シャンプーを変えてみたところ効果はあったようです。値段が少し高いので、白い粉が気になり始めたら使うようにしています(30代女性)

 

旦那は頭がガサガサになりやすく、大量の粉みたいなフケがでて困っていました。ハグされるのも嫌だし・・思い切ってシャンプーを変えてみたら、今のところはおさまっています。お風呂場の棚をシャンプーを増やしたくないので、家族5人で兼用しています(30代女性)

 

もっと「ハーブガーデン」の口コミを見てみる >>

 

 

価格:

 

シャンプーのみ:2000円。

 

シャンプー+コンディショナー:4000円。

 

※2ヶ月分。

 

※"使って合わなければ"返金してもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-PR-


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因