脂漏性皮膚炎による抜け毛は治るの?復活にはシャンプーが鍵

脂漏性皮膚炎による抜け毛は治るの?復活にはシャンプーが鍵

脂漏性皮膚炎が原因で髪の毛が抜けても、きちんとケアすれば髪は生えてきます。

 

 

頭皮が荒れてきて、炎症を起こしてしまったとき。

 

 

人によっては、髪も抜けてきて焦ってしまうかもしれません。

 

 

AGAによる脱毛とは違い、この脱毛が何で起こるのかわからない方も多いと思います。

 

 

わたしも、脂漏性皮膚炎で相当苦しめられた経験があります。

 

 

脂漏性皮膚炎から頭皮を復活させるには、とにかくシャンプーですから。

 

 

身をもって実感しています。

 

 

「どうして抜け毛が起こるの?」
「どんなシャンプーを使って、ケアすればいい?」

 

 

そんな疑問に、お答えできればと思います。

 

 

〜男性であれば、このシャンプーがオススメ〜

 

皮膚科の専門医が開発した、シャンプーです。"脂漏性皮膚炎"の症状を改善するために作られています。

 


KADASON(カダソン)

 

 

どうして髪が抜けてしまう?

 

そもそも、男性型脱毛症ではないのに、髪が抜けたり、細くなってしまう。

 

 

男性でも女性でも、自分の髪が抜け落ちていくのは絶望的な気分になります。

 

 

あまりにひどいと、死にたくなってしまうかもしれません・・

 

 

AGAであれば、生え際や頭頂部に点在する男性ホルモン(DHT)によるものです。

 

 

AGAと脂漏性皮膚炎による脱毛は、まったくの別物。

 

 

だから、焦ってスカルプシャンプーや育毛剤を使っても意味がありません。

 

 

脂漏性皮膚炎を解決しない限り、毛髪の復活はありませんので。

 

 

脂漏性脱毛症による抜け毛

 

脂漏性皮膚炎が原因で、髪が抜け落ちることを「脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)」と言います。

 

皮脂の過剰分泌が原因による、脱毛症の一つです。

 

 

毛根から伸びた毛髪が、毛穴から出てきて成り立っています。

 

 

ところが毛穴には、毛根の他に「皮脂腺」も存在します。

 

 

皮脂腺から皮脂が大量に出てしまうと、毛穴をふさぐだけでなく「毛根」も皮脂で埋まってしまうのです。

 

 

毛根にあるのは毛乳頭や毛母細胞がありますが、そこに皮脂が進入してしまいます。

 

 

皮脂が増えるとマラセチア菌が大量に生まれて、毛根ごとダメージを与えてしまうのです。

 

 

だから、脂漏性皮膚炎によって毛が抜けてしまうのです・・

 

 

AGAと違い、男性ホルモンが原因ではありません。皮脂が毛根に進入してダメージを受けるのが原因。

 

 

つまり、皮脂をしっかり抑えれば改善するものなのです。

 

 

なぜなら、毛母細胞自体はまだ生きているから。

 

 

ちなみに、皮脂が毛穴をふさいで、毛根が抜け落ちるわけではありません。

 

 

頭皮の炎症と抜け毛は、直接関係がない

 

脂漏性皮膚炎の症状の一つに、湿疹やかさぶたなどの症状があります。

 

 

抜け毛と一見関係してそうに言えますが、別物です。

 

 

あくまで湿疹やかさぶたは、皮膚の表面やその中の角質層が荒れたもの。

 

 

抜け毛は毛根に皮脂が進入してダメージを与えるものです。

 

 

湿疹やかさぶたは、「ステロイド」の治療薬を皮膚科で処方してもらうこと。

 

 

抜け毛は抜け毛で、皮脂をしっかり取り除くケアをするべきです。

 

 

脂漏性脱毛症を抑えるには

 

とにかく、皮脂を抑えるケアを優先させましょう。

 

 

脂漏性皮膚炎の場合、コラージュフルフルシャンプーが有名です。

 

 

ですがこのケースは、皮脂を取り除くことが大事。

 

 

皮膚科の先生も勧める、定番のコラージュフルフル。ですがあくまで「マラセチア菌」を抑えるだけのもの。

 

 

さらにコラージュフルフルシャンプーは、洗浄力がやや強いのがネックです。

 

 

洗浄力が強いシャンプーは、良くない

 

「洗浄力が強い方が、余計な皮脂がとれるんじゃ?」

 

 

わたしも昔は、そう思っていました。ですが実際は「逆」だということがわかりました。

 

 

洗浄力が強いと、たしかに頭皮の皮脂はしっかり落ちます。

 

 

ところが。

 

 

洗浄力が強すぎて、皮脂が「根こそぎ」持って行かれるというデメリットもあるのです。

 

 

頭皮の皮脂がなくなると、頭皮のセンサーがこれを感知。

 

 

皮脂不足を埋めるために、皮脂をたっぷり出してしまうのです。だから余計ベタベタになります。

 

 

市販の石油系シャンプーだとより一層、この傾向が強くなります。

 

 

意外に思うかもしれませんが、薄毛用のスカルプシャンプーも、コラージュフルフルシャンプーも洗浄力は強め。

 

 

特にスカルプシャンプーは、アミノ酸という優しい成文を使っているのですが、洗浄力の強い物も混ぜているのです。

 

 

頭皮の皮脂を、ほどよい状態に抑えること。これこそが抜け毛解消の第一歩と言えるでしょう。

 

 

皮脂を抑えつつ、菌も抑えていく

 

コラージュフルフルシャンプーも、脂漏性皮膚炎には必要なものです。

 

 

ですが、メインは皮脂を抑える。補助的に使っていくのが理想です。

 

 

皮脂を抑えるメインのシャンプーは「アミノ酸シャンプー」。

 

 

アミノ酸シャンプーは洗浄力が「石油系・オレフィン系・石鹸系」よりも弱いため、皮脂を残します。

 

 

さきほども少し触れましたが、アミノ酸シャンプーは他の洗浄成分と混ぜているものも多いです。

 

 

「アミノ酸のみを洗浄成分としている」シャンプーを、使わないと意味ないです。

 

 

実際、わたしも「いち髪」や「ミノン」などの市販アミノ酸シャンプーを使ってきました。

 

 

ですが洗浄力が強いせいか、頭皮が荒れてしまいました。

 

 

アミノ酸シャンプー選びをいろいろした結果。

 

 

評判の良かったアミノ酸シャンプーに切り替えたところ、頭皮のべたつきがなくなりました。

 

 

今は、そのアミノ酸シャンプーとコラージュフルフルシャンプーを併用して使い、脂漏性皮膚炎の再発を防げています。

 

 

〜男性であれば、このシャンプーがオススメ〜

 

皮膚科の専門医が開発した、シャンプーです。"脂漏性皮膚炎"の症状を改善するために作られたアミノ酸シャンプーです。

 


KADASON(カダソン)

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因