ノンシリコンシャンプーは肌荒れに良い?何を基準に選べば良い?

ノンシリコンシャンプーは肌荒れに良い?何を基準に選べば良い?

 

 

荒れてきた頭皮は、ノンシリコンに変えたらよくなるの?

 

 

今までなんでもなかったのに、ある日を境にフケやかゆみが出たり。

 

 

頭皮がすぐにかぶれたりと、敏感になってきているのを感じていませんか?

 

 

シリコン入りが"悪者"というのは、果たして本当なのでしょうか?

 

 

ネットで調べていると、いろいろなところでシリコンシャンプーの害について言われてますよね。

 

 

だから、ノンシリコンシャンプーを使って見ようかなという気になっている方もいると思います。

 

 

でも、何を基準に選んだらいいのかわからない。

 

 

ドラッグストアにいけばたくさん種類はありますし、ノンシリコンのものを見つけるのは難しくない。

 

 

でも、今まで使っていたシャンプーとどう違うの?不安になってしまいませんか。

 

 

「本当に、ノンシリコンシャンプーで良いのか」

 

「どういうシャンプーを選べば、肌荒れ対策になるのか」

 

それぞれについて、お話ししていきたいと思います。

 

そもそもノンシリコンって、どういうもの?

 

 

 

頭皮にやさしいイメージはありますが、"実際の特徴"や"使い心地"はどうなのでしょう?

 

 

気になる点について、お答えしていきます。

 

 

洗浄力は?

 

「ノンシリコンだからこの洗浄成分」、というのは決まっていません。

 

 

洗浄力が強いモノもあれば、弱いモノもあるのです。

 

 

どのメーカーのシャンプーを使うかによって、洗浄力はマチマチ。

 

 

アミノ酸シャンプーのノンシリコンもありますし、石鹸シャンプーのノンシリコンもあるということ。

 

 

「ノンシリコン=洗浄力がやさしい」というワケではありません。

 

 

泡立ちは?

 

 

洗浄力に左右されます。汚れ落ちが良い洗浄成分を使っていれば、泡立ちは良くなる傾向があります。

 

 

シャンプーによって、マチマチなのです。

 

 

洗い上がりの髪質は?

 

ノンシリコンは一般的に、洗っているときに指通りが悪いです。

 

 

もともとシリコンは、髪をの滑りをよくするためにコーティングするものだからです。

 

 

洗った後も、髪がギシギシするのでブラッシングが大変になることも。

 

 

シリコンの代わりに、いかに髪をコーティングする成分が入っているかがポイントです。

 

 

保湿オイルや保湿成分などが充実したモノを使うか、コンディショナーで補うか。

 

 

パサパサするか、しっかりまとまるかもシャンプーの銘柄しだいです。

 

 

ただし。

 

 

シリコンを補う成分まで入れると原料代がかかります。だから市販シャンプーでは難しいのです。

 

 

〜参考:シリコンって、そもそも何者?〜

 

シリコンとは、ポリマーと言われるものの一つです。

 

ポリマーは、薄いビニールのような膜を作っているもの。

 

毛髪や地肌の表面を覆い、指通りを良くしたり髪のツヤを出すためにコーティングします。

 

車のワックスから化粧水、ファンデーションまで日用品の色々なものに使われているのです。

 

すぐダメージを与えるわけではありませんが、人工的な成分なので頭皮にじわじわダメージをとして蓄積されます。

 

シャンプーの成分名:メチコン・ジメチコン・アモジメチコンなど

 

 

本当に肌荒れに効くの?

 

 

毛穴詰まりによる、皮膚の炎症を防ぐことはできます。

 

 

皮膚が炎症しなければ、角質がはがれて「フケ」ができたり、「かゆみ」も起こりません。

 

 

シリコン入りよりも、ノンシリコンのものの方が、頭皮に優しいのは間違いないのですが・・

 

 

頭皮に悪い成分は、「シリコン」だけではありません。

 

 

石油系界面活性剤・アルコール・パラベン(防腐剤)・香料・・

 

 

洗浄成分をはじめとして、たくさんの成分が頭皮に刺激になります。

 

 

特に肌荒れを起こしやすいのが、シリコンなのですが。

 

 

頭皮(首・肩・顔)が荒れるのを防ぐのなら、ノンシリコンだけでは不充分です。

 

 

失敗しないシャンプー選び

 

「ノンシリコンで不充分なら、どういうものを選べば良いの?」

 

 

市販のものは、基本的に"荒れた肌に使わない方がいい"ですよ。

 

 

なぜなら、市販品は原料代を安くするために、添加物を使ったり、洗浄成分が強いのが大半だからです。

 

 

もともと、一般の人に向けて作られているもの。

 

 

市販シャンプーは「頭皮がデリケートで荒れる人」のことは、考えていません。

 

 

その証拠に、いくつかの代表的なノンシリコンシャンプーを見ていきましょう。

 

 

ドラッグストアで人気のノンシリコンシャンプー

 

 

ノンシリコンシャンプーで、店頭で買える代表的なものをいくつかピックアップします。

 

●ジュレーム ディープモイストシャンプー

 

●いち髪濃密W保湿ケアシャンプー

 

●ラックスルミニークダメージリペアシャンプー

 

●ボタニスト

 

●クラシエ ディアボーテ HIMAWARI

 

いずれも、有名なものです。

 

 

シリコン以外で刺激になるのは、"洗浄成分"の「石油系界面活性剤」。"添加物"の防腐剤や香料です。

 

 

この5つのシャンプーが、どのような成分が入っているのかをまとめました。

 

 

洗浄成分

添加物

ジュレーム

-

パラベン・香料

いち髪

-

防腐剤(BG・安息香酸na)・香料

ラックス

防腐剤(BG・安息香酸na)・香料

ボタニスト

エタノール・防腐剤(BG)・香料

クラシエ

-

エタノール・防腐剤(BG)・香料

 

いずれのシャンプーも、「石油系界面活性剤」か「添加物」が入っています。

 

 

市販シャンプーで、「添加物・石油系界面活性剤もシリコンもない」というのは難しいのです。

 

 

無添加にすると、それだけ"材料も高く"なりますし"手間暇がかかります"。

 

 

市販シャンプーは基本的に、頭皮が丈夫な人のために、安く使い勝手のよいものを作っています。

 

 

頭皮が荒れやすい私たちには、「市販のノンシリコンシャンプー」は向いてません。

 

 

◎ノンシリコン

 

◎無添加

 

◎洗浄成分がやさしい

 

この3つをクリアした、"本当に頭皮に優しいシャンプー"は、下記のページをご覧下さい。