妊娠してからフケやかゆみが止まらない時、どんなケアをすればいい?

妊娠してからフケやかゆみが止まらない時、どんなケアをすればいい?

 

 

妊娠してから急に、フケやかゆみがひどくなってきた・・

 

○フケが大量にでたり、皮がめくれたようなものも出たりする。

 

○頭がかゆくなり、ついポリポリかきむしってしまう・・

 

こんな症状に、悩まされていませんか?

 

今まではフケやかゆみとは無縁だったのに、突然肌質が変わったのかな?と思うかもしれません。

 

 

「妊娠中は、抜け毛が増える」という話は、よく聞きますけどね・・あまりフケやかゆみは聞かないかもしれません。

 

 

シャンプーを変えてもいないし、心当たりがなくて不安な気持ちになっているかもしれません。

 

 

「赤ちゃんが生まれたら、いずれ治るから我慢」と思っているかもしれません。

 

 

ですが・・

 

 

今のままだと、産後もずっと続く可能性があります。

 

 

妊娠中も産後も、ホルモンバランスが崩れます。ホルモンバランスの乱れと、今回のケースは関係しているからです。

 

 

だから、今しっかりと対策をした方が良いと思いますよ。

 

 

フケや頭皮の皮が落ちるようになると、不潔な印象を与えないか心配ですよね・・

 

 

鏡を見ながらイライラするのも、お腹の赤ちゃんには決して良いことではないですからね・・

 

 

「そもそも、なぜ急に頭皮が荒れてしまうのか」

 

「皮膚科にいくべき?」

 

「どんなケアが効果的なの?」

 

について、お話ししていきたいと思います。

 

 

そもそも、なぜ急に頭皮が荒れてしまうのか

 

 

ホルモンバランスの乱れで、肌の抵抗力が弱くなるから

 

 

そもそもフケやかゆみが起こるのは、頭皮が炎症を起こしているからです。

 

 

本来であれば、皮膚は「肌バリア」というものに守られているので、外部の刺激を防ぎます。

 

 

「肌バリア」は、女性ホルモンの一つ「エストロゲン」によってその働きが保たれているのです。

 

 

ところが、妊娠してエストロゲンの分泌が不安定になると、肌バリアの働きが悪くなります。

 

 

だから、ちょっとした刺激にも「肌が負けて」しまい、炎症をおこして「フケ・かゆみ」につながるのです。

 

 

※フケ=皮膚の表面が炎症を起こして、はがれたもの。

 

 

妊娠してホルモンバランスが乱れると、「肌バリア」が低下して敏感に。

 

 

皮膚科にすぐ行くべき?

 

 

皮膚科でも、根本的に治すことができない

 

 

あくまで「一時的に働きが低下している」ので、治療を受けて治るものではありません。

 

 

ただ、あまりにもかゆみがひどいときは、「応急処置」としてステロイドなどの外用薬が処方されます。

 

 

ステロイドは基本的に、長期使用しなければ肌への副作用はありません。

 

 

ですが・・お腹に赤ちゃんがいるときにステロイドを使うのは、抵抗がありますよね・・

 

 

基本は皮膚科に頼らずに、自分でうまくケアしていくのが一番です。

 

 

どんなケアが効果的なの?

 

 

 

 

デリケートな頭皮に合ったシャンプーに"切り替える"

 

 

一番の対策は、頭皮に余計な刺激を与えないことですよ。

 

 

普段よりも刺激に敏感ですので、やさしくいたわることが大事です。

 

 

今、市販のシャンプーをお使いでしたら、一時的に使うのをストップすることをオススメします。

 

 

頭皮状態が落ち着いてから、あらためて「お気に入り」のものを使うようにすればよいと思いますよ。

 

 

市販シャンプーは、頭皮に刺激になる成分が入ったものが非常に多いのです。

 

 

フケや皮めくれ、かゆみなどを抑えるには、とにかく余計な刺激を与えないこと。

 

 

一度できてしまったものは、できるだけ触れずにそっとしておくのが一番のケアです。

 

 

ちなみに、刺激を避けられるからといって「湯シャン」はNGですよ。

 

 

刺激はありませんけど、頭皮の皮脂汚れは残りますからべとべとになり不潔です。

 

 

石油系界面活性剤を避けるべし

 

 

 

 

「刺激の少ないシャンプー」は、いったいどれが良いのでしょうか。迷いますよね。

 

 

無添加?石鹸シャンプー?いろいろ思い浮かぶと思いますが・・

 

 

妊娠中の方が、特に外してはいけないポイントがあります。

 

 

"石油系界面活性剤を使っていないかどうか"です。

 

 

石油系の洗浄成分のことを、「石油系界面活性剤」と言います。名前は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

 

原料代が安いので、多くの市販シャンプーに使われているのですけど、この成分はホント危険なんですよ。

 

 

"洗浄力が強すぎる"

 

 

洗浄力が強いと頭皮の皮脂がなくなって、水分が逃げて行ってしまうんですね。

 

 

普通に洗っているつもりでも、保湿するはずの「皮脂」がなくなるので乾燥します。

 

 

乾燥すると肌バリアの力が落ちるので、ますます敏感になるのですよ。

 

 

"経費毒"

 

 

あとは、成分自体が体に悪いです。「経費毒」という言葉を知っていますか?

 

 

皮膚から有害物質が浸透して、体に悪影響を及ぼすといわれているものです。

 

 

石油系の洗浄成分は、台所用の洗剤にも使われているもの。

 

 

しかも刺激になるものは、洗い流しても皮膚にもわずかながら蓄積されるといわれています。

 

 

人工的、化学的な成分がてんこ盛りのシャンプーを使っていると、知らない間に体に浸透して、悪影響を及ぼす可能性があります。

 

 

大事な赤ちゃんがお腹にいるのに、少しでも危険があることは避けたいもの。

 

 

だからこそ、今この時期だけでも、シャンプーは"髪にも体にも"やさしいものを使う方が安心できますよね。

 

 

石油系界面活性剤が入っていないシャンプーは?

 

 

アミノ酸系のシャンプーが理想。ただし、"ニセモノ"も多いので注意。

 

 

シャンプーは大きく分けて、3つの洗浄成分に分かれます。

 

 

×石油系・・市販シャンプーのほとんど。洗浄力が強すぎる。 ※石油系界面活性剤

 

△石鹸系・・刺激はないが、洗浄力が強い。

 

◎アミノ酸系・・洗浄力が優しい、皮脂を残す。

 

 

頭皮にやさしそうな石鹸シャンプーは、洗浄力が強いというデメリットもあります。

 

 

洗浄力が強いと、頭皮の皮脂も一緒に洗い流してしまい「乾燥」しやすくなります。

 

 

乾燥すると肌バリア機能が弱くなりますので、良くないのです・・

 

 

アミノ酸系のシャンプーを使うのが一番ですが、アミノ酸シャンプーは「本物」を選ばないと、意味がありません。

 

 

「アミノ酸シャンプーに本物もニセモノもあるの?」と思うかもしれません。

 

 

アミノ酸シャンプーとは、一体どういうもので、何を選べばよいのでしょうか。

 

 

 

 

 

[関連ページ]

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因