おすすめのスカルプシャンプーは?市販と通販に分けて徹底解説!

おすすめのスカルプシャンプーは?市販と通販に分けて徹底解説!

 

 

このページでは、スカルプシャンプーって何?どれを使えばいいの?にお答えします。

 

 

◎頭皮が脂で、ギトギトしている。

 

◎頭皮が荒れて、ふけ・かゆみ・湿疹がある。

 

◎抜け毛が気になる。

 

 

人により求めるものは違いますが、頭皮が脂っぽい人は「スカルプシャンプー」が良いです。

 

 

でも、スカルプシャンプーって何者なんでしょうか?なんとなく、「抜け毛を無くせそう」「脂っぽい頭皮が、綺麗になりそう」と思うかもしれません。

 

 

ただ、スカルプシャンプーでも「できること、できないこと」はあります。しっかり見極めて、納得のいくものを選びましょう。

 

 

 

 

1.スカルプシャンプーを使うのはナゼ?

 

 

多くの人が期待するのが、「抜け毛」を防ぐことだと思います。では、スカルプシャンプーは抜け毛に、どう良いのかお話しします。

 

 

そもそも、抜け毛になるのはどうして?

 

 

頭皮が荒れているから、抜け毛や薄毛になってしまうのです。

 

 

くわしく言うと、頭皮が荒れて毛根が"炎症"しているので、髪が抜けます。

 

 

頭皮の皮脂汚れが毛穴に残っていると、皮脂は酸化します。フライパンに残った油が悪くなるのと一緒です。

 

 

酸化した皮脂が毛根にダメージを与えて、炎症するのです。

 

 

〜注意〜

 

皮脂が毛穴に「詰まる」のではありません。毛穴に残って放置するのが問題なのです。

 

 

スカルプシャンプーとは、何?

 

 

ここで、スカルプシャンプーの出番です。

 

 

スカルプシャンプーは、頭皮の皮脂汚れをしっかり落とすことを得意にしています。

 

 

スカルプシャンプーで皮脂をしっかり落とすことで、皮脂が毛穴に残って酸化することもなく、抜け毛を防げるのです。

 

 

スカルプと聞くと、抜け毛がなくなったり髪が増えるようなイメージがあるかもしれません。ですが「抜け毛を完全になくす、増やす」効果はありません。

 

 

スカルプシャンプーに配合されている育毛・発毛成分には期待できません。なぜなら、シャンプーは「汚れを落とす」「頭皮をうるおす」ものだからです。

 

 

スカルプシャンプーでも、中身はバラバラ

 

 

いくつかのメーカーから、スカルプシャンプーが発売しています。目的は同じなのですが、メーカーごとに"洗浄成分"が違います。

 

 

(目的:「皮脂汚れを落として、頭皮をきれいにする」)

 

 

〜スカルプシャンプーに使われる、洗浄成分〜

 

・石油系

 

・オレフィン系

 

・アミノ酸

 

 

洗浄力を強くしようと、強力な洗浄成分を使っているメーカーが多いです。たしかに理屈は合っていますが、石油系やオレフィン系を使うと、「強すぎる」のです。

 

 

たしかに頭皮の皮脂を落とすことは大事です。ですが、洗浄力が強すぎてもいけないのです。頭皮の皮脂がごっそりなくなると、逆に「皮脂不足」を感じて大量に出します。

 

 

洗浄成分に「石油系」「オレフィン系」のいずれかを配合している場合は、避けた方が良いでしょう。

 

 

洗浄力がやさしい「アミノ酸」をベースにしたものが良いです。アミノ酸だと皮脂汚れが残るのでは?と思うかもしれませんが、アミノ酸でもいくつか種類があります。

 

 

アミノ酸をベースにした、スカルプシャンプーを選びましょう。洗浄力が比較的強いアミノ酸を使っています。皮脂汚れが残るという心配もありません。

 

 

 

2.市販のスカルプシャンプーは、どうなの?

 

 

市販でも、スカルプシャンプーはたくさんあります。近所のドラッグストアで売っているものも多いです。

 

 

●ウルオス ●マーロ薬用デオ ●サクセス ●トニック ●デ・オウ  

 

 

市販シャンプーで、おすすめできるスカルプシャンプーは、「スカルプD」か「バイタリズム」のみ。

 

 

なぜなら、それ以外のシャンプーは「洗浄力が強すぎる」というデメリットがあるからです。

 

 

たしかに頭皮の皮脂を落とすことは大事です。ですが、洗浄力が強すぎてもいけないのです。頭皮の皮脂がごっそりなくなると、頭皮は逆に「皮脂不足」を感じて大量に出します。

 

 

洗った後の方がベタベタになるので、やめた方がいいです。洗浄成分に「石油系」「オレフィン系」のいずれかを配合している場合は、避けた方が良いでしょう。

 

 

スカルプDとバイタリズムは、アミノ酸ベースで作られています。なので、市販シャンプーの中から選ぶならこの2つのいずれかが良いです。

 

 

ただ、頭皮に刺激が強い成分を使っているので、もっと「頭皮にやさしい」シャンプーを選ぶことをおすすめします。

 

 

3.通販のスカルプシャンプーが、良いワケ

 

 

通販で買えるスカルプシャンプーの中に、いいものがあります。

 

 

スカルプシャンプーの中で、「無添加」のものを選びましょう。シャンプーにはたくさんの添加物が使われています。

 

 

『防腐剤・エタノール・人工香料・人工着色料』などの成分は、頭皮の刺激になり、炎症がひどくなるおそれがあります。

 

 

皮脂汚れをしっかり落とすことが最優先ですが、「無添加」のものを使うことも大事です。

 

 

市販のスカルプシャンプーで無添加にこだわったものは、ほぼありません。通販のスカルプシャンプーの一部に、「無添加」のものがあります。

 

 

無添加ですと、頭皮に刺激がないので、頭皮が荒れずに洗浄できます。皮脂量が多い人は、菌が発生して荒れやすいので、刺激が少ない方が良いのです。

 

 

4.無添加のスカルプシャンプー3選

 

●石油系・オレフィン系の洗浄成分を使わず、しっかり洗える

 

●無添加で、余計な刺激を与えない

 

2つの条件をクリアしたスカルプシャンプーを、2つ紹介します。

 

チャップアップシャンプー

 

 


チャップアップ

 

 

スカルプシャンプーの中で、もっとも「頭皮へのやさしさ」にこだわっているのがこのシャンプーです。

 

 

洗浄成分は純粋なアミノ酸のみ。アミノ酸というと洗浄力が弱いイメージがあるかもしれません。ですが十分な洗浄力がでるように「独自配合」をしています。

 

 

頭皮に優しいけれどもしっかり皮脂汚れが落ちます。絶妙なバランスを保っているのがチャップアップです。

 

 

無添加なので、防腐剤やシリコン、着色料などは入っていません。さらに「水」も刺激がないように加工しています。

 

 

シャンプーの半分を占めるのは「水」。水には塩素が入っているので、荒れた頭皮には刺激になることがあります。

 

 

頭皮の炎症を直接しずめるエキスも入っています。頭皮の炎症を止めるなら、もっとも充実したシャンプーと言えるでしょう。

 

 

 

 

ヘアリプロ

 

 

 

 

アデランスから発売したスカルプシャンプーです。知名度があるので、どことなく安心感があるかもしれません。

 

 

一番の良さは、頭皮状態に合わせたラインアップがあるという点です。脂小肌、乾燥肌それぞれに合わせたシャンプーがあります。

 

 

いずれもアミノ酸をベースにしているので、洗いすぎず・でもしっかり汚れは落とすというバランスがとれています。

 

 

頭皮への刺激を抑える、添加物も充実しています。頭皮が荒れやすい人でも使いやすいシャンプーと言えます。

 

 

トライアルもあるので、"とりあえず試せる"という手軽さがあります。

 

 

 

 

 

 

 

プレミアムブラックシャンプー

 

 


プレミアムブラックシャンプー

 

 

「洗浄成分が強すぎず、無添加のもの」として、もう一つ候補にあがるのはこのシャンプーです。

 

 

アミノ酸ベースですが、しっかり汚れを落とせるように独自配合しています。この点はチャップアップと同じです。

 

 

基本は無添加なのですが、メントールという刺激が強い物質が入っているのが残念。あとは「水」も塩素の刺激があるのですが、刺激カットの加工はしていません。

 

 

頭皮へのやさしさで考えると、チャップアップの方がしっかりしています。どちらかというと、髪に栄養を与える成分が充実しています。

 

 

「汚れ落とし+育毛」も視野にいれているシャンプーです。ただシャンプーは基本「洗い流す」ものなので、育毛効果がどの程度あるかはわかりませんが・・

 

 

値段もチャップアップより高く、5000円を超えてきます。出費も気になるところです。

 

 

 

 

スカルプDと、チャップアップの違い

 

 

頭皮の炎症をしずめるなら、チャップアップシャンプーが一番です。

 

 

スカルプDは知名度がありますから、気になるかもしれません。通販系で一番良い「チャップアップ」と比較してみました。

 

チャップアップ

スカルプD

画像

洗浄成分


アミノ酸がベース


アミノ酸がベース

添加物

無添加

無添加ではない

その他

-

殺菌成分が刺激になる可能性も

力を入れている成分

炎症をしずめる
頭皮をうるおす

髪を元気にする

価格

4180円
※300ml

3900円
※350ml

1ヶ月あたり

2090円

1950円

メーカーのページ

 

 

5.スカルプシャンプーを使うときの注意点

 

 

できるだけ「洗いすぎない」ことを意識してください。

 

 

汚れ落ちが悪くなる心配があるかもしれませんが、洗いすぎて皮脂が過剰にでる方が危険です。

 

 

二度洗いはしない・1日に1回だけ洗う。を徹底した方がいいです。洗いすぎると皮脂がとられすぎて過剰に出てしまいます。

 

 

皮脂が気になるなら、シャンプーする前に、しっかり「お湯ですすぎ」をすると良いです。すすぎをすれば、シャンプーが泡立ちやすくなるので、洗っていて物足りなさを感じません。

 

 

本格的に、薄毛対策をしたいなら「育毛剤」

 

 

スカルプシャンプーではあくまで、頭皮の皮脂をしっかり落として、抜け毛を防ぐためのものです。

 

 

抜け毛がこれ以上増えないように、「シャンプーで予防」はできます。

 

 

ですが、「すでに抜けてしまった毛」は、シャンプーでは復活できません。すでに抜け毛が多くて地肌が気になるレベルであれば、育毛剤も併用すると良いです。

 

 

髪にはヘアサイクルというものがあります。頭皮環境が悪くて抜けた毛は、ヘアサイクルが正常化するのに時間がかかります。

 

 

育毛剤を使うことで、本来のサイクルに戻して、再び元気な髪が生えてくるようにケアするのです。

 

 

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因