脂漏性皮膚炎かと思ったらアトピー?併発している時のケア

脂漏性皮膚炎かと思ったらアトピー?併発している時のケア

 

脂漏性皮膚炎かな・・と思ってずっとケアしてきたけど、治らない。

 

 

頭にできる大きなフケ。かゆいし、かきむしったらジュクジュクしてしまうし。

 

 

頭皮が落ち着かないと、イライラして何も手に付かなくなりますよね。

 

 

脂漏性皮膚炎には、コラージュフルフルやオクトなどの「菌をなくす」シャンプーが定番。

 

 

ところが、コラージュフルフシャンプーを使っても全然効かない。

 

 

どうしてなんだろう?と疑問に思っていましたが、あることがわかりました。

 

 

「脂漏性皮膚炎」だと思っていたら、実は"アトピーを併発"している可能性が大なんです!

 

 

アトピーもちの方は、注意!

 

 

ずっと脂漏性皮膚炎だと思っていたのに、アトピーだった。

 

 

両方は、症状が非常に似ているものです。中には皮膚科のお医者さんも、判断を間違うことがあるのだとか。

 

 

もともとアトピーもちの方だで、大人になってから症状が落ち着いている方も多いと思います。

 

 

アトピーは完治するものではないので、環境や体質の変化によって再発します。

 

 

中には、大人になってからはじめて発症する方もいるくらいですから。

 

 

脂漏性皮膚炎が起こることもあれば、一時的にアトピーも起こることがあります。

 

 

もともと脂漏性皮膚炎は、いろいろな皮膚の疾患と併発しやすいものなんですね。

 

 

併発しやすいもの:アトピー・じんましん・AGA(男性型脱毛症)・ニキビ など

 

 

アトピーでも、強いかゆみや湿疹はでますし、大きい落屑(らくせつ)がフケのように見えたりもします。

 

(※落屑・・皮膚の表面の角質が、はがれおちること)

 

 

脂漏性皮膚炎のケアをしてもサッパリだった時は、アトピーによる肌荒れの可能性が高いのです。

 

 

脂漏性皮膚炎ができたり、アトピーができたりすることがあるということ。

 

 

今まで間違ったケアをしてきたから、治るものも治らないということ。

 

 

こういうとき、どんなケアをすれば良い?

 

 

脂漏性皮膚炎とアトピー。症状は似ていますけど、ケアの仕方は全然違います。

 

 

●脂漏性皮膚炎⇒「菌を抑える」ケアを優先。

 

●アトピー⇒「皮脂を守る」ことで、肌バリアを守るケアを優先。

 

 

脂漏性皮膚炎の定番ですと、マラセチア菌を抑える「コラージュフルフル」を使いますが。

 

 

コラージュフルフルは洗浄力が強い薬用シャンプーなので、アトピーには逆効果です。

 

 

 

洗浄力が強いと、頭皮の皮脂がごっそり奪われてしまい「皮脂不足」になります。

 

 

アトピーになるのは、皮膚にある"肌バリア"とよばれる部分が弱っている状態。

 

 

 

 

だから、皮脂を残して守ることが大事なのです。

 

 

皮脂があれば、異物(ホコリ・ハウスダスト・菌など)から皮膚を守り、肌荒れを防ぎます。

 

 

本来であれば、肌バリアがその役割を果たすのですが。

 

 

アトピーで弱っているので、皮脂で代わりに守ってあげることが必要なのですね。

 

 

〜参考:肌バリアとは〜

 

皮膚の中にある、角質層のことを指します。

 

角質という細胞がレンガ上に積み重なって層を作っていて、外部からの刺激を防ぎます。

 

肌バリア(角質層)が弱くなることで、外部からの刺激に反応して荒れてしまいます。

 

肌バリアを守るために、皮膚の表面にある「皮脂」でブロックすることが必要です。

 

 

いずれにせよ、洗浄力の強い薬用シャンプーは一旦中止しましょう。

 

 

アミノ酸シャンプーなどの、"皮脂を守る"もので肌バリアをいたわってあげてください。

 

 

それで症状が回復すれば、しばらくはアミノ酸中心のケアで。

 

 

頭皮にべとつきがでて、荒れるようであれば「コラージュフルフル」に戻すと良いです。

 

 

アミノ酸シャンプー自体は頭皮にすごくやさしいので、脂漏性皮膚炎に悪影響はありません。

 

 

とにかく、これだけは辞めた方が良いこと。

 

 

コラージュフルフルが効かないから、もっと強い成分のシャンプーを使うのはNGです。

 

 

菌を殺菌しすぎると、頭皮環境が乱れて余計に不安定になりますので。

 

 

まとめ

 

●脂漏性皮膚炎のケアをしてダメなら、アトピーを疑うべし。

 

●菌をなくすシャンプーではなく、皮脂を守るシャンプーを。

 

●皮脂が守れれば、外部からの刺激を防いで「肌荒れ」予防になる。

 

 

皮脂を守るシャンプーとは?

 

 

頭皮の皮脂を守るには、アミノ酸シャンプーを使うのが一番良いです。

 

 

コラージュフルフルもそうですが、市販シャンプーのほとんどが「洗浄力が強すぎる」のが問題です。

 

 

洗浄力が強いと、汚れだけでなく"頭皮の皮脂をごっそり奪って"しまいます。

 

 

アミノ酸シャンプーは、洗浄力がやさしいので皮脂を守って汚れを落とします。

 

 

シャンプーしても皮脂を守ることで、外部からの刺激にも荒れにくくなります。

 

 

ダメージを受けた肌バリアを皮脂で守れば、肌バリアが自然回復しやすくなります。

 

 

アミノ酸シャンプーより、石鹸シャンプーの方がやさしい、という方もいるかもしれません。

 

 

石鹸シャンプーは無添加なのですが、「洗浄成分」が強いのです。

 

 

だから、石鹸シャンプーは「アトピー」対策には不向きです。

 

 

たしかに、頭皮に刺激になるものは含まれてませんが、洗浄力が強いと皮脂を奪われますので。

 

 

〜アミノ酸シャンプーで、汚れが残ったりしないの?〜

 

いくら洗浄力がやさしくても、頭皮の汚れが残ってしまうのは問題です。

 

もともと頭皮の皮脂分泌が少ない女性であれば、アミノ酸シャンプーでも十分洗い流せます。

 

男性の場合は、汚れ落ちに物足りなさが残るかもしれません。

 

そういう場合は、すすぎを十分にするか、二度洗いをすることで汚れを落とせます。

 

男性ですと洗浄力がスカッとするものを選びがちですが、皮脂を落としすぎるので注意が必要です。

 

アトピー対策によい、皮脂を守るアミノ酸シャンプー

 

アトピーの場合、どういったアミノ酸シャンプーを選べばよいのでしょうか。

 

 

市販品でもアミノ酸シャンプーは売っていますが、市販のは辞めた方がいいです。

 

 

アミノ酸シャンプーといっても、アミノ酸を少し混ぜただけで、別の洗浄成分で"ごまかしている"ものがほとんど。

 

 

店頭に置かれるものは、原料代を安く抑えたものなんですね。

 

 

安くしないとたくさん売れない、売れないとすぐ他のシャンプーに代わってしまうからなのです・・。

 

 

「アミノ酸のみを、純粋に配合した」シャンプーを使わないと、皮脂は守れませんよ!

 

 

〜アミノ酸シャンプーは、男性が使ってもいいの?〜

 

アミノ酸シャンプーは女性向けのイメージかもしれませんが、男性も使っている方が多いです。

 

男性の場合、洗い上がりがスッキリしたものを好む傾向にあるため、自然でやさしいアミノ酸シャンプーだと物足りなく感じるかもしれません。

 

ですが、爽快感はない分、頭皮にやさしくて皮脂をしっかり守れます。

 

男性の方が頭皮がべとつきやすい分、シャンプー前にしっかりお湯で「すすぎ」をすると良いですよ。

 

アミノ酸のみを、純粋に配合したシャンプー

 

1位:ハーブガーデンシャンプー

 

 


ハーブガーデンシャンプー

 

 

<1位の理由>
無添加・オーガニックにとことんこだわっている

 

 

純粋なアミノ酸を配合したシャンプーなので、皮脂を守りつつ汚れを落とすことができます。

 

 

このシャンプーは、「頭皮への刺激をとことん無くす」ことにこだわっているので、荒れた頭皮でも使いやすいです。

 

 

オーガニックで無添加なのですが、あらゆる成分を"刺激の弱いもの"にするくらい、徹底しています。

 

 

 

 

市販シャンプーと比べると、値段は正直高いです。

 

 

シャンプー単体で2000円、コンディショナーとセットで4000円。

 

 

ただ、「使った後でも返品できる」のが、このシャンプーのいいところです。

 

 

実際に試してみて、合わなかったら返せるというので、気軽に試せるのが良いと思います。

 

 

 

アミノ酸 ラウロイルメチルアラニンNa
原料のこだわり 自然由来の原料のみ使用
添加物 不使用(石油系界面活性剤・合成香料・着色料・防腐剤)+ノンシリコン
洗い上がり さっぱりしているけど、まとまる

 

ハーブガーデンシャンプーの良い点・悪い点

-良い点-

 

○頭皮にまったく刺激にならない。しみない。

 

○洗い心地がすごく良い。指通りがツルツルで、気持ちいい。

 


 

-悪い点-

 

○ドラッグストア、楽天やアマゾンで売っていない。メーカーの通販ショップでのみ取り扱い。

 

○定期購入しないと買えない。ただし、メール1本でいつでも解約できるのは良心的。

 

○ハーブの香りがすぐに消えて、やや物足りない。ただし、天然の香料なので頭皮にはやさしい。

 

 

 

 

 

2位:リマーユシャンプー

 

 

<2位の理由>
無添加ですが、オーガニックではない

 


リマーユシャンプー

 

 

総評

・無添加。ただし人工的な成分を使っているので、オーガニックではない

 

・製薬会社が開発したシャンプーという安心感。

 

アミノ酸 ラウロイルメチルアラニンNa(アラニン系)
原料のこだわり 保湿力の高い「馬油」を配合
添加物 無香料・無着色・防腐剤フリー
洗い上がり しっとり、まとまりやすい

 

 

 

 

 

頭皮にやさしいのは「ハーブガーデンシャンプー」

 

 


ハーブガーデンシャンプー

 

 

どちらのシャンプーも、「アミノ酸のみを、純粋に配合した」シャンプーです。

 

 

そのため、「皮脂をしっかり守り」つつ、頭皮の汚れを落としてくれます。

 

 

皮脂が肌バリア代わりになるので、これ以上頭皮が荒れるのを防ぎます。

 

 

肌バリアが自然回復するまでの間、アミノ酸シャンプーを使っていたわると良いですよ。

 

 

2つのうち、どちらかを選ぶとすれば「ハーブガーデンシャンプー」が良いです。

 

 

無添加は当然として、洗浄成分や保湿成分も刺激が少ない「オーガニック」なものだからです。

 

 

荒れて敏感になっている頭皮に、安心して使えるのは「ハーブガーデンシャンプー」です。

 

 

シャンプーでは珍しい、「使った後でも、返品ができる」ので、"とりあえず"試せますよ。

 

 

 

 

 

 

 


〜脂漏性皮膚炎で、抜け毛が気になる方へ〜

 

頭皮が荒れて、抜け毛も増えているなら・・頭皮の炎症が進んでいます。

 

 

ふけやかゆみ・湿疹といった症状で頭皮が荒れますが、「抜け毛」ですと毛根まで炎症が広がっています。

 

 

抜けた毛はいつかは生えてきます。ただ、髪にはヘアサイクルという周期があるので、一旦乱れると改善するのに時間がかかります。

 

 

抜けた毛は、早めにケアをしておくことが大事です。将来の薄毛予防のためにも、できることをしっかりやっておいた方が良いです。

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因