頭がすぐガサガサになるのは年のせい?シャンプーを変えて頭皮を整える

頭がすぐガサガサになるのは年のせい?シャンプーを変えて頭皮を整える

 

年齢を重ねるごとに、頭皮が荒れやすくなっていませんか?

 

 

昔はこんな悩みがなかったのに、今ではすっかり頭皮の悩みが増えてきた。

 

 

薄毛だったり白髪になるケースが多いですが、頭皮が荒れやすくなるのも一つ。

 

 

特別なきっかけがなくても、ある日を境に頭皮がすぐ荒れてしまう。

 

 

○頭皮が乾燥して、指で触ると鳥肌みたいにザラザラ。

 

○爪で地肌をかくと、フケのようなものが浮いて出てくる。

 

○頭がシャンプー後にすぐかゆくなったり、湿疹ができたり。

 

 

若い頃はこんなことがなかった、でも今になって出てくるということがありませんか?

 

 

地肌が汚いと、気持ちが落ち着かなくてイライラしてしまいます。

 

 

また、皮がポロポロ落ちると「フケ」のように見えて、不潔に思われるリスクもある。

 

 

いつまでもキレイで若い印象を与えるようにケアしていきたいですよね・・。

 

 

「どうして、頭皮がすぐガサガサになるのか」

 

「どういうケアをすれば、良くなるのか」

 

について、お話ししたいと思います。

 

 

どうして、頭皮がすぐガサガサになるのか

 

頭皮がガサガサになるのは、"加齢による乾燥"が一番の原因です。

 

 

つまり、年齢を重ねていくと「地肌が乾燥しやすく」なります。

 

 

乾燥することで、肌のバリア機能が落ちます。

 

 

その結果、ちょっとした刺激でも頭皮が荒れやすくなるのです。

 

 

どうして、年を重ねると乾燥する?

 

お肌の曲がり角は、顔だけでなく頭皮にもやってきます。

 

 

肌の水分を蓄えている場所で、その働きが落ちてしまうからです。

 

 

角質層と呼ばれる部分があるのですが、そこで水分を蓄える「セラミド」が減少します。

 

 

セラミドはスキンケアでも有名ですが、もともと私たちの肌にあるものです。

 

 

セラミドは水分を蓄えたり、皮膚の中にある水分が逃げないように保湿する役割があるのです。

 

 

年齢とともにセラミドの数は減少するので、水分が無くなったり、蒸発しやすくなります。

 

 

水分がない角質層は、バリア機能が弱くなってしまいます。

 

 

年々乾燥しやすくなり、荒れやすくなるのです。

 

 

もちろん、荒れた肌に余計な刺激を与えないことも大事なのですが。

 

 

そもそもは、「乾燥」から来ているのですね。

 

 

どういうケアをすれば良い?

 

荒れるのが顔であれば、セラミド配合のスキンケアという手段になりますが。

 

 

頭皮ですので、そのまま化粧水や美容液を頭皮につけるのは良くありません。

 

 

なぜなら、化粧品にはいろいろな添加物が使用されています。

 

 

髪の毛が密集している場所でもあり、そうした場所での使用を想定していません。

 

 

ですので、思わぬ肌トラブルが起こる危険性もあります。

 

 

乾燥対策が、ケアで一番大事なポイント

 

乾燥して肌バリアが衰えることが、一番の問題だとお話しました。

 

 

普段のケアでも、しっかり乾燥対策をすることが大事です。

 

 

皮膚科で薬をもらうべき?

 

皮膚科での治療は、あくまで対処療法です。

 

 

かゆみや湿疹が起きたときに、それをしずめるステロイド薬の処方。

 

 

たまに、頭皮を保湿するローションが処方されることもありますが。

 

 

ローションがなくなれば効果はなくなるので、継続しなければなりません。

 

 

わざわざ皮膚科に通院しなくても、自宅でケアできる方法を見つけるべきですよ。

 

 

ステロイドを長期間使うことで、肌のバリア機能が衰えてしまうリスクもあります。

 

 

これ以上荒れさせたくないのに、余計に荒れる原因を作ってしまうことになります。

 

 

保湿ケアは、したほうが良いの?

 

頭皮にローションやエッセンスなどで、潤いを補給した方が良いの?

 

 

たしかに、水分が足りていない状態なので、一定の効果はありますが・・

 

 

セラミドを直接補う事はできませんので、効果としては今ひとつ。

 

 

それよりも、もっと大事な事がありますよ。

 

 

普段使っているシャンプーに注意!

 

今、どのようなシャンプーを使っていますか?

 

 

ラックスやパンテーン、オクトなどの市販シャンプーを使っている方は注意が必要です。

 

 

市販シャンプーの多くは、洗浄成分がとても強いです。

 

 

洗浄成分が強いと、頭皮で保湿する働きをする「皮脂」が無くなってしまいます。

 

 

セラミドと皮脂で、肌の水分が逃げないようにブロックしているのです。

 

 

シャンプーを下手に使うと、セラミドだけなく皮脂までなくなってしまいます。

 

 

そうなると、ますます乾燥してしまい、肌バリアが弱くなるんですね。

 

 

シャンプーは、アミノ酸シャンプーのように洗浄力がやさしいものであることが必須。

 

 

皮脂を守って洗えるので、洗っても水分が逃げることがありません。

 

 

頭皮が荒れて困っている場合、とにかく「洗浄力が弱いもの」を使うことが大事ですよ。

 

 

もう一つ、シャンプー選びで注意をしたいこと

 

低刺激のものを使うこと

 

 

頭がすぐ荒れてしまうのは、頭皮を畑にたとえるとわかりやすいと思います。

 

 

畑が荒れていて、凸凹になっている状態です。

 

 

この畑に、シャンプーに使われている化学肥料(化学物質)を使ってしまうと、ますます荒れてしまいます。

 

 

頭皮が乾燥しないことも大事ですが、これ以上荒れさせないことも大事。

 

 

頭皮に余計な刺激を与えないようにすること。

 

 

シャンプーには、実際のところ色々な添加物が使われています。

 

 

いくら洗い流すものとはいえ、そうした頭皮に負担になる物質は地肌に残ります。

 

 

だから、できるだけ刺激がないシャンプーを選ぶことも大事なのです。

 

 

どういうシャンプーが良いのかについて、まとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

突然、シャンプーが合わなくなった方へ

 

 

「ここ数ヶ月で、フケ・かゆみが頻繁に出るようになった。」

 

 

こうした症状があれば、"シャンプーが合わなくなった"可能性が高いです。

 

 

どうして、シャンプーが急に合わなくなったのか?

 

どんなシャンプーを使えば良いのか?

 

 

詳しくは、下記のページも参考にしてみて下さい。

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因