アミノ酸シャンプーの優れた効果|はじめて使う人は必見!

アミノ酸シャンプーの優れた効果|はじめて使う人は必見!

アミノ酸シャンプーの優れた効果|はじめて使う人は必見!

「アミノ酸シャンプーが良いって聞くけど、何がどう良いのかわからない・・」

 

「なんとなく、髪に良いことだってことは知っているけれど・・」

 

 

アミノ酸シャンプーを使ってみたいけど、もう少し知っておきたいというのはありますよね。

 

 

なんとなく良いイメージがあるけど、ピンと来ない方も多いと思います。

 

 

一体、アミノ酸シャンプーとはどういうもので、何が優れているのか?を紹介しますね。

 

 

 

 

1.そもそも、アミノ酸シャンプーって?

 

今さら人には聞けない部分。

 

 

アミノ酸シャンプーとは、洗浄成分に「アミノ酸」が使われているシャンプーのことです。

 

 

洗浄成分のことを、界面活性剤とも言います。

 

 

界面活性剤は、汚れを溶かして落とすために欠かせないものなのです。

 

 

わたしたちの頭皮の汚れは、皮脂とまじっています。つまり、汚れ=油分 なのです。

 

 

油汚れを落とすのには、油分の洗浄剤が必要です。

 

 

でも、単純に油分を入れても、シャンプーとして使えません。ドロドロになりますよね。

 

 

当然、水を使って薄めなければなりません。でも油と水は、混じり合わない。

 

 

水と油を混じらせるために、界面活性剤が使われるのです。

 

 

界面活性剤=洗浄成分はいくつかの種類がある

 

洗浄成分の一つが、アミノ酸です。

 

 

他にも「石油系・オレフィン系・石鹸系」などがシャンプーで使われています。

 

 

アミノ酸は、他の洗浄成分と比べて「もっとも刺激が少ない」特徴を持っています。

 

 

⇒関連ページ:石油系よりアミノ酸シャンプーが良い本当の理由とは?

 

 

頭皮に刺激になるのは、「石油系」の洗浄剤です。

 

 

ドラッグストアで買う大衆向けシャンプーのほとんどが、石油系です。石油系は、もっとも頭皮の刺激になるもの。

 

 

2.アミノ酸シャンプーの効果

 

頭皮(地肌)に優しい

 

 

石油系と比べて、頭皮の刺激が少ないので「肌荒れや炎症」を防ぐことができます。

 

 

使い続けても、頭皮状態をすこやかにキープできます。

 

 

もともと「アミノ酸」は、タンパク質の原料です。

 

 

タンパク質は、水に次いで人間の体を占める「体の一部」なのです。

 

 

その元となる材料ですから、頭皮との相性も良いということがお分かりいただけると思います。

 

 

髪に良い

 

頭皮にダメージを与えないので、頭皮環境がいつまでも良好に保てます。

 

 

しっかりした髪が生えて、その状態をしっかり保てるのです。

 

 

下手なシャンプーを使うと頭皮があれますが、荒れた地肌には健康な髪が生えてきません。

 

 

髪の健康を守るためにも、アミノ酸シャンプーが役に立つのです。

 

 

乾燥を防ぐ

 

 

石油系のシャンプーを使っていると、頭皮から水分が奪われて「カサカサ」になる人がいます。

 

 

これは、頭皮にある「皮脂」が奪われてしまうからです。

 

 

アミノ酸シャンプーは、頭皮の皮脂を守りながら「皮脂汚れ」を落とすことができます。

 

 

シャンプーした後も、皮脂が表面を覆っているので水分蒸発を防ぐことができるのです。

 

 

乾燥してパラパラしたフケが出やすい方は、アミノ酸シャンプーに切り替えると良いです。

 

 

3.アミノ酸シャンプーの弱点

 

 

アミノ酸シャンプーは、健康な髪を作るのに良いシャンプーです。

 

 

今までは良い面ばかりを紹介してきましたが、当然悪い面もあります。

 

 

一つは「洗浄力が弱い」という問題。

 

 

石油系のは洗浄力が「強すぎ」て、必要な皮脂まで奪ってしまうのが問題でした。

 

 

アミノ酸は反対に、皮脂はしっかり残しますが「汚れた皮脂も残してしまう」ことがあります。

 

 

皮脂の分泌量が多い男性に見られるのですが、皮脂汚れは放置すると「臭いの元」になります。

 

 

女性であればこうしたケースは少ないかもしれませんが、洗浄力がそこそこあるものを選ぶようにしましょう。

 

 

アミノ酸シャンプーといっても、いろいろな種類がありますから選び方は慎重に。

 

 

とはいえ、石油系のシャンプーを使うよりは、頭皮にも髪にもリスクがないのはたしかです。

 

 

 

 

 

 

 

しゃんラボ