額の生え際からフケが出てくる|頭皮のタイプ別ケアを紹介!

額の生え際からフケが出てくる|頭皮のタイプ別ケアを紹介!

額の生え際からフケが出てくる|頭皮のタイプ別ケアを紹介!

 

 

生え際が乾燥してガサガサになったり、フケが出てしまう・・どうしてこの場所だけ??

 

 

私もフケが出やすい頭ですが、おでこの生え際の地肌がいつも汚くて、爪でポリポリかき出す日々でした。

 

 

洗ってるのに地肌が汚いわ、前髪にフケがからまるわで最悪でした。フケ用のシャンプーをいろいろ変えても変わらず。

 

 

最終的に私は生え際がきれいになりましたが、いろいろ調べて試した結果「全部シャンプーのせいなんだな」ということがわかりました。

 

 

シャンプー選びが悪いと、

 

●乾燥する人は、もっと乾燥しやすくなります。

 

●油っぽい人はもっと油っぽくなります。

 

 

私も「たかがシャンプー、洗い流すもの」とずっと思っていましたが・・

 

 

シャンプー選びが"ピタッ"とはまって、生え際はウソみたいにきれいになりました。

 

 

フケがでるのは「乾燥した頭皮」か「油っぽい頭皮」のどちらかにしか起こりません。

 

 

もっと細かいケアもいろいろありますが、「今使っているシャンプーは捨てて新しいのに切り替える」ことが一番大事です。

 

 

鏡を見るたび地肌がが汚くて、出かける前にウンザリしたくないですよね?

 

 

経験者の私が調べて実践したことをもとに、「生え際をきれいにする」方法をお話します。

 

 

●アトピー持ちの方へ

 

アトピーの方は「もともと肌のバリア機能が弱く」、頭皮が乾燥して大量にフケが出ることがあります。

 

市販シャンプーでは刺激が強すぎて荒れるため、"アトピー向け"に作られたシャンプーを使うことをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

1.どうして「生え際」に限って"フケ"や"乾燥"が出る?

 

 

 

 

「他の場所はきれいなのに、生え際だけ汚い」という方は多いかもしれません。

 

 

もともとおでこの生え際は皮脂を出す「皮脂腺」が多く、皮脂が出やすい場所なのです

 

 

体質的に脂性の人ほど、生え際がベタベタになりやすいのですね。

 

 

反対に「乾燥肌」の人は、いくら「皮脂腺」が多くても普通に乾燥します。

 

 

ただし生え際は「シャンプーや洗顔料の洗い残し」「ゴシゴシこすりやすい場所」のため、皮膚が刺激を受けて乾燥しやすくなります。

 

 

皮膚は刺激や、摩擦を受けると『肌が固く』なります。肌が固くなると水分が入りにくくなり、乾燥します。

 

 

特に『市販のシャンプー』は洗浄力が強すぎるため、洗えば洗うほど乾燥します。

 

 

シャンプーを選ぶ際は、できるだけ"地肌にやさしいもの"を選ぶことをオススメします。

 

 

 

 

生え際は、頭皮の中でも特に「乾燥しやすい」「油っぽくなりやすい」場所だというのが、お分かりいただけたかと思います。

 

 

2.フケや皮むけが起こる原因

 

「どうして、"フケ"が出たり"皮がむけたり"するの?」

 

 

フケや皮むけが起こるのは、頭皮が「乾燥している」か「油っぽくなっている」かのどちらかです。

 

 

[乾燥した頭皮]

・パラパラしたフケが出る、地肌が白っぽく見える

 

→乾燥すると、皮膚の表面の「角質」がはがれてしまうから。

 

 

[油っぽい頭皮]

・ベタベタしていて、大きいフケや「皮むけ」が起こる

 

→頭皮が油っぽくなると、雑菌が繁殖して頭皮が炎症を起こすから。

 

 

 

 

3.できてしまった「フケ・乾燥」を抑える応急処置

 

 

 

 

それでは、見つけてしまった「生え際の"ガサガサ"や"フケ"」は、どうすればよいのでしょうか。

 

 

時間があれば、洗いなおす

 

もし出かける前で、まだ時間があるのなら「お湯で洗い流す」のが一番です。

 

 

洗面台を使って、生え際のあたりや前髪をささっと洗い流してしまいましょう。

 

 

シャンプーを1日に何回もしてしまうと、頭皮の油分がとられすぎてしまうので乾燥する恐れがあります。

 

 

「シャンプーは1日1回」を守ってください。

 

 

時間がなければ、水につけて地肌をぬらす

 

 

洗う時間がなければ、指で「生え際」のあたりをぬらして、皮むけや白いガサガサを落ち着けましょう。

 

 

爪でポリポリかきだしたくなるかもしれませんが、やめましょう。

 

 

下手に触ってしまうと、どんどん下から「白い粉」が見えてきてしまい余計汚くなるからです。

 

 

指でぬらして地肌を落ち着けるのが、一番被害を抑える方法です。

 

 

[ フケを根本から無くすには、『シャンプーの見直し』をおすすめします ]

 

 

特に市販のシャンプーは『洗浄力が強すぎる』ものが多く、頭皮が乾燥して余計にフケがでるからです。

 

 

 

 

 

4.生え際の"乾燥"や"フケ"を根本から防ぐケア

 

 

生え際の「ガサガサ」や「フケ」を抑えるには、シャンプーを見直すことが大事です。

 

 

私もそうでしたが、口コミだけを参考にて、ドラッグストアで買うことはおすすめできません。

 

 

今までいろいろシャンプーを変えてみましたが、全然症状が治まらなかった記憶があります・・。

 

 

お店に並んでいるシャンプーは『洗浄力が強すぎる』ので、乾燥がますますひどくなります。

 

 

市販のシャンプーは"安いからダメ"というわけではなく、「洗浄成分が強すぎる」からダメなのです。この辺を勘違いしないようにしてくださいね。

 

 

あまりにシャンプーの洗浄力が強いと、頭皮にある皮脂がなくなり、水分が逃げてしまうのです。

 

 

反対に脂性肌の人は、皮脂がなくなると、頭皮から「過剰な皮脂」が出て、ますますベタベタな頭皮になるのです・・。

 

 

ドラッグストアに並んでいるシャンプーはほとんどが「汚れ落ちさえよければOK」の洗浄成分なのです。

 

 

洗えば洗うほど乾燥したり、油っぽくなってしまう。だからいつまでも生え際が汚いのです。

 

 

シャンプーが自分の頭皮にピタッはまれば、頭皮の乾燥も脂性も防ぐことができ、生え際が汚くなるあの憂鬱から解放されます。

 

 

とにかくマメに洗ったり、生え際をやさしく洗うなんてことをしても、悩みは解決しません。シャンプーの見直しを優先することをオススメします。

 

 

 

やみくもに人がお勧めするものを選ばずに、「頭皮に合った洗浄力なのか?」もあわせてチェックしてしてください。

 

 

頭皮を洗いすぎず、「乾燥しすぎ or ベタベタを防ぐ」シャンプー選びについてまとめてみました。