ノンシリコンシャンプーで抜け毛が増えた!?2つの隠れたワナがある

ノンシリコンシャンプーで抜け毛が増えた!?2つの隠れたワナがある

頭皮にやさしいシャンプーと思ってノンシリコンにしたのに、逆に髪が抜けてしまう・・

 

 

シリコンは頭皮に良くない。最近はノンシリコンシャンプーが人気を集めています。

 

「シリコンは毛穴につまるから、抜け毛の元になる」

 

「なんとなく、頭皮にやさしいものを使いたい」

 

そう考えて使い始めた方も多いはず。

 

ところが・・

 

 

市販のもので、ノンシリコンシャンプーを使うと「抜け毛」がごっそり。

 

 

シャンプーが合わないのかな?と思いつつ、ノンシリコンシャンプーに疑問を持ちますよね。

 

 

「りんれんやいち髪・TSUBAKI・スカラボ・レヴール・・」市販のノンシリコンシャンプーのどれを使ってきましたか?

 

 

実は私も、ノンシリコンシャンプーを使って、抜け毛が急に増えてあせった経験があります。

 

 

「一体何が、いけなかったんだろう・・?」

 

 

ノンシリコンシャンプーについて、詳しく調べてみることにしました。すると、色々と見えてきたことがあります。

 

 

どうして、ノンシリコンでも抜ける?

 

ノンシリコンシャンプーで抜け毛が増えるのは、2つの理由があります。

 

 

髪の摩擦が強くなり痛む

 

 

シリコン=悪者 というイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

 

 

シリコンは髪の指通りを良くして、髪同士の摩擦を避けるために用いられるものです。

 

 

ノンシリコンを使うと、髪自体が「むきだし」の状態になります。

 

 

髪自体は本来コーティングされていませんから、髪と髪がこすれると摩擦が起きてしまいます。

 

 

髪に摩擦が起こると、髪表面にある「キューティクル」が損傷してしまうのです。

 

 

キューティクルは、髪の水分やタンパク質を守るために、毛先から根本までビッシリついています。

 

 

摩擦がある状態で髪をゴシゴシ洗ったり、ドライヤーで髪を乾かすときにかきあげたり。

 

 

髪のケアをしているときに、キューティクルの一部が壊れて髪自体が痛みます。

 

 

髪の中が空洞になり、ちょっとした刺激でも抜けやすくなるのです。

 

 

シリコンは、人工的な油分なので、できれば使わない方が良いです。

 

 

ですが、単にシリコンをなくすだけではダメ。「代わりの成分」がなければ、髪にダメージを与えてしまうのです。

 

 

シリコン以外の成分が、地肌に刺激を与えている

 

ノンシリコンシャンプーと聞くと、いかにも頭皮に良さそうな感じがします。

 

 

ですが実際は、シリコン以外に「頭皮に刺激になる成分」が含まれていることがあります。

 

 

特に、市販の「ノンシリコンシャンプー」には、要注意です。

 

 

石油系界面活性剤・香料・防腐剤・着色料・鉱物油・・シリコン以外にも、これだけの刺激成分があるのです。

 

 

仮にシリコンが入っていなくても、その他の成分が入っていることは普通にあります。

 

 

特に、石油系界面活性剤は肌のバリア機能を破壊するので厄介です。

 

 

それ以外の成分も、人工的な成分なので地肌に刺激を与えてしまい、頭皮が「荒れて」しまいます。

 

 

荒れた頭皮が進行すると、地肌からの抜け毛を促進してしまいます・・

 

 

特に、シャンプーを使って抜け毛が増える場合は、頭皮が弱くなっている可能性もありますので注意を。

 

 

「ノンシリコンシャンプー」と書いていれば、とりあえずOK。というものでもないのです。

 

 

〜参考:シリコンにある勘違い〜

 

「シリコンは毛穴を詰まらせる」という話を、良く聞きます。

 

ですが実際は、毛穴が詰まることはありません。ただシリコンは、髪だけでなく地肌にも「油の膜」を作ります。

 

頭皮に刺激になる成分が肌に触れた状態で、油の膜を貼ってしまうと荒れてしまいます。

 

シリコンは間接的に害になりますが、シリコンを使っている=良くないと必ずしも言い切れるワケではありません。

 

 

結局、どんなシャンプーを使えば良い?

 

〜ここまでのおさらい〜

 

1.シリコンの代わりになる成分がないので、「抜け毛」になる。

 

2.シリコン以外に、刺激になる成分が入っている。

 

ということが、ありました。

 

 

抜け毛を防ぐには、1と2の両方をケアできるシャンプーを使う必要があります。

 

 

ノンシリコンかつ

 

○シリコンの代わりになる成分が、入ったもの。

 

○シリコン以外に無添加であること。

 

 

無添加の「天然シャンプー」というのを、ご存じでしょうか?

 

 

無添加ですから、シリコンや防腐剤などの刺激成分が入っていません。

 

 

天然成分が、保湿や髪のコーティングをしっかりしてくれる。

 

 

単なる無添加シャンプーとは違って、髪の摩擦やダメージをしっかり予防するシャンプーなのです。

 

 

市販の無添加シャンプーですと、どうしても限界があるんですね。

 

 

本格的な薄毛が、やってくる前に

 

 

髪が気になってきたら、早めに手を打つことが大事です。一度失ってしまうと、戻らないのが髪の毛ですから。

 

 

抜け毛が広がって薄毛になる前に、しっかり頭皮環境を整えることが大事です。

 

 

まずはシャンプーから。

 

 

市販のシャンプーは石油系界面活性剤や添加物が入っているので、炎症を悪化させます。

 

 

低刺激のシャンプーに変えることで、頭皮の炎症を抑えて「抜け毛」を防ぎましょう。

 

 

 

 

すでに抜け毛が目立っている・将来的な対策もしたいという方。

 

 

シャンプーは抜け毛を防げますが、育毛剤でなければ髪は育ちません。

 

 

ただ、頭皮が荒れているなら、下手な育毛剤を使うと悪化する恐れがあります。

 

 

頭皮の炎症を抑える「無添加」の育毛剤を使うと良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因