【衝撃】アミノ酸シャンプーは評判が悪いって知ってる?失敗しない選び方

【衝撃】アミノ酸シャンプーは評判が悪いって知ってる?失敗しない選び方

【衝撃】アミノ酸シャンプーは評判が悪いって知ってる?失敗しない選び方

 

ネットで調べると、アミノ酸シャンプーをすすめる声がたくさんあります。私も「これで髪の悩みが解消できるかも!」と期待していたのですが・・

 

 

でも、実際に使った人の口コミを見てみると、評判がものすごく悪いのです・・。

 

 

「みんながすすめているのに、評判が悪い」このギャップって、いったい何なのでしょうか。

 

 

アミノ酸シャンプーって、どうして評判が悪いんだろう・・?使わないほうがいいの?

 

 

 

 

 

※いち髪はアミノ酸シャンプーです。

 

 

こんなに評判が悪いと、怖くてアミノ酸シャンプーを使う気になれませんよね。

 

 

このページでは、

 

●どうして、アミノ酸シャンプーを使うとトラブルが起こりやすいの?

 

●どんなアミノ酸シャンプーを選べば良いの?

 

について、お話ししていきます。

 

 

「アミノ酸シャンプーを使ってみたい、でも失敗したくない!」という方は、参考にしてみてください。

 

 

 

1.どうして、頭皮トラブルが起きる?

 

頭皮トラブルが起こるのは、"アミノ酸シャンプー選び"を間違えているからです。

 

 

 

 

@とAだと、どちらがアミノ酸の本来の働きを出せるでしょうか?当然、@だと思うかもしれません。

 

 

残念なことに、安いアミノ酸シャンプーのほとんどが、「Aアミノ酸が少しだけ」のタイプなのです。メインは他の洗浄成分で、アミノ酸を"少し混ぜているだけ"のもの。

 

 

参考:シャンプーの洗浄成分は4種類あります。

 

洗浄力の強い順に「石油系>オレフィン系>石鹸系>アミノ酸系」となります。

 

アミノ酸が、もっとも洗浄力がやさしいのです。

 

 

「Aアミノ酸が少しだけ」のシャンプーを使うと、洗浄力が強くなり「髪の乾燥」「抜け毛」が起こりやすくなります。

 

 

なぜなら、アミノ酸の量が少ないほど、他の「強い」洗浄成分の割合が多くなるからです。

 

 

髪は油分を無くして「パサパサ」になりますし、地肌から皮脂が奪われて頭皮が乾いてしまいます。乾燥が進むと頭皮の血行が悪くなり、抜け毛が出てきます。

 

 

市販の安いアミノ酸シャンプーを使うときには、アミノ酸の"量"に注意しましょう。

 

 

もともとアミノ酸は原料代が高いので、値段を抑えようとすると「アミノ酸」を少ししか入れれません。あまった分を、他の洗浄成分で混ぜてごまかしているのです。

 

 

頭皮のトラブルを防ぐなら、「@アミノ酸がメイン」のものを使うように注意しましょう。

 

2.良い「アミノ酸シャンプー」の選び方

 

ではどうやって、「アミノ酸」がメインのものを見分ければ良いのでしょう?選ぶ際のポイントをお話します。

 

 

 

 

ポイントとなるのは「成分表示」です。シャンプー容器の裏面にかかれています。

 

 

 

 

シャンプーの成分表記は、『配合量が多い』順番に並んでいます。

 

 

どのシャンプーも必ず「水」が一番多く使われていますので、『一番目に水』が書かれています。問題は、『二番目に書かれている』成分です。

 

 

「水」の次に「アミノ酸」が書かれていれば、「@アミノ酸がメイン」のシャンプーに該当するのです。

 

 

「Aアミノ酸が少しだけ」のシャンプー

 

 

※以下のいずれかに該当していれば、「A」のシャンプーになります。

 

●「水」のあとに、"保湿成分"

 

⇒アミノ酸の代わりに、保湿成分で"薄めてごまかしている"パターン。

 

●「水」のあとに、"石油系の洗浄成分"

 

⇒アミノ酸よりも"強力な洗浄成分を混ぜている"ので、アミノ酸の働きが弱くなります。

 

どちらにしても、アミノ酸をできるだけ使わずに「変わりのものでごまかしている」パターンになります。

 

 

〜参考:石油系の洗浄成分とは?〜

 

石油系界面活性剤とも言います。成分名は「ラウリル硫酸〜、ラウレス硫酸〜」。

 

原料代が安いので、市販シャンプーに含まれていることが多いです。洗浄力が強すぎるので、頭皮の皮脂を奪いすぎて乾燥する他、肌のバリア機能を壊して肌荒れを起こしやすくなるなど、いくつか問題があります。

 

 

「水」の次に 、 "アミノ酸"と書かれているかどうかが、ポイントなのです。

 

 

シャンプーの成分表示で「水」の次に、上の7つの"いずれか"があれば「@のアミノ酸がメイン」のシャンプーなのです。

 

 

アミノ酸ではなく、保湿成分や石油系の洗浄成分があれば、「Aアミノ酸が少しだけ」になるので、オススメできません。

 

 

純粋なアミノ酸シャンプーでないと、どうなる?

 

 

○洗浄力が強くなり、頭皮の皮脂が必要以上にとられて乾燥する。

 

○アミノ酸本来の『頭皮へのやさしさ』が半減するので、頭皮は荒れやすく、髪が傷みやすくなる。

 

○髪にうるおいが保てなくなり、パサパサ髪になりやすい。

 

 

市販でもたくさんアミノ酸シャンプーがありますが、見極めが必要です。

 

 

本当に純粋なアミノ酸シャンプーは、2000円〜4000円くらいが相場です。あまりに安いものですと「アミノ酸が少しだけ」のものがほとんどのため、選ぶときは注意しましょう。

 

 

3.おすすめのアミノ酸シャンプー2選

 

 

純粋にアミノ酸のみ、配合されたシャンプーを紹介します。

 

 

「アミノ酸だけだと、洗浄力が弱いんじゃない?」と思うかもしれませんが、"アミノ酸同士をブレンドさせて洗浄力を高めたもの"を紹介します。

 

 

1.ハーブガーデンシャンプー

 


※通販限定

 

 

髪をいたわりながら、ツヤのある髪を目指したい方

 

 

〜ハーブガーデンシャンプーの成分表〜

 

※赤字がアミノ酸

 

水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸、ココアンホプロピオン酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタイン・・

 

 

アミノ酸は、しっかり入っている?

 

「水」の次に「アミノ酸」がしっかり書かれていますので、「@アミノ酸をメインにした」シャンプーです。安心して使えます。

 

 

どんなシャンプー?

 

「頭皮と髪へのやさしさに、とことんこだわった」シャンプーです。頭皮も髪もいたわりながら、やさしく洗い上げてくれます。

 

 

○ノンシリコン

 

○オーガニック(植物由来)

 

○無添加

 

○天然成分100%

 

 

保湿成分も充実していますので、髪をあらった後もパサパサせずツヤのある髪をキープしやすいです。

 

 

アミノ酸シャンプーというと洗浄力が悪そうなイメージがあるかもしれませんが、何種類かのアミノ酸をブレンドしてしっかりした洗浄力を保っています。

 

 

脂性の男性だと事前のすすぎが必要ですが、それ以外の場合は汚れ残りもなくしっかり洗えます。

 

 

ノンシリコンなのに泡立ちやすくてキシキシしないですし、洗い流すときの泡切れもバツグンによいです。

 

 

シリコンは「人工の油分」なのですが、このシャンプーはシリコンの代わりに「"天然"の油分」を使っているので髪をやさしくコーティングしてくれます。

 

 

使い勝手がよいので、女性でも男性でも「万人受け」するシャンプーだと思います。

 

 

▼▼ハーブガーデンの使用感 ※再生すると音が出ます▼▼

 

 

価格:

 

シャンプー:2000円

 

シャンプー+コンディショナー:4000円

 

※2ヶ月分

 

※"使った後も、頭皮に合わなければ返品OK"です。メールで返品の連絡を入れれば大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

2.haru黒髪スカルプ・プロ

 

 

 

髪のトラブルを防ぎたい・エイジングケアもしたい方向け

 

 

〜haru黒髪スカルプ・プロの成分表〜

 

※赤字がアミノ酸

 

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、グリセリン、ココイルメチルアラニンNa、ココイル加水分解コラーゲンK、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・・

 

 

アミノ酸は、しっかり入っている?

 

 

「水」の次に「アミノ酸」がしっかり書かれていますので、「@アミノ酸をメインにした」シャンプーです。安心して使えます。

 

 

どんなシャンプー?

 

 

天然成分を使った、髪にやさしいシャンプーです。髪をいたわりながら、髪のエイジングケアも行うことができます

 

○ノンシリコン

 

○無添加

 

○天然成分100%

 

洗浄力はハーブガーデンシャンプーよりもしっかりしています。どちらかというと、頭皮が脂っぽい方が満足しそうな洗い心地です。

 

泡立ち、泡切れや乾かすときの指通りはハーブガーデンには叶いませんが、特に使い勝手が悪いというほどでもありません。

 

 

頭皮に優しくて、髪のエイジングケア(白髪予防・抜け毛予防・髪のハリコシ)をしたい方に向いています。

 

 

また、オールインワンタイプでコンディショナーいらずなので、時間がないママの愛用者も多いようです。

 

 

コンディショナーを使わない分、髪の仕上がりのツヤ感にこだわる人には向いていませんが、時短でパパッと仕上げたい方には良いでしょう。

 

シャンプー単品で3600円。

 

※約2ヶ月分。月あたり1800円。

 

※"使った後も、返品OK"のため、とりあえず合うかどうか試せます。

 

 

 

 

〜2つのシャンプーの違い〜

 

●ハーブガーデンシャンプー⇒きれいな髪に仕上げたい人(『攻め』のケア)

 

●haru黒髪スカルプ・プロ⇒髪のトラブルを防ぎたい人(『守り』のケア)

 

 

2つのシャンプーの比較表

ハーブガーデン

haru黒髪スカルプ・プロ

画像

肌質

乾燥肌
普通肌

普通肌
脂症肌

アミノ酸の質

頭皮へのやさしさ


天然100%
無添加
オーガニック
ノンシリコン


天然100%
無添加
ノンシリコン

保湿成分


セラミド
ヒアルロン酸
植物エキス


植物エキス

使用感の良さ


指通りバツグン

香り


ハーブのほのかな香り

×
ほぼ無香

その他

髪にツヤ・潤いがでやすい
家族で使える

髪に「ハリ・コシ」を与える
白髪ケア
抜け毛ケア

価格:シャンプーのみ

2000円
※2ヶ月分

3600円
※2ヶ月分

1ヶ月あたり

1000円

1800円

コンディショナーとセット

4000円

コンディショナー不要

使った後の返品

OK

OK

メーカーのページ

 

2つの中シャンプーなら、どっちがいい?

 

 

2つのシャンプーで迷うのであれば、「ハーブガーデンシャンプー」をおすすめします。

 

 

実際に管理人(私)が使ってみて、「使用感の良さ」や「髪の仕上がり」が満足いくものだったからです。

 

 

管理人が実際に、「ハーブガーデン」を使った時の感想をお話します。

 

 

実際にハーブガーデンシャンプーを使ってみて

 

 

ハーブガーデンシャンプーを、管理人が実際に使ってみました。

 

 

 

 

今まではパンテーンだったりラックスだったり、きれいな髪に仕上がりそうなものを愛用していました。

 

 

ノンシリコン+無添加ということで、なんとなく使用感が悪そうなイメージ。石鹸シャンプーのように、ある程度使い心地の悪さはガマンする必要があるのかな・・と思っていました。

 

 

ですが。

 

 

市販の普通のシャンプーよりも、むしろ使い心地が良いです。シャンプーと髪のからまり具合がツルツルっとなり、スムーズすぎるほど指通りが良いです。

 

 

泡立ち自体は普通でしたが、洗うときに髪が一切引っかかることがないので、ストレスフリーです。

 

 

洗い流すときにも、泡切れがよくてささっと洗い流せます。今までのは「ねっとり、こってり」だったので、このスムーズさも驚きました。

 

 

シャンプー自体は、ほどよいとろみがあります。サラサラでもなく、こってりもしていません。

 

 

シャンプー後に髪をかきあげても、髪がツルツル。変な"ぬめり"があるワケでもなく、自然なつるつる感とでも言いましょうか。

 

 

髪は、どんな風に変わる?

 

 

髪はしっとりまとまっているけど、サラサラで"見るからに軽そう"に仕上がります。普通、しっとりしたらぺたっとなりがちなのですが。ボリュームがでやすいけど、軽い。

 

 

使い続けていくと、どんどん髪の質感がよくなっていきます。目に見える形でわかってきます。シャンプー一つで、違うモノなんだなという発見がありました。

 

 

少し気になったのが、香りが弱いというところ。

 

 

ハーブの香りが洗っている時にほんの少しして、洗い流すとなくなりました、私はそこまで香り重視ではないですが、香りを気にする人には物足りないのかもしれません。

 

 

ただ、洗い心地も洗い上がりも満足できるものでした。このシャンプーを使い始めてから、行きつけの美容師さんに「髪、きれいですね」とほめられました。

 

 

 

 

アミノ酸シャンプーは、しっかりアミノ酸が入ったものを使うことで「髪トラブル」を防ぐことができます。中でも「髪のツヤ感、使い心地」を重視される方であれば、「ハーブガーデンシャンプー」がおすすめです。

 

 

 

 


フケを無くすシャンプー フケの悩みQ&A 湿疹・かゆみの悩みQ&A 脂漏性皮膚炎の原因