ダメージケアによいシャンプーは?髪が痛む本当の原因を知ろう

ダメージケアによいシャンプーは?髪が痛む本当の原因を知ろう

髪が痛んでパサパサ・・どんなシャンプーを使えばよいのだろう。

 

 

カラーを入れたり、ヘアアイロンで巻紙にしたりストレートにしたり。

 

 

髪には良くないな・・と思っていても、おしゃれのためにやりますよね。

 

 

で、気が付いたら毛先はパサパサ、癖がついて全然まとまらない・・

 

 

こんな状態になってしまいませんか?

 

 

まとまらないから、ヘアアイロンや縮毛をやって、さらに髪が痛むという無限ループ。

 

 

髪のセットで鏡にむかうたび、ウンザリしますよね・・

 

 

市販シャンプーで、ダメージケアというものを試しても私にはサッパリでした。

 

 

「どうやったら、ダメージをなくして元の髪に戻せるんだろう」

 

 

そう思って、髪とシャンプーについて調べまくりました。そこでわかったことがあります。

 

 

「ダメージケアというのを、勘違いしていた」

 

 

きっと私とおんなじように、傷んだ髪について勘違いされている方もいると思うんです。

 

 

「だから、いろいろシャンプーを変えてもダメだったんだ」

 

 

どういうことなのか、くわしくお話ししていきますね。

 

 

ダメージヘアって、どういう状態?

 

そもそも、ダメージを受けているのは、どういう状態なんでしょう?

 

 

「髪のキューティクル」がはがれている状態なんですね。

 

 

キューティクルって言葉、よく耳にすると思います。なんとなくイメージがあるかもしれません。

 

 

キューティクルは、髪の外側にあって水分を守るためにあるもの。

 

 

ちょうど、瓦屋根のようにずらーっと並んでいるんですね。毛先から根元まで。

 

 

ダメージを受けて、その瓦のいくつかがペロンとはがれている状態なんです。

 

 

はがれたところから、水分や髪の中のたんぱく質が抜けて「パサパサ」になる。

 

 

髪の内部がスカスカ空洞になるので、髪自体にコシがなくてうねりやすくなるのです。

 

 

じゃあ、何がダメージの原因になっているのか?というところなんですが・・

 

 

ここに、一つの"勘違い"があったのです。

 

 

ダメージを受ける、本当の原因

 

「いや、アイロンやカラーとかパーマでしょ?」

 

 

たしかに、そうなんです。ヘアアイロンの高熱でキューティクルが溶けますし、カラーなどの薬剤でダメージを受けます。

 

 

だったら、髪に悪いアイロンやカラーを一切やめれば一件落着か?というとそうでもない。

 

 

実は。

 

 

市販シャンプーも、キューティクルを壊す原因の一つなのです。

 

 

正確には、シャンプーに使われる「石油系界面活性剤」とよばれる洗浄成分です。

 

 

石油系界面活性剤は、「たんぱく質変性」を引き起こします。なんか、小難しい言葉が出てきましたね。

 

 

要は、髪の毛の性質が変わってしまうこと。元の働きをキープできずに、キューティクルの破壊なども引き起こします。

 

 

(ちなみに、髪の毛はたんぱく質からできています)

 

 

石油系界面活性剤は、台所用の洗剤にも使われているものなんですね。洗浄力は強力、でも原料が安いというメリットも。

 

 

市販シャンプーのほとんどが、石油系界面活性剤を使っています。原料は安く済むし、「洗った感」が出るからなんですね。

 

 

でも、髪にはとっても悪い。

 

 

ダメージヘアができる市販シャンプーって、いくつかあると思うんです。

 

 

エッセンシャル・ラックス・パンテーンあたりが定番ですよね。頭皮ケアの成分が豊富に入っていますが・・

 

 

〜市販の主要なダメージケアシャンプー〜
●エッセンシャル キューティクルケアシャンプー・・ラウレス硫酸アンモニウム・ラウレス硫酸Na
●ラックス スーパーダメージリペア シャンプー・・ラウレス硫酸Na
●パンテーン エクストラダメージケアシャンプー・・ラウレス硫酸アンモニウム

 

 

石油系界面活性剤は、「ラウリル〜 ラウレス〜」という成分を配合しているのがそうです。

 

 

3つとも、しっかりシャンプーに入っていますね・・

 

 

ダメージ補修成分がどうのこうの・・という以前のレベルです。使ってはダメなレベル。

 

 

もちろん、一般的な市販シャンプーもほとんどがこのたぐいのものですからね。

 

 

間違っても、頭皮のダメージをケアするために、上の3つのシャンプーは使ってはいけませんよ。

 

 

ヘアアイロンやカラー以外に、市販シャンプーがダメージの原因

 

 

ダメージケアに、良いシャンプーはどれ?

 

「石油系界面活性剤が入っていないシャンプー」が、大前提です。

 

 

あとはシリコンあたりも気になるかもしれません。私もシリコンは良くないと思っていたのですが・・

 

 

シリコンは、髪には直接ダメージを与えません。むしろ、髪をコーティングするので、ダメージから守ってくれます。

 

 

ただ、地肌に残ると頭皮が荒れる可能性があります。なので、シリコン入りは避けた方が良いかもしれませんね。

 

 

シリコンの代わりに、髪をコーティングする成分が入っているシャンプーが望ましいです。

 

 

一般的には、植物オイルが入ったものが良いです。髪にツヤを出しつつ、表面をコーティングしてくれます。地肌にもやさしいです。

 

 

●石油系界面活性剤が入っていない
●髪をコーティングする成分が入っている
という2つの条件をクリアしたものが、ダメージヘアには良いです。

 

 

ダメージ補修成分が入ったものは?

 

よく市販のシャンプーで、ダメージを補修するっていうものがありますよね。

 

 

ダメージ補修というものは、あてにしない方がいいですよ。

 

 

キューティクルについて調べてみたところ、一度こわれてしまったキューティクルは再生ができません。

 

 

新しい髪に生え変わるまで、治すことはできないんですね。

 

 

だから、ダメージを治すようにうたっている成分でも、科学的な根拠がないのです。

 

 

キューティクルが壊れた部分から、水分が逃げないようにコーティングしてあげること。

 

 

これくらいしか、私たちにはできることがないのです。

 

 

パサパサを防ぐシャンプー

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因