洗浄力が弱いシャンプー|頭皮が弱くて乾燥しがちな方へ

洗浄力が弱いシャンプー|頭皮が弱くて乾燥しがちな方へ

 

 

頭皮が炎症している場合、洗浄力が強いものを使うと荒れてしまいます。

 

 

特に頭皮が乾燥していると、肌のバリア機能が弱くなり炎症が起こりやすいのです。普通の人なら刺激にならないようなことでも、ダメージを受けてしまいます。

 

 

頭皮の炎症を防ぐには、「頭皮をうるおしつつ、刺激を抑えた」シャンプーが必要です。

 

 

具体的に、どういったシャンプーが良いのかをお話します。

 

 

 

1.頭皮が荒れるのは、この成分が原因

 

 

 

 

頭皮が荒れるのは「石油系界面活性剤」という洗浄成分が原因なのです。

 

 

シャンプーには防腐剤や着色料など、いろいろな添加物が入っています。頭皮には良くないのですが、よほどの敏感肌でもない限り、そこまで気にする必要はありません。

 

 

ただし石油系界面活性剤に限っては台所の洗剤に使われるほど強力な洗浄成分なのです。市販シャンプーのほとんどに使われています。

 

 

頭皮にすぐに刺激をあたえるというよりも、肌に浸透してじわじわダメージを与え『突然荒れる』ようになってしまうのです。

 

 

石油系界面活性剤は、肌のバリア機能を破壊します。また、洗浄力が強すぎるので、頭皮の皮脂がなくなり、乾燥しやすくなるのです。

 

 

2.石油系界面活性剤の、代わりになるのは?

 

 

石油系界面活性剤の代わりに、「アミノ酸」を洗浄成分に使ったシャンプーが頭皮にやさしいのでオススメです。

 

 

アミノ酸は、もっとも洗浄力がやさしいものです。オレフィン系・石鹸系の洗浄成分と比べてもやさしいので、肌のダメージを防げます。

 

 

ただし「アミノ酸シャンプーの全てが、洗浄力がやさしい」とは限りません。

 

 

なぜなら、アミノ酸シャンプーといっても、石油系界面活性剤を混ぜたものがあるからです。少しでも原料代を節約しようと、メーカーの方で混ぜているものがあります。

 

 

「石油系界面活性剤が"ゼロ"の、アミノ酸シャンプー」を選びましょう。

 

 

3.炎症を防ぐ、おすすめのシャンプー

 

 

「石油系界面活性剤がゼロの、アミノ酸シャンプー」を2つ紹介します。

 

 

ハーブガーデンシャンプー

 


※通販限定

 

 

「頭皮にやさしいく、きれいな髪と地肌を作る」を合言葉に作られたシャンプーです。

 

 

「オーガニック(植物由来)/ ノンシリコン / アミノ酸 / 無添加」です。頭皮に刺激になるものは、ほぼありません。

 

 

ここまで頭皮に優しいものを探しても、なかなか見つからないレベルです。もちろん石油系界面活性剤は一切使っていません。

 

 

髪と地肌のうるおいを保つ

 

アミノ酸シャンプーなので、頭皮の皮脂を残して洗うことができます。皮脂が残るので、髪や地肌から水分が逃げにくくなります。

 

 

水分を「守る」だけでなく、「水分補給」することも必要です。ハーブガーデンは、ヒアルロン酸やセラミドといったうるおい成分で、水分補給してくれます。

 

 

頭皮が乾燥すると、肌バリアが弱くなります。シャンプーをしながら、しっかり水分補給ができるのがポイントです。

 

 

髪にうるおいやツヤを与える成分もあり、女性の愛用者が多いものです。ただ、男性でも頭皮が乾燥しやすいなら、問題なく使うことができます。

 

 

価格:

 

・シャンプーのみで2000円。

 

・シャンプー+コンディショナーで4000円。

 

※約2か月分

 

※"使った後でも、返品OK"です。"とりあえず"合うかどうか試せます。

 

 

 

 

 

 

「ハーブガーデンのコンディショナー」もセットで使うべき? >>

 

 

haru黒髪スカルプ・プロ

 

 


※通販限定

 

 

「頭皮のエイジングケアをしながら、頭皮をいたわる」を合言葉にしたシャンプーです。

 

 

年齢とともに、頭皮が敏感になります。加齢によるダメージを防ぐために、頭皮に優しい成分を入れています。

 

 

石油系界面活性剤はもちろん入っていません。無添加なので、頭皮の刺激になる成分も入っていません。

 

 

衰えた髪を元気にする

 

 

髪のハリ・コシをケアする成分。白髪や抜け毛を予防する成分も入っています。頭皮をいたわるだけでなく、髪の衰えもカバーできるシャンプーなのです。

 

 

どちらかというと、40代以降の女性の愛用者が多い。シャンプー自体の洗浄力は強からず、弱からずとほどよいバランスがあります。

 

 

価格:

 

・シャンプー:3600円。

 

※コンディショナー不要の、オールインワン

 

※約2か月分

 

※"使った後も、返品OK"です。"とりあえず"合うかどうか試せます。

 

 

 

 

 

2つのシャンプーの比較


ハーブガーデン

haru黒髪スカルプ・プロ

画像

洗浄成分


アミノ酸のみ


アミノ酸のみ

保湿成分


植物エキス
植物オイル
ヒアルロン酸
セラミド


植物エキス

添加物

なし◎
天然成分100%

なし◎
天然成分100%

その他

髪のツヤ・潤いを出したい方

コンディショナーいらずでコスパ良し

価格
※シャンプーのみ

2000円
※2ヶ月

3600円
※2ヶ月

1ヶ月あたり

1000円

1800円

使った後の返品

OK

OK

メーカーのページ

 

 

2つのシャンプーから選ぶなら、ハーブガーデン

 

 

 

どちらも、石油系界面活性剤が一切入っていません。荒れた頭皮をしずめながら、ケアできます。

 

 

2つで比べるなら、ハーブガーデンシャンプーの方が良いです。なぜなら、頭皮にうるおいを与える成分が、たっぷり入っているからです。

 

 

頭皮をいたわることも大事ですが、水分をしっかり与えることも大事です。頭皮がうるおえば、肌バリアも強くなり「荒れにくく」なります。

 

 

 

 

ハーブガーデンシャンプーを使った感想

 

 

 

 

シャンプーは、ほどよい「とろみ」があります。市販のシャンプーのように「こってり」「ねっとり」していません。だからといって液だれするほどサラサラでもないです。

 

 

色は薄い茶色です。余計な添加物を使っていないので、シャンプー本来の色になっています。

 

 

ノンシリコンということで、髪がパサパサしたり、キシキシする心配がありました。ハーブガーデンは、パサパサ・キシキシすることがまったくありませんでした。

 

 

シャンプーと髪にからませると、ツルツルっとなじみます。髪が引っかかることもなく、自然になじんで泡立つのでストレスがありません。

 

 

洗い流すときも、泡切れが良いです。市販シャンプーのように、髪に残るような感じはありません。洗ったあとは、髪がツルツルになります。

 

 

頭皮に優しい系のシャンプーで、ハーブガーデンシャンプーよりもストレスフリーなのは、おそらくないと思います。

 

 

荒れた頭皮は、どう変わった?

 

 

シャンプー自体が頭皮にやさしいので、皮むけや湿疹ができた部分になじませても刺激はないです。ヒリヒリすることもありませんでした。

 

 

はじめも2,3日は変化がありませんでしたが、徐々に鏡越しにみえる地肌がきれいになっていくのを実感しました。

 

 

薄皮がめくれて白くなる部分が多かったのですが、頭皮がきれいになっています。フケも頭皮のガサガサも防げています。

 

 

今までは指で地肌をさわると、ガサガサだったのですが、違和感がなくなりました。

 

 

気になる点

 

 

 

 

シャンプーのワンプッシュで出る量が少ないです。何回もプッシュしないと、満足する量がでないのは不便だなと思いました。

 

 

あとは、ハーブの香りが弱いというのが気になりました。香り重視の方には、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

 

いくつか気になる点はあったのですが、頭皮が荒れにくくなったので、しばらくはこのシャンプーを続けようと思っています。

 

 

注文するときは、通販だったので「本当に自分に合うのかな?」と不安でした。ただ、「使った後でも、メール1本で返品OK」だと知り、安心して注文できました。

 

 

 

 

「ハーブガーデンのコンディショナー」もセットで使うべき? >>

 

 

▲もう一度、2つのシャンプーを見る


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因