脂漏性皮膚炎の薬が効かない|完治するにはどんなケア?

脂漏性皮膚炎の薬が効かない|完治するにはどんなケア?

脂漏性皮膚炎にかかっても、しつこく「再発」を繰り返してしまう・・という方へ。

 

 

皮膚科で処方された薬を塗っても、一時的に良くなるだけですぐ出て来てしまう。

 

 

わたしも、頭皮のフケや湿疹に悩まされて、一時期皮膚科に通っていました。

 

 

一時的に炎症が治まっても、時間がたったらすぐ出てくる繰り返しでした。

 

 

先生に聞いても、「薬を続けましょう」というぼんやりした返事。

 

 

結局、自分で何とかするしかないと思い。いろいろと調べて見ることにしたんです。

 

 

だって、治っては通って・・というのを、いつまで繰り返すんだ!という怒りがあったから。

 

 

先生も、わかっているんだかわかっていないんだか、通り一辺倒の回答ばっかりでしたし。

 

 

"薬に頼らずに、根本からケアする方法はないのか"調べてみました。

 

 

処方される薬が効かないのは、どうして?

 

処方薬が効かない。

 

 

効かないと一口にいっても、2つのパターンがあると思うんです。

 

 

○そもそも、まったく症状が良くならない

 

○一時的に良くなっても、すぐに再発してしまう。

 

 

前者の場合であれば、脂漏性皮膚炎以外の原因が考えられます。

 

 

なので単独の皮膚科ではなくて、"総合病院の皮膚科"で診てもらうと良いです。

 

 

おそらくほとんどのケースが、「良くなったり、悪くなったり」の繰り返しではないでしょうか。

 

 

すぐに効かなくなるのは「脂漏性皮膚炎は、常にかかる可能性がある」ものだからです。

 

 

脂漏性皮膚炎は、完全に無くすのが難しい

 

脂漏性皮膚炎は、「たくさん皮脂がでる頭皮」に「マラセチア菌が大量発生」して起こるもの。

 

 

ややこしいのは、皮脂もマラセチア菌も「頭皮には必要なもの」。

 

 

一般的な皮膚の疾患であれば、一度原因を抑えてしまえば解決します。

 

 

ところが。

 

 

○皮脂は、頭皮のバリア機能の役割を果たしています。

 

○マラセチア菌は、頭皮環境を整える働きがあります。

 

いずれにしても、適度に必要なものなのです。

 

 

特に皮脂は、ふとしたきっかけで大量に出たりすることがあります。

 

 

また、マラセチア菌も体が弱っていると増殖することがあります。

 

 

皮膚科の薬で一時的に抑えることはできますが、日頃から常に監視してないと100%治せないのです。

 

皮膚科の薬には、どんな働きがある?

 

皮膚科の薬には、大きく2つの役割があります。

 

 

○頭皮の炎症を抑える「ステロイド」系

 ⇒かゆみや炎症を抑えて、湿疹が治りやすい環境を作ります。

 

 薬の種類:ロコイド・デルモゾール・リンデロン などが有名。

 

 

 

 

○マラセチア菌を抑える「外用抗真菌薬」系

 ⇒マラセチア菌を直接抑える、抗真菌成分が入っています。通常は1〜2週間で症状が治まります。

 

 薬の種類:ニゾラールクリーム(ケトコナゾール)

 

 

ステロイドで「炎症を抑えつつ」、外用抗真菌薬で「炎症の悪化を防ぐ」ケアなのです。

 

 

皮膚科に行けば、「とりあえず治す」ケアまではできるハズなのです。

 

 

問題はここから。

 

 

完治を目指すためのケア

 

皮膚科で、頭皮の症状がおちついてからが、本当の勝負といえるかもしれません。

 

 

普段から、いかにして「皮脂」と「マラセチア菌」を増やさないかがカギを握ってきます。

 

 

皮脂を抑えるケア

 

・油っこいものを食べるのは、極力ひかえる。

 

・ストレスが皮脂量を増やすので、リラックスを心がける。

 

・シャンプーでの「洗いすぎ」に注意。皮脂を落としすぎると逆に皮脂過剰に。

 

 

マラセチア菌を抑えるケア

 

・皮脂をとにかく抑えること。

 

・湿気を好むので、シャンプー後に生乾きの状態を作らない。汗をかいたらすぐ拭き取る。

 

・体の免疫力が落ちると、マラセチア菌が増えることがあります。

 

 


〜脂漏性皮膚炎を落ち着けるには、毎日のシャンプーが大事です〜

 

 

皮膚科に通ったり、炎症を抑える薬を塗ることも大事ですけど、シャンプーもおろそかにしてはいけません。

 

 

毎日使うシャンプーが「合わない」と、いくら薬を塗ってもすぐに再発してしまいます。

 

 

脂漏性皮膚炎の定番は「コラージュフルフルネクスト」ですが、人によっては洗浄力が強すぎて余計に皮脂がでます。

 

 

もともとは「皮脂を好物にする"菌"を殺菌する」ものですが、洗浄力が強いと逆に「皮脂過剰」になるからです。

 

 

いくらケアしても、再発を繰り返してしまう場合、「アミノ酸シャンプー」を使ってみるのも一つです。

 

 

菌を抑えるのではなく、菌の好物である「皮脂」を抑えてケアするので、根本から脂漏性皮膚炎のケアができます。

 

 

アミノ酸シャンプーといってもピンからキリなので、ちゃんとしたものを選ぶことが大前提です。

 

 

 

 


〜脂漏性皮膚炎で、抜け毛が気になる方へ〜

 

頭皮が荒れて、抜け毛も増えているなら・・頭皮の炎症が進んでいます。

 

 

ふけやかゆみ・湿疹といった症状で頭皮が荒れますが、「抜け毛」ですと毛根まで炎症が広がっています。

 

 

抜けた毛はいつかは生えてきます。ただ、髪にはヘアサイクルという周期があるので、一旦乱れると改善するのに時間がかかります。

 

 

抜けた毛は、早めにケアをしておくことが大事です。将来の薄毛予防のためにも、できることをしっかりやっておいた方が良いです。

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因