頭皮がすぐ荒れて、将来薄毛にならないか不安|どんな準備をしておけば良い?

頭皮がすぐ荒れて、将来薄毛にならないか不安|どんな準備をしておけば良い?

 

頭皮が荒れていて、抜け毛も出てきて将来が心配・・

 

 

・頭皮が乾燥しやすく、角質がポロポロ落ちる。

 

・かゆみがでて、ついかきむしってしまう。

 

・頭皮が赤くなったり、湿疹ができたりする。

 

 

アトピーもちだったり、頭皮が弱い人は荒れやすくて大変ですよね。

 

 

もちろん、頭皮の荒れもケアしたいところですが、「薄毛」の不安もありませんか?

 

 

○大量ではないけど、ふとした時に髪が抜ける。

 

○心なしか、前髪や生え際が薄くなってきたような気がする。

 

 

ただでさえ、頭皮が荒れて人に対して神経質になっているのに。

 

 

さらに薄毛になってしまうと・・与える印象は、最悪になってしまうかもしれない。

 

 

これ以上、人から嫌われる原因を作りたくない

 

 

だからこそ、将来に向けた備えが必要だと思うんです。もちろん、今の荒れた頭皮を解決することもあわせて。

 

 

ただ、ケアといっても何をしたらいいかわからないと思うんです。

 

 

いろいろな情報があるかもしれませんが、私がお伝えしたいことは1つ。

 

 

育毛剤なら、「頭皮の荒れ」と「薄毛」対策ができる

 

 

〜PICK UP:頭皮の荒れと薄毛対策なら「チャップアップ」〜

 

「保湿成分で、頭皮の荒れを防ぐ」のと、「頭皮環境を整えて薄毛対策をする」育毛剤です。

 

皮膚科や市販のローションでは、保湿はできても「頭皮環境の改善」はできません。

 

返金保証付きなので、とりあえず試すことができます。

 

 

 

育毛剤をあえて使う理由

 

 

 

 

皮膚科より、市販薬より育毛剤を"あえて使う"理由がある

 

 

「荒れた頭皮に、どうして育毛剤が効果的なの?」

 

 

たしかに、育毛剤というと「髪を元気にする・育てる」というイメージが強いかもしれません。

 

 

アトピーもちの方であれば、保湿といえば必要なケアだというのがピンとくるかと思います。

 

 

実際に、皮膚科でも荒れた頭皮には「保湿用のローション」を処方するのが一般的です。

 

 

水分を補うことで、『肌のバリア機能』を強くして「刺激に負けない皮膚」を作る。

 

 

育毛剤も、基本は頭皮を潤す効果が期待できます。たくさんの保湿成分が入っていて、ヘアトニック感覚で使えます。

 

 

だから育毛剤を使いましょう・・という、単純な話ではありません。

 

 

ただ潤すだけだったら、それこそ保険適用になる皮膚科のローションだったり、市販の化粧水とかローションの方が安く済みます。

 

 

育毛剤なんて高いじゃないですか。いくら薄毛予防と言っても、あえて選ぶのは抵抗があって当然だと思うんです。

 

 

ですが。

 

 

「他のケアより、お金がかかる育毛剤」を、"あえて"使う理由があります。

 

 

保湿より、もっと大事なことは「頭皮環境」

 

 

 

 

育毛剤は、健康な頭皮環境を作り上げる

 

 

いくら保湿をして、肌バリアを強くしても万全とは言えません。

 

 

なぜなら、土台となる「頭皮環境」が悪いと、髪の成長に悪影響が出るからです。

 

 

保湿をしつつ、荒れている頭皮を整えるケアをすることが、とっても大事なのです。

 

 

たしかに保湿をして肌を強くすれば、外部からの刺激を受けにくくなります。

 

 

ところが、すでにダメージを受けて荒れている頭皮を治さないことには、「髪は抜けやすく・生えにくい状態」のまま。

 

 

●保湿ケア⇒肌バリアを強くして、これ以上荒れるのを防ぐ

 

●頭皮環境を整える⇒元気な髪を維持する「土台」を作る。

 

この2つが自転車の前輪・後輪のようになることが大事なのですね。

 

 

育毛剤は、保湿+「頭皮環境を整える」

 

 

あえて、高い育毛剤を使う方が良いのです。その理由は明確です。

 

 

それは、皮膚科や市販のローションでは、「保湿」しかできないからです。

 

 

たしかに、頭皮が荒れて「フケ・皮むけ・かゆみ」などは抑えられるかもしれません。

 

 

ただ、頭皮環境が悪いままなので、抜け毛は抑えられませんし、新しく生える毛の成長も悪くなります。

 

 

育毛剤なら、「保湿」をしつつ「頭皮環境を整え」られる

 

 

皮膚科のステロイドはどう?

 

 

安全にケアをするなら、育毛剤が一番

 

 

「皮膚科だと、頭皮の炎症を抑えるステロイドが出されるけど・・」

 

 

たしかに、ステロイドは炎症を抑えることができるので、頭皮環境を整えることができます。

 

 

ステロイドを頭皮に塗ることは、リスクがあります。

 

 

「ステロイドは頭皮に悪い」という話は、良く聞くと思います。

 

 

短期間での使用は問題ないのですが、長期間の使用で皮膚の免疫力が低下してしまいます。

 

 

ステロイドなしだと、余計に皮膚が外部からの刺激がもろくなりやすいのです。

 

 

ステロイドは、強烈なかゆみや炎症に苦しんでいる方以外は、リスクが大きい「劇薬」なのです。

 

 

育毛剤なら、副作用の心配なく「頭皮環境」を整えられる

 

 

育毛剤は、どんなものを選べば良い?

 

 

刺激のないものを選ぶのが、鉄則

 

 

「育毛剤なら、どれを選んでも変わらないの?」

 

 

当然、こんな疑問もわいてくるかと思います。答えは「NO」です。

 

 

育毛剤で気を付けなければならなのは「頭皮の刺激」です。

 

 

いくら頭皮環境を整えると言っても、塗って頭皮が荒れるなら本末転倒。

 

 

特に、頭皮が荒れやすい「デリケートな」私たちですから、できるだけ刺激のないものを選ぶのは必須です。

 

 

市販の育毛剤は特に、「爽快感」を出すために余計な刺激物(アルコールやメントール)を使っているものが多いのです。

 

 

無添加の育毛剤なら「チャップアップ」

 

 


「チャップアップ」

 

 

正直、無添加の育毛剤なんて腐るほどあるんですよ。ただ、無添加という表記ってあいまいなので、どうにでもごまかせるんですね。

 

 

頭皮にやさしいものを、1つでも配合していたら「無添加」というほど、いい加減なもの。

 

 

「チャップアップ」は、ちゃんと「外部機関でテストしている」

 

 

実際に使ってみて、かゆみがないか・アレルギー反応が起きないかを「パッチテスト」して、大丈夫だとお墨付きをもらっているんですね。

 

 

自社のテストじゃなくて、外部の機関に任せているので、ごまかしようがありません。

 

 

チャップアップは、管理人の私も実際に使いましたが、まったく刺激がありませんでした。

 

 

 

 

すーっとした爽快感はないのですが、その分余計な刺激物が入ってないってことですからね。

 

 

テレビでよく見かけるリアップとかアデノゲンとか、モウガなんかも有名ですけど。

 

 

「無添加」で「ちゃんとテストしている」育毛剤だと、チャップアップくらいではないでしょうか。

 

 

あと、育毛成分・保湿成分・炎症を抑える成分が、めちゃくちゃ充実しています。

 

 

●肌バリア機能を強化・・サクラ葉抽出液

 

●頭皮の炎症、かゆみを抑える・・ジフェンヒドラミンHC・グリチルリチン酸

 

●保湿成分・・17種類の植物成分 など

 

 

値段は高いが・・

 

 

欠点といえば、値段が高いところ。たしかに、皮膚科に行ったり、市販の育毛剤を買うよりも高いのはたしか。

 

 

ただ、「育毛対策」だけでなく、「荒れた頭皮を改善する」という2つの悩みを解決するものです。

 

 

安さにこだわって、とりあえず安い保湿ローションを買うのは中途半端。そもそも薄毛対策にはなりませんので。

 

 

幸いにも「使った後でも、返品できる」制度がありますからね。

 

 

「値段が高いだけに、もし合わなかったら・・」というのはリスクですからね。気軽に試せるというのが親切なメーカーだなと思います。通販の良いところでしょうか。

 

 

 

 

前向きな自分になるために

 

「頭皮が荒れて汚いから、不潔に思われないか心配」

 

「このまま薄毛になってしまったら、嫌われるかもしれない」

 

 

知らないうちに、人に対する"後ろめたさ"や"劣等感"というのを抱えてしまやすいもの。

 

 

私も、「どうせ俺なんて・・」って、わかっていても思ってしまうことがありました。

 

 

だからといって何もしなかったら、コンプレックスを一生抱えたままの人生になるかもしれない。

 

 

でも、行動を起こしたら「前向きな気持ち」と「清潔な頭皮」の2つを、手にすることができます。

 

 

"とりあえず試して、万が一ダメでも返せる"というチャンスを逃すのは、もったいない気がしますよ。

 

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因