ミルボンシャンプーの良いところ・悪いところ|口コミでは見えない隠れた問題とは?

ミルボンの良いところ・悪いところ|口コミでは見えない隠れた問題とは?

 

 

ミルボンシャンプーってどうなの?すごく良さそうなシャンプーで、使ってみたいけど・・

 

 

美容室で髪の悩みを相談すると、高い確率で勧められるのが「ミルボン」ですよね。私も過去に2回勧められたことがあります。

 

 

即決して買わなかったけど、やっぱいいものなのかな?と気になっていませんか。

 

 

「ネットで調べても、いいことばかり書いていているから、実際どうなのか知りたい」という"裏側"も知りたくなるのは人間心理なのかもしれません。

 

 

どのサイトを見ても、商品説明をそのまま書いたものばかりで、一歩踏み込んだ情報になかなか巡り会えていないのではないでしょうか。

 

 

ちょっと裏側から、ミルボンシャンプーについてバッサリ斬ってみようと思います。

 

 

1.ミルボンシャンプーを買うのはアリ?

 

 

まず、結論から先に書いてしまうと

 

 

美容師さんが勧めるという理由だけで、買うのは少し待った方が良いかもしれません。

 

 

というところです。

 

 

「どうして?美容師さんが勧めるんだから、間違いないものでしょ?」と思うかもしれません。もちろん、美容師さんなりに一生懸命調べて分析して、本当に良いと思っているケースもあると思うのですが・・

 

 

私たち消費者が見てもわかるくらい「気になる点」があるのです。

 

 

2.ミルボンは「洗浄成分が強い」のが気になる

 

 

ミルボンシャンプーは評判も悪くないですし、香りが良いのでリピーターが多いブランドでもあります。

 

 

しかも他の高すぎるサロンシャンプーに比べて、比較的お手頃な値段なので、サロンシャンプーの入門として購入される方もたくさんいます。

 

 

良いところがたくさんあるミルボンなのですが、ただ一つ『どうしても気になる』ところがあるのです・・。

 

 

ミルボンは、どのラインアップも「石油系界面活性剤」を使っています。

 

 

ミルボンシャンプーは5種類あります。香りや髪の状態別に、きめ細かいラインアップを用意しているのですが・・。5種類すべて、石油系界面活性剤が入っているのです。

 

 

石油系界面活性剤とは、シャンプーの洗浄成分の一つです。原料代が安いので、市販の安価なシャンプーの、およそ9割に使われている成分でもあります。

 

 

洗浄力も良くてしっかり洗えるのですが、「刺激が強い」という欠点も持っています。石油系界面活性剤はもともと、台所用の洗剤にも使われているほど、刺激があります

 

 

皮膚への浸透力が強いため、皮膚の肌バリア(角質層)にダメージをじわじわ与えます。浸透するので洗い流しても、わずかな量が頭皮に貯まっていくものなのです。

 

 

使っていきなりピリピリするような刺激であれば、誰でも使うのを止めると思います。ところが、じわじわダメージを積み上げるものなので、なかなか実感しにくいというのも事実なのです。

 

 

「年を重ねてから、頭皮が荒れやすくなる」というのは、石油系界面活性剤によるダメージが蓄積したからだと言えます。

 

 

●「石油系界面活性剤」は、頭皮への刺激が強い成分です。

 

●頭皮がデリケートな人は、使わないほうが安全です。

 

●頭皮が健康な人でも、将来のことを考えると危険(ダメージが蓄積するので)

 

 

髪がダメージを受けていたりパサパサしている。湿疹やかゆみなどの症状がすでにあるのなら、使用は避けた方がよいかもしれません。

 

 

ミルボンはいいシャンプーなのに、石油系界面活性剤を使っているという1点だけがとても残念なのです・・。

 

 

頭皮には決してやさしくないのに、どうして美容師さんがミルボンを勧めるのでしょうか?

 

 

3.美容室が「あえて」ミルボン」を売るのはどうして?

 

 

美容室でシャンプーを勧めるのは、買ってもらうとお店の利益になるからです。

 

 

美容室の売上げというと、カット・カラー・パーマなどが主力だと思いがちですが、シャンプーやコンディショナーなどの「ヘアケア製品」もお店の立派な売上げの一つなのです。

 

 

シャンプーそのものを扱うかどうかはお店の判断になりますが、特定のメーカーから仕入れて売る美容室は多いです。

 

 

サロンシャンプーはたくさんあるのに、どうして「ミルボン」を選んで、勧めているのでしょうか?

 

 

その美容室の考えにもより、一概に「コレ」といえない部分ではありますが、考えられることは・・

 

 

●ミルボンは、商品を卸す代理店の数が多いので、取扱いやすい。

 

●ミルボンを売る方が、他のシャンプーを売るより1本あたりの利益が高い。

 

といったことが考えられます。

 

ミルボンはサロンシャンプーでも1,2を争うほどの大手です。販売する代理店の数も多いですので、どこの美容室でも仕入れやすいというメリットがあります。

 

 

また売れる数も半端ではないので、大量生産で安く製造できて、その分美容室の儲けが増えるように、メーカーが安く卸すこともできるのです。

 

 

お客さんのためというより、"ミルボンを扱うメリットがあるから勧める"というケースも多いといえます。美容師さんが勧めるものだから、本当にいいものだと安易に決めつけない方がよいかもしれません。

 

 

4.ミルボン以外のシャンプー、というのも一つ

 

ミルボンシャンプーは決して粗悪品ではありませんが、石油系界面活性剤を使う1点だけが気になるところです。

 

 

頭皮がある程度丈夫で、香りや使い心地がよいシャンプーを使ってみたいのであれば「ミルボン」という選択肢もアリだと思います。

 

 

ただ「地肌と髪の将来的を考えて、少しでも頭皮に優しいものを」とお考えなら、ミルボン以外を選択肢に入れてみるのも一つです。

 

 

サロンシャンプーにこだわらないのであれば、通販でも良いシャンプーはあります。

 

 

市販シャンプーはミルボンと同じ、石油系界面活性剤を使っているものがほとんどですので、あまりオススメはできません。

 

 

石油系界面活性剤を使っていない、通販シャンプーというのも一つです。店頭に並ばずメーカーの直販で販売しているシャンプーで、広告宣伝費をかけずにシャンプーの中身にこだわって作っているものがあります。

 

 

知名度こそ市販シャンプー、サロンシャンプーに劣るものの「隠れたよいシャンプー」は探せばあるものです。

 

 

通販シャンプーでおすすめしたいのは「ハーブガーデン」という名前のアミノ酸シャンプーです。

 

 


ハーブガーデンシャンプー

 

 

「頭皮と髪にとことんやさしく」をコンセプトにした、ノンシリコンのアミノ酸シャンプーです。石油系界面活性剤を一切使わずに、アミノ酸を洗浄成分にしているものです。

 

 

アミノ酸は頭皮に刺激を与えないため、やさしく洗い上げることができます。市販でもアミノ酸シャンプーはありますが、アミノ酸を純粋に配合したものはほとんどないので注意が必要です。

 

 

アミノ酸は比較的値段が高いので、市販シャンプーでは「薄めて使う」ことをしないと利益が出ないという事情があります。

 

 

ノンシリコンで無添加ですので、頭皮に余計な刺激を与えずに洗うことができます。無添加系のシャンプーですと"使い心地の悪さ"がつきものですが、ハーブガーデンは「植物エキス」で髪のきしみ・ぱさつきを防いでくれます。

 

 

ノンシリコン・無添加なのに使い心地がよいシャンプーは、珍しいかもしれません。

 

 

気になるのは「香り」です。ハーブの香りがほのかにしますが、洗い流すとほとんど香りが残りません。シャンプーの香りを重視する方には、物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

あとはシャンプーがワンプッシュで出る量が少ないので、なんどもプッシュする必要があります。シャンプーの問題と言うより容器の問題かもしれませんが・・。

 

 

〜ハーブガーデンシャンプーの特徴〜

 

・アミノ酸シャンプー。

 

・石油系界面活性剤・防腐剤・合成着色料・合成香料・シリコン 一切不使用

 

・美容液成分入り(ユズセラミド・ヒアルロン酸)で、髪のぱさつきを防ぐ

 

・天然の植物オイルで、髪にツヤがでる。キシキシしない。

 

・植物エキスで、髪と地肌にうるおい

 

 

▼▼ハーブガーデンの実際の使用感 ※再生すると音が出ます▼▼

 

 

価格:

 

・シャンプーのみで2000円。

 

・シャンプー+コンディショナーで4000円。

 

※約2か月分

 

※"使った後も、メール1本で返品OK"です。

 

 

 

 

 

 

「ハーブガーデンのコンディショナー」もセットで使うべき? >>

 

 

2つのシャンプーの比較表

ハーブガーデン

ミルボン

画像

洗浄成分


アミノ酸のみ

×
石油系

添加物


無添加・ノンシリコン

×
香料・BG・パラベン(防腐剤)など

使い心地


髪がツルツル


可もなく不可も無く

香り


ほのかなハーブの香り


全般的に良い

その他

パサパサ髪・ダメージの改善

ラインアップが充実

価格
※シャンプーのみ

2000円
※400ml

3456円
※500ml

コンディショナーとセット

4000円

8640円

使った後の返品

OK

NG

メーカーのページ

 

 

 

実際にハーブガーデンシャンプーを使ってみて

 

 

ハーブガーデンシャンプーを、管理人が実際に使ってみました。

 

 

 

 

今まではパンテーンだったりラックスだったり、きれいな髪に仕上がりそうなものを愛用していました。

 

 

ノンシリコン+無添加ということで、なんとなく使用感が悪そうなイメージ。石鹸シャンプーのように、ある程度使い心地の悪さはガマンする必要があるのかな・・と思っていました。

 

 

ですが。

 

 

市販の普通のシャンプーよりも、むしろ使い心地が良いです。シャンプーと髪のからまり具合がツルツルっとなり、スムーズすぎるほど指通りが良いです。

 

 

泡立ち自体は普通でしたが、洗うときに髪が一切引っかかることがないので、ストレスフリーです。

 

 

洗い流すときにも、泡切れがよくてささっと洗い流せます。今までのは「ねっとり、こってり」だったので、このスムーズさも驚きました。

 

 

シャンプー自体は、ほどよいとろみがあります。サラサラでもなく、こってりもしていません。

 

 

 

 

シャンプー後に髪をかきあげても、髪がツルツル。変な"ぬめり"があるワケでもなく、自然なつるつる感とでも言いましょうか。

 

 

髪はしっとりまとまっているけど、髪がさらさらで見るからに軽そうに仕上がります。普通、しっとりしたらぺたっとなりがちなのですが。ボリュームがでやすいけど、軽い。

 

 

使い続けていくと、どんどん髪の質感がよくなっていきます。目に見える形でわかってきます。シャンプー一つで、違うモノなんだなという発見がありました。

 

 

少し気になったのが、香りが弱いというところ。ハーブの香りなのですが、洗っている時にほんの少しするくらい。洗い流すと無香になるので、シャンプーで心地よい気持ちにはなれず、物足りなさはあります。

 

 

 

 

ただ、洗い心地も洗い上がりも満足できるものでした。行きつけの美容師さんに「髪、きれいですね」と褒められるようになったのは、このシャンプーのおかげかなと思っています。

 

 

 

 

「ハーブガーデンのコンディショナー」も一緒に使った方がいい? >>

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因