添加物が少ないシャンプー選びのポイント|市販のだとどうしてダメ?

添加物が少ないシャンプー選びのポイント|市販のはどうしてダメ?

 

 

頭皮にやさしい、添加物がないシャンプー選び。どういう基準で選べばいい?

 

 


・フケ、かゆみが止まらない。

・アトピーもちで、すぐ荒れてしまう。

・抜け毛が気になる。

・頭皮湿疹を治したい。

 

 

人によって、低刺激シャンプーを求める理由は違います。


 

 

「刺激がないシャンプー」ということで、いろいろ探されていると思います。

 

 

調べれば調べるほど、シャンプーにはいろいろな添加物が使われて嫌になっているかもしれません。

 

 

できれば添加物が一切ない、「完全無添加」のものを使いたいですよね。

 

 

でも、そもそも添加物っていったい何でしょうか?

 

 

添加物って、いったい何者?

 

添加物といえば、食品添加物をイメージする方も多いのではないでしょうか。

 

 

添加物とは、商品を作るのに使われるもののことを指します。商品そのものの品質を、アップさせるために使います。

 

 

シャンプーで言えば、見た目や香り、使用感を調整するための成分です。代表的なものとして、

 

・シャンプーの液をキレイな色にする⇒着色料

 

・シャンプーが腐らないようにする⇒防腐剤

 

・いい香りを髪に残す⇒香料

 

・使った時の爽快感を出す⇒冷感成分(メントール・エタノール)

 

・髪のきしみを防ぎ、滑りを良くする⇒シリコン

 

などがあげられます。

 

 

添加物=悪いというイメージがあるかもしれませんが、あると便利なものなのです。逆にないと、物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

それだけ、普段使っているシャンプーは「添加物のオンパレード」なのです。

 

 

添加物をゼロにすることはできない

 

添加物はシャンプーの使い勝手を良くする反面、頭皮への刺激になります。

 

 

だからといって、ゼロにすることはできません。シャンプー自体が成り立たなくなるからです。

 

 

わたしたちができることは「できるだけ、添加物を使っていないもの」を選ぶこと。

 

 

ただ、シャンプーの成分表示をしっかり見ないことには、どのシャンプーだったら安全で、どれだった危険なのかがわかりにくいのも事実。

 

 

一般の人にはわかりにくいからこそ、メーカーもうまく表記をにごして、「それっぽい」シャンプーを売っています。だから注意を。

 

 

低刺激シャンプーでも、刺激を感じてしまう理由

 

 

 

 

 

 

「メーカーが低刺激・無添加と言っていたら本当なんじゃないの?わざわざウソをつくと信用問題になるのでは?」

 

 

 

たしかにその通りです。ウソを言っているわけではありません。

 

 

 

低刺激なのは間違いないです。ですが「刺激がゼロ」とは言っていません。わずかな刺激によって、私たちの頭皮が荒れているのです。

 

 

 

普通の人だと刺激にならない。でも「頭皮がデリケートな私たち」が、使ったらいけない成分が入っています。

 

 

 

完全に刺激がゼロとは、メーカーも言っていません。無添加・ノンシリコン・アミノ酸・石鹸シャンプー・・どれも刺激が弱いだけなのです。

 

 

 

「低刺激」と言われるものを使っても、まだ頭皮の悩みがおさまらないなら「頭皮がデリケート」なのです。"みんなが使うシャンプー"では合いません。

 

 

 

デリケートな頭皮でも使える、シャンプー選びのポイントは1つ

 

 

 

 


●人工的な成分が、"いっさい入っていない"ことが大事


 

 

シャンプーには添加物が入っています。ただその添加物も、「人工的に作られたもの」か「天然の成分か」によって、刺激が変わってきます。

 

 

添加物は無いのが一番良いですが、せめて『天然』のものを使うと良いでしょう。

 

 

シャンプーは大きく分けて「人工成分」と「天然成分」に分かれます。人工成分とは、化学的な処理をして作られたもののこと。

 

 

〜人工成分〜

●シリコン

●石油系界面活性剤

●防腐剤

●人工香料・人工着色料

●エタノール

 

 

おなじみの成分が並んでいます。

 

 

 

一般の人ですと、人工的な成分でも刺激になることはありません。ですが頭皮がデリケートになっている人は、刺激になります。

 

 

 

「ミノン / カウブランド無添加 / キュレル / ミヨシ石鹸シャンプー」はいずれも、上記の人工成分の「どれか1つ」は"必ず"使っています。

 

 


●天然成分は、[植物エキス]や[植物オイル]を使ったもの


 

 

反対に「天然成分」とは、もともとが自然にあるものを抽出して作られたものです。

 

 

 

植物や食品から作られるもので、人工的な成分の代わりに配合されます。

 

 

〜天然成分〜

●シリコン⇒植物オイル

●石油系界面活性剤⇒アミノ酸

●防腐剤⇒植物エキス(防腐効果のあるもの)

●人工香料・人工着色料⇒天然エキス

●エタノール⇒植物オイル(爽快感を出すもの)

 

 

という具合にです。

 

 

人工的な成分を使っていない、天然成分入りシャンプー3選

 

 


●天然成分を主成分にしている

 

 

●人工成分を不使用

 

 

これらの条件をクリアしたシャンプーを、ピックアップしました。


 

 

 

1.頭皮にやさしいだけでなく、髪のハリ・コシもケア

 

 

 

 

 

haru黒髪スカルプ・プロ

 

 


●天然成分100%のシャンプー。とにかく頭皮にやさしい


 

 

「余計なものをゼロにする」をコンセプトに、作られたアミノ酸シャンプーです。

 

 

 

人工成分の「石油系界面活性剤・シリコン・防腐剤・香料・着色料」など10種類を無添加にしています。

 

 

 

頭皮へのやさしさにこだわっているので、アトピーもちの方や、シャンプーした後におでこや首が荒れたりする方に良いです。

 

 

 


●髪のハリ・コシをケアする成分も充実


 

 

頭皮へのやさしさもありますが、「髪のエイジングケア」にも力を入れているシャンプーです。

 

 

 

加齢とともに、髪に元気がなく立ち上がりにくい髪をケアします。植物エキス・食品エキスの力が髪に働きかけます。

 

 

 

育毛成分として有名な「キャピシル」を配合。強い髪を作り上げます。

 

 

 

使っていくうちに、髪のボリュームアップが実感できるシャンプーです。

 

 

 

価格:

 

 

・シャンプー:3600円。

 

 

※コンディショナー不要の、オールインワン

 

 

※約2か月分

 

 

※"使った後も、返品OK"です。とりあえず合うかどうか試せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.敏感肌のために作られたシャンプー。全身にも使える。

 

 

 

 

 

Raburoシャンプー

 

 

 


●100%天然由来。敏感肌のためのシャンプー。


 

 

 

単に「頭皮にやさしい」だけでなく、実際に敏感肌で困っている人のことを考えて、作っています。

 

 

 

石油系の界面活性剤はもちろん使っていませんし、人工的な成分も不使用。アミノ酸シャンプーなんですが、肌と同じ成分を使っているのでとってもやさしいです。

 

 

 

シャンプーの半分は「水」から出来ていますが、水もできるだけ刺激にならないように加工しています。塩素がしみる「アトピー肌」の人にも良いです。

 

 

 


●全身に使える、手荒れしない


 

 

肌が弱い人だと、頭皮だけでなく「手荒れ」や「首や背中」が荒れることありませんか?

 

 

 

開発者がお風呂で苦労した経験から、同じ思いをする人が気持ち良く頭を洗えるように作ったものです。

 

 

 

シャンプーだけでもOkですが、ボディーソープで全身が荒れる人はこのシャンプーで代用できます。

 

 

 

価格:

 

 

・シャンプー:3980円。

 

 

・コンディショナー:4480円。

 

 

※約2か月分 ※単品購入OK。

 

 

※"使った後も、返品OK"です。とりあえず合うかどうか試せます。

 

 

 

 

 

 

 

3.頭皮にやさしいオーガニック。ダメージを受けてパサパサになった髪に。

 

 

 

 

 

ハーブガーデンシャンプー

 

 


●ハーブの力で、荒れた頭皮を落ち着かせる


 

 

[植物]を中心に配合した、オーガニックシャンプーです。天然成分100%で、頭皮にとてもやさしいです。

 

 

 

「荒れた頭皮を落ち着ける」植物のハーブを多数使っています。

 

 

 

●フケ

●かゆみ

●頭皮を落ち着かせる

 

 

これらのケアをする、7種類のハーブが入っています。

 

 

頭皮にやさしいので、荒れた頭皮をしずめる効果があります。それだけでなく、直接フケやかゆみ・湿疹といったトラブルを抑える効果もあるのです。

 

 

 

参考:ハーブガーデンシャンプーの全成分を解析しました|本当に頭皮にやさしいか検証

 

 

 


●髪のツヤ・うるおいを出す成分も充実。ダメージのケアに。


 

 

 

頭皮トラブルを落ち着けるだけでなく、「ダメージが蓄積されて痛んだ髪」にも良いです。

 

 

 

植物オイル・植物エキスをたっぷり入れているので、髪をコーティングしてツヤを出してくれます。

 

 

 

無添加シャンプーのにありがちなパサつきもなく、しっかり髪が潤ってまとまってくれます。

 

 

 

髪が潤ってコーティングをするので、ダメージによる"パサツキ"や"広がり"を抑えてくれます。

 

 

 

使っていくうちに、若い頃のきれいな髪を取り戻せる、そんなシャンプーです。

 

 

 

〜ちなみに〜

 

 

ハーブガーデンシャンプーの香りが弱いのは、「ハーブガーデンコンディショナー」でカバーできます。

 

 

 

アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)として使えるので、お出かけ前の髪のセットで使えば「ほのかなラベンダーの香り」が髪に残ります。

 

 

 

参考:ハーブガーデンは、専用のコンディショナーとセットで使うべき?市販のコンディショナーじゃだめ?

 

 

 

価格:

 

 

・シャンプー+コンディショナーで4000円。

 

 

・シャンプーのみで2000円。

 

 

※約2か月分

 

 

※"使った後も、返品OK"です。"とりあえず"合うかどうか試せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのシャンプーの比較表

Raburoシャンプー

haru黒髪スカルプ・プロ

ハーブガーデン

無添加


天然成分100%


天然成分100%


天然成分100%

シリコンの代わり


天然オイル


天然オイル


天然オイル

保湿成分


植物エキス


植物エキス


植物エキス・ヒアルロン酸

その他

アトピー・敏感肌向け

髪にハリ・コシ

髪のパサパサを改善

価格
※シャンプーのみ

3980円
※2ヶ月

3600円
※2ヶ月

2000円
※2ヶ月

1ヶ月あたり

1980円

1800円

1000円

使った後の返品

OK

OK

OK

メーカーのページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因