大人アトピーが頭皮にできるって本当?よくある誤解と正しいケアの仕方

大人アトピーが頭皮にできるって本当?よくある誤解と正しいケアの仕方

 

 

大人アトピーと言われても、どうもピンと来ない・・

 

 

●大人アトピーって、どうしてかかってしまう?

 

●一度かかってしまうと、もう治らないの?

 

●やっぱり、皮膚科にいくべき?

 

 

今まで、アトピーやアレルギーとは無縁だった人生。

 

 

それがいきなり「頭皮アトピー」と言われたら驚きますよね。

 

 

「何それ?いまさらそんなものにかかるの?」

 

 

「アトピーは小さいころかかって、大人になって治るもの」

 

 

アトピーに詳しくなくても、なんとなくそんなイメージをお持ちではないでしょうか。

 

 

ところが。

 

 

大人になってから、アトピーになってしまうことも"普通にあります"。

 

 

しかも、アトピーは放置すると悪化する可能性があります。

 

 

驚かすようなことを言ってすみません。でも、それは事実なのです。

 

 

頭皮にフケのようなものや、かゆみが出てきている方が大半だと思いますが。

 

 

アトピーが「悪化」すると・・

 

●かゆみが悪化し、常にポリポリかいてしまう。

 

●無意識に頭皮を強くかいて、毛根が炎症を起こして抜け毛に

 

●単なる脱毛とは違うので、皮膚科で数カ月の治療が必要

 

という可能性が、普通に起こってしまうのです。

 

 

だから、今はまだフケがでたり・かゆくて気になる。という症状で収まっているかもしれません。

 

 

アトピーが厄介なのって、

 

●自然放置しても、治らない

 

●皮膚科にいったからといって、完治しない

 

という点があるのです。

 

 

アトピーは、「できたり治ったりを繰り返す」というものなのです。

 

 

つまり、完治ということがなく、明確な治療法も確立されていない分野なんですね。

 

 

どうして、アトピーは完治が難しい?

 

 

 

 

アトピーはわかりやすく言いますと、”体の抵抗力”が弱くなって起きるもの。

 

 

もっと詳しく言うと、皮膚にある「肌バリア」とよばれる部分が弱くなっているのです。

 

 

肌バリアってご存知でしょうか?聞いたことあるような、ないような・・

 

 

皮膚の中に、余計なものを入れないように「ブロック」するのが「肌バリア」なんです。

 

 

余計なものとは、「ホコリ・ダニ・ハウスダスト・シャンプー」などの有害物質が皮膚の中に入らないようにします。

 

 

肌バリアは別名「角質層」とも呼ばれていて、角質という細胞が「お菓子のミルフィーユ」のように並んでいます。

 

 

 

 

アトピーの人は、「ミルフィーユ」が崩れてくしゃくしゃになっているイメージ。

 

 

ミルフィーユが崩れてしまうと、ホコリやダニなどの刺激が、モロに肌の中に入ってしまいます。

 

 

だから、かゆみ・フケのようなもの・湿疹などの症状がでてしまうのです。

 

 

もともと、体がもつ抵抗力の問題。

 

 

その点では、風邪と似ているかもしれません。抵抗力が弱くなると風邪をひいてしまいます。

 

 

「誰でもかかる可能性があって、体が弱るとかかるもの」という点が共通しています。

 

 

「アトピーは、"皮膚の風邪"のようなもの」。

 

 

一生、風邪をひかない人というのはおそらくいないと思います。それと同じことなのですね。

 

 

〜参考:〜アトピーはうつる?〜

 

アトピーは「菌」が原因ではありませんので、他の人にうつることはありません。

 

また、頭にできたからといって体の他の部分にうつることもありません。

 

あくまで、皮膚が弱っている状態なのです。

 

 

どうして、大人になってから肌バリアが弱くなる?

 

今までの話をまとめると、

 

肌バリアが弱くなる⇒外部刺激に反応してしまう⇒フケのようなもの・かゆみ など

 

これがアトピーの流れです。

 

 

小さい頃からアトピーになるのは、生まれつき「肌バリア」が弱いというのがあります。

 

 

大人になってからアトピーになるのは、次の2つの理由です。

 

 

●体の免疫力が弱くなってしまった

 

 ⇒ストレス・体質の変化・加齢による衰え など

 

 

●皮膚が乾燥している

 

 ⇒肌バリアの中は、水分でくっついているため。

 

アトピーは特殊なものではなく、"誰が""いつ"かかってもおかしくないものなのです。

 

 

ただ症状は、軽度のものから重度のものまで、個人差が大きい部分です。

 

 

頭皮だけにフケのようなものができる場合もありますし、かゆみで一睡も眠れないほど深刻な人もいるのです。

 

 

 

 

どういったケアをすればよい?

 

 

皮膚科にいったからといって、アトピーが完治するわけではありません。

 

 

あくまで、我慢出来ないかゆみや頭皮の炎症を抑えるために、行くところです。

 

 

ステロイド薬でかゆみ・炎症を抑えるというのが、主な治療法です。

 

 

もともと人間の体からも分泌されている「ステロイド」。使った事がなくても、なんとなく悪いイメージがあるかもしれませんね。

 

 

ステロイドは、あくまで「その場しのぎ」の治療法です。

 

 

我慢出来ないかゆみを抑えるのに、"やむを得ず"使うためのものなんですね。

 

 

我慢出来ないからといって、長期間つかってしまうと「免疫力が低下」します。

 

 

免疫力が低下すると、肌バリア機能も弱くなってしまい、結果としてさらにアトピーが悪化します。

 

 

だから、基本的には「ステロイド」に頼らない生活をしなければならないのです。

 

 

「じゃあ、アトピーになったらどうしようもないってこと?」

 

 

そんなことはありません。アトピーを直接治すことはできませんが、自宅ケアで症状を抑え続けることはできます。

 

 

具体的なケアの仕方は、下記のページを参考にしてみて下さい。

 

 

[関連ページ]

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因