リンスをするとフケがでる?

リンスをするとフケがでる?抑えておきたい使うポイント

「リンスをしたいけど、下手にしたらフケがたくさん出る・・」

 

「でもリンスをしないと、髪がぱさついたりツヤが出ない・・」

 

 

シャンプーとセットで使われる「リンス」や「コンディショナー」。髪を洗った後に欠かせないものですよね。

 

 

髪を保護したり、パサツキを抑えたり。ツルツルの触り心地になるという気持ち良さもあります。

 

 

女性では使っている人がかなり多いですが、男性はマチマチなのがリンス。それだけ自分の髪の状態には無頓着。

 

 

ただ、リンスとフケの相性の悪さが気になるところ。

 

 

実際のところどうなのか?また、フケを解消しつつ美しい髪を保つにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

リンスをするのはダメ?

 

リンスをすることと、フケが出ることはイコールではありません。

 

 

リンスの成分が頭皮に刺激を与え、フケとなる心配もありません。

 

 

トリートメント同様、リンスの付け方が悪いと「フケ」が出ます。

 

 

市販のリンスには、コーティング剤がたくさん含まれています。間違って地肌につけたままにすると、毛穴が詰まります。

 

 

毛穴がつまると、その部分に十分な酸素が通りません。湿気が生まれます。

 

 

フケの原因となる「マラセチア菌」は、湿気の多い場所を好み繁殖します。

 

 

毛穴にマラセチア菌が繁殖すると、頭皮にダメージを与えてフケができるのです。

 

 

リンスを使うと必ずフケが出るのは?

 

 

リンスを使うたびフケが出るのは、知らないうちに地肌につけているからなのです。

 

 

髪にしっかりなじませるようにしても、リンスを付けて髪を降ろしたとき、地肌に付きます。

 

 

ただし、リンスの時も「地肌の洗い流し」をしっかりすることで、毛穴詰まりを防ぐことができます。

 

 

リンスをつけたら、さっと洗い流すのが良いと言われています。

 

 

髪自体は入念に流す必要がありませんが、シャワーヘッドを直接地肌にあてて洗い流すようにしてください。

 

 

そうすれば、リンスが原因でフケができることもなくなるでしょう。

 

 

どういう対策をとれば良い?

 

リンスをつけた時に、しっかり地肌を洗い流すこと

 

 

これが一番の対策です。あとはできるだけ地肌につけず、髪に塗り込むことを徹底すれば良いです。

 

 

「ノンシリコンのリンス」だったら良いのでは?と思うかもしれません。

 

 

シリコンの成分「ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコン」が入っていないものを探す作業。

 

 

ですが・・

 

 

実際は、リンスでノンシリコンになるものは"ほとんどありません"。

 

 

それはナゼか?

 

 

もともと、リンスの目的は"髪をシリコンでコーティングするもの"だからです。ノンシリコンにすると、リンスの意味がなくなってしまう。

 

 

・リンスを使いたい方は、地肌を洗うのを徹底する。

 

・リンスにこだわらない方は、ノンシリコンのコンディショナーに切り替えるのも手です。「リシリッチ」あたりが有名です。

 

 

シャンプー単体ではどうしても出せない、指通りの良さやしっとり感。フケを防ぐには、上記のいずれかの方法を実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

[関連ページ]

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因