抜け毛を防ぐシャンプーはどれがいい?本当に抑えられるもの?

抜け毛を防ぐシャンプーはどれがいい?本当に抑えられるもの?

 

・頭皮を触ると、ガサガサしている。

 

・フケ、かゆみや皮むけ、もしくは湿疹がある。

 

 

頭皮が乾燥していても、脂性でも頭皮は「炎症」します。炎症がおきた頭皮は、毛根の成長をさまたげて「抜け毛」になります。

 

 

抜け毛を防ぐには、シャンプー選びがとても大事です。

 

 

「シャンプーで、本当に抜け毛は抑えられるの?」と半信半疑かもしれません。

 

 

自分の頭皮に合ったシャンプーを使えば、抜け毛を防ぐのは難しいことではありません。

 

 

どういったシャンプーを選べば良いか、お話ししていきます。

 

 

 

 

 

 

1.シャンプーで本当に、抜け毛は抑えられる?

 

 

シャンプー自体に、「抜け毛を防ぐ成分」は、入っていません。

 

 

抜け毛というのは「死んでしまった毛」です。どんな成分を与えても、復活することはありません。

 

 

シャンプーの目的は、「髪が抜けにくい頭皮を作る」こと。

 

 

炎症がこれ以上広がって抜ける前に、できるだけ頭皮を落ち着けて抜け毛を「予防」するためのものです。

 

 

シャンプーを使っても、抜け毛がすぐピタッと止まるわけではありません。使い続けて、抜け毛の本数を徐々に減らすのが目的です。

 

 

どんなシャンプーがあるの?

 

 

「育毛シャンプー、スカルプシャンプー」などを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

 

これらのシャンプーは、抜け毛を止める成分が入っているわけではありません。頭皮の皮脂汚れをしっかり落として、毛穴の皮脂詰まりで脱毛するのを防ぐのが目的です。

 

 

たしかに汚れ落ちも大事なのですが、皮脂汚れが残るほど洗浄力が弱いシャンプーは、実はあまりありません。

 

 

洗浄力を無理に強くしなくても、皮脂汚れが毛穴を詰まらせる心配はないと言えます。

 

 

抜け毛は、「頭皮が荒れている」から起こっている可能性が高いのです。抜け毛を防ぐには「頭皮への刺激をおさえた」シャンプー選びをすると良いのです。

 

 

シャンプーの多くは「洗浄力重視」で、頭皮に負担になる洗浄成分が入っていたり、余計な添加物が入っているものが多いです。

 

 

知らない間にシャンプーで、頭皮が荒れるきっかけを作っているかもしれないのです。「頭皮に優しい」シャンプー選びをすることが、抜け毛を防ぐのに効果が高いと言えるでしょう。

 

 

具体的に、どういうシャンプーを選べば良いのでしょうか。

 

 

シャンプー選びのポイント

 

 

 

選ぶポイント@:低刺激のもの

 

 

シャンプーはたくさんの刺激物が入っています。洗浄成分もそうですし、防腐剤や香料、着色料・・

 

 

数え上げるとキリがありません。ですので『最低限抑えたいもの』があります。

 

 

「石油系界面活性剤」が、"一切入っていないシャンプー"を使うこと

 

 

石油系界面活性剤とは、洗浄成分のことです。市販シャンプーの多くに使われていますが、皮膚に蓄積して「肌バリア」を破壊する恐れがあります。

 

 

もともとは、台所用洗剤にも使われるほどのものです。強い刺激というより、肌に浸透してジワジワとダメージが積み重なります。

 

 

 

選ぶポイントA:頭皮状態に、合ったもの

 

 

頭皮が乾燥肌か、脂症肌かによって使うべきシャンプーは異なります。

 

 

たとえば頭皮の皮脂が少ないのに、洗浄力が強いものを使うと皮脂がなくなり乾燥します。

 

 

反対に、頭皮が脂っぽいのに、洗浄力がやさしいと脂汚れが残ります。

 

 

2.抜け毛を防ぐ、おすすめのシャンプー3選

 

石油系界面活性剤が一切入っていないものを、男女別に3つ紹介します。

 

 

女性向け・乾燥肌向け

 

 


ハーブガーデン ※通販限定

 

 

「頭皮へのやさしさにこだわったアミノ酸シャンプー」が、ハーブガーデンです。

 

 

アミノ酸シャンプーは市販でもいくつかありますが、アミノ酸をうすめて商品化しているものも多いので、しっかり確認しましょう。

 

 

アミノ酸はもともと原料代が高いので、純粋なアミノ酸を配合するのはお金がかかるからです。

 

 

ハーブガーデンシャンプーは、アミノ酸のみを純粋に使ってシャンプーにしています。アミノ酸は洗浄力がやさしいので、頭皮の皮脂を残して洗えるという特徴があります。

 

 

頭皮の皮脂が残るので、髪の水分が逃げずに、頭皮のうるおいを保つことができます。

 

 

また、石油系界面活性剤を一切使っていないので、頭皮に余計な刺激をあたえずに洗えます。その結果、荒れた頭皮を落ち着けることができます。

 

 

女性向けのシャンプーですが、頭皮が乾燥しやすい男性にも合ったシャンプーです。

 

 

 

〜その他の特徴〜

 

●ハーブの力で、頭皮の炎症をしずめる

 

●無添加、オーガニック(植物由来)。

 

●ヒアルロン酸・セラミドといった美容液成分で保湿。

 

●植物オイルが、シリコンの代わりに髪をコーティング。

 

●低刺激シャンプーにありがちな、パサパサ・キシキシはゼロ。

 

 

 

 

 

価格:

 

シャンプーのみ:2000円。

 

シャンプー+コンディショナー:4000円。

 

※「使った後でも」返品できます。

 

 

 

 

 

 

 

男性向け・脂症肌向け

 

 


チャップアップ ※通販限定

 

 

「頭皮の皮脂をしっかり落としながら、頭皮環境を整える」シャンプーです。

 

 

スカルプシャンプーなのですが、市販のスカルプ系シャンプーだと、洗浄力が強すぎるものがほとんどです。

 

 

市販のは石油系界面活性剤を混ぜたものが多いのですが、「チャップアップ」シャンプーはほどよい洗浄力です。

 

 

「頭皮へのやさしさ」を優先させて作られており、石油系界面活性剤はもちろん一滴も使っていません。

 

 

荒れた頭皮を落ち着けて、頭皮環境を整えるエキスも充実しています。抜け毛予防として中身は充実しているのではないでしょうか。

 

 

〜その他の特徴〜

 

●アミノ酸をブレンドし、頭皮に優しいけれどしっかり皮脂を落とせる。

 

 

炎症を抑える、植物エキスを配合。

 

 

●保湿成分が充実で、頭皮の過剰な皮脂を抑える。

 

 

●抗酸化成分で、皮脂が酸化して毛根にダメージを与えるのを防ぐ。

 

 

●ノンシリコンなので、皮脂詰まりによる脱毛を防げる。

 

 

髪にハリ・コシ・ボリュームアップする成分を配合。

 

 

 

価格:

 

シャンプーのみ:4180円(男性なら2ヶ月〜2ヶ月半はもちます)。

 

※定期購入すると、シャンプー:3280円。

 

シャンプー+コンディショナー:5980円。

 

 

 

 

 

男性・女性どちらも使える

 

 


haru黒髪スカルプ・プロ
※通販限定

 

 

もともとは「加齢による頭皮の衰えを、カバーする」ために作られたシャンプーです。

 

 

年齢とともに肌の抵抗力がなくなり、髪のハリやコシが失われていきます。そうした加齢対策として人気のものです。

 

 

アミノ酸をベースにしており、石油系界面活性剤は一切入っていません。頭皮を炎症から守れます。

 

 

どちらかというと女性向けですが、男性でも満足できる「しっかりした洗い心地」です。洗浄力が強すぎず、弱すぎずという絶妙のバランスを保っています。

 

 

〜その他の特徴〜

 

●髪を元気にする「キャピシル」を配合。育毛剤で主に配合される成分。

 

●髪にハリ・コシ・ボリュームアップする成分を配合。

 

●白髪予防。

 

●ノンシリコンなので、皮脂詰まりによる脱毛を防げる。

 

●無添加で、余計な成分を徹底的に「ゼロ」に。

 

●泡が強くて、しっかり洗える。

 

 

 

 

 

価格:

 

シャンプーのみ:3600円。

 

※コンディショナーいらずの、オールインワン。

 

※「使った後でも」返品できます。

 

 

 

 

 

 

3.シャンプーについての疑問

 

シャンプーするときの、注意点は?

 

 

「抜け毛が大量にでないように、やさしく洗う」のは、間違いです。

 

 

余計な刺激をあたえないことは大事です。具体的には

 

 

地肌もしっかり洗わないと、皮脂汚れが残り毛穴に残ります。毛穴に残った皮脂が酸化して、また頭皮が荒れます。

 

 

洗うと抜け落ちてしまうのは、「いずれ抜けてしまう毛」なのです。

 

 

やさしくしたからといって、抜けなくなることはありません。

 

 

たとえて言うなら、歯茎がぐらぐらしている歯と同じようなものです。いったんグラグラすると、もう抜いてしまうしかないのと一緒です。

 

 

むしろ、抜けてしまう毛はしっかり洗い流して、頭皮を清潔に保つ方が大事です。

 

 

シャンプーと育毛剤の違い

 

育毛シャンプーと育毛シャンプーは、どう違うのでしょうか。

 

 

シャンプーはあくまで、頭皮環境を整えるためのものです。頭皮環境が整うことで、髪が抜けにくい強い地肌を作ることを目的にしています。

 

 

シャンプーでは「抜け毛を予防」することを目的にしたものなのです。髪が生えることまでは、期待しない方がよいでしょう。

 

 

育毛剤の場合は、髪を育てることを目的にしています。再び元気な髪が生えるように、毛母細胞に働きかけるのが育毛剤の役割です。

 

 

▲▲もう一度、おすすめシャンプーを見る

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因