地肌の乾燥によるかゆみの原因と、効果的な シャンプー選び

地肌の乾燥によるかゆみの原因と、効果的な シャンプー選び

 

 

「頭がかゆくてかゆくて、イライラする。」

 

 

私も頭皮が乾燥しやすい肌質のようで、突然かゆみが襲ってくることがあり困っていました。

 

 

ただ、市販シャンプーをいろいろ試しても、どれも全く効果なし。

 

 

「かゆみに効く成分を配合しています」

 

「低刺激で、頭皮を守ります」

 

その宣伝文句、本当なの?と疑いたくなりますよ。

 

 

結局、ただやみくもにシャンプーの特徴から「これがいい!」と決めてもダメだと気づきました。

 

 

かゆみを防ぐには、"肌を守る"シャンプーを使うこと。

 

 

「えっ?肌を守るってどういうこと?」と思うかもしれません。どういうことか、お話ししていきますね。

 

 

そもそも、かゆみが出るのはどうして?

 

 

乾燥すると"肌が弱くなる"から、かゆみが出るのですよ。

 

 

「肌バリア」という言葉、聞いたことありませんか?

 

 

皮膚の中で、外部からの刺激を防ぐためにあるバリアなのですね。

 

 

 

 

皮膚が乾燥すると、肌バリアの中にある水分が、逃げて行ってしまうんですよ。

 

 

水分が逃げると、肌バリア自体の形が崩れてしまうんですね。

 

 

だから肌バリアが弱くなる。

 

 

弱くなった肌バリアだと、外部の刺激に反応して「かゆみ」が出てくるのですね。

 

 

外部の刺激:ホコリ・ハウスダスト・冷たい風・ばい菌 など

 

 

かゆみを防ぐには、「肌バリアを守る」ケアをしないとダメなのですよ!

 

 

〜参考:もう少し詳しく、お話しすると〜

 

皮膚は「角質」とよばれる細胞が、積み重なってできています。

 

まるでミルフィーユのお菓子のように、層になってできているのです。

 

角質が層になっているのを「角質層」とよび、角質層が肌バリアを形成します。

 

角質同士は、水分が「接着剤」のようになって、つながっています。

 

乾燥して水分が奪われると、角質同士を接着するものがなくなるので、形が崩れます。

 

だから、乾燥すると肌バリアが崩れ、外部刺激に対し敏感になってしまうのです。

 

 

かゆみの症状にも、段階がある

 

かゆみができる仕組みは一緒なのですが、人によって色々な段階があります。

 

 

初期症状として起こりやすいのは、冬場など「季節の変わり目」に起こるかゆみ。

 

 

頭皮が乾燥すると、刺激に敏感になってくる状態で、症状としては初期段階です。

 

 

ただ30代以降になると、頭皮の皮脂量が減るので乾燥するケースも多いようですね。

 

 

少し厄介なのが、突然起こる"強烈なかゆみ"。

 

 

突然起こって、むずがゆくなるほどの辛さって、経験したことがある人でないとわかんないですよね。

 

 

かゆいというより、ピリピリしたり"くすぐったい"ような感覚

 

 

寝ている間に頭皮をかきむしってしまって、翌朝には大量のフケと血が出てきて驚いた・・という方もいるのではないでしょうか。

 

 

乾燥が進んで、肌バリアが完全に弱くなっている状態です。

 

 

他にもアトピー性皮膚炎の方が、かゆみを併発する可能性もあります。

 

 

できるだけ頭皮の刺激を抑えつつ、肌バリアを守るケアをじっくり行わないと難しいですね。

 

 

かゆみを直接抑えれば、いいんじゃないの?

 

 

「肌を強くすることは大事だけど、今この"かゆみ"から解放されたい」。

 

 

黙っていてもつい、爪でかきむしってしまったり。夜も寝られないくらい辛いと、かゆみに即効性を求めますよね。

 

 

で、かゆみを抑えるシャンプーに走ってしまう人が多いんですけど。

 

 

コレ、意味ないですよ。

 

 

薬用シャンプーには、炎症を抑える成分が入っていますけど、「乾燥してできるかゆみ」とは違いますからね。

 

 

(コラージュフルフルとか、オクトなどのシャンプーが該当します。)

 

 

あくまで、頭皮が脂っぽくて「菌」が出ている人むけのシャンプーですから。

 

 

いくらかゆみを抑える成分が入っていても、乾燥する人には意味がないですよ。

 

 

かゆくて仕方ないときは、皮膚科で処方されたステロイドを塗るか、市販で「ムヒHD」などの軟膏を塗って鎮めるしかないです。

 

 

で、こうした薬用シャンプーを下手に使ってしまうと、よけい頭皮が乾燥するのでホント辞めた方がいいです。

 

 

わたしも、某薬用シャンプーを使って、逆に頭がかゆくて仕方なくなりましたから。

 

 

シャンプー選びは、市販のものがオススメできないワケ

 

薬用シャンプーにせよ、市販で売っているシャンプーは基本的に辞めた方がいいです。

 

 

脱脂力(頭皮の皮脂をとる力)がとにかく強い。

 

 

頭皮についた汚れだけならまだしも、皮脂までごっそり取られてしまいますから。

 

 

皮脂がなくなると、「肌バリア」がますます弱くなりますよ。

 

 

皮脂は皮膚の水分が逃げないように「フタ」をするもの。シャンプーして皮脂がなくなると、頭皮から水分が逃げて乾燥します。

 

 

乾燥すると"肌バリアが弱くなる"から、かゆみが出てしまうのです。

 

 

頭がかゆくなる一番の原因は、"市販シャンプーで皮脂を落としすぎること"なんですよ!

 

 

〜参考:どうして、市販シャンプーは脱脂力が強いの?〜

 

洗浄成分が安いものは、脱脂力が強いのです。

 

市販シャンプーは、たくさん売るために値段を下げることを第一に考えます。

 

(売れないと、他の商品に入れ替わってしまうので)

 

安くて脱脂力の強い洗浄成分が、どうしても使われてしまうのです。

 

石油系の界面活性剤といい、成分名に「ラウリル〜 ラウレス〜」という表記が目印です。

 

アミノ酸シャンプーで、頭皮のかゆみを防ぐ

 

 

 

 

「乾燥を防いで、肌バリアを守る」なら、アミノ酸シャンプーがいいですよ。

 

 

なんとなく石鹸系のシャンプーとか、無添加のものを探してしまいがちですけど。

 

 

石鹸系のシャンプーは、意外にも洗浄力が強いので注意した方がいいですよ。

 

 

ただ無添加で、頭皮にやさしいというだけですからね。

 

 

無添加と書かれているものも注意ですよ。いくら防腐剤などをつかっていなくても、洗浄成分が強いと乾燥しますからね。

 

 

アミノ酸シャンプーだと、"洗浄力がやさしい"ので皮脂を残して洗えます。

 

 

洗浄力がやさしいというと、ちゃんと汚れが落ちるかな?と私は不安になりましたが。

 

 

実際に使っているのですが、しっかり汚れは落ちますしね。

 

 

乾燥している人はもともと皮脂量が少ないので、洗浄力が弱くてもべとつくことはありませんから。

 

 

私が使っているのは、ハーブガーデンシャンプーというアミノ酸シャンプーです。

 

 


ハーブガーデンシャンプー

 

 

きっかけは、美容室でアミノ酸シャンプーを勧められたから

 

 

「髪の悩みを本気で変えたいなら、シャンプーのランクを上げてみないと難しいですよ」

 

 

アミノ酸シャンプーは、サロンで主に使われているシャンプー。市販のものよりワンランク上のもの、というのが美容師さんの間での常識。

 

 

はじめはサロン専売品を勧められましたが、ちょっと高い。お断りしたところ、「ハーブガーデンシャンプー」を教えてくれたんですね。

 

 

ハーブガーデンシャンプーは、メーカーの通販で直接買えるとのことで。

 

 

とりあえず1回と思い注文して使ってみることにしました。

 

 

それなりにお値段しますけど、ワンランク上のシャンプーがどんなのかという好奇心もありました。

 

 

 

 

実際使ってみたら、使ってビックリするほど使い心地が良かったです。シャンプーが指にからまるとき、「指が気持ちいい」んです。

 

使いごこちの良さはさておき、このシャンプーを使い始めてから徐々に、かゆみが気にならなくなってきたのは事実です。

 

 

いきなりかゆみがなくなった!とはなりませんでしたけど。

 

 

いつも朝起きたら、枕元に大量の細かいフケがあったのですが、それがほとんどなくなって。寝ている時に、かきむしっていたんですけどね。

 

 

ハッキリ「良くなった!」という実感はなく、「いつの間にか気にならなくなってきた」というのが正直な感想です。

 

 

今までどのシャンプーでも、使ったその日からかゆかったんですけど、それもなくなり。やっぱこのシャンプーが、合っているんでしょうね。

 

 

無添加なので、刺激もないから安心して使えました。

 

 

ただ、香りがほとんどしないので物足りないし、値段も高め。

 

 

メーカーの通販ショップでしか買えず、楽天やアマゾンで扱ってないから安く買えない。

 

 

いろいろ不満な点もありますけど、シャンプーとしての実力は間違いなくあると思いますよ。

 

 

▼▼ハーブガーデンシャンプー▼▼

 

 

 

 

 

[関連ページ]

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因