脂漏性皮膚炎による抜け毛は治るの?

脂漏性皮膚炎による抜け毛は治るの?脂漏性脱毛の疑いがある方は必見

脂漏性皮膚炎による抜け毛がでる場合、脂漏性脱毛の可能性が高いです。

 

 

脂漏性脱毛とは、皮脂の過剰分泌による「炎症をともなう脱毛症」です。

 

 

頭皮も荒れるし、抜け毛も増えてきて「この先、どうなってしまうんだろう・・」という不安があるかもしれません。

 

 

●脂漏性脱毛ってどんなもの?

 

●どんなケアをすれば、髪は生えてくるの?

 

ケアの方法、気になる疑問にお答えしていきたいと思います。

 

 

1.脂漏性脱毛って、どんなもの?

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎になると、ふけやかゆみ・湿疹などがでます。ただ『抜け毛』も出る場合は、皮脂の過剰分泌による『炎症』が起きています。

 

 

よく「皮脂が毛穴につまって、そこから脱毛する」という話を聞きます。ですが、皮脂がつまるから抜けるのではなく、皮脂が酸化することで、毛根が炎症するからです。

 

 

脂漏性皮膚炎になり、抜け毛が目立つようになると「炎症」はかなり進行しているといえます。

 

 

ただ、脂漏性皮膚炎は完治するのが難しい皮膚疾患です。完治よりも「症状を抑える」のが現実的です。

 

 

2.黙っていたら、髪は生えてくる?

 

 

「本当に髪の毛は、回復するのだろうか。」

 

 

抜けた髪の毛は、いずれ元のように生えてくるのか不安になると思います。

 

 

脂漏性脱毛の場合、毛根の炎症によるものですので、髪は生えてきます。

 

 

ただ、髪には「ヘアサイクル」というものがあります。

 

 

 

 

髪は「成長期」「退行期」「休止期」の3つの周期を繰り返します。脂漏性脱毛によって、強制的に抜けてしまうと、一時的にヘアサイクルが乱れてしまいます。

 

 

つまり、抜けたからすぐ生えるというほど単純ではないのです。ヘアサイクルが正常になるまで、一定の期間を経て再び生えるようになります。

 

 

普通に髪が抜けて生えるよりも、時間がかかる可能性があります。

 

 

そういった点では、円形脱毛に近いものがあります。円形脱毛も一度抜けると生えるまでにかなりの時間を要します。そのため、皮膚科ではレーザー治療などで回復を早めるのです。

 

 

 

脂漏性脱毛の場合、専用の治療はありません。ですので、もし少しでも早く回復を望むなら「育毛剤」を使ったケアをおすすめします。

 

育毛剤は、頭皮環境を正常化する土台を作ります。炎症自体をしずめながらも、髪に栄養を与え「早く育つ」環境を作ってくれるからです。

 

 

 

 

 

 

3.AGAと併発している?

 

 

男性ホルモンが原因で起こる「AGA(男性型脱毛症)」。AGAによる脱毛なのか、脂漏性皮膚炎による脱毛なのか、迷うところ。

 

 

生え際の後退、頭頂部の軟毛化など、AGA特有の症状があるので、まずはそこで判断するしかありません。

 

 

皮膚科医に診てもらっても、ほとんどの場合見分けられません。原則、AGAの専門医はAGAクリニックにしかいないからです。

 

 

●皮膚科→脂漏性皮膚炎 を診る。

 

●AGAクリニック→AGAを診る。

 

 

AGAによる薄毛は疾患ではないので、皮膚科の専門分野ではありません。

 

 

AGAクリニックでみてもらうのが一番ですが、AGAでなくても薄毛治療をすすめられるリスクがあります。

 

 

難しいところですが、やるべきことはシンプルです。

 

 

脂漏性脱毛のケアをしつつ、抜け毛のケアを自宅でする。

 

 

「そんなことができるの?」と思うかもしれません。ですが可能です。

 

 

まずは、脂漏性脱毛のケアから

 

 

脂漏性脱毛の根本の原因は「過剰な皮脂」です。皮脂がたくさん出るのは「シャンプーが強すぎる」ことが考えられます。

 

 

皮脂がでる人ほど、洗浄力の強いシャンプーを求める傾向にあります。たしかに弱いと皮脂が残りますが、強すぎても問題なのです。

 

 

特に厄介なのが、「石油系界面活性剤」をシャンプーに使っている場合。別名「硫酸系」とも言われ、洗浄力が強すぎて問題になっています。台所用の洗剤と変わらないレベルです。

 

 

市販の安価なシャンプーはもちろん、アミノ酸シャンプーと銘打ったものにも混ぜていたりと、石油系界面活性剤を使ったシャンプーは数知れずあります。

 

 

皮脂汚れを落とすスカルプシャンプーにも石油系が混じっています。石油系が混じると本来の洗浄力より強いので、皮脂汚れを落としすぎて「皮脂が過剰にでます」。

 

 

肌には「肌センサー」というものがあり、乾燥から身を守る皮脂が極端になくなると、危険を感じて大量に分泌します。これが厄介なのです。

 

 

石油系界面活性剤を一切使わず、洗浄力もそこそこあるシャンプーに切り替える必要があります。

 

 

石油系は原料が安いために、たくさんのシャンプーで使われます。石油系をなくすということは、当然原料代が高くなります。ですが、脂漏性脱毛のケアには避けて通れません。

 

 

シャンプーで、脂漏性脱毛が悪化するのを食い止めましょう。

 

 

 

 

抜け毛のケアは、育毛剤に任せましょう

 

 

シャンプーはあくまで、抜け毛の予防です。今度は、"抜けてしまった毛"のケアをお話しします。

 

 

●脂漏性皮膚炎による「抜け毛」

 

●AGAによる「抜け毛」

 

 

抜け毛がある場合、"脂漏性脱毛"と"AGA"の両方の可能性があります。育毛剤なら、両方のケアをすることができます。

 

 

育毛剤で、頭皮の炎症をしずめつつ、髪が正常に生えるのをサポートします。

 

 

 

 

[抜け毛のケアは、早目が肝心]

 

 

「抜け毛が増えてきた。このまま薄毛にならないか、とても心配・・」

 

 

特にわたしは、頭皮にかさぶたや湿疹ができやすくて、抜け毛も気になっていました。

 

 

AGAクリニックは高額だし、薬の内服は副作用が心配。シャンプーは汚れを落とすだけだし、、将来的な薄毛予防には「育毛剤」がベストなので、育毛剤を使うことに。

 

 

 

 

いろいろ調べた結果、通販で有名な「チャップアップを使ってみました。

 

 

育毛剤の中でも「頭皮へのやさしさ」にこだわっていたのが決め手でした。

 

 

実際に使って見ましたが、脂漏性皮膚炎でもヒリヒリしたりしみたりせずに、使えます。水をつけているのと、変わらないくらいの感覚でした。

 

 

はじめは効果も出ず「本当にこのまま続けていいのかな?」と不安になってました。

 

 

ところが、チャップアップを使って2週間たったころから、頭皮に"予想外のうれしい変化"を感じるようになりました。

 

 

 

 

女性なら「マイナチュレ育毛剤」

 

 

[よく読まれている記事]

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因