頭皮の皮脂を抑える方法|荒れて抜け毛になる前にしっかり対策を!

頭皮の皮脂を抑える方法|荒れて抜け毛になる前にしっかり対策を!

 

 

すぐに頭がベトベトになってしまう。なんとか皮脂を抑えたい。

 

 

●とにかく、ギトギトの頭が気になる

 

●脂漏性皮膚炎で、頭皮が荒れている

 

●頭皮の臭いが気になる

 

 

脂性の頭だと、シャンプーしてもなかなかスッキリせず困りませんか。清潔にしているハズでも、不潔に見えてしまうから厄介。

 

 

シャンプーを変えても、しっかり洗ってもダメ。油っこいモノもひかえているけどダメ・・という方は多いと思います。

 

 

皮脂を抑えるには「肌センサー」が働かないように注意しましょう。

 

 

「肌センサーって何?」と思うかもしれません。ですが私たちの皮膚は、自分の意志に関係なく勝手に動く「肌センサー」があるのです。

 

 

「肌センサーって、どういうもの?」

 

「どんなケアをすれば、皮脂を抑えられるの?」

 

 

順に、お話ししていきたいとと思います。

 

 

1.肌センサーって、どういうもの?

 

 

 

わたしたちは、すべて自分の意志で体が動いているわけではありません。

 

 

意思とは関係なく、体が勝手に反応していることがたくさんあります。心臓が動いてるのもそうです。

 

 

「肌センサー」も同じです。実際に体のどこかにセンサーがあるワケではありません。あくまでそういう"呼び名"なだけです。

 

 

「肌センサー」は、皮膚の『乾燥を防ぐ』ために働きます。乾燥しそうになったら、「肌センサー」が働いて、体に指令を出すのです。

 

 

「乾燥しているので、皮脂を出してください」と命令を出します。脳がホルモンに命令を出して、皮脂を分泌します。

 

 

なぜ乾燥すると、皮脂を出すのでしょう?皮脂は、肌がたくわえた水分に「フタ」をする働きがあります。皮脂があるから、水分が逃げずに乾燥しません。

 

 

今のわたしたちの状態は、

 

●皮膚が乾燥している

●肌センサーが感知し、「皮脂を出して」と脳に命令

●脳から皮脂が出される

●皮脂が出すぎて、頭がベトベトになる

 

 

という流れになっているのです。

 

 

頭皮が脂っぽくなるのは、もともと皮脂を出す「皮脂腺」という部分が活発なのです。皮脂腺は男性ホルモンが活発な人ほど、たくさん分泌されます。

 

 

肌センサーが「皮脂を出して!」と指令を出したら、皮脂が出すぎてベタベタになるのです。男性ホルモンが強いので、皮脂は出すぎてしまいます。

 

 

そもそも「頭皮が乾燥しているから、皮脂がたくさんでる」というのは不思議な感じがするかもしれませんが・・

 

 

具体的に、どういったケアをすれば良いのかについて、見ていきましょう。

 

 

2.皮脂を抑えるケア

 

 

「肌センサー」が働かないようにすれば、皮脂が過剰に出るのを防げます。

 

 

シャンプー選び、洗い方に注意

 

 

 

 

脂性だからといって、洗浄力が強すぎるシャンプーを使っていませんか?もしくは、こまめに洗いすぎていませんか?

 

 

「洗いすぎ」ると、頭皮が乾燥して「肌センサー」が働きます。

 

 

シャンプーの"洗浄力が強すぎる"と、頭皮にある皮脂が「ねこそぎ」なくなります。

 

 

皮脂には汚れがついていますから、ある程度は落とさなければなりません。ですが、皮脂を根こそぎ落としてしまうと、そこから水分が逃げてしまいます。

 

 

●洗浄力の強すぎるシャンプーを使う

 

●1日に何度も洗う

 

いずれも、皮脂を取りすぎて、乾燥を招いてしまいます。

 

 

どんなシャンプーだと、洗浄力が強すぎるのでしょう?答えは「石油系界面活性剤」です。

 

 

市販シャンプーのほとんどが、石油系界面活性剤です。理由は安いからです。ただし、洗浄力が強すぎるので頭皮の皮脂が落ちすぎるのが欠点なのです。

 

 

「アミノ酸シャンプー」と表記していても、実際は石油系界面活性剤を混ぜているケースも多いです。そのため、シャンプー選びは慎重にした方が良いです。

 

 

もともとが脂性なので、洗浄力が弱すぎても問題です。「弱すぎず、強すぎない」そんな微妙なバランスが求められています。

 

 

「スカルプ系のシャンプーで、石油系界面活性剤を使っていないもの」を使いましょう。

 

 

スカルプシャンプーは、頭皮汚れをしっかり落とすことに特化したものです。ただ、石油系界面活性剤を使っていれば「洗浄力が強すぎます」。

 

 

おすすめしたいのは「チャップアップシャンプー」です。スカルプ系なのですが、洗浄成分はアミノ酸がベースなのでほどよい強さで洗えます。

 

 

価格:

 

シャンプーのみ:4180円(男性なら2ヶ月〜2ヶ月半はもちます)。

 

シャンプー+コンディショナー:5980円。

 

※定期購入すると、シャンプー:3280円。

 

 


チャップアップシャンプー

 

 

また、無添加にこだわっているシャンプーでもあるので、荒れた頭皮を落ち着かせる働きもあります。頭皮が荒れている人ほど、頭皮にやさしいものを使った方がいいですよ。

 

 

市販シャンプーだと、スカルプシャンプーでも石油系が入っていることが多いので注意を。

 

 

 

 

 

 

頭皮の保湿をしっかりする

 

 

 

皮脂を守ることも大事ですが、頭皮そのものの乾燥を防ぐことも大事です。

 

 

「保湿」ケアも、しっかり行っておきたいものです。

 

 

頭皮にしっかり水分を与えれば、肌センサーが「乾燥」したと感じません。

 

 

 

 

化粧水や頭皮用のローションを使うのも一つですが、あえて「育毛剤」を使うのも一つです。

 

 

〜育毛剤の働き〜

 

●皮膚を柔らかくして、浸透を助ける

 

●荒れた頭皮をしずめる

 

●抜け毛を防いで、髪が生えやすい環境を作る

 

という、3つの働きが期待できます。

 

特に皮脂分泌が盛んだと、男性ホルモンが強いです。男性ホルモンが強い人ほど、AGA(男性型脱毛症)が発症する率は高いので「育毛剤」を使うことが有効です。

 

 

値段を抑えるなら化粧水や頭皮用のローションですが、"乾燥も炎症も抜け毛"も防ぐことは難しいです。

 

 

脂性の方が育毛剤を使うなら「チャップアップ育毛剤」一沢です。なぜなら、「皮脂を直接、抑える成分」が入っているからです。

 

 


チャップアップ

 

 

基本的な育毛剤に必要な成分が入りつつ、皮脂を抑える成分もプラス。なので「皮脂を抑えながら乾燥を防ぐ」という理想のケアができます。

 

 

皮脂を抑えるには、男性ホルモンを抑えれば良いのですが、食生活や生活習慣で変えることはできません。そもそも皮脂を出す男性ホルモンは「良いホルモン」なので、安易に抑えると体の不調を招いてしまいます。

 

 

いかに「肌センサ−」が働かないように、ケアできるかにかかっています。

 

 

実は管理人(私)も、チャップアップを使っています。はじめは「本当に効くのかな?」と不安でした。

 

 

ところが、チャップアップを使って2週間たったころから、頭皮に"予想外のうれしい変化"を感じました。

 

 

 

 

 

 

女性なら「マイナチュレ育毛剤」

 

 

[人気の記事]

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因