【薄毛・抜け毛】シャンプーと育毛剤のおすすめはコレ!違いを知って正しいケアを!

【薄毛・抜け毛】シャンプーと育毛剤のおすすめはコレ!違いを知って正しいケアを!

 

シャンプーと育毛剤、どっちをどう使えば良いの?

 

地肌が見えてきた。

 

髪が細くなってきた。

 

抜け毛が増えてきた。

 

 

今はまだ大丈夫でも、このままだと薄毛にならないか心配になりませんか。

 

 

「そろそろ、本格的に対策をしなきゃな・・」と考えているかもしれません。でも、何から手をつければいいかわからず、困っていませんか?

 

 


●育毛シャンプーを、そもそも使うべき?

 

●育毛剤って、どんなものを使えばいいの?


 

気になる疑問に、お答えしていきたいと思います。

 

 

 

 

1.育毛シャンプーは使うべき?

 

 

 

 

「育毛剤さえしっかりしていれば、シャンプーは意味ないんじゃない?」

 

 

たしかに、シャンプーは洗い流すもの。だから薄毛のケアとして意味があるのか、疑問に思う人も多いと思います。

 

 

ですが。

 

 

「育毛シャンプー」も「育毛剤」も、両方必要です。

 

 

育毛剤だけでいい、というわけではありません。薄毛を予防するには「シャンプー」と「育毛剤」の2つでトータルで考えなければなりません。

 

 

どうして、育毛剤だけでなく育毛シャンプーも大事なのでしょうか?

 

 

育毛シャンプーは、育毛剤をサポートする

 

 

育毛シャンプーを使わないと、育毛剤がしっかり働きません。普通のシャンプーではダメです。

 

 

よく「育毛剤は意味ない」という声を聞きますが、育毛剤をいくら使っても頭皮に浸透しなければ意味がありません。

 

 

普通に育毛剤を塗っても、頭皮にしっかり浸透しません。だから育毛シャンプーの力が必要なのです。

 

 

薄毛が気になり始めた人は、頭皮が「軽い炎症」を起こしているからです。だから、育毛剤をいくら塗っても頭皮にしっかり浸透しないのです。

 

 

1.育毛シャンプーで、頭皮の炎症をしずめます。

育毛剤が浸透しやすくなります。

2.育毛剤で、"抜け毛予防"や"発毛促進"をします。

 

多くの人は、「1」を飛ばして「2」だけしています。だから何も変わらないのです。

 

 

もちろん育毛シャンプーに、育毛効果は期待できません。ですが、育毛シャンプーは育毛剤が浸透するのを助けることができます。

 

 

また、育毛シャンプーだけを使っても意味がありません。シャンプーそのものには発毛・育毛する働きがないからです。

 

 

育毛シャンプーを使って頭皮の炎症を抑えないと、育毛剤を使ってもほとんど意味がありません。

 

 

頭皮の炎症って?

 

 

「炎症って言われても、別に湿疹や赤みがあるわけじゃないし・・」

 

 

頭皮が荒れて炎症している、と言われてもピンとこないかもしれません。ですが、炎症といっても色々な種類があります。

 

 

赤み・水ぶくれ・膿がでる といった重度のものもありますが、「皮膚が固く厚くなる」のも炎症の一つなのです。(続発疹といいます)

 

 

皮膚が固く厚くなるので、いくら育毛剤を使っても浸透しないのです。まずは「炎症を抑える」必要があります。

 

 

頭皮が炎症するのは、市販シャンプーが刺激を与えたり、年と共に肌のバリア機能が弱くなることが考えられます。

 

 

〜どうして、頭皮が炎症していると言い切れる?〜

 

皮膚が厚く固くなってくると、毛根をふさぎます。

 

毛根がふさがると、『髪が抜けやすく』なります。また、今生えている髪が根本でぎゅっとつぶれたようになるので、髪にコシがなくなります。

 

髪が寝たような状態になり、『地肌が透けて見えやすくなる』のです。

 

 

 

 

どんな育毛シャンプーを、使えばいい?

 

 

 

市販のシャンプーを使うと、シリコン・防腐剤・人工香料・石油系界面活性剤 など添加物のオンパレードです。頭皮に刺激を与えてしまいます。

 

 

市販のシャンプーは普段なにげなく使っていますが、じわじわと頭皮にはダメージがたまっています。

 

 

「育毛シャンプーではなくて、無添加シャンプーでもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、無添加シャンプーだと洗浄力が弱すぎます。

 

 

無添加シャンプーですと頭皮の皮脂が毛穴に残り、炎症を起こしやすくなります。

 

 

育毛シャンプーは、頭皮の皮脂をしっかり落とすためのシャンプーです。最近では育毛シャンプーというより「スカルプシャンプー」という呼び名が一般的です。

 

 

ただの「無添加シャンプー」ではなく、「頭皮に優しいスカルプシャンプー」を使いましょう。

 

 

2.使うなら、この育毛シャンプー

 

 

スカルプシャンプーは、いくつかのメーカーから発売されています。

 

スカルプD
・ウルオス・ウーマシャンプー・プレミアムブラックシャンプー・トニック・デオウ

 

 

いろいろありますが、チャップアップ」というシャンプーが一番頭皮に優しいです。

 

 


チャップアップ

 

 

頭皮の刺激になる成分は4つありますが、そのすべてをクリアできています。

 

 

〜以下の成分は、使っていません〜

 

●石油系界面活性剤

 

●シリコン

 

●人工着色料

 

●パラベン(防腐剤)

 

 

また、頭皮の炎症を"直接"抑える植物成分も入ってます。シャンプーに使う「水」にも、刺激を抑える加工をしています。スカルプシャンプーの中で、一番頭皮にやさしいです。

 

 

もちろん、スカルプシャンプーなので頭皮の皮脂はしっかり落としてくれます。

 

 

もともとチャップアップは、育毛剤で有名なメーカーです。育毛剤の効果を出すためには、荒れた頭皮では難しいことがわかっています。だからこそ「頭皮へのやさしさ」を第一に考えたシャンプーができたのです。

 

 

髪のことを考え続けたメーカーだからこそ、他とはひと味違う「強み」を作り出せたのです。

 

 

スカルプシャンプーのほとんどは、洗浄力をウリにしています。ですが単に汚れを落とせばよい、というものでもありませんので。

 

 

「シャンプーは汚れを洗い流すもの」と考えると「安ければいい」という発想になりますが、「シャンプーは頭皮の炎症を抑えるもの」と考えると、安さというモノサシでは測れません。

 

 

 

 

 

 

3.育毛剤選びのポイント

 

 

 

 

育毛シャンプーで頭皮の炎症をしずめることで、育毛剤は浸透しやすくなります。ただ、肝心の育毛剤が頭皮に優しくなかったら・・すべてが台無しに。

 

 

育毛剤を使って頭皮が荒れてしまうので、いずれ頭皮が固く厚くなり浸透しにくくなります。せっかく育毛シャンプーで炎症を抑えても、意味がないですよね。

 

 

育毛剤も、無添加系で頭皮に優しいものを使いましょう。

 

 

育毛成分には、大きな違いはない

 

 

「いくら頭皮に優しくても、育毛効果が弱かったら・・意味ないんじゃない?」

 

 

たしかに、育毛剤の目的は「元気な髪を育て、抜け毛を防ぐ」ことが一番の目的です。

 

 

ですが実際、たくさんの育毛剤を比較検証しましたが、各メーカーとも成分に大きな差がありません。

 

 

今は育毛剤も競争が激しくなっているので、注目された成分はどのメーカーも、必ず抑えています。

 

 

独自成分があるように見せても、それは「呼び名」を変えているだけで中身が一緒のものがほとんどです。

 

 

〜参考〜

 

育毛剤でもっとも注目されている成分は、発毛効果が期待できる「ミノキシジル」という成分です。ただミノキシジルは副作用のリスクがありました。

 

ところが今は、ミノキシジルに変わって副作用の心配がないM-034という成分が、いろいろなメーカーで採用されています。

 

 

「育毛剤の成分」ばかりに気をとられて、「頭皮にやさしくない」ものが、あまりに多いです。

 

 

いくら発毛成分がしっかりしていても、刺激が強ければ「頭皮が炎症」を起こしますし、いずれ育毛剤が浸透しにくくなりますから・・。

 

 

育毛剤で大事なのは「頭皮に優しい」ものを選ぶこと。

 

 

4.頭皮に優しい「育毛剤」ならどれ?

 

 

育毛シャンプーと同じブランドの、「チャップアップ育毛剤」が一番頭皮にやさしいです。

 

 


チャップアップ

 

 

育毛剤もいろいろ種類があります。「リアップ」や「サクセス、イクオス・ポリピュア」などが有名どころですが。

 

 

これらの育毛剤は、育毛成分に力を入れてますが「頭皮へのやさしさ」という面では弱いです。

 

 

育毛剤もシャンプー同様、頭皮に刺激になる添加物が多々あります。そして厄介なことに、『一般の人ではどれが刺激なのか判断しにくい』というのがあります。

 

 

目安となるのは「無添加」をうたった育毛剤であること。余計な添加物がなければ、頭皮への刺激を抑えることができます。

 

 

チャップアップ育毛剤はもちろん無添加なのですが、他の育毛剤と違うのは「外部機関に頼んでテストしている」ところです。

 

 

チャップアップ育毛剤を使って、『パッチテスト・刺激のテスト・アレルギーテスト』を実施。第三者が「安全性に問題ない」とお墨付きをもらっています。安心して使えます。

 

 

 

 

「無添加」と表記があっても、どの成分を入れたらダメなどの決まりはありません。あくまで、自社メーカーが「無添加」といえばそれまでなのです。

 

 

だからこそ、第三者の「お墨付き」をもらっている「チャップアップ育毛剤」は、信頼できると言えます。

 

 

そこまでこだわっているからこそ、頭皮が炎症を起こす心配なく、使うことができます。ここまで徹底している育毛剤は「チャップアップ」だけです。

 

 

もちろん、頭皮に優しいだけではありません。"定番"の育毛・発毛成分もしっかり抑えています。

 

 

〜チャップアップの「育毛・発毛」成分〜

 

●発毛促進

 

 海藻エキス(M-034) ※ミノキシジルと同等

 


 

●血行促進する
 センブリエキス

 


 

●男性ホルモンを抑える(AGA対策)

 

 オウゴンエキス

 

 

育毛剤に必要な成分として、しっかり抑えるところは抑えています。

 

 

一昔前ですと、「リアップ」の"ミノキシジル"成分が唯一の発毛促進成分として注目されていました。最近では「M-034」という成分に、同等の効果があることがわかり各メーカとも採用しています。

 

 

育毛成分は正直、ある程度のクラスの育毛剤になると大きな違いはありません。(ただし、サクセスなどの数百円程度で買える育毛剤は論外ですが。)

 

 

チャップアップ育毛剤は、育毛成分は他のハイクラスの育毛剤と同等。頭皮へのやさしさにこだわっているので炎症を抑え、効果を出しやすい育毛剤と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

5.シャンプーと育毛剤、おすすめの使い方

 


チャップアップ育毛剤&シャンプー

 

 

育毛シャンプーと育毛剤、両方そろえるなら「チャップアップ」をセット使いをするのが良いです。

 

 

もちろん、メーカーが違うからダメということはありません。ただ、頭皮の炎症を抑えて育毛剤の浸透を促進するなら、このシリーズが一番良いからです。

 

 

チャップアップはセット購入すると安く買えます。シャンプーと育毛剤合わせて、8880円(税込)で1万円を切ります。下手にクリニックなどに行ったら、最低月3万からですからね・・。

 

そもそもクリニックで薬を出してもらっても、男性ホルモンを抑えるものなので精力減退や勃起力が落ちてしまいます(管理人、経験済みです・・)だから怖いですよ。

 

 

もちろんシャンプーも育毛剤も、副作用が起こるようなものではありません。何のリスクも負わずに、安心して使えます。

 

 

返金保証もついていますので、"とりあえず試してみる"ということもできます。

 

 

 

 

▼▼チャップアップシャンプー▼▼

 

 

 

シャンプーは、無色透明です。香りはほのかな柑橘系(かんきつ)。泡立ちがよくて、しっかり洗えます。

 

 

さすが無添加のシャンプーらしく、安いシャンプーにありがちな「こってり、ねっとり」した感覚はありません。髪につけても軽いですし、洗い流しやすいです。

 

 

▼▼チャップアップ育毛剤▼▼

 

 

 

 

育毛剤は、ニオイがまったくありません。だから出かける直前に使っても問題ないです。スプレー式で狙ったところに使えて、使いやすいです。

 

 

 

どんな形であれ、薄毛が気になるならしっかり準備はしておいた方がいいです。薄毛が進んでしまうほど、カバーするのに時間がかかりますし、クリニックにせよ、カツラ・植毛するにせよお金がかかってしまいますから・・。

 

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因