スカルプシャンプーで本当に抜け毛は防げる?よくある勘違いに気を付けて!

スカルプシャンプーで本当に抜け毛は防げる?よくある勘違いに気を付けて!

抜け毛に効くと言われているスカルプシャンプー。本当はどうなの?

 

 

シャンプーするたび、髪が薄くなる恐怖を抱えていませんか?

 

 

このままだと、将来が不安。だからこそ、育毛系のシャンプーを使いたい。

 

 

スカルプシャンプーが定番のようだけど、本当に効くのだろうか?

 

 

シャンプーがそもそも、育毛効果があるのかどうか疑わしいですよね。

 

 

結構いい値段がするものも多いですし、失敗したくないもの。

 

 

スカルプシャンプーが気になるけど、買うのはためらっている・・という方へ。

 

 

気になる疑問に、お答えしていきたいと思います。

 

 

実際、どんな効果を感じる?

 

スカルプシャンプーを使って「効いた」人の口コミを知りたい。

 

 

たしかにお気持ちはわかります。実際に効果があった人の声があると、安心しますよね。

 

 

ですが。

 

 

育毛系の口コミほど、あてになりません。

 

 

なぜかというと、頭皮状態や薄毛のレベルは10人いれば10通りあります。

 

 

単に傷が治ったとか、そういうものではないのです。

 

 

スカルプDなんかの評判を見ても明らかですよね。効いている人と、全然ダメという人に二分されます。

 

 

口コミを寄せた人は、せいぜい年代しかわからないですよね?

 

 

だから、あなたに合うかどうかなんてわからないのです。

 

 

ただ、抜け毛が減る可能性はあるのはたしか。その一方で、効かない可能性もあります。

 

 

大事なのは、口コミ情報を探し回るよりも「自分に合うかどうか」ということ。

 

 

口コミ評価って、どこまで信用していいの?

 

スカルプD、ウーマシャンプー・・有名どころのシャンプーの口コミをチェックしているかと思います。

 

 

「効く」という評判ばっかりなら、迷わず購入できますけど。賛否両論あって、不安になっていませんか?

 

 

口コミ評価は、基本的にあてにしない方がいいです。

 

 

もちろん、万人に合うシャンプーなんてないことぐらい、わかっていると思います。

 

 

シャンプーが効くかどうかは、その人の「頭皮状態」に大きく左右されます。

 

 

頭皮が脂っぽい人、乾燥気味の人によって「合う合わない」が大きく左右されるのです。

 

 

基本的にネットの口コミでは、ここまで細かい背景がわかりません。

 

 

あとは「その人の主観」が色濃く出てしまうのもあります。

 

 

抜け毛がちょっと増えてきただけの人、地肌がスカスカの人。同じ「効いた」という言葉でもニュアンスが違います。

 

 

口コミ評価をくまなく調べて、一喜一憂するのは辞めましょう。

 

 

まずはご自身の頭皮状態が「脂っぽくて抜け毛」があるのか、「乾燥して荒れて抜け毛」になっているのか。

 

 

そこからはじめましょう。

 

 

スカルプシャンプー=洗浄力が強い ではない

 

スカルプシャンプー選びについて、もう一つ勘違いされている方も多いところ。

 

 

皮脂汚れを落とすことが目的ですが、イコール洗浄力が強いワケではないです。

 

 

「スカルプシャンプーは、知名度があるからスカルプDだ」と判断するのはキケンです。

 

 

先程も言いましたよね。

 

 

頭皮状態によって、使うべきスカルプシャンプーは違います。どんな頭皮状態の人にもマッチする、スカルプシャンプーはありません。

 

 

スカルプという洗浄成分があるわけではないのです。

 

 

スカルプシャンプーは、洗浄成分によって

 

○洗浄力がややマイルドな「アミノ酸系」。

 

○しっかり皮脂汚れを落とす「ブレンド系・オレフィン系・石油系」

 

に分かれます。

 

 

「アミノ酸系」ですと、頭皮が「乾燥」もしくは「乾燥したり、べたべたしたり」する人向け。

 

 

「ブレンド系・オレフィン系・石油系」ですと、頭皮が常にギトギトの人向け。

 

 

意外に多いのが、「普段は乾燥しているけれど、突然皮脂が大量に出る」混合肌系なんですね。

 

 

もともとは乾燥が原因になっているので、洗浄力が強いシャンプーを使うと逆効果になります。

 

 

皮脂はとりすぎると、過剰に分泌される特性をもっていますから。

 

 

頭皮タイプに合ったものを使わないと、良くならない

 

頭皮が乾燥する人は、洗浄力をやさしくして「皮脂を取りすぎない」。

 

 

頭皮が常に脂っぽい人は、洗浄力を強くして「皮脂をしっかり取り除く」。

 

 

頭皮状態にあったケアをしてはじめて、「適度に頭皮に皮脂が残る」状態になります。

 

 

○皮脂が残りすぎる⇒皮脂は油なので、酸化して「毛根が炎症」を起こす

 

○皮脂を取りすぎる⇒過剰に皮脂が出されるので、皮脂が酸化して「毛根が炎症」

 

いずれにしても、頭皮に合わないシャンプーを使うと「毛根が炎症」を起こします。

 

その結果、「抜け毛」に繋がってしまうのです。

 

 

ちゃんと自分の頭皮状態にマッチしたケアをすれば、抜け毛を防ぐことはできます。

 

 

自分の頭皮状態に合うシャンプーを使うこと

 

スカルプシャンプーは、どれも大して変わらないと思っていませんか?

 

 

商品説明をただ見るだけではわかりにくいんですけど、頭皮状態で分かれるんですよ。

 

 

○頭皮が脂っぽい人。常にギトギトしている人。

 

○頭皮が乾燥することもあれば、脂っぽくなることもある人。

 

 

あなたは、どっちのタイプでしょうか?

 

 

「常に脂っぽい」のであれば、皮脂汚れによる「毛穴の炎症が」抜け毛の原因dえす。

 

 

皮脂汚れをしっかり落とせる「スカルプD」を使うのが良いでしょう。

 

 

そうではなく、頭皮がカサカサになることもあれば、脂っぽくなることもある場合。

 

 

「頭皮が乾燥して荒れている」状態なので、スカルプシャンプーの中でも「無添加」のものを使うと良いです。

 

 

参考:抜け毛を防ぐ無添加シャンプー

 

 

スカルプシャンプーには、必ず「力を入れているポイント」というのがあります。

 

 

○洗浄力に力を入れている

 

○頭皮へのやさしさを重視

 

○髪のハリコシを復活させる

 

○単に、爽快感を与えるだけのもの

 

 

単に皮脂がでるから、強い洗浄力のものを使えば良いというものではないんですね。

 

 

もちろん、上記の1つだけではなくて複数に該当するスカルプシャンプーもあります。

 

 

ただ、間違いなく言えるのは市販の安いシャンプーでは意味がないということ。

 

 

洗浄力に力を入れているものもありますが、安い石油系の洗浄成分を入れているだけ。

 

 

頭皮の肌バリアに侵入して、乾燥しやすい肌の元になってしまいます。

 

 

使い心地なんて関係ありません。実際に、抜け毛の原因をしっかりカバーできているかどうか。

 

 

スカルプシャンプーの中でも、

 

○洗浄力に力を入れている

 

○頭皮へのやさしさを重視

 

 

これらの2つのいずれかでなければ、思ったような効果が期待できません。

 

 

髪にハリコシを与えるのは、育毛剤の役割だからです。

 

 

シャンプーはあくまで、頭皮環境を整えることです。髪が抜けにくくなる要因を取り除くこと。

 

 

シャンプーで「毛が生える」「ボリュームアップ」することはありませんので。過剰な期待は禁物。

 

 

シャンプーでしっかり地肌を整えてあげると、抜け毛防止だけでなく、育毛剤が浸透しやすい状態にもなります。

 

 

逆にいうと、育毛剤だけに力を入れても、思うような効果が期待できないのです。

 

 

まずは、ご自身の頭皮が脂っぽいだけなのか、乾燥と脂性が混じったものなのか。

 

 

その上で、タイプに合ったスカルプシャンプーを使ってケアをすることが解決への近道です。


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因