シリコン入りのアミノ酸シャンプーが欲しい!ノンシリコンで不満を感じている方へ

シリコン入りのアミノ酸シャンプーが欲しい!ノンシリコンで不満を感じている方へ

 

 

アミノ酸シャンプーを使いたいけど、ノンシリコンだと髪の仕上がりにストレスを感じる・・

 

今はやりの「ノンシリコンシャンプー」。シリコンが良くないからということで、メーカーからいろいろなものが出されていますよね。

 

ただ、ノンシリコンに変えたとたんに、髪の不調が出てきて困りませんか?

 

●髪が痛みやすくなった。キシキシする。

 

●髪が乾燥しやすくなった。

 

●ダメージを受けやすくなった。

 

●フケやかゆみ・抜け毛が出やすくなった。

 

ノンシリコンのせい?それとも何か別の原因がある?気になるところですよね。

 

 

髪にやさしいアミノ酸シャンプーを使いたい。でも、ノンシリコンのせいで髪がパサパサ。

 

 

でも、シリコンにしたら頭皮に悪いらしいし、パーマがカラーの液が浸透しにくくなるというジレンマもある。

 

 

なかには、シリコン入りのものとノンシリコンいりのものを併用しながら使っている人もいるとか・・それはそれで大変ですよね。

 

 

 

 

アミノ酸シャンプーだと、どうしてノンシリコンがセットになっている?

 

「頭皮に優しい」というイメージがつきやすく、売れるから。

 

 

市販シャンプーは、「表面受け」さえ良ければOK、という風潮があります。

 

 

"なんとなく良さそう"と思って、手にしてもらえたら勝ちなんですね。極端なことをいうと。

 

 

頭皮のことを考えてノンシリコンにするというよりも、「売れるからノンシリコン」が優先されている。

 

 

もちろん、シャンプーを売るのは商売ですから、製造メーカーにとってうまみがなければ意味がないわけですよね。

 

 

本当はシリコンがあった方が良い。でも、ノンシリコンにした方が恰好がつきやすい。だからノンシリコンなんです。

 

 

ノンシリコンになると、髪がいたむという現実

 

 

ノンシリコンにした方が「髪が確実に傷みます」。間違いありません。

 

 

なぜかというと、シリコンは髪の表面を油分でコーティングして守るから。

 

 

これは髪のキューティクルを守る効果もありますし、純粋にシャンプーの添加物から髪がダメージを受けないようにブロックする働きもあるから。

 

 

シリコンがないと、髪が「むきだし」になってしまい、髪がダメージを受けて傷みやすくなるんです。

 

 

地肌が荒れるのとは、また別問題。地肌が荒れるのはシャンプーの添加物が頭皮ダメージを与えている可能性があるからです。

 

 

アミノ酸シャンプーでノンシリコンといっても、防腐剤や香料などの添加物が0という意味ではありませんので注意を。

 

 

シリコン自体は、害のある成分ではありません。ただ、「毛穴に詰まると抜け毛になる」説があるので、なんとなく"頭皮に悪いもの"というイメージが定着しているだけの話です。

 

 

ただ、シリコンは「人工的」な油分なので、理想をいえば「天然」の油分を使った方が髪にはやさしいです。

 

 

アミノ酸シャンプーで、オイル成分が充実しているもの

 

アミノ酸シャンプーとノンシリコンは、セットみたいになっています。なかなか「シリコン入り」はありません。

 

 

ですが、まだ方法はあります。

 

●アミノ酸シャンプーで、"シリコンの代わりになる油分"があればOKなのです。

 

 

もともとシリコンは、人工的に作った油分です。植物などから作った油分であれば、頭皮に優しくて髪ダメージも防げます。

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因