メリットだとフケが出る

メリットだとフケが出る|菌を無くすシャンプーが必要なワケ

 


フケ対策でメリットを使ったら、逆にフケが出てくるようになった・・経験、ありませんか?

 

 

フケといえばメリットというイメージ、あると思います。

 

 

とりあえずコレを使っておけば大丈夫だと思い、使った方も多いと思います。

 

 

フケが減るどころか、逆に増えてきた。

 

 

だとしたら、悲しくなりますよね・・

 

 

いくら身だしなみに気をつけても、フケ一つあれば悪いイメージになってしまうから怖いものです。

 

 

メリットでフケが出る理由は何なのか、どうすれば良いのかについて調べてみました。

 

〜このページのまとめ〜

 

1.メリットで、フケ対策は期待できない。

 

2.なぜなら、今のメリットはフケを抑える成分を配合していないから。

 

3.ただし、メリットを使うと「逆にフケが増える」ことはない。もともと頭皮が荒れて、シャンプーで目立つようになっただけ。

 

4.本気でフケ対策をするなら、"市販シャンプー"では無理

 

 

 

 

 

 

1.メリットは本当に効かない?

 

最近のメリットに関する口コミを見てみたら、フケが増えてきたという書き込みがあるんですね・・。

 

 

単にシャンプーが、その人の体質に合わなかった、という理由で片付けられないと思うんですよ。

 

 

調べてみると、メリットは成分のリニューアルや改良などを色々と行っています。

 

 

メインの成分を変えている

 

メリットといえば、フケ。真っ先に連想される言葉はコレ。

 

 

昔からあるブランドで、コマーシャルもやっていましたから定着しているのだと思います。

 

 

知名度はバツグンです。

 

 

ですが・・

 

 

実は10年前に、フケを抑える主成分「ジンクピリチオン」の配合を辞めています。

 

 

代わりに「グリチルリチン酸2K」と呼ばれる成分が、主成分になっているのです。

 

 

成分を変えることで、一体どう違うのでしょうか?

 

 

▲ページのトップへ

 

 

成分の変更で、フケ対策が弱まっている?

 

 

「最近のメリットは、全然フケに効かなくなった」という声があります。

 

 

昔は効いていたのに、今はさっぱり。むしろフケが悪化しているかのようなイメージもあるという書き込みも。

 

 

そのことと、成分の変更は無関係ではなかったということ。

 

 

旧成分、ジンクピリチオンはフケを抑える効果がある「抗菌」成分です。

 

 

それに対し新成分の「グリチルリチン酸2K」は頭皮の炎症を抑えます。

 

 

フケを"直接"抑える成分の配合を、辞めていることがわかりました。

 

 

メリットがなぜ切り替えたのか、本当のところはわかりません。

 

 

ですがジンクピリチオンは、環境ホルモンの問題が一時期起こりました。

 

 

人体に有害な影響を及ぼす可能性があるとされています。

 

 

成分変更は、環境ホルモンと無関係ではないと思いますが・・断定はできません。

 

 

パッケージの表記も変えた

 

さらに追い打ちをかけるように、パッケージの表記も変えているのです。

 

 

従来はパッケージ正面に「フケ・かゆみを防ぐ」と記載されていました。

 

 

今はその記載がないことを、ご存じでしたでしょうか。

 

 

お手元にメリットがある方は、一度ご覧になってみてください。ありませんから。

 

 

「今」のメリットは、"フケ・かゆみ"を中心に押し出していないのです。

 

 

"効かない"というよりも、メリットが「フケシャンプー」という立ち位置でないということなのです。

 

 

ブランドイメージを変えたいのかもしれませんが、まだまだ私たちの頭には「フケに効く」と根付いているのも事実です。

 

 

▲ページのトップへ

 

2.逆にフケが増えるのは本当か?

 

 

 

 

メリットを使えばフケが増えるというわけではありません。フケを増やすことはありません。

 

 

ではなぜ、フケが増えたように感じる事があるのでしょう。

 

 

フケが出る人の頭皮は、表面の角質が「はがれかけ」ている状態なのです。

 

 

角質とは、皮膚の表面にある細胞のこと。

 

 

シャンプーして頭皮をゴシゴシすると、表面についていた角質(=フケ)が地肌から離れます。

 

 

もともとフケが出来ていたところ、シャンプーによって浮き出てきただけです。

 

 

メリットが引き金になっているわけでは、ありません。

 

 

メリットで、フケが新しく生まれているわけではありません。

 

 

フケ対策ができるシャンプーは?

 

 

メリットを使い続けるよりも、フケ対策がしっかりできるシャンプー選びが大事です。

 

 

安いしいつでも買えるから、メリットでフケを防ぎたい。という気持ちはわかります。

 

 

フケという悩みを本気で治したいなら、シャンプー選びはすごく大事です。

 

 

もっと言ってしまうと、本気でフケを直すなら「市販シャンプー」では難しいです。

 

 

どの程度、フケをなんとかしたい!と思うかです。

 

 

"たまに"しかできないのであれば、値段重視で市販のものから選んでもいいと思うんです。

 

 

しかし、いつもフケが出てきて本当に困っているなら、しっかりしたシャンプーを。

 

 

フケがあると気持ちがしずむだけでなくて、周りの人から「汚い・近寄りたくない」と思われてしまいますからね。

 

 

こっちがいくら入念に頭を洗っていようが、関係ないですから。

 

 

フケを見つけられて「この人に近づきたくない」って思われたら、アウトですからね。

 

 

「フケが出ているから、近づきたくない」なんて、教えてくれるはずもありませんから。

 

 

嫌われる前に、本気で今すぐシャンプー選びをするなら。

 

 

 

〜脂性の男性であれば、このシャンプーがオススメ〜

 

 

"脂漏性皮膚炎"の症状を改善するために作られた、専門シャンプーです。皮膚科の専門医が開発しています。

 

 

コラージュフルフルだと、マラセチア菌を抑えても「増える」可能性があります。マラセチア菌が好む保湿成分が入っているからです。

 

 

カダソンは、マラセチア菌が「増えるのを抑える」成分(シロキクラゲエキス)があります。

 

 


KADASON(カダソン)

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因