【本当?】髪のパサパサはシャンプーでおさまる?市販でいいのはないの?

【本当?】髪のパサパサはシャンプーでおさまる?市販でいいのはないの?

【本当?】髪のパサパサはシャンプーでおさまる?市販でいいのはないの?

 

 

「保湿成分入り」のシャンプーを選んでも、パサツキが全然おさまらないという謎。

 

 

私は髪が乾燥しやすく、パサついたりボサボサになって全然ツヤが出ず困っていました。

 

 

保湿成分がたっぷり入ったシャンプーをいくら試しても思うような効果が得られなかったので、「ただ保湿系のシャンプーを使ってもダメなんじゃない?」と思い美容師さんに相談したり色々調べてきました。

 

 

シャンプー選びで大事なのは「髪質に合うかどうか」で、単純に保湿系のシャンプーを選んでも髪のパサパサは解消しません。

 

 

どういったシャンプーを使えばいいのか、一緒に見ていきましょう!

 

 

 

 

 

 

1.髪がパサパサになる本当の原因

 

●パーマやヘアカラーで髪が傷んでいる

●紫外線

●髪が乾燥している

 

 

たしかに、髪が傷んだり乾燥することが「パサパサ髪」の原因なのですが・・

 

 

髪が"細い"か"太い"かによって、「本当の原因」というのが異なるのです。

 

 

髪が細い人

 

 

 

 

髪が細い人は、髪の表面を覆っている「キューティクル」みが普通の人より薄いのです。

 

 

キューティクルは「魚のウロコ」のように何層も重なっていますが、その層が薄いので「水分が外に逃げやすい」のです。

 

 

シャンプーするときにキューティクルは開きますが、その時に髪の中にある水分が逃げやすいので、洗うほど乾燥しやすくなります。

 

 

髪に油分がしっかりあれば、キューティクルが開いても水分が逃げないようにブロックしてくれるのですが、シャンプー選びが悪いと油分もごっそりとられてしまいます。

 

 

『シャンプーする⇒キューティクルが開いて水分が逃げる』という悪循環を防ぐには、「髪の油分を守る」シャンプーを使うことが大事です。

 

 

髪の油分を守るシャンプーとは、洗浄力がやさしいものを使うこと。市販シャンプーの9割以上が「ラウレス硫酸」という強力な洗浄成分を使っているので、髪の油分がごっそり奪われてしまうのです。

 

 

髪が太い人

 

 

髪が太くて固い人は、髪の表面を覆う「キューティクル」は普通の人より厚いです。

 

 

多少髪がダメージを受けても、キューティクルがはがれて「髪がむきだし」になることが考えにくいのです。

 

 

ある程度は髪を守る必要がありますが、それよりも「髪の水分量をしっかりする」ケアが大事です!

 

 

髪の中で蓄えている水分が少ないので、ごわついたり"パサパサ"しているように見えてしまうのです。

 

 

シャンプーで単に潤いを与えるだけでなく、髪の中の水分をしっかり蓄えられるものを選ぶようにしましょう。

 

 

2.シャンプーで"パサつき"は、本当に改善できる?

 

 

髪のパサつきを改善するには、シャンプー選びが一番大事です。

 

 

トリートメントだドライヤーだ、スタイリングだという前にシャンプー選びを間違えると、何をやっても髪の乾燥は防げません・・。

 

 

シャンプーの役割は、頭皮汚れを洗い流すだけではありません。

 

 

シャンプー選びをしっかりすれば、

●傷んだ髪のキューティクルを守れる

●髪の中に、しっかり潤いを蓄えられる

ことができます。

 

 

トリートメントも髪を保護したり、髪にツヤを出す働きがありますが・・

 

 

シャンプーをしっかりしないと、『トリートメントをする前から水分が逃げて、パサパサに』なってしまいます。

 

 

では、どういったシャンプーを選べばよいのでしょうか。

 

 

 

 

3.失敗しない、シャンプーの選び方

 

 

髪の「油分」を残せるもの

 

 

市販のシャンプーに多いのですが、"シャンプーの洗浄力が強すぎる"と、髪に必要な"油分"も根こそぎとってしまう問題があります。

 

 

頭皮の油汚れはしっかり落とす必要がありますが、髪の油分も一緒に落としてしまうと「髪を保護する」力が弱くなります。

 

 

髪の油分は「キューティクルを守る」「髪から水分が逃げるのを防ぐ」2つの働きがあるのです。

 

 

シャンプーを選ぶときは、「アミノ酸」を洗浄成分にしたものを選びましょう。

 

 

髪の水分を、しっかり蓄えられるもの

 

 

保湿系のシャンプーもたくさん売っていますが、ほとんどが「髪や地肌にうるおいを与える」だけのものです。

 

 

ただ髪に水分を与えても、洗っているときは水分が逃げやすくなります。なぜなら、シャンプーすると髪のキューティクルが開きますが、ドライヤーで乾かすまで開いたままなので、その間に水分が逃げるからです。

 

 

水分を与えながら、髪の中に水分がとどまる「保湿成分」が必要なのです。

 

 

 

 

4.市販の「保湿系」・「ダメージケア」系シャンプー4選

 

市販の保湿系・ダメージケア系のシャンプーは、どうなのか見ていきましょう。

 

 

●ダイアン エクストラモイスト

●エッセンシャル キューティクルケア

●パンテーン エクストラダメージケア

●ジュレーム アミノ

 

これらの4つのシャンプーを、順番に紹介していきたいと思います!

 

 

ダイアン エクストラモイスト シャンプー

 

 

 

 

・髪の油分を残す:×

・髪の水分をキープ:△

 

 

"髪の乾燥を防ぐ"ことをコンセプトにしたシャンプーです。高級感のあるパッケージでリッチな気分を味わえそうです。

 

 

一見良さそうに思えるのですが・・

 

 

洗浄成分が「ラウレス硫酸」という、強力なものを使っています。

 

 

髪の油分をごっそりとってしまうので、髪を守ることもできませんし、水分が逃げやすくなります。

 

 

保湿成分も「植物エキス」のみで、ただ髪にうるおいを与えるだけです。

 

 

エッセンシャル キューティクルケアシャンプー

 

 

 

 

・髪の油分を残す:×

・髪の水分をキープ:×

 

 

ほとんどのドラッグストアで入手できるほど、メジャーなシャンプーの一つです。

 

 

パサパサ毛先まで、リッチにまとまることを強調しています。荒れたキューティクルを補修して整えるという宣伝文句もありますが・・

 

 

洗浄成分が「ラウレス硫酸」、しかも何種類も使っているのでとても危険です。

 

 

髪の油分が根こそぎとられる恐れがあるため、パサパサ髪にはまずおすすめできないシャンプーです。リニューアルを繰り返している割に、洗浄成分は相変わらずといったところでしょうか・・

 

 

パンテーン エクストラダメージケアシャンプー

 

 

 

 

・髪の油分を残す:×

・髪の水分をキープ:×

 

 

CMも頻繁に流れていて、もっとも知名度のあるシャンプーの1つではないでしょうか。

 

 

蓄積したダメージを徹底補修し、カラーなどのダメージにも負けない毛先までなめらかヘア。といううたい文句です。

 

 

ボリュームもあって安いですし、誰もが知っているパンテーンという安心感があるかもしれませんが・・

 

 

洗浄成分が「ラウレス硫酸」、しかも何種類も使っているのでとても危険です。

 

 

エッセンシャルに並ぶくらい、注意したいシャンプーです。一般の方には問題ないかもしれませんが、パサパサヘアーにはおすすめできません。

 

ジュレーム アミノ (モイスト&スムース)

 

 

 

 

・髪の油分を残す:△

・髪の水分をキープ:×

 

 

アミノ酸を配合した保湿系シャンプーです。「痛んでからまりがちな髪も、なめらかに洗い上がる」シャンプーといううたい文句です。

 

 

保湿系というよりは、ダメージケア系のシャンプーと言えるでしょう。

 

 

他の3つのシャンプーと違い、ラウレス硫酸という成分は使っていないのですが・・

 

 

アミノ酸に「オレフィン酸」という強い洗浄成分を混ぜています。ラウレスよりは比較的やさしいのですが・・髪の油分を奪ってしまいます。

 

 

市販の保湿&ダメージケア系のシャンプーなら、成分的にはよいですが洗浄成分がネックです。

 

 

また、保湿成分がほとんどないので髪にうるおいを届けられない・・という点も気になります。

 

 

-PR-

 

 

5.【髪質別】パサパサ髪におすすめシャンプー

 

 

髪質別に、パサパサ髪によいシャンプーを紹介します。いずれもネット通販限定のシャンプーですが、使った後でも返品できますので気軽にお試しできます。

 

 

 

 

髪が細い・柔らかい人

 

haru黒髪スカルプ・プロ

 


※通販限定

 

 

・髪の油分を残す:◎

・髪の水分をキープ:〇

 

 

アミノ酸を純粋に配合したシャンプーで、髪の油分をしっかり残すことができます。

 

 

洗浄力の弱さが心配になるかもしれませんが、アミノ酸の中でも洗浄力が強いものを使っているので、油っぽい頭皮の人でも問題なく洗えます。

 

 

頭皮の汚れはしっかり落としつつ、髪に必要な油分は残すので「キューティクルを守り、水分が逃げるのを防ぐ」ことができるのです。

 

 

髪にハリ・コシを出す成分入り

 

髪が細くて柔らかい人にうれしい、髪にハリやコシを出す成分が入っています。

 

 

髪に必要なうるおいを届けつつ、ハリコシを出す育毛成分で「ボリュームが出やすい、ツヤ髪」への効果が期待できます。

 

 

(育毛剤に使われている「キャピシル」や、育毛効果のあるエキス「ハイブリットローズ花・カモミラエキス・キュウリ果実エキス・海藻・センキュウ根茎エキス」)

 

 

うるおいをキープする成分も配合

 

 

 

 

単に頭皮をうるおすだけの「植物エキス」だけでなく、水分を蓄える「植物性ヒアルロン酸」も配合しています。

 

 

アミノ酸シャンプーなら、市販でもあるけど・・

 

 

市販のアミノ酸シャンプーは「他の洗浄成分がメインで、アミノ酸は少しだけ」というものが非常に多いです。

 

 

もともとアミノ酸は高価な原料なので、市販の値段重視のシャンプーでは採算がとれないため「純粋なアミノ酸シャンプー」というのは難しいのです・・。

 

 

価格:

 

シャンプーのみ:3600円。

 

※コンディショナーいらずの、オールインワン。

 

「使った後でも」、頭皮に合わないと思えば返品できます。

 

 

 

 

 

 

髪が太い・硬い人

 

ハーブガーデンシャンプー

 

 


※通販限定

 

 

・髪の油分を残す:◎

・髪の水分をキープ:◎

 

 

髪の油分をしっかり残しつつ、うるおいをキープする成分も充実したアミノ酸シャンプーです。

 

 

アミノ酸のみを純粋に配合していて、余計な洗浄成分を一切まぜていません。アミノ酸本来の「頭皮の汚れを落としつつ、髪の油分は残す」ことができるシャンプーです。

 

 

髪に油分がしっかり残るので、『キューティクルを守りつつ、水分が逃げないように守る」ことができます。

 

haruに比べると洗浄力はやや弱いので、頭皮の汚れが気になる方は「シャンプーをつける前に、さっとお湯で汚れを落とす」ことでしっかり洗えます。

 

 

また、アミノ酸自身に「髪を柔らかくする」働きがあるので、固くてゴワゴワしている方のケアにおすすめできます。

 

 

髪のうるおいをキープする成分入り

 

 

 

 

一般的なシャンプーのように「○○エキス」をただ配合して、なんとなく頭皮をうるおすだけのシャンプーではありません。

 

 

髪に与えた潤いをしっかり守る「ヒアルロン酸」「ユズセラミド」と呼ばれる成分をしっかり配合しています。スキンケア並みの保湿成分なので、かなりぜいたくと言えるでしょう。

 

 

(※ユズセラミド=人間の体内にあるセラミドと同じ働きをもつセラミド)

 

 

「ヒアルロン酸は1グラムで6?の水分を蓄えられる」と言われていますので、髪の潤いを逃がさないようにしっかりキープしてくれます。

 

 

髪が太くてゴワゴワしている方でも、髪の中にたっぷり水分を送りこめてパサつきを抑えることができます。

 

 

 

 

アミノ酸シャンプーなら、市販でもあるけど・・

 

市販のアミノ酸シャンプーは「他の洗浄成分がメインで、アミノ酸は少しだけ」というものが非常に多いです。

 

 

もともとアミノ酸は高価な原料なので、市販の値段重視のシャンプーでは採算がとれないため「純粋なアミノ酸シャンプー」というのは難しいのです・・。

 

 

価格:

 

シャンプーのみ:2000円。

 

シャンプー+コンディショナー:4000円。

 

※2ヶ月分。

 

※"使って合わなければ"返金してもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼▼どちらのシャンプーがよいか、迷っている方▼▼

 

髪がパサパサだった管理人がためして、よかったシャンプー

 

 

何をやってもパサパサでまとまらなかった私の髪。シャンプーを変えてみたら、"髪質"も"まとまりやすさ"も見違えるほど変わった。

 

 

髪のパサつきやごわつきで気になっていた私。市販の「しっとり」や「潤い」などを売りにしているシャンプーを試してみてもどれも効果はありませんでした。

 

 

セミロングなのですが、広がりやすいので髪をおろせずいつもハーフアップや一つに縛ったり。朝のスタイリングに時間がかかるのもストレスに。

 

 

そんな時、友人が勧めてくれたハーブガーデンシャンプーを使ってみることにしました。

 

 

 

 

1プッシュすると茶褐色で程よいとろみがあります。これがオーガニックを使った天然色なのですね。市販の白いシャンプーは人工着色料を使っているのだとか。。。

 

 

濡れた髪になじませるとすぐに泡立ち指通りもなめらか。手にからまる感じもありません。「ノンシリコン=キシむ」というイメージが一気に解消されたシャンプーです。

 

 

無駄なこってり感のないシャンプーなので、泡切れが良くスッキリと洗い流せました。

 

 

乾燥でパサパサの私の髪はドライヤーの後モワっと広がっていたのですが、使っていくうちにブラッシングだけである程度まとまるようになったのです!

 

 

毛先のパサつきが気にならなくなって、髪の毛をおろすスタイルもできるようになり満足しています。

 

 

そして朝、髪をセットする時間が短縮されたのが一番嬉しいですね。

 

 

髪が元気になったおかげなのか、トリートメントをつけると以前にも増して髪にツヤがでるようになりました。

 

 

 

 

あえて気になる点をあげるとすれば、洗い上がりにシャンプーの香りがほとんど残らないという事。人工香料を使用していないからなのですが、香りを楽しみたい方には物足りないかもしれませんね。

 

 

あとは1プッシュで出るシャンプーの量が少ないので、2〜3回プッシュしないと思った量が出ません。ボトルが改良されるといいのにな〜と思いました。

 

 

なかなか運命のシャンプーに出会えず市販シャンプーを使い続けていた私が3本リピートしています!

 

 

 

 

ネットシャンプーの醍醐味である"使った後でもOKの、返金保証"がついていますので、ご自身に合うかどうか試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

〜おもな特徴〜

 

●アミノ酸のみの配合で、髪にやさしい

 

●ヒアルロン酸、ユズセラミドと保湿成分が充実

 

「ペリセア」が、痛んだ髪を"内側"と"外側"から修復する

 

●シリコンの代わりに、頭皮にやさしい「植物オイル」で"髪を守り"、ツヤを出す

 

●無添加なので、頭皮に敏感な人も使える

 

 

 

 

 

昨日は文春野球決起集会で飲み過ぎた?? ので今日はゆっくりお風呂につかってリラックスします???? ハーブティーでつくられている、オーガニックのノンシリコンシャンプー&コンディショナーにかえてみたら、とってもいい感じ??香りも癒されます?? . . #タオルは新井さん #ハーブガーデンシャンプー #ハーブガーデン #さくらの森 #シャンプー #コンディショナー #ハーブ #ハーブティー #ボタニカル #ノンシリコン #オーガニック #ヘアケア #ノンシリコンシャンプー #shampoo #conditioner #herbgarden #organic #botanical @herbgarden_organic #お風呂 #バスタイム #bathroom #半身浴より全身浴派 #iPhone7は防水

Chihoko Oi 大井 智保子さん(@chihokoi)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しゃんラボ


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因