シャンプーしてドライヤーするとフケが出る

シャンプーしてドライヤーするとフケが出る|原因と解消法

シャンプーしてドライヤーするとフケが出る|原因と解消法

 

 

「ドライヤーで乾かすとフケがでる!使っているドライヤーが悪いの?」

 

 

シャンプーして頭皮をキレイにしたハズなのに、ドライヤーするとフケが出るのって気持ちが下がってしまいます。洗い直すのも面倒ですし・・

 

 

一体何が悪いのか、もやもやしてしまいます。

 

 

・自然乾燥させるべき?

・ドライヤーのかけ方が悪い?

・ドライヤーそのものが悪い?

 

 

など、気になる疑問にお答えしていきたいと思います!

 

 

 

1.自然乾燥させるのはダメ?

 

 

「ドライヤーを下手に使ったら、フケが余計にでる気がする。自然乾燥の方がいいの?」

 

 

たしかに、ドライヤーをかけたら頭皮が乾燥するから、そのまま乾かした方良さそうな気もしますが・・

 

 

自然乾燥をさせるのは、止めましょう。

 

 

自然乾燥させると、頭皮が「生乾き」になるのと同じ状態になり、頭皮から雑菌が生まれてしまうからです。

 

 

生乾きした洗濯物には、"カビがはえる"のと同じ理屈です。頭皮にはたくさんの菌がいますが、湿気を好む菌の一つに「マラセチア菌」がいます。

 

 

マラセチア菌が大量発生すると、頭皮にダメージを与えてしまいその結果「ふけ・かゆみ」が出てしまうのです。

 

 

フケを防ぎたいのであれば、ドライヤーで乾かすのが必須です。

 

 

2.ドライヤーで乾かした直後から、フケがでるのはナゼ?

 

 

「ドライヤーして髪を乾かしている時や、乾かしたあとからフケが出てくる・・・」

 

 

フケを見つけると、ドライヤーそのものが悪いような気がするかもしれませんが、ドライヤーがフケを作り出しているわけではありません。

 

 

もともと頭皮にできていたフケが、「シャンプーやドライヤーによって、浮き上がったもの」なのです。

 

 

ドライヤーのかけ方が悪いと、頭皮は乾燥しますが『すぐにフケになることはありません』。

 

 

普段から頭皮が「乾燥」もしくは「油っぽい」と、どんどんフケができていきます。

 

 

頭を洗うことで、元々あった地肌のフケが髪にからみつき、ドライヤーで乾かしているときに見つけるという流れなのです・・。

 

 

〜ちなみに〜

 

●頭皮が乾燥している⇒皮膚の表面がはがれて、パラパラした「乾燥フケ」

 

●頭皮が脂っぽい⇒頭皮に雑菌が生まれ、ベタベタした大きい「脂性フケ」

 

ができます。

 

 

 

 

3.フケの発生を予防する、ドライヤーのかけ方

 

 

ドライヤーがすぐにフケを作り出すことはありませんが、頭皮が乾燥する原因になります。

 

 

ドライヤーのかけ方が悪いと、普段から頭皮が乾燥し、あとからフケが出てしまいます。フケを予防するためにも、正しいドライヤーのかけ方をマスターしましょう。

 

 

正しいドライヤーのかけ方

 

 

 

ドライヤーをかけるときは、「乾燥させすぎ」ないようにすることがポイントです。

 

 

1.タオルドライ

 

 

バスタオルを髪にあてて、挟み込むようにポンポンとあてて乾かす方法です。

 

 

タオルで髪をぐしゃぐしゃっともみこむのではなくて、「タオルに髪の水分をしみこませる」ようなイメージです。

 

 

ドライヤーで髪を乾かす時間を短縮させて、乾燥を防ぐのが目的です。

 

 

2.ドライヤーの、髪のあてかた

 

 

ドライヤーをかけるときは、1箇所に集中してあてないように、少しづつ動かしながらあてます。

 

 

基本は「髪の根元から毛先に向かって」かけるようにします。かける順番はどこからでもよいですが、髪にクセがついている場合はクセのある場所を優先的にかけましょう。

 

 

3.ドライヤーの、地肌へのあてかた

 

 

基本的には、地肌に直接ドライヤーをあてるのはオススメできません。皮膚が熱風をダイレクトに受けると、乾燥してしまうからです。

 

 

だからといって一切乾かさないと、地肌が生乾きになって雑菌が生まれてしまいます。

 

 

髪の根元を乾かす時に、"地肌にも軽くあてる"くらいのイメージで問題ありません。

 

 

もちろん、一箇所を集中して熱をあてると、熱がこもってしまうので小刻みに動かすのを忘れずに。

 

 

髪とドライヤーの距離は15〜20センチくらいを目安にしましょう。

 

 

目安として、手の親指と人差し指を軽く広げたくらいの距離でドライヤーをあてるようにすると良いですよ。

 

 

ドライヤーをあてるときに、注意すべき点

 

 

ここで注意すべきは、ドライヤーの温度です。一般的なドライヤーの熱風モードでは"100度前後"になります。

 

 

100度以上になると、地肌の乾燥はすすんでしまい「乾燥フケ」の原因になってしまいます。

 

 

『ドライヤーは短時間で、同じ場所に集中して熱をこもらせない』ことを心がけましょう。

 

 

4.乾燥したフケが出る人は、ドライヤー以前の問題も

 

 

 

 

正しくドライヤーをかけることで、「生乾き」も「乾燥」も、防ぐことができます。

 

 

ただし、いくらドライヤーをしっかりかけてもフケが出る場合は、「ドライヤー以前の問題」が考えられます。

 

 

特に、パラパラした細かいフケがでる方は、普段から頭皮が乾燥していることが考えられます。

 

 

頭皮が乾燥する、一番の原因は「洗浄力の強すぎるシャンプー」を使っていることにあります。

 

 

普段何気なく使っているシャンプーでも、実際はとても強力なもので、頭皮の油分(皮脂)を根こそぎとってしまいます。

 

 

「シャンプーするたびに皮脂がとられて、ドライヤーをかける前から水分がなくなる」ことがるのです。

 

 

どういったシャンプーを選べば、頭皮の乾燥を防ぐことができるのか、気になる方は下のページもチェックしてみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しゃんラボ


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因