女性の抜け毛の原因は2つ!育毛剤で「やわらか頭皮」を目指そう

女性の抜け毛の原因は2つ!育毛剤で「やわらか頭皮」を目指そう

抜け毛が増えてきた・・このままずっと、増え続けるものなの?

 

 

抜け毛を放置すると、ますます広がってしまいます。

 

 

地肌がスカスカになってしまったり・・

 

髪にボリュームがでず、ぺちゃんこになったり・・

 

 

男性と違ってハゲるまではいかなくても、見た目が老けて見えるのでなんとか防ぎたいもの。

 

 

「抜け毛がどうして起こるの?」「どういうケアをすればよいの?」気になる疑問に、お答えします。

 

 

 

 

1.抜け毛を放置すると、どうなる?

 

 

本来の「ヘアサイクル」に逆らって抜けると、髪が生えにくくなります。

 

 

下の図をご覧になってください。わたしたちの髪の毛は、「成長期→退行期→休止期」のヘアサイクルにしたがっています。

 

 

 

 

急に抜け毛が増えてきたということは、ヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。

 

 

本来の周期に従わずに抜けていくので、再び元のヘアサイクルに戻るまでに時間がかかってしまいます。

 

 

「抜け毛が増えたから、そのうち元通りになる」と楽観的に考えない方が、よいかもしれません。

 

 

2.抜け毛が起こる原因は、大きく分けると2つ

 

 

女性の場合、抜け毛が起こる原因は2つあります。

 

 

◎「髪」に元気がなくなる

 

◎「地肌」がダメージを受ける

 

 

「髪」に元気がなくなる

 

 

年齢とともに、髪に元気がなくなるのは仕方がないことです。

 

 

「エストロゲン」という、[太くて強度のある髪]のもとになる女性ホルモンが減少するからです。

 

 

では、どうしてエストロゲンが減少するのでしょうか?

 

 

加齢でも減少しますし、不規則な生活習慣やストレスでも「エストロゲン」は減少します。

 

 

髪に元気がなくなると、ちょっとした刺激ですぐに「抜けやすく」なるのです。

 

 

男性の場合も、男性ホルモンが関係しています。ただ男性の場合は、髪を生み出す細胞に直接攻撃をします。

 

 

女性の場合は、髪そのものが弱々しくなる、という違いがあります。

 

 

「地肌」がダメージを受ける

 

髪に元気がなくなっても、その分「髪に栄養」を与えれば元気な髪は作れます。

 

 

ところが、地肌がダメージを受けて「固くなる」と、栄養が届かず元気な髪が作れません。

 

 

地肌が固くなると、血行が悪くなります。地肌にある毛細血管が圧迫されて、流れがとどこおってしまうのです。

 

 

血行が悪くなると、いくら体内や体外から栄養を届けても、栄養が髪に届かなくなります。

 

 

(髪の栄養分は、毛細血管を通じて「毛母細胞」に届きます)

 

 

◎地肌が固くなる

◎頭皮の血行が悪くなる

◎栄養が髪に届かない

◎髪に元気がなく、抜けやすくなる

 

という流れなのです。

 

 

どうして、地肌が固くなる?

 

地肌が固くなるのは、いくつか原因があります。

 

 

〜地肌が固くなる原因〜

 

頭皮が乾燥して、表面が固くなった

 

シャンプーの刺激で炎症を起こし、荒れた

 

◎カラーの液が頭皮についた

 

地肌をゴシゴシあらったり、かいたりして刺激を与えた

 

 

わたしたちの頭皮は、刺激から身を守ろうとする働きがあります。

 

 

頭皮が荒れると、刺激が肌の奥までいかないように固くなります。乾燥すると、肌の水分を逃がさないように固くなります。

 

 

年を重ねてお肌の弾力がなくなっても、皮膚は固くなります。

 

 

〜ここまでのまとめ〜

 

◎女性ホルモンの影響で、髪に元気がなくなる

 

◎髪に栄養を与えたくても、頭皮が固いと栄養が届かない

 

◎頭皮が固くなるのは、乾燥や刺激を与えているから

 

 

抜け毛を防ぐには、どんなケアをすればいい?

 

 

抜け毛を防ぐには、髪にしっかり栄養をあたえることが大事です。

 

 

髪の栄養源は「タンパク質」なので、タンパク質を多く含む食事を心がけましょう。

 

 

ただ、栄養を与える前に「固くなった地肌」をほぐしてあげないと意味がありません。

 

 

もちろん、刺激の弱いシャンプーに切り替えたり、地肌に刺激を与えないなどのケアは必要です。

 

 

マッサージをするのも一つですが、一時的に頭皮がほぐれるだけです。常に栄養がいくように、なりません。

 

 

「固くなった地肌」をほぐして、髪に栄養を与えるなら「育毛剤」を使うのも一つ。

 

 

「まだ、薄毛にはなっていないし・・」と思う方がいるかもしれません。ですが、育毛剤は「抜け毛予防」の段階から使えるものです。

 

 

育毛剤には「固くなった頭皮をほぐす」成分が入っています。育毛成分を浸透させるのに、柔らかくする必要があるからです。

 

 

〜育毛剤の、おもな働き〜

 

◎固くなった頭皮を、やわらかくほぐす

 

◎頭皮に水分を与え、乾燥で固くなるのを防ぐ

 

血行促進成分で、頭皮に栄養がいきやすくなる

 

育毛成分で、頭皮に栄養を与える

 

 

4.抜け毛を防ぐ育毛剤

 

男性用と違い、女性用育毛剤は店頭でもほとんど種類がありません。

 

 

育毛剤をお店で買うのも抵抗がある。種類もろくなものがない。こうした理由で、育毛剤を買う女性のほとんどは「ネットで購入」しています。

 

 

女性用育毛剤の有名どころを、いくつか紹介します。

 

 

商品名

特徴

メーカーの
サイト

1位

マイナチュレ

●女性用育毛剤で、一番人気。ロングセラー。
●頭皮へのやさしさに、徹底的にこだわり。
●30代〜50代と幅広い世代が愛用。
●180日(約6ヶ月)の長期返金保証

詳細

2位

ベルタ育毛剤

●固くなった頭皮のケアをする成分が充実。
●他の育毛剤より、20代〜30代の購入が多い。
●産後の女性にも人気。

詳細

3位

花蘭咲(からんさ)

●血流促進作用を持つエビネエキスに自信。
●フケ・かゆみ予防にも。
●他の育毛剤より、50代〜60代の購入が多い。
●男性の愛用者も多い。

詳細

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因