界面活性剤を不使用のシャンプー|正しい選び方を紹介

界面活性剤を不使用のシャンプー

 

 

界面活性剤が悪い・・って、どこまで本当なんでしょうかね?

 

 

そもそも、界面活性剤って何でしょうか?そこからお話ししますね。

 

 

界面活性剤って何?

 

あたかも「悪い成分」というように決めつける人が多いのですが、そもそも界面活性剤がないとシャンプーは成り立ちませんからね。

 

 

シャンプーは「水と油」の2つの成分がベースです。仲が悪いわけなんですね。仲が悪い2つをくっつけるのが「界面活性剤」の働きなのです。

 

 

もし界面活性剤がないと、水と油が分離してしまいます。その状態で使うと、油分だけが髪について汚れが落ちすぎたりベタベタになります。

 

 

水だけでも汚れはおちませんし、油だけでも洗浄力がおかしなことになります。

 

 

界面活性剤が嫌だとしたら、使うシャンプーなんてないのですから。

 

 

どんな界面活性剤が、頭皮によくないの?

 

界面活性剤は、アニオン・カチオンなどの化学的な状態で分けられることがあります。

 

 

実際に使う側にすれば、どういう特性をもつのかなんて、どうでもいいことなんです。

 

 

大事なのは、「天然」のものか「合成」のものかということ。つまり、界面活性剤が、どういうものから出来ているのかが大事なのです。

 

 

人工的に作られた「合成」の界面活性剤を使うことで、皮膚に刺激を及ぼすと言われています。肌バリアを壊したり、肌の炎症の原因になったり・

 

 

天然の界面活性剤は、石鹸シャンプーのみです。

 

 

アミノ酸、石油系、オレフィン系の界面活性剤はいずれも合成ものなのです。

 

 

だったら、石鹸シャンプーを使えばいいんじゃない?と思うかもしれませんが・・

 

 

石鹸シャンプーの弱点は、使い勝手が悪すぎる

 

 

確かに頭皮にはやさしいです。界面活性剤の中でも、唯一天然のものですからね。

 

 

ですが、「髪のキシミが起こる」のが一番の弱点です。

 

 

石鹸シャンプーは、頭皮へのやさしさを追求するあまり、髪のコンディショニングを整える成分を配合していません。

 

 

なので、髪自体が「むきだし」の状態になります。通常なら油分やシリコンで、髪の摩擦を防ぐことができます。

 

 

石鹸シャンプーを使うと、髪同士がむきだしになるので、髪のキューティクルがはがれてしまいます。

 

 

髪からタンパク質や水分が逃げ出し、髪自体がパサパサしたり痛みやすくなるのです。

 

 

界面活性剤のことを考えるのも良いですが、髪のためには良くありません。

 

 

界面活性剤の中でも、刺激が少ないものを

 

合成の界面活性剤がすべて、頭皮に悪影響とは限りません。

 

 

市販シャンプーで使われる「石油系界面活性剤(ラウリル硫酸〜、ラウレス硫酸〜)」がもっとも皮膚への刺激が強いものです。

 

 

アミノ酸系の界面活性剤であれば、天然の界面活性剤に近い刺激で済みます。

 

 

アミノ酸シャンプーであれば低刺激のものもありますし、コンディショニング成分が充実したものもありますので、選択肢はぐっと広がります。

 

 

 

低刺激のアミノ酸シャンプー選びのポイント

 

 

 

 

 

 

「ノンシリコン」だから、「無添加」だから、刺激がないとは言えません。

 

 

 

市販シャンプーには、いろいろな「刺激になる成分」が入っています。

 

 

 

○石油系界面活性剤

 

 

⇒洗浄力が強力。台所洗剤にも使われる。

 

 

 

○シリコン

 

 

⇒人工の膜でコーティング。地肌にダメージ。

 

 

 

○パラベン(防腐剤)

 

 

⇒シャンプーを長持ちさせる。刺激が強い。

 

 

 

○人工香料

 

 

⇒良い香りの元。人工なので、刺激が強い。

 

 

 

○人工着色料

 

 

⇒見た目を良くする。人工なので、刺激が強い。

 

 

 

ノンシリコンシャンプーといっても、他にも刺激になる成分はたくさんあります。無添加も、同じ理屈です。

 

 

 

そもそも、市販シャンプーは「頭皮の刺激を無くすこと」を考えて作られていません。

 

 

 

あくまで、大衆向けシャンプーなので、「原料が安くて使い勝手が良いもの」を優先します。

 

 

 

上に紹介したものが、「1つだけ」入ってなくても意味ないのです。

 

 

 

5つの成分"全部入っていないもの"が「本当の低刺激」シャンプー

 

 

※石油系界面活性剤・シリコン・パラベン・人工香料・人工着色料

 

 

 

サロン品質のシャンプーを使うのも一つ

 

 

 

 

下手な市販シャンプーを使っても、頭皮が荒れてしまう可能性が高いです。

 

 

 

頭皮の刺激になるものを、"とことん無くした"シャンプーを使うと良いですよ。

 

 

 

「サロン品質のシャンプー」というのがあるのを、ご存じですか?

 

 

 

サロン(美容室)で使うシャンプーって、高級でモノも良いですよね。洗ってもらって気持ちいいし、髪がキレイになる。

 

 

 

「サロン品質」のシャンプーは、"サロンシャンプーとほぼ同じ品質"だけど、"値段が安い"というもの。

 

 

 

もともとサロンシャンプーは、頭皮の悩みにあわせて、原料にこだわりぬいて作っているものなんですね。

 

 

 

美容師さんから勧められたことがある方も、多いのではないでしょうか。

 

 

 

「サロン品質」のもので、「頭皮へのやさしさ」にこだわっているシャンプーを使うのも一つ

 

 

 

石油系界面活性剤・シリコン・パラベン・人工香料・人工着色料 すべて除外したシャンプーがあります。

 

 

 

この手のシャンプーは、使いごこちの良さにもこだわっていますから、"キシキシ"や"パサつき"もないんですね。

 

 

 

もちろん、値段は市販のものより高いです。ただ、サロンシャンプーと比べると比較的安いです。

 

 

 

ちなみに「サロン品質」のシャンプーは、通販で買えます。わざわざ美容室に行かなくてもいいですし。

 

 

 

「使った後も返品できる」という、サロン品質シャンプーならではの良さもあるんですね。

 

 

 

「高いだけに、失敗したくない・・」と不安になるのは当然だと思うんですよ。

 

 

 

でも、実際に試してから判断できるから、その点は親切だなと思いますね。

 

 

 

「サロン品質」のアミノ酸シャンプーを3つ紹介

 

 

 

1位:ハーブガーデンシャンプー

 

 

 

 

 

 

頭皮にやさしいアミノ酸シャンプー
きれいな髪を目指せる

 

 

 

石油系界面活性剤⇒不使用。アミノ酸で肌にもやさしい

 

 

 

シリコン⇒ノンシリコン。天然のオイルで指通りを良くしています。

 

 

 

パラベン(防腐剤)⇒不使用。「水」に植物のハーブを混ぜて、煮出して殺菌している。

 

 

 

人工香料・人工着色料⇒不使用。天然の植物ハーブから抽出。

 

 

 

とにかく頭皮へのやさしさにこだわっています。洗浄成分はアミノ酸で、無添加。

 

 

 

洗浄力が比較的優しいので、頭皮が乾燥しやすくて荒れている人に向いています。

 

 

 

シャンプーに関する、あらゆる成分をオーガニック(化学物質を使っていない)。

 

 

 

水や保湿成分、コンディショニング成分まで、すべて刺激のないものに徹底しています。

 

 

 

 

 

 

低刺激シャンプーにありがちな、パサパサ・ギシギシになることがないのもいいですね。

 

 

 

髪の滑りを良くする・コーティングするオイル。保湿成分などが充実しているからです。

 

 

 

荒れた頭皮をケアして、「きれいな髪を目指したい」方

 

 

 


ハーブガーデンシャンプー

 

 

※「使った後でも、返品に応じてくれる」ので、"とりあえず自分に合うかどうか"試せます。

 

 

 

 

 

 

2位:チャップアップシャンプー

 

 

 

 

 

 

無添加のスカルプシャンプー
抜け毛が気になる方

 

 

 

石油系界面活性剤⇒アミノ酸で肌にもやさしい

 

 

 

シリコン⇒ノンシリコン。

 

 

 

パラベン(防腐剤)⇒不使用。

 

 

 

人工着色料⇒不使用。

 

 

 

スカルプ系(頭皮汚れをしっかり落とす)シャンプーで、頭皮が油っぽい人に向いています。

 

 

 

洗浄成分はアミノ酸、香料以外の添加物は入っていません。

 

 

 

無添加へのこだわりと言う点では、ハーブガーデンシャンプーの方が優れています。

 

 

 

ただし、荒れた頭皮を落ち着けるには十分だと思います。

 

 

 

特徴的なのは、"頭皮環境を整える成分"が充実していること。

 

 

 

"頭皮が荒れて、抜け毛が目立つ"方に向いています。

 

 

 

シャンプー:4180円。(定期購入で3280円) (約1か月分)

 

 

 


チャップアップシャンプー

 

 

※「使った後でも、返品に応じてくれる」ので、"とりあえず自分に合うかどうか"試せます。

 

 

 

3位:マイナチュレシャンプー

 

 

 

 

 

無添加の育毛系シャンプー
薄毛のケアもしたい人

 

 

 

石油系界面活性剤⇒アミノ酸で肌にもやさしい

 

 

 

シリコン⇒ノンシリコン。

 

 

 

パラベン(防腐剤)⇒不使用。

 

 

 

人工香料・着色料⇒不使用。

 

 

 

もともとは育毛用のシャンプーですが、頭皮にすごくやさしいです。

 

 

 

洗浄成分はアミノ酸で、無添加のシャンプーです。

 

 

 

オーガニックではないだけ、ハーブガーデンシャンプーよりは徹底していません。

 

 

 

ですが、荒れた頭皮を落ち着けるには十分だと思います。

 

 

 

"頭皮の荒れ"だけでなく、抜けて薄くなってきた方は、このシャンプーが良いです。

 

 

 


マイナチュレシャンプー

 

 

 

※薄毛対策を、本格的にしたい方はマイナチュレの育毛剤というものもあります

 

 

 

※「使った後でも、返品に応じてくれる」ので、"とりあえず自分に合うかどうか"試せます。

 

 

 

3つの中なら、ハーブガーデンシャンプーが良いです

 

 

 

 

 

3つの中で選ぶなら、「ハーブガーデンシャンプー」が一番良いです。

 

 

 

なぜなら、「きれいな髪を目指せる」からです。

 

 

 

他のシャンプーも低刺激なので、荒れた頭皮をケアするには良いものです。

 

 

 

ただ、いくら荒れた頭皮を抑えても、髪の仕上がりがパッとしないと意味ないと思うんです。

 

 

 

実際に私も愛用していますが、低刺激系のシャンプーにありがちな「パサパサ・ギシギシ」がまったくないんですね。

 

 

 

洗った後も、髪の指通りが良くて、ツルツルになったんですよ。

 

 

 

このシャンプーを使うようになってから、美容師さんからほめられるようになりました。

 

 

 

「髪にツヤがあってきれいですね、しっかりお手入れしてますね」

 

 

 

やっぱり、キレイな髪に仕上がると気持ちまで明るくなりますね。

 

 

 

 

 

 

実際にハーブガーデンシャンプーを使った感想

 

 

 

 

 

 

私が実際に使った時の感想を、もう少しくわしくお話しします。

 

 

 

「ハーブガーデンシャンプー」を使う前に、不安だったことを3つあげてみました。

 

 

 

・香りが良いものが少なさそう

 

 

・ノンシリコンだと、パサつきやすそう

 

 

・使用感が悪そう

 

 

 

実際に使ってみて、「これらの不安が解消されたのか?」について、お話ししたいと思います。

 

 

 

香りについて

 

 

 

香りは弱い、正直物足りない

 

 

 

天然の香りにすると、刺激は抑えられますが"物足りなさ"を感じるかもしれません。

 

 

 

ハーブガーデンシャンプーは、やや弱いですが「ハーブの自然な香り」がします。

 

 

 

正直、ずっと髪に残るような香りはありませんが、仕方が無いかもしれません・・。

 

 

 

頭皮への刺激をとるか、香り優先で行くか。「いい香りが持続しないと嫌!」という方には、向いていません。

 

 

 

ノンシリコンだと、ゴワゴワしそう

 

 

 

下手なシリコン入りシャンプーより、全然ツルツルになる

 

 

 

ノンシリコンですと、たしかに指通りは悪くなってしまいがち。

 

 

 

髪をコーティングするものがなくなるので、パサパサしやすくなります。

 

 

 

ですが。

 

 

 

ハーブガーデンシャンプーですと、シリコンの代わりに天然のオイルでコーティングしてくれます。

 

 

 

実際に私も使っていますが、「ホントにノンシリコン?」というくらい指通りが良いです。

 

 

 

指をシャンプーにからませたとき、髪になじませたときのツルツル感は感動モノ。

 

 

 

使っていくうちに、ツヤがでてきました。

 

 

 

私は実際にこのシャンプーを使ってから、美容師さんに褒められるようになりました。

 

 

 

「髪にツヤがあって、きれいな髪ですね。しっかりケアされてるんですね。」とほめられました^ ^

 

 

 

仕上がりが、パサパサになりそう

 

 

 

 

 

 

サラサラな仕上がり、なのにしっかりまとまる

 

 

 

私が以前、市販の低刺激シャンプーを使った時は「髪がパサパサ」になりました。

 

 

 

どうしても潤いがなくなるといいますか。

 

 

 

ハーブガーデンシャンプーを使ったら、しっとりというより『サラサラ』な髪になるんですね。

 

 

 

だけど、乾いた感じはしなくて、パサパサしない。毛先が広がることもなく、しっかりまとまりました。

 

 

 

ハーブガーデンシャンプーの悪い点

 

 

 

 

 

 

値段が高いけど・・

 

 

 

ハーブガーデンシャンプーにも、当然欠点はあります。

 

 

 

値段が高い。これは真っ先に感じるところです。

 

 

 

シャンプー単体で2000円。コンディショナーとセットで4000円。

 

 

 

市販シャンプーと比べてしまうと、どうしても高いのですが、そもそも「市販シャンプーとは別物」です。

 

 

 

市販のものは、頭皮がデリケートな人向けに作られていませんので・・

 

 

 

デリケートな私たちの頭皮だと、本当に"良いもの"を使わないとダメということ。

 

 

 

シャンプーのランクを、ワンランク上げるという表現が、正しいかもしれません。

 

 

 

ただ、ハーブガーデンシャンプーは「使った後も返品できる」んですね。

 

 

 

万が一ダメでも"、試して返せるという安心感"があるのは大きいと思います。

 

 

 

失敗したくないじゃないですよね。通販で買うシャンプーですし。だから安心できる。

 

 

 

「ワンランク上のシャンプー」が、どんなものなのかを"とりあえず"体験するのも良いかもしれません。

 

 

 

メーカーの通販ショップでしか買えない

 

 

 

「1円でも安く、楽天やアマゾンで買いたい・・」

 

 

 

残念ながら、ドラッグストアはもちろん、通販で安く買うことも出来ないシャンプーなのです。

 

 

 

「頭皮が荒れて、本当に困っている人のためのシャンプー」

 

 

 

さいごに

 

 

 

 

 

頭皮の荒れが収まったら、毎日をもっと気持ち良く過ごすことができます。

 

 

 

せっかくいい気持ちで過ごしていたのに、ふと頭を触ってみたらフケやかさぶた・・なんてイライラを引きずりますよね。

 

 

 

ましてや汚い頭皮だと、男性からの視線も気になるし・・「不潔な女」なんて、絶対思われたくない。

 

 

 

荒れた頭皮もスッキリさせたいし、きれいな髪も目指したい。

 

 

 

美容師さんに褒められるような、ツヤ髪を目指して。

 

 

 

早く自分の頭皮にあったシャンプーに、巡り会えるといいですね。

 

 

 

※使った後でも、返品可能

 

 

 

 

 

 

 

▲もう一度、ランキングを見る


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因