髪のパサパサを防ぐシャンプー!大事なのは水分を守るケア

髪のパサパサを防ぐシャンプー!大事なのは水分を守るケア



このページでは、パサパサ髪の原因と、対処法を紹介します。

 

 

 

「髪が爆発したみたいになって、まとめるのが大変」

 

「貧乏臭くみえて、とっても恥ずかしい」

 

 

私は髪にちょっとクセがあるので、広がりやすいのが悩みです。おまけに乾燥しやすくて、すぐ髪がパサパサになって見た目も最悪。

 

 

鏡越しに見える「生活に疲れたこのおばさん、誰?」。こんなんで外に出るのは恥ずかしい。「あ〜もう、こんな自分がイヤ」。

 

 

ケアはそれなりにしていますが、トリートメントやオイルもその場しのぎ。時間がたつとすぐ髪がもわっとなるし、老けて見えます。

 

 

・どうして、トリートメントしてもパサつく?

 

・パサパサって、抑えることはできないの?

 

 

パサつきが気になる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

1.どうして、トリートメントやオイルではダメ?

 



髪の中に水分がないと、トリートメントをつけても意味がないですよ

 

 

洗い流さないトリートメントを使っても、ぜんぜんっ意味がない!

 

 

パサつきは髪が乾燥している状態です。だからトリートメントで潤いを閉じ込める。みんながやっているケアだと思うのですが・・

 

 

髪の水分がカラカラだと、いくらトリートメントをつけても意味がない

 

 

そもそも髪にうるおいが出るのは、髪が水分をたくわえた状態なのです。髪の内部に水分がないのに、いくら表面をトリートメントでおおってもダメ・・。

 

 

トリートメントもオイルも、油分で一時的にうるおっているようにみえます。でもトリートメントは時間がたつと乾くから、カラカラの髪が出てパサつきます。

 

 

「保湿成分がたっぷり入ったトリートメント」でも、そもそもトリートメントは油分を与えるためのもの。髪に十分な水分をあたえるのは難しいのです。

 

 

もちろん、トリートメントそのものがダメという意味じゃないですよ。髪がパサパサのときは、まず潤いを蓄えてから使わないと、意味がないということ。

 

 

トリートメントは「髪の水分を保つための、フタ」をするものなので・・

 

 

2.どうすれば、髪のうるおいをキープできる?

 



シャンプー選びが悪いから、洗うたびに髪の水分がなくなるのです。

 

 

 

髪を洗ったあとに化粧水などで水分を入れれば、髪はうるおうような気がします。ですが、一番大事なのは「シャンプー選び」。

 

 

そもそも化粧水や美容液は「地肌」をうるおすためのものです。髪の水分を保つことはできません。

 

 

ここで一つ質問です。あなたは今、どんなシャンプーを使っていますか?

 

 

ジュレーム?パンテーン?もしくは石鹸シャンプー?実は、市販で売っているシャンプーのほとんどが、洗浄力が強いのはご存知でしょうか。

 

 

洗浄力が強いシャンプーを使うと、キューティクルが壊れて水分が逃げる

 

 

市販シャンプーの9割が「石油系界面活性剤」という洗浄成分を使っています。原料代が安くすむのですが、洗浄力が強すぎるという問題があります。

 

 

洗浄力が強いので、髪の表面をおおう油分がごっそりなくなります。髪と髪の摩擦が起きやすくなり、キューティクルがはがれやすくなります。

 

 

※キューティクルは、髪の水分を保つためにあるもの。

 

 

ただでさえ私たちは、カラーやヘアアイロンなどで髪をいじめています。"キューティクルが弱い"状態なのです。そこにシャンプーの刺激が加わると、さらなるダメージに。

 

 

市販シャンプーでもう一つ有名なのが、石鹸を使った無添加系シャンプー。一見よさそうに思えますが、石鹸も洗浄力がとても強いものです。

 

まとめると、

 

●市販の洗浄力の強いシャンプーを使う

 

●髪の油分がなくなり、摩擦が起きやすくなる

 

●キューティクルがはがれて、水分が逃げる

 

●髪の水分がないから、トリートメントも意味がない

 

 

だから、洗浄力の弱いシャンプーにした方が、良いですよ。

 

 

3.パサつきを防ぐなら、どのシャンプー?

 



じゃあ、どんなシャンプーを使えばいいの?

 

 

 



洗浄力がやさしい、アミノ酸シャンプーが良いですよ。

 

 

 

とにかく"洗浄力がやさしいもの"を使うことが大事です。洗浄力がやさしければ、髪の水分が逃げにくくなります。水分をキープできれば、パサつきを防げます。

 

 

洗浄力のやさしさで選ぶなら「アミノ酸シャンプー」です。ただし、「本物のアミノ酸シャンプー」を使うこと。

 

 

「アミノ酸シャンプーは乾燥対策によい」という言葉、聞いたことありませんか?

 

 

洗浄力がやさしいので、髪の油分を守れます。髪に油分が残るので、髪どうしの摩擦を防げます。摩擦を防げるので、キューティクルを守れます。

 

 

洗浄力がやさしいと、汚れ落ちは大丈夫なのかな?と心配になるかもしれません。

 

私も実際に使っていますが、女性だとしっかり汚れは洗い流せます。

 

 

反対に皮脂量の多い男性ですと、アミノ酸シャンプーだけでは皮脂汚れが残ってしまうかもしれません。

 

 

先ほども少し触れましたが、アミノ酸シャンプーは「ホンモノ」を選ぶこと。

 

 

実は、アミノ酸シャンプーといっても「ほんの少ししかアミノ酸が入っていない」シャンプーが大半です。「それって詐欺じゃん!」と思うかもしれません。

 

 

アミノ酸シャンプーは、配合量の決まりはありません。極端なことを言うと、アミノ酸が一滴でも入っていたら「アミノ酸シャンプー」と宣伝できるのです。

 

 

アミノ酸がしっかり入ったものでないと、ほどよい洗浄力を保つことはできません。だから、アミノ酸シャンプー選びは、慎重になった方がいいですよ。

 

 

 

 

〜髪にうるおいを与える、アミノ酸シャンプー〜

 

 

パサパサ髪が気になるなら、「ハーブガーデン」というシャンプーが良いです。

 

 


ハーブガーデンシャンプー

 

 

洗浄力がやさしいアミノ酸「のみ」使っています。他の洗浄成分を混ぜていない、純粋なアミノ酸シャンプーです。

 

 

オーガニックで無添加、「頭皮にとことんやさしく」をコンセプトに作っています。

 

 

洗浄力がやさしいので、髪のキューティクルを守りながら洗えて乾燥を防げます。

 

 

髪を守るだけでなくて、直接うるおいを与える成分もたっぷり入っています。

 

 

「ヒアルロン酸」「セラミド」といった、普通なら美容液で使うような成分がぜいたくに入っています。

 

 

 

 

洗い上がりが、髪はまとまるのにサラっとしている、不思議な感覚を味わえます。

 

 

▼▼ハーブガーデンの使用感 ※再生すると音が出ます▼▼

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因