頭皮の皮がむけるのってフケ?皮むけが起こる原因と対処方法まとめ!

頭皮の皮がむけるのってフケ?皮むけが起こる原因と対処方法まとめ!

頭皮の皮がむけるのってフケ?皮むけが起こる原因と対処方法まとめ!


いくら丁寧に洗っても、シャンプーを変えてもうまくいかない・・そんな方も、多いのではないでしょうか。


私も同じ悩みでずっと苦しんできましたし、鏡越しに地肌を見ると必ず白くなっていたり、髪にはフケがからまるのが当たり前のようになっていました。


結局のところ「シャンプー選びをしっかりすれば、”皮むけ”が出なくなる」ということに気づいたのです。


「皮むけ」するのは「乾燥だから頭皮を保湿しましょう」「生活習慣の改善」といろいろ言われています。


ですが皮むけを防ぐのに一番効果的なのは「シャンプー選び」です。


あれこれ余計なことしなくていいんですよ。


いい加減、こんなストレスから解放されたくありませんか?経験者の私なりに調べて実践したことをもとに、「頭皮の皮むけ」についてすべてをお話します。


●アトピー持ちの方へ

アトピーは「肌のバリア機能が弱く」、炎症を起こして皮がむけることがあります。


市販シャンプーでは刺激が強すぎるため"ますます皮むけがひどくなる"恐れがあります。だからこそ、"アトピー向け"に作られたシャンプーを使うことをオススメします。






1.頭皮の「皮むけ」の正体は?





頭皮の皮がむけるのは、「炎症」によって皮膚がめくれあがった状態なのです。


皮膚は、「角質」と呼ばれる細胞が積み重なってできていますが、炎症で広い範囲の角質が「めくれて」しまったために起こります。


フケと「皮むけ」の違いって何?



「フケと、どう違うの?」と思うかもしれませんが、フケも皮むけも、頭皮の「角質」がはがれたものです。


角質がはがれるのは一緒なのですが、広い範囲で角質がダメージを受けてめくれるので「皮むけ」が起こります。


「フケ」は、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が悪くなることにより、一時的に起こるものです。『皮むけは、フケがさらに悪化したもの』と考えるとわかりやすいかもしれません。


炎症といっても、別に異常はないけど・・



炎症というと、頭皮が"ヒリヒリ"したり"湿疹"ができたりするイメージをお持ちの方もいるかもしれません。


ですが頭皮の場合は、「見た目に変化もなく、自覚症状もない」炎症も多いのです。


知らないうちに頭皮がダメージを受けて、その結果「炎症」を起こし「皮むけ」が生まれるケースも少なくありません。



2.皮むけが起こる原因


では、どうして頭皮が炎症を起こしてしまうのでしょう?原因は3つあり、それぞれについてくわしく見ていきましょう。



日常のケアが原因


パーマやカラー、ブリーチなどを使っていることが原因で、頭皮が「かぶれ」を起こしてしまうことがあります。


もともとアレルギー体質で、特定の成分に反応して荒れてしまうことがあるのです。


できるだけアレルギーの原因を特定し、使わないように心がけることが必要です。


頭皮が乾燥して、刺激を受ける



普段から頭皮が乾燥しやすい方ですと、皮膚の「バリア機能」が弱く、外部からの刺激に敏感になってしまいます。


お肌は、水分を蓄えておく「角質層」と呼ばれる場所がバリア機能を作っていますが、乾燥して水分が逃げると、『乾いたスポンジ』のように弱くなってしまうのです。


刺激を受けた皮膚の表面がはがれて、皮がむけたように見えます。もともとアトピーの持ちの人にも、多い症状です。




脂漏性皮膚炎によるダメージ



頭皮が脂っぽい人も、炎症を起こしやすくなります。油っぽい頭皮を好む「マラセチア菌」という菌が増殖して、頭皮にダメージをあたえるからです。


マラセチア菌によって頭皮がダメージを受けることを『脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)』と言います。


ダメージをうけた頭皮は、皮膚を守ろうとして表面の古い角質をはがして新しくしようとします。この「古い角質」が「皮むけ」なのです。



3.皮がむけた時の対処法


では、皮がめくれてポロポロ落ちる場合、どういったケアをすればよいのでしょうか。髪に残って目立ちますし、下手に落とそうとすると目立つし困ったものですよね・・


●爪ではがそうとしない

●ブラッシングに注意

●頭を軽く洗い直す

●地肌を水で濡らして、応急処置


爪ではがそうとしない



つい、ウロコのようにめくれた皮膚を、爪でかきだしたくなるかもしれませんが・・


爪で"はがそう"とすると、地肌に触れてそこから雑菌が入ってしまいます。炎症した所がさらに悪化する恐れがあるので、やめましょう。


ブラッシングに注意


くしを使ってブラッシングして、取り除くのもおすすめできません。


なぜなら、髪の根元にある「皮」が、余計にからみついてしまう恐れがあり、かえって目立つからです。


フケや皮むけを落とすためにブラッシングで仕上げるのは、よくありません。ブラッシングして、フケや皮むけを「浮きだたせて」、洗い流すのが理想です。


頭を軽く洗い直す



お出かけ前に時間があるのであれば、洗面台のお湯でよいので、サッと頭を洗い流しておくのが一番よいです。


地肌をやさしくもみこむようにして、はがれかけの皮をスッキリ洗い流してしまいましょう。


地肌を水で濡らして、応急処置



朝のバタバタした時間に、頭を洗う余裕がない・・という方は、とりあえず地肌が白く見えている場所を水で濡らしましょう。


指の腹のあたりを水でぬらして、落ち着かせるようにするだけでも違います。


皮むけが目立たないようにすることも大事ですが、根本からケアするには"シャンプー選び"が大事です。


4.「皮むけ」を根本から防ぐケア


多くの方が、ドラッグストアで買える「市販シャンプー」を使っているかと思います。


何気なく使っている市販シャンプーでも、「頭皮への刺激が強く・使えば使うほど乾燥しやすくなる」ものが多いので注意しましょう。


頭皮への刺激が強ければ「炎症」を起こしますし、「乾燥」してしまうとお肌のバリア機能が弱くなり荒れてしまいます。


市販シャンプーの9割以上に使われている「ラウレス硫酸」という洗浄成分を、ご存じでしょうか?


●ラウレス硫酸とは?

台所用の洗剤にも使われている洗浄成分で、「頭皮の刺激も強く」、「洗浄力が強すぎて乾燥」しやすくなります。


洗浄力が強いのは一見良さそうに思えるかもしれませんが、頭皮から出る「皮脂」という油分をごっそり奪ってしまうため、水分が逃げやすくなるのです。


たしかに、市販シャンプーは安いですし、いつでも手軽に買えるのがよいところなのですが・・


ただ「やさしく洗ったり」「何度もシャンプーしたり」しても、皮むけをおさえるのは難しいでしょう。そもそもシャンプーが、皮むけを起こす原因になっているのです。


いろいろケアしても、なかなか皮むけが治まらなかった人ほど、もう一度シャンプーを見直してみてほしいなと思います。




5.皮むけを防ぐ、おすすめのシャンプー


頭皮のタイプ別に、『ラウレス硫酸が一切入っていないシャンプー』を紹介します。

●頭皮が乾燥している人ハーブガーデンシャンプー

●頭皮が油っぽい人haru 黒髪スカルプ・プロ


・見た目は「アミノ酸シャンプー」「石鹸シャンプー」と表記していても、洗浄成分に「ラウレス硫酸」を混ぜているものも多いので、選ぶときは慎重に!


1.ハーブガーデンシャンプー



ハーブガーデン ※通販限定



[ 洗浄成分がやさしく、乾燥肌に最適。子供から大人まで使える ]


「頭皮にとことんやさしい、無添加のアミノ酸シャンプー」です。オーガニック(植物由来)・ノンシリコン・無添加と成分にこだわっています。


市販でも保湿系とか無添加系のシャンプーは、それこそ腐るほどありますけど、ほとんどが「ラウレス硫酸」を使っています。


ハーブガーデンはラウレス硫酸を一切使わずに、アミノ酸だけで洗えるので「頭皮の皮脂をとりすぎず」乾燥を防げます。


無添加なので、頭皮が弱いアトピーもちの方でも問題なく使えます。口コミでも、「アトピー持ちの4歳の子供と使っている」というお母さんの声がちらほらあったりします。


ノンシリコンなのに、使い勝手がとてもいい




ノンシリコンなのですが、髪がキシキシせずに、まったくストレスなく洗えます。洗う時も洗い流すときも、指通りがめちゃくちゃよいのです。


シリコンの代わりに、頭皮にやさしい植物オイルを使っているからなのですね。


実際に私も使っていますが、指通りもよいですし、何より少ない量ですぐ泡立つし、不思議と髪が乾くのもスムーズなのです。


もともと女性向けとして作られたシャンプーなんですけど、洗いやすいので男性からも好評で、メーカーの人から聞いた話ですと「買った人の2割が、男性」とのことです。




ハーブガーデンシャンプーのデメリット


●香りが弱い

●脂性の人だと、しっかり事前のすすぎが必要

●シャンプーの出が悪い

という3点が気になりました。


もともと無添加系のシャンプーですので、香りを出すための人工的な成分を使っていません。市販のに比べると、どうしても香りが弱いです。


ハーブの香りが洗っているときはしますが、髪を乾かすと消えてしまいます。シャンプーの甘い香りに慣れている方は、物足りなくなるかもしれないですね・・。


あと、乾燥肌ですとしっかり洗えますけど、頭皮がベタベタな人ですと「シャンプー前のすすぎ」をしっかりしないと、汚れ落ちが悪いかもしれません。


他に使ってみて気になったのは、シャンプーが一回で出る量が少ないのが不満。シャンプーの問題というよりも、容器の問題ですが・・。


価格:

シャンプーのみ:2000円。

シャンプー+コンディショナー:4000円。

※およそ2ヶ月分。

※「使った後でも」メール1本で、返品を受け付けてもらえます。






2.haru黒髪スカルプ・プロ


※通販限定



[油っぽい頭皮でもしっかり洗える。抜け毛が気になる人にも]


ハーブガーデン同様、頭皮をいたわる「無添加のアミノ酸シャンプー」です。


ラウレス硫酸を一切使わずに、アミノ酸だけで洗えるので「頭皮の皮脂をとりすぎず」、余計な皮脂がでるのを防げます。


〜ちなみに〜

脂性の人は、頭皮の皮脂をとりすぎると「頭皮が皮脂不足」を感じて逆に皮脂でべとべとになります。反対に乾燥肌の人は、皮脂がないとそのまま皮脂が出ずに、乾燥してしまうのです。


ハーブガーデンよりも「洗浄力は強め」ですので、油っぽい頭皮の人でもしっかり泡立ち、汚れ落ちもよく満足できます。


洗浄力の強さだけで考えると市販シャンプーの方がありますが、「ラウレス硫酸」を使っているので避けましょう。


抜け毛のケアもできる


頭皮が炎症している人の中には「抜け毛」が気になる方も、いるかもしれません。


このシャンプーは育毛成分や、頭皮の炎症を抑える成分が入っているので「髪が抜けにくい頭皮環境」を作ることができます。


髪を生やすことはできませんが、抜け毛の悪化を食い止める頭皮ケアができるのも魅力です。


haru黒髪スカルププロのデメリット

●香りがほとんどない

●ハーブガーデンほど、使い心地は良くない


無添加系のシャンプーにありがちな、「香りが弱い」という点。その分頭皮にやさしいので、仕方がない部分ではありますが・・haru黒髪スカルプ・プロは、「香りがほとんどしません」。


シャンプーに「甘い、いい香り」を求める人にはちょっと物足りないかもしれません・・。


あとは使い心地ですが、ノンシリコンなのにキシキシはしません。ただ「指通りのなめらかさ、髪の乾きやすさ」といった部分はいたって普通で、ハーブガーデンも使っていた私にとっては少し物足りなさを感じました。


だからといって「不便」というレベルではなく、使い勝手は市販シャンプーと変わらないくらいとイメージしてもらえれば良いかもしれません。


ただ、泡はしっかりたちますし、頭皮の油汚れはしっかりケアできますので「頭皮が油っぽくて、皮がむける」方にはお勧めできるシャンプーです。


ちなみに、「使った後でも30日以内なら返品できる」ので、"お試し感覚"で一度使ってみることができます。


価格:

・シャンプー:3600円。

※リンス・コンディショナー不要の、オールインワン






2つのシャンプーの比較

ハーブガーデン

haru黒髪スカルプ・プロ

画像

向いている人

乾燥肌
普通肌

普通肌
脂性肌

ラウレス硫酸

◎なし
アミノ酸のみ

◎なし
アミノ酸のみ

添加物

ノンシリコン
防腐剤不使用
人工香料不使用
人工着色料不使用

ノンシリコン
防腐剤不使用
人工香料不使用
人工着色料不使用

その他

フケ防止(ローリエ)
かゆみ防止(よもぎ・サクラ葉エキス)
保湿成分が充実

抜け毛のケア
白髪予防
髪にハリ・コシ

使用感


キシキシしない
洗い流した後も、髪ツルツル


普通

香り


ほのかなハーブの香り

×
ほぼ無香

価格
※シャンプーのみ

2000円
300ml
※2ヶ月

3600円
400ml
※2ヶ月

価格
※シャンプーとコンディショナー

4000円

(オールインワンでコンディショナー不要)

使った後の返品

OK

OK

メーカーの公式サイト