額の生え際からフケが出てくる

額の生え際からフケが出てくる|清潔にしても出るから困る

 

 

生え際が乾燥してガサガサになったり、フケが出てしまう。

 

 

本来なら、皮脂がたっぷり出る「生え際」。なのに乾燥するし、皮がむけたようになってしまう。これってどういうことなのでしょう。

 

 

皮脂の分泌が盛んであれば、脂漏性皮膚炎という皮膚の疾患になります。ですが乾燥するのであれば、皮脂が原因ではありません。

 

 

 

 

 

どうして、「フケ」「や「皮むけ」のようなものが起こるのでしょうか。くわしく解説したいと思います。

 

 

1.どうして生え際が乾燥したり、フケがでる?

 

 

生え際のカサカサ乾燥やフケは、皮膚が「炎症」を起こしているからです。

 

 

炎症というと、皮膚が赤くなったり湿疹ができたりするイメージかと思います。ですが、皮膚の内側が炎症しているので、見た目には変化は見られません。

 

 

皮膚は角質という細胞が積み重なってできています。皮膚の中にある「角質層」と呼ばれる部分が炎症を起こしているのです。

 

 

角質層が炎症を起こすと、どうなるのでしょうか。皮膚が炎症を外に逃がそうとします。新しい皮膚を下から押し上げて、早く皮膚を出そうとするのです。

 

 

本来まだ外に出るべきではない「角質」が押し上げられて出てきます。早く出そうとした時の、角質の固まりが「フケ」です。

 

 

人によっては皮がむけたようになったり、皮膚がポロポロ魚のウロコのように取れることもあります。

 

 

もともと乾燥肌ですと、「肌のバリア機能」が弱くちょっとした刺激で炎症を起こします。

 

 

だから生え際が乾燥するだけでなく、フケや皮むけが頻繁に起こってしまうのです。

 

 

2.どうして、生え際にばかりできる?

 

 

カサカサしたり、フケがでるのは、どうして生え際に集中してしまうのでしょうか?

 

 

もともと生え際のあたりは、汗がたまりやすい場所でもあります。また、シャンプーの洗い残し、髪をかき上げるときの摩擦が出やすい場所でもあるのです。

 

 

頭皮の他の部分よりも、刺激を受けやすい場所だからこそ、炎症を起こしやすいと言えます。

 

 

3.乾燥やフケを防ぐには

 

 

炎症を起こしているので、「余計な刺激を与えないこと」が一番重要です。以下、4つのケアをご紹介します。

 

 

洗い方に気を付ける

 

皮膚は、わたしたちが思っている以上にデリケートなものです。特に皮膚は摩擦に弱いので、シャンプー時にゴシゴシこすらないことが大事です。

 

 

洗い流すときに、シャンプーの泡が残らないように入念にすすぐことも大事です。意外と見落としがちなことなので、注意しましょう。

 

 

塗り薬を塗る

 

強いかゆみや湿疹が起きているのならば、皮膚科でステロイド入りの軟膏を商法してもらう事で、症状は抑えられます。

 

 

ですが、フケや乾燥といった「皮膚の内側の炎症」の場合、塗り薬で症状を落ち着けることはできません。

 

 

刺激の少ないシャンプーに変える

 

頭皮が乾燥しやすい方は、普段使っているシャンプーを見直すことも大事です。

 

 

多くの場合、「洗浄力が強すぎるシャンプーを使っている」ため、頭皮の皮脂が取れすぎます。皮脂は頭皮の水分が逃げないように「フタ」をする働きがあります。

 

 

シャンプーをして皮脂不足になり、化粧水やローションで水分を補っても保湿がうまくいかず、乾燥してしまうのです。

 

 

市販の安いシャンプーのほとんどは、「石油系界面活性剤」という安い洗浄成分を使っています。石油系のものは、台所洗剤と同等の洗浄力を持つので良くありません。

 

 

仮にアミノ酸シャンプーを使っていても、石油系のものを混ぜている可能性もあります。純粋にアミノ酸を混ぜているかどうか、事前にしっかり成分表記をみてたしかめる必要があります。

 

 

純粋なアミノ酸シャンプーであれば、洗浄力はやさしいので皮脂を守って洗えます。洗浄力が弱いイメージがあるかもしれませんが、乾燥肌の人には弱いくらいがちょうど良いです。問題なく皮脂汚れも落とすことができます。

 

 

 

 

生え際の抜け毛が気になる人は、育毛剤を使うのも一つ

 

 

頭皮が乾燥したりフケがでるだけでなく、「抜け毛」も気になっている方もいるかと思います。

 

 

頭皮の炎症が進むと、毛根にまで炎症が広がり「抜け毛」に繋がってしまうからです。

 

 

通常、毛髪は「ヘアサイクル」によって一定の周期で成長と後退を繰り返しています。ヘアサイクルに逆らって「抜け毛」がでると、簡単に毛は生えてこなくなります。

 

 

将来的な薄毛予防のためにも、生え際の抜け毛が気になるなら「育毛剤」を使ってケアすることをオススメします。

 

 

炎症による脱毛は、いずれ生えてきますが、少しでも早く生えてくるためには、育毛剤に働きかけてもらうのが良いです。

 

 

-PR-

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-0478920952721131"
data-ad-slot="7040274569">


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因