頭皮環境を改善するシャンプー|薄毛が気になる男性にはコレ!

頭皮環境を改善するシャンプー|薄毛が気になる男性にはコレ!

薄毛・抜け毛対策には「頭皮環境を良くする」ことが大事っていわれるけど・・

 

 

とりあえず、スカルプDを使っておけば良いのかどうか、悩みどころ。

 

 

決して安くない買い物だけに、ちゃんとしたシャンプーを選びたいところですよね。

 

 

頭皮が荒れて、抜け毛も増えてくると「将来、大丈夫かな・・」と不安になりますよね。

 

 

「頭皮環境って、そもそもどういうことを指すの?」
「どんなシャンプーを使えば、髪が生えやすい状態を作れる?」
気になる疑問に、お答えしていきたいと思います。

 

 

頭皮環境って、そもそもどういうこと?

 

薄毛・抜け毛のシャンプーを調べると、どのメーカーも「頭皮環境が大事」と言います。

 

 

シャンプーだけでなくて、アデランスやバイオテックなどのサロンでも聞く言葉です。

 

 

なんとなく、言おうとしていることはわかるけど、具体的なことを話している人は少ないもの。

 

 

頭皮環境って、どういうことなんでしょうか?

 

 

一言でいうと、「正常なヘアサイクルを作る土台を作ること」。

 

 

1本1本の髪には、ヘアサイクルがある

 

 

髪は1本1本が、それぞれに違った「髪の周期(ヘアサイクル)」を持っています。

 

 

・成長期
・退行期
・休止期

 

 

という3つの段階を経て、生え替わっているものなんですね。花が咲いて枯れていくのと似ています。

 

 

当然、成長期に髪がすくすくと伸びていきます。この段階は4〜6年と言われています。

 

 

ところが、頭皮状態が悪いとサイクルの周期が短くなってしまうのです。

 

 

ヘアサイクルが短くなると、その分元気な髪の割合が少なくなってしまいます。

 

 

そうなると地肌が目立つようになり、薄毛の第一歩になっていくんですね。

 

 

ヘアサイクルが短くなる原因に、頭皮環境の悪化がある

 

抜け毛の原因の一つとして、頭皮環境の悪化によるヘアサイクルの乱れがあげられます。

 

 

毛髪は毛根から伸びていきますが、頭皮が荒れると「毛根が炎症」を起こしてしまいます。

 

 

これがいわゆる、「頭皮環境の乱れ」と言われるものなのです。

 

 

毛根が炎症を起こすと、毛母細胞がダメージを受けてしまい髪の成長が止まってしまいます。

 

 

その結果、髪は成長期から後退期に移行しやすくなり、抜けるのが早くなってしまうのです。

 

 

頭皮環境の悪化によって「抜け毛」になる毛の割合が多くなり、抜け毛が目立つのです。

 

 

頭皮環境が改善しないと、育毛剤も意味がない

 

今の状態は、頭皮が荒れている状態なのです。この状態では、いくら育毛剤で栄養を毛球に送り込んでも意味がありません。

 

 

シャンプーで荒れた頭皮を落ち着かせてはじめて、育毛剤を使う意味がでてきます。

 

 

もちろん、シャンプーだけでも髪が生えやすい土台を作り、毛が抜けにくくなる頭皮を作れます。

 

 

地肌が「土」だとすると、いくら育毛剤で「肥料」を与えても意味がないということ。

 

 

健康な土があってこそ、肥料がしっかりと作用して作物「髪」が生えてくるようになるのです。

 

 

頭皮環境が乱れる原因

 

では、頭皮環境がそもそも乱れるのは、どういう原因があるのでしょうか。

 

 

○皮脂汚れが、しっかり落ちていないこと

 

○シャンプーの成分が、皮膚に刺激を与えている

 

の2つが、考えられます。

 

 

皮脂汚れ

 

よく「皮脂が毛穴を詰まらせて、髪が生えなくなる」という話を聞きます。

 

 

正確には「毛穴を詰まらせる」のではなく、「皮脂が残って酸化して、炎症を起こす」のです。

 

 

皮脂は、そもそも私たちの頭皮から常に分泌されています。

 

 

もし仮に毛穴が皮脂で詰まるなら、ずっと詰まっていることになるはずです。

 

 

いずれにしても、皮脂汚れを落とすことが大事になってきます。

 

 

ここで気をつけたいのは、洗浄力を強くし過ぎないこと。

 

 

スカルプシャンプーといっても、ピンからキリまでありますが、適度な洗浄力をもつものを。

 

 

ウーマシャンプーやスカルプシャンプーは有名ですが、本当に頭皮が脂っぽい人にのみ有効です。

 

 

頭皮があれて抜け毛が起こりやすい場合は、アミノ酸を配合した「やさしいスカルプシャンプー」が良いです。

 

 

皮脂は落としすぎると、頭皮が乾燥を防ぐために過剰分泌することがあるからです。

 

 

シャンプーの成分が、皮膚に刺激を与えている

 

今まで市販シャンプーを使っている人は、頭皮がダメージを受けている可能性があります。

 

 

パンテーン・ラックス・エッセンシャル。このあたりを使ってきた人は、特に注意が必要です。

 

 

石油系界面活性剤という言葉は有名ですが、肌のバリア機能を溶解させる可能性があるのです。

 

 

もともとが台所用の洗浄洗剤ですから。

 

 

他にもシリコン、防腐剤、香料・・使い心地を良くする成分がたくさん入っています。

 

 

あとはサクセスシャンプーなど、ドラッグストアで買える安価な育毛シャンプーはNGです。

 

 

爽快感を出すためだけに、エタノールなど刺激物がたくさん配合されています。

 

 

頭皮環境を改善するには、

 

○アミノ酸系のシャンプーで、皮脂汚れをしっかり落とす。

 

○無添加系のシャンプーで、頭皮に余計な刺激を与えない

 

この2つの条件をクリアするシャンプーが、必要です。

 

スカルプ系のシャンプーですと、頭皮を柔らかくしたり保湿したりと、「抜け毛ケア」によい成分が充実しています。

 

 

合わせて、「アミノ酸」「無添加」という条件もクリアすることで、頭皮をすこやかにすることができます。

 

 

抜け毛を予防するには、まずシャンプーをしっかりしたものに変えることが基本です。

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因