ノンシリコンシャンプーの正しい選び方|頭皮トラブルを避けるには?

ノンシリコンシャンプーの正しい選び方|頭皮トラブルを避けるには?

ノンシリコンシャンプーの正しい選び方|頭皮トラブルを避けるには?

皆さんはシャンプー選び、どうしていますか?

 

 

ドラッグストアに行くと価格も種類も様々…

 

 

値段も手ごろだし、CMで見たことあるし、これでいいか!と「なんとなく選んだシャンプー」を使っていませんか?

 

 

私もボトルの色やデザインでシャンプーをジャケ買いしていた一人です!

 

 

だけど気づけばいつも頭にかゆみがあったり、フケが出てたり、パサつきも気になるように…。

 

 

ここはひとまずよく耳にするノンシリコンシャンプーとやらを買ってみようと思い、さっそく使い始めました。

 

 

けれど改善するどころかパサつく一方…しかもキシキシするし使い勝手もいまいち。

 

 

ノンシリコン=髪に良い と思っていた私。でも鏡に映るその髪はモワっとしていて元気がない。

 

 

あれ?どうしてだろう?ノンシリコンに変えたのに。。。というかそもそもシリコンって何??

 

 

本当に良いシャンプーを見つけるべく、管理人の私が調べた情報をまとめてみました。ぜひ参考になさって下さいね!

 

 

 

 

1.シリコンって、いったい何者?どんな働きをする?

 

 

シリコンとは化学反応によって作られた完全人工物で、主にヘアケアやスキンケアなどにコーティング剤として使われています。

 

 

シャンプーでのシリコン効果としては

 

・毛髪同士の摩擦を減らし、キューティクルを守る

・ドライヤーの熱から守る

・広がりやすい髪をしっとりまとめる

 

 

といった働きをしてくれます。

 

 

ただここで注意したいのが、シリコンはあくまで髪をコートするだけで補修や浸透保湿しないということ!

 

 

そしてシリコンは毛穴に詰まりやすいため、毛根に栄養が行きわたらずに髪が細く弱ってしまうこともあるのです。

 

 

シリコンシャンプーを使っていて、始めは良かったものの、続けて使っていると次第に仕上がりが悪くなるのもこの影響なのですね。

 

 

このようにシリコンの継続使用は髪質の悪化を招くというわけです。

 

 

そこで近年注目されているのがノンシリコンシャンプー。

 

 

各メーカーからたくさんの商品が発売されています。

 

 

ただしノンシリコンと表記されているからと安心してはいけません!

 

 

私のように髪質改善どころか逆に悪化…という場合もあるからです。

 

 

 

2.どうして、ノンシリコンシャンプーなのに頭皮トラブルが起こる?

 

 

実際にノンシリコンシャンプーを使い始めてから様々な症状に悩まされている人が多くいらっしゃるようです。

 

 

 

2-1 こんな頭皮トラブルありませんか?

 

 

・頭皮のカサつきやフケ

・かゆみや赤み

・髪のベタつき

・頭皮が臭う

 

 

せっかく使ったノンシリコン。こんな症状が出てしまうとガッカリですよね…

 

 

ではどうしてこのような状態になってしまうのでしょうか?

 

 

2-2 頭皮トラブルとシリコンは関係がない

 

 

シリコン入りシャンプーは髪を外側からコートするのでしっとりした洗い上がりに

 

 

ノンシリコンシャンプーは髪をすっぴん状態にしてくれるのでさっぱりした仕上がりにしてくれます。

 

 

シリコンが頭皮に良くないからとノンシリコンに変えたのに改善しなかったのは、そもそもシリコン自体が原因ではなかったからなのです!

 

 

何も考えずにただノンシリコンと表記されているシャンプーを選んでしまっては、意味がありません。

 

 

重要なのは ノンシリコン+良質な成分 だということ!

 

 

3.ノンシリコンシャンプー選びで注意したいポイント

 

 

・洗浄成分に注目

 

シャンプーで重要なのは汚れを落とす洗浄成分。けれど洗浄力が強ければ良いという訳ではありません!

 

 

洗浄力が強いと皮脂を余分に洗い流してしまい、逆に過剰に皮脂を分泌してしまうからです。

 

 

・添加物に注意

 

市販のシャンプーには防腐剤や人工香料、人工着色料が使われていて、当然それが頭皮ダメージにつながってしまいます。

 

 

知らず知らずのうちに良くない頭皮環境を作っていると思うと恐ろしいですね…

 

 

 

4.市販のノンシリコンシャンプーはどうなの?

 

 

では、市販のノンシリコン。どんな成分を使っているのでしょうか?

 

 

有名どころを4つ、調べてみました!

 

 

4-1 いち髪

 

 

市販のノンシリコンの中でもっとも安く手に入るアミノ酸系のシャンプーです。

 

 

主な洗浄成分はラウロイルサルコシンTEAというもので、人によってはアレルギーや皮膚刺激を起こしてしまう強い成分です。

 

 

洗浄力が強く、洗い流した後や乾かしたときにごわごわしてしまいます。

 

 

4-2 ジュレーム

 

 

こちらは松本潤さんのCMでおなじみのシャンプーですね。ボトルは素敵な花柄で思わず手に取りたくなってしまいます。

 

 

気になる洗浄成分ですが、オレフィンというこれまた強い成分を使用。

 

 

強い成分を繰り返し使用すると、パーマやカラーをしている人は特に髪への負担をかけてしまいます。

 

 

4-3 ボタニスト

 

 

ココイルメチルタウリンNaというベビーシャンプーにも使われる成分を使用した低刺激性シャンプーです。

 

 

コスパも良くマイルドな使用感ですが、商品名にするほどのボタニカル感がないが難点。

 

 

4-4 ひまわり

 

 

こちらも主な洗浄成分はココイルメチルタウリンNaというもので、適度な洗浄力としっとりとした仕上がりが特徴です。

 

 

ただ、洗浄成分以外では、毛髪補修成分の配合が全くないところが残念ポイントです。

 

 

 

 

しゃんラボ